Best deal of the week
DR. DOPING

指示

Logo DR. DOPING

使用のための指示:Pyobacteriophagum polyvalentum purum

私はこれがほしい、私に価格を与える

剤形:経口、局所および外用のための溶液

活性物質: Pyobacteriofagum

ATX

V03Aその他の治療用製剤

薬理学的グループ:

ワクチン、血清、ファージ、トキソイド

病因分類(ICD-10)は、

A49.0ブドウ球菌感染症、不特定:ブドウ球菌感染症

A49.1ストレプトコッカス感染、不特定:ストレプトコッカス感染; 連鎖球菌性糸球体腎炎

B96.1肺炎桿菌[K. 肺炎:クレブシエラに起因する感染; クレブシエラ感染症

B96.2エシェリヒア・コリ[E. 大腸菌( Escherichia coli) :大腸菌

組成および放出形態

ブドウ球菌、連鎖球菌、大腸菌、プロテウス、シュードモナス・アエルギノーザ、クレブシエラ・ニューモニエの腐敗菌の濾液。 防腐剤はキナゾールであり、最終濃度は0.10.02mg / mlである。 ボトルは20ml、パッケージは4本。 パッケージ内に10 mlのアンプル5個。 またパッケージには10 mlのアンプルが5 ml入っています。

薬理学的効果

モード動作 - 免疫刺激。

対応するファージ微生物(ブドウ球菌、連鎖球菌、病原性腸管およびシュードモナス・アエルギノサ)、プロテア(ミラビリス、膿瘍、クレブシエラ肺炎)の溶解。

薬Pyobacteriophagum polyvalentum purumの表示

ブドウ球菌、連鎖球菌、腸および緑膿菌(様々な血清型)、プロテウス(ミラビリス、尋常性耳炎)、クレブシエラ肺炎によって引き起こされる疾患。

禁忌

ない。

副作用

特定されていない。

投与と投与

局所的に(灌流、ローション、繁殖の形で)、腔内(傷、膿瘍、膣、鼻、中耳、膀胱の腔)、内向き、直腸内(高浣腸)。 1日に1〜3回割り当て、コースは5〜15日間です。 反復治療を行うことが可能です。 腎盂腎炎 - 10〜15日間、1日3回5〜20mlの用量で。 不眠症の嘔吐や生後1年の小児では、5〜7日間毎日3〜5mlの用量の高浣腸の形でのプローブによる追加投与が可能である。 脊髄炎の治療では、新生児の膿皮症 - 適用の形態で、ローションを毎日2〜5日間7日間毎日投与する。

予防措置

濁り、フレークの存在、マーキングがなく、期限が切れている場合には、薬剤を使用しないでください。

薬Pyobacteriophagum polyvalentum purumの保存条件

2〜8℃の温度で

子供の手の届かないところに保管してください。

薬剤Pyobacteriophagum polyvalentum purumの有効期間

2年。 再制御後6ヵ月。

パッケージに記載されている有効期限が過ぎてから使用しないでください。

Someone from the Austria - just purchased the goods:
Groprinosin 500mg 30 pills