Best deal of the week
DR. DOPING

指示

Logo DR. DOPING

使用のための指導:Relanium

私はこれがほしい、私に価格を与える

薬の商品名 - Relanium

活性物質:Diazepamum(属Diazepami。)

化学名:7-クロロ-1,3-ジヒドロ-1-メチル-5-フェニル-2H-1,4-ベンゾジアゼピン-2-オン

剤形:注射用溶液

リラニウムの組成

オン/インおよび/または1mlの導入のための溶液
ジアゼパム5mg
追加成分:プロピレングリコール; エタノール; ベンジルアルコール; 安息香酸ナトリウム; 酢酸; 注射用水。

2mlのアンプル中で; ボックス10に5個、またはバイアルに50個。

Relaniumの説明

透明、無色または黄緑色の液体。

薬物療法グループ:抗不安薬

ATXコード

N05BA01ジアゼパム

病因分類(ICD-10)は、

破傷風のA35他の形態:狂犬病(狂犬病); クロストリジオス傷; 破傷風における筋痙攣; 破傷風; 破傷風は局所的である。 破傷風。

せん妄とF10.4禁欲状態:振戦せん妄; せん妄震えるアルコール; せん妄; アルコール中毒や薬物中毒の精神状態。

F41.9不安障害、不特定:重度の不安。 神経症様症状; 神経症様の障害; 神経症様の状態; 不安症状を伴う神経症; 不安を伴う神経症; 不安症候群を伴う神経障害; 急性の状況ストレスと不安。 急性の状況ストレスの不安; 急性不安発作; 不安要素を伴ううつ状態。 不安と心配が圧倒的な精神病。 突然の不安; 状況的不安障害; 不安状態。 ゾースト。 不安 - 譫妄;難しい妄想成分。 不安; 不安; 不安障害; 不安障害; 神経性および神経症様の状態における不安障害; 不安症候群; 慢性神経性不安; 不安感。

F48その他の神経症性障害:神経症; 神経学的疾患; 神経障害; 神経性状態; 精神神経症; 不安神経症状態; 慢性神経障害; 感情反応障害。

G24.8.0筋緊張亢進:脊髄疾患における痛みを伴う筋肉のけいれん。 増加した筋肉の緊張; 増加した筋肉の緊張; 増加した骨格筋緊張; 中枢神経系の有機性疾患による横紋筋の攣縮。 筋肉の痙攣

G40てんかん:非定型発作; 無声発作; 大発作; 子供の大発作; 大発作; 全般性不在発作; ジャクソン癲癇; 拡散する大発作; 間脳癲癇; 皮質および非痙攣形態のてんかん; 原発性全般発作; 原発性全般発作; 原発性全般発作; 原発全身性強直間代発作; ピックレプティック欠如; 反復発作; フィット一般化; フィット感; 小児における難治性てんかん; 洗練された発作;混合発作; てんかんの混合形態; 痙攣状態; 発作; 痙攣状態; 癲癇の痙攣型; てんかん大怪我; 発作

G45一過一過性脳虚血発作[攻撃]および関連症候群:一過性脳虚血発作; ドロップ攻撃; 虚血性神経障害; 虚血性脳損傷; 急性脳血管機能不全; 一過性の脳虚血を繰り返す。 一過性虚血性発作; 一過性の虚血性発作; 一過性虚血性脳血管障害; 一過性虚血状態; 一過性虚血性発作; 鎖骨下スチール症候群; 一過性虚血性発作; 一過性虚血; 一過性脳虚血発作; 一過性脳虚血; 一過性虚血性発作; 一過性虚血性発作; 脳の慢性虚血。

I10エッセンシャル(プライマリ)高血圧症:動脈高血圧症; 動脈性高血圧; 動脈性高血圧症の経過コース; 動脈性高血圧症、糖尿病の合併症; 動脈性高血圧; 血圧の突然の上昇。 血液循環の高血圧障害; 高血圧状態; 高血圧の危機; 高血圧; 動脈性高血圧; 悪性高血圧; 本質的な高血圧; 高張性疾患; 高血圧の危機; 高血圧の危機高血圧; 悪性高血圧; 悪性高血圧; 単離した収縮期高血圧; 高血圧の危機; 本態性高血圧の悪化; 原発性高血圧; 一時的な高血圧; 本態性高血圧; 本態性高血圧; 本態性高血圧; 本質的な高血圧症。

I15二次性高血圧:動脈高血圧症; 動脈性高血圧症; 動脈性高血圧症の経過コース; 動脈性高血圧、糖尿病の合併症; 動脈性高血圧; 血管新生高血圧; 血圧の突然の上昇。 血液循環の高血圧障害; 高血圧状態; 高血圧の危機; 高血圧; 動脈性高血圧; 悪性高血圧; 高血圧症は症状がある。 高血圧の危機; 高血圧の危機; 高血圧; 悪性高血圧; 悪性高血圧; 高血圧の危機;本態性高血圧の悪化; 腎性高血圧; 血管新生高血圧; 血管新生高血圧; 症状のある動脈性高血圧; 一時的な高血圧。

I73.8その他の末梢血管疾患に指定:先端チアノーゼを。 末梢血管収縮; 動脈血管症; 静脈不全およびその合併症; 閉塞性疾患; 末梢循環の咬合障害; 末梢血管の閉塞; 断続的跛行;冷却脚; 血管の神経支配の障害; 断続的跛行の症候群; 冠状動脈の攣縮。 末梢動脈の痙攣; 末梢血管の痙攣; 閉塞性疾患; 閉塞性動脈硬化症

N94.6未指定月経困難症:月経痛; algomenoreya; 平滑筋の痛みの痛み; 平滑筋の痛み(腎臓および胆道疝痛、腸の痙攣、月経困難症); 内臓の平滑筋の痛み 内臓の平滑筋の痛み(腎臓および胆道疝痛、腸のけいれん、月経困難症); 月経中の痛み; 痛い月経不規則; 月経中の痛み; 月経中の痛み; Disalgomenoreya; 月経困難症; 月経困難症(必須)(エクスプレッサー); 月経障害; 月経痙攣; 月経が痛い; 不妊症 月経周期の違反; 月経異常; 一次disalgomenoreya; Prolaktinzavisimoe月経異常; Prolaktinzavisimoe月経機能障害; 月経周期の障害; 痙攣性月経困難症; 月経周期の機能障害; 月経周期の機能障害。

N95.1更年期と女性の閉経状態:エストロゲン欠乏によって引き起こされる下部生殖管の粘膜の萎縮; 膣乾燥; 女性の自律神経機能障害; 低エストロゲン状態。 更年期の女性におけるエストロゲンの欠乏; 閉経における粘膜の変性変化; 自然の更年期障害; 無傷の子宮; クライマックス; 女性のための閉経; 女性の更年期; 更年期うつ病; 更年期性卵巣機能不全; 閉経; 更年期性神経症; 閉経; 更年期症状は複雑な精神的感情を引き起こす。 更年期症候群; 更年期の栄養障害; 更年期性心身症; 更年期障害; 女性の更年期障害; 更年期の状態; 更年期性血管障害; 閉経; 早期閉経期更年期の血管運動症状; 更年期; エストロゲンの欠如; 熱を感じる。 病的閉経; 閉経周辺期; 閉経; 閉経後期間; 閉経後期間; 閉経後期間; 閉経後の期間;早期閉経; 閉経前; プレネノパウズノ期; 潮; ほてり; Menoと閉経後の女性の顔に血を鎮める。 閉経時の熱いフラッシュ/ホットフラッシュ; 閉経時の心臓発作; 女性の早期閉経; 閉経の障害; 更年期症候群; 閉経の血管合併症; 生理的閉経。 エストロゲン欠乏状態。

R25.2けいれんやけいれん:痛みを伴う筋肉のけいれん。 擬態痙攣; 筋痙性; 筋痙攣; 破傷風における筋痙攣; 中央起源の筋痙攣; 筋肉の痙攣; 筋肉のけいれん; 痙攣を伴う神経学的拘縮; 四肢の夜のけいれん。 脚の夜のけいれん。 夜の脚の痙攣; 症状のある痙攣状態; ウェスト症候群; 平滑筋痙攣; 平滑筋の痙攣; 血管平滑筋の痙攣; 筋痙攣; 中枢神経系の有機性疾患による横紋筋の攣縮。 骨格筋の攣縮。 内臓の平滑筋の攣縮。 筋肉痙攣; 骨格筋の痙攣; 線条筋の痙攣状態; 痙攣性疼痛; 平滑筋の痙攣状態; 骨格筋の痙性; 筋肉痙攣; 痙攣; 脚の痙攣; 中央起源の発作; 痙攣状態; 痙性症候群; 子供の痙攣状態; トニック発作; フォールディングナイフの現象; 脳痙性症候群。

R45.1落ち着きと攪拌:攪拌; 不安; 爆発的興奮性; 内部励起。 興奮性; 励起; 興奮は鋭い。 精神運動興奮; 過興奮性; 運動刺激; 攪拌の救済; ジッタ; 落ち着かない; 夜の懸念。 興奮を伴う統合失調症の急性期; 急性精神刺激; 発作発作; 過度の搾取。 erethism; 神経過敏症の増加; 感情および心臓興奮性の増加; 増加した覚醒; 過食症; 精神運動の攪拌; 精神運動の攪拌; 精神病における精神運動の興奮; 精神運動の興奮性てんかん性; 精神運動発作; 精神運動発作; 興奮症状; 精神運動の興奮の症状; 状況の揺れ; 状態の不安; 励起条件; 高懸念の状態。 精神運動の興奮の状態; 不安状態; 励起状態; 不安は体性疾患である; 興奮感。 落ち着きがない。 感情的な覚醒。

Z100 *クラスXXII外科手術

Relanium Pharmachologic効果 の薬理学的特性

行動様式 - 抗けいれん薬、筋弛緩薬、抗不安薬、催眠薬、鎮静薬。

薬力学

それは中枢神経系に対する抑制作用を有し、主に視床、視床下部及び辺縁系において実現される。 それは、中枢神経系における神経インパルスの伝達のシナプス前およびシナプスの阻害の主要メディエーターの1つであるGABAの阻害効果を増加させる。

ベンゾジアゼピン受容体を刺激し、超分子GABA-ベンゾジアゼピン受容体複合体の塩素イオン性フォルマントは、脳の皮質構造の興奮性を低下させ、脊髄反射は多シナプス制動を引き起こす。

薬物動態

ジアゼパムの/ mが十分にかつ均等に(注射部位に応じて)吸収された後; 三角筋で投与された場合 - 迅速かつ完全な吸収。 バイオアベイラビリティー90%。 投与後0.5-1.5時間後および/または導入時に0.25時間以内に/ mに達した後の血漿中のCmax。 平衡濃度は、1〜2週間の一定の受信で達成される。

ジアゼパムおよびその代謝産物は、血漿中濃度の1/10に相当する濃度のヒト乳中に見出されるBBBおよび胎盤バリアを通過する。 タンパク質結合 - 98%。

肝臓で代謝され、酵素CYP2C19系、CYP3A4、CYP3A5、CYP3A7が薬理学的に非常に活性で活性が低いデスメチルジアゼパム、テマゼパムおよびオキサゼパムに関与する。

腎臓によって排泄されます - 犬の糞便は1.2%から10%未満です(グルクロニドの形で70%)。 T1 / 2デスメチルジアゼパム30-100時間、テマゼパム9,5-12,4時間およびオキサゼパム。 5〜15時間、T1 / 2は新生児(30時間)、中年および高齢(最大100時間)の患者および肝不全の患者(最大4日間)で延長することができる。

ジアゼパムおよびその活性代謝物の蓄積を繰り返し使用すること。 代謝産物が数日または数週間血中に保持されているため、治療中止後のT1 / 2排泄が長いベンゾジアゼピンは遅いです。

Relianceの適応

神経性および神経症様の不安の症状を示す障害(治療)。

不安に伴う激痛の緩和。

さまざまな病因の発作および痙攣の緩和。

筋肉緊張の増加(破傷風、急性脳血管障害など)を伴った状態。

アルコール依存症における離脱症候群およびせん妄の救済。

様々な診断手技における鎮痛剤および他の神経栄養因子と組み合わされた鎮静および痛覚過敏、外科的および産科的練習の場合。

不安、過敏症、高血圧の危機、血管のけいれん、更年期および月経障害を伴う本態性高血圧の治療において。

リラニウムのための禁忌

ベンゾジアゼピンに対する過敏症、重症重症筋無力症、昏睡、ショック、閉塞緑内障、歴史的中毒現象(アルコール離脱症候群およびせん妄の治療を除くアルコール)、睡眠時無呼吸症候群、アルコール中毒の状態中枢神経系(麻薬、睡眠薬および向精神薬)、重度のCOPD(呼吸不全の進行のリスク)、急性呼吸不全、乳児期(30日まで)、喘息の重症度の低下、薬物の急性中毒、妊娠(特にIおよびIII期)、授乳。

気をつけて - 欠席(プチマール)またはレノックス - ガストー症候群(入院時/入院時に強壮状態のてんかん発生を引き起こす可能性がある)。 (ジアゼパムによる治療の開始または突然の離脱は、発作またはてんかん重積の発症を加速する可能性がある)、肝臓および/または腎不全、脳または脊髄運動失調、過運動、向精神薬、有機脳の乱用傾向疾患(可能性のある逆説的反応)、低タンパク質血症、高齢、うつ病。

妊娠の私の妊娠中ではお勧めしません。 授乳中の女性は母乳育児を断念すべきです。

Relanium 用法・用量

内部。 投与量は、患者、疾患の臨床像、薬物に対する感受性に依存して個々に計算される。

成人の平均単回投与量は5〜15 mgである。 場合によっては、興奮、恐怖、不安を表現すると単回用量が20mgに増加した。 毎日の投与量は通常15~45mgであり、最大1日の投与量は60mgである。 毎日の投与量は2~3回に分けられる。

異なる州における平均推奨線量

抗不安薬として - 5-10mgを1日2-4回。

アルコール離脱症候群の場合、最初の24時間で10mgを1日3回〜4回、その後1日に3回〜4回5mgに減らします。

高齢患者および免疫無防備状態の患者は、より低い用量、平均の1/2または2/3で投与される。

神経学:退行性神経学的疾患における中心的起源の痙攣 - 5-10mgを1日2〜3回。

内科部:必要に応じて1日2〜3回、5 mgを1日4回10 mgまで移植性を考慮してください。

月経および更年期障害:5mgを1日2〜3回。

麻酔科、外科手術:術前夜 - 夕方に - 10-20mg。

小児科:徐々に増加する用量(低用量から開始し、その最適な用量までゆっくり増加することは耐容性が高い患者である)、1日用量(2〜3回の用量に分割してもよく、 7歳以上の子供は5mg。 最大一日量 - 10mg。

Relaniumの副作用

神経系から:特に高齢患者では - 眠気、めまい、疲労; 減損した濃度; 運動失調、失見当識、感情の鈍化、精神遅滞および運動反応、前向き記憶喪失(他のベンゾジアゼピンを服用するよりも頻繁に発症する); うつ病、震え、カタレプシー、混乱、ジストロム錐体外路反応(身体の制御されない動き)、疲労、筋力低下、過小リフレクシア、構音異常、 非常にまれに - 逆説的反応(積極的な発火、興奮、不安、自殺傾向、筋痙攣、幻覚、不安、睡眠障害)。

造血の側面から:白血球減少症、好中球減少症、アグニュリチット(寒気、発熱、咽頭痛、珍しい疲れまたは衰弱)、貧血、血小板減少症。

消化管から:乾燥した口や過敏症、胸やけ、かゆみ、胃痛、吐き気、嘔吐、食欲不振、便秘。 異常肝機能、肝臓トランスアミナーゼおよびアルカリホスファターゼ活性の増加、黄疸。

心臓血管系:動悸、頻脈、血圧低下。

泌尿生殖器系から:失禁または尿崩壊、腎機能障害、リビドーの増加または減少、月経困難症。

アレルギー反応:皮膚発疹、掻痒。

胎児への影響:母親が薬剤を使用した幼児の催奇形性(特にI期に)、中枢神経系うつ病、呼吸不全および反射反射の抑制。

注射部位での局所反応 - 静脈炎または静脈血栓症(発赤、腫脹および注射部位の痛み)。

その他:中毒、薬物依存、まれに - 呼吸センターのうつ病、視力障害(複視)、過食症、体重減少。

睡眠障害、不快感、内臓および骨格筋の平滑筋の痙攣、脱個人化、発汗の増加、うつ病の発症または発作の急激な減少(過敏症、頭痛、不安、恐怖、激越、睡眠障害、不快感嘔吐、震え、過敏症、感覚異常、光恐怖症、頻脈、痙攣、幻覚、まれな精神病性障害を含む知覚の障害)。 産科 - 新生児 - 筋肉低血圧、低体温、呼吸困難で使用される場合。

インタラクション

MAO阻害剤、呼吸器系喘息および精神刺激薬は、リラニウムの活性を低下させる。

催眠薬、鎮静薬、麻薬性鎮痛薬、その他の精神安定薬、ベンゾジアゼピン、筋弛緩薬、全身麻酔薬、抗うつ薬、抗精神病薬、アルコール - 中枢神経系の阻害作用が急激に増加します。

シメチジン、ジスルフィラム、エリスロマイシン、フルオキセチン、ならびに経口避妊薬および肝臓代謝(酸化プロセス)を競合的に阻害するエストロゲン生成薬 - Relaniumは代謝および血漿中濃度の上昇を遅らせる可能性があります。

イソニアジド、ケトコナゾール、およびメトプロロール - 代謝を遅らせ、その血漿濃度を上昇させるRelanium。

プロプラノロールとバルプロ酸は、Relaniumプラズマのレベルを上昇させる。

リファンピシンおよびリラニウムは、代謝を高め、したがって血漿中のその濃度を低下させる可能性がある。

誘導子のミクロソームの肝酵素は効率を低下させる。

抗高血圧剤は、血圧低下の重篤度を増加させることがある。

クロザピン(Clozapine) - 呼吸抑制を増加させる可能性がある。

強心配糖体を用いる用途では、血漿中のそれらの濃度および(血漿タンパク質との競合結合の結果として)ジギタリス中毒の発症を増加させることがある。

パーキンソン病の患者におけるレボドパの有効性を低下させる。

オメプラゾールはジアゼパムの排泄を延長する。

潜在的にジドブジンの毒性を高める可能性があります。

テオフィリン(低用量)は、Relaniumの鎮静効果を低下させる可能性があります。

医薬品は他の薬剤と同じシリンジでは適合しません。

ジアゼパムによる前投与は、全身麻酔の導入に必要なフェンタニルの投与量を減少させ、全身麻酔の発生を減少させる。

過量のリラニウム

症状:眠気、さまざまな重度の意識の鬱、逆説的な興奮、虚脱に対する反射の減少、痛みの刺激への応答の低下、構築症、運動失調、視力のぼけ(振戦)、振戦、徐脈、血圧低下、虚脱、 (無呼吸まで)活動、昏睡状態。

治療:胃洗浄、強制的な利尿、活性炭の任命、対症療法(呼吸と血圧の維持)、機械換気。 特定のアンタゴニストとしてのフルマゼニルの入院患者としての使用。 血液透析は効果がない。

ベンゾジアゼピンによる治療を受けているてんかん患者の場合、フルマゼニルは適応されない。 これらの患者では、フルマゼニルはてんかん発作の発症を引き起こす可能性がある。

リラニウムのための特別な指示

深刻なうつ病のジアゼパムの任命では特別な注意が必要です - 薬は自殺意図の実施に使用することができます。

連続I /注入には推奨されません - 薬物材料PVC注入容器およびパイプのスラッジおよび吸着の形成。

腎臓/肝不全では、末梢血および肝臓酵素のパターンをモニターするためには長期の治療が必要である。

以前はアルコールや薬物を乱用していた患者では、大量の薬物を使用すると薬物依存のリスクが高くなります。 具体的な指示なしに長期間使用しないでください。

「キャンセル」症候群のリスクのために使用が急激に中止されるのは容認できないものですが、体内のジアゼパムがゆっくりと消失するため、他のベンゾジアゼピン類よりも顕著ではありません。

このような異常な反応を伴う患者さんには、積極性、激越、不安、不安、自殺思考、幻覚、筋肉痙攣の増加、眠りにくい睡眠の治療などを中止してください。

てんかん患者または発作の既往歴のある患者において、ジアゼパムによる治療の開始または突然の離脱は、発作またはてんかん重積症の発症を加速させる可能性がある。

妊娠中期に使用されると、胎児に毒性作用を及ぼし、先天性欠損のリスクを高める。 妊娠の後期段階での治療用量は、胎児の中枢神経系の低下を引き起こす可能性がある。 妊娠中の絶え間ない使用は肉体的依存を引き起こすかもしれない - 新生児の "廃絶"の可能性のある症状です。

特に小児期の小児は、ベンゾジアゼピンの中枢神経抑制作用に対して非常に敏感である。

新生児は、ベンジルアルコールを含む医薬品を処方することは推奨されていません。毒性症候群の代謝性アシドーシス、中枢神経系抑鬱、呼吸困難、腎不全、低血圧、発作の可能性、頭蓋内出血などがあります。

出生前または労働中の15時間以内に30mgを超える用量を使用すると、新生児の呼吸抑制(無呼吸まで)、筋肉の緊張および血圧の低下、低体温、吸い込みの弱い行動(いわゆるフロッピーベイビー症候群")。

高齢患者のためのRelaniumは、十分注意して処方されるべきであり、推奨用量を超えてはならない。

壊疽の発症の可能性があるため、動脈床に禁忌となっている。

リスク比を慎重に評価し、妊婦、肝臓や腎臓の病気の患者に任命することの利点を評価する必要があります。

薬を使用するときは、迅速な心理的感情反応を必要とする作業を控えてください(輸送運転、手術機械)。

治療中、リラニウムはアルコール摂取を禁止した。

Relaniumの保管条件

15〜25℃の暗所で

子供の手の届かないところに保管してください。

Relaniumの賞味期限

5年。
パッケージに記載された有効期限を超えて使用しないでください。

薬局からのRelaniumの供給条件
処方せん。

Someone from the Qatar - just purchased the goods:
Cerebrum compositum N injection 2,2ml 5 vials