Best deal of the week
DR. DOPING

指示

Logo DR. DOPING

使用のための指示:ReoPro

私はこれがほしい、私に価格を与える

投与形態:注射用溶液

活性物質:アブシキシマブ*(アブシキシマブム)

ATX

B01AC13アブシキシマブ

薬理学グループ

抗凝集剤

病因分類(ICD-10)は、

I20 Stenocardia [心臓狭心症]: Heberden病; 狭心症; 狭心症の発作; 再発狭心症; 自発性狭心症; 安定狭心症; アンギナ休息; アンギナが進行中。 アンギナ混合; アンギナ自発性; 安定狭心症; 慢性安定狭心症; アンギナ症候群X

I20.0不安定狭心症:ヘーバーデン病; 狭心症; 狭心症の発作; 再発狭心症; 自発性狭心症; 安定狭心症; アンギナ休息; アンギナが進行中。 アンギナ混合; アンギナ自発性; 安定狭心症; 慢性安定狭心症; アンギナ症候群X

I21急性心筋梗塞:急性期の心筋梗塞; 急性心筋梗塞; 病的なQ波を伴う心筋梗塞および心不全を伴わない心筋梗塞; 心筋梗塞は心原性ショックにより複雑化する。 梗塞左心室; 経心筋梗塞; 心筋梗塞の網膜下(心内膜下); 網膜虚血心筋梗塞; 心内膜心筋梗塞; 心筋梗塞の急性期; 急性心筋梗塞;急性心筋梗塞;急性心筋梗塞;急性心筋梗塞; 心筋梗塞の亜急性期; 冠動脈(動脈)の血栓症; 脅かされた心筋梗塞; Q波なしの心筋梗塞

R07.2心臓痛:心臓の神経症; 心筋虚血性疼痛; 心筋梗塞における疼痛症候群; 心筋症; cardioneurosis; 心臓症候群; 心臓の患者の痛み; 背景性難聴性心筋ジストロフィーの心筋症;機能性心筋症; Psevdostenokardiya; 心膜痛

構造と組成

1mlの注射溶液は、アブシキシマブ(キメラヒト/マウスモノクローナル抗体7E3のFab断片)2mg; ダンボール箱に5mlのボトルに入れる。

薬理学的効果

作用様式 - 抗血栓症。

受容体型糖タンパク質IIb / IIIa(GPIIb / IIIa)と接触することにより、ヒト血小板凝集がそれらを阻害し、フィブリノーゲン、フォンビルブラント因子などの結合を遮断する。 活性化血小板上の受容体部位への接着分子。 これはビトロネクチン受容体(アルファウイルス、ベータ3)および受容体Mac1単球およびマクロファージを阻害し、薬物効果を引き起こした(3年間で60%の死亡リスクの減少)。

薬物動態

静脈内血漿濃度が急速に低下する(基準T1 / 2 - 10分未満、第2相のT1 / 2 - 約30分)。 IVに0.25mg / kgの用量を投与し、続いて10g /分の速度で連続的に注入すると、注入中一定の血漿濃度が得られる。 血漿中の遊離薬物濃度の注入後、約6時間急速に低下し、次いで、よりゆっくりと低下する(血小板に付随する血液状態に10日間留まる)。

臨床薬理学

IV注射(0.15-0.3mg / kg)は、ADP誘発血小板凝集の迅速な阻害をもたらす。 高用量(0.25および0.3mg / kg)の投与後2時間後には、受容体GPIIb / IIIaが80%以上遮断され、出血の平均持続時間が長くなり、30分を超える。 その効果は次第に減少した:正常血小板凝集48時間後、出血持続時間 - 24時間後(患者の90%)。

ReoProの薬の表示

血管形成術またはアテローム切除術(ヘパリンおよびアスピリンの補助剤として)を受けている心臓リスク群の患者の狭心症、再発狭心症、または薬物療法に抵抗性のある梗塞後狭心症の虚血合併症の予防; それが始まってから12時間以内にQ波が変化する急性心筋梗塞; 血管造影では、冠動脈循環系の障害が明らかになった。

禁忌

最近の(6週間以内)胃腸出血、または泌尿生殖器系、脳血管疾患(過去2年間の病歴または重大な神経学的変化を含む)、出血性素因、前の7日間の経口抗凝固剤の使用(10万細胞/マイクロリットル未満)、最近(6週間以内)広範囲の外科手術または外傷、頭蓋内新生物、静脈および動脈瘤の奇形、重篤な代償不全高血圧、血管炎歴、冠状動脈前デキストラン導入血管形成術または冠動脈血管形成術中に適用する意向、小児の年齢(安全性および有効性は研究されていない)。

妊娠と授乳

妊娠しているとき - 明らかに必要な場合のみ。 授乳中の女性を任命する際には注意が必要です(授乳をやめる方が良い)。

副作用

出血(心臓カテーテルまたは胃腸管内の内出血、尿路、後腹膜部位の血液アクセス)、血小板減少、アレルギー反応(アナフィラキシーを含む)。

インタラクション

効果は抗凝固剤、血栓溶解剤および抗血小板剤を増加させる。 モノクローナル抗体は、診断および治療の目的で投与され、感作のリスクを高める。

投与と投与

IV 0.25mg / kgのボーラス(冠動脈形成術の10~60分以上)、続いて10g /分の速度で12時間注入した。

予防措置

多量の出血(制御されない血圧)、重度のアレルギー反応または血小板減少症が直ちに止まり、血小板輸血が大量になる。

ReoProの保管条件

子供の手の届かないところに保管してください。

Someone from the France - just purchased the goods:
Irifrin eye drops 2.5% 5ml