Best deal of the week
DR. DOPING

指示

Logo DR. DOPING

使用のための指示:プロプラノロール

私はこれがほしい、私に価格を与える

薬の商品名 - アナプリン、注射用アナプリン溶液0,25%、アナプリン錠、オブジダン、プロプラノロール、インデラル、プロプラノロール、ニデコド、インダーラルLA、ベロアナプリン、プロプラノベネ、ゲマンギオール

プロプラノロールの物質名のラテン語

プロプラノロール(Propranololum)(プロプラノロール(Propranololi)属)

化学的合理名: 1 - [(1-メチルエチル)アミノ] -3-(1-ナフタレニルオキシ)-2-プロパノール(塩酸塩として)。 剤形に含まれるエナンチオマーのラセミ混合物

総式C16H21NO2

薬物療法グループ:ベータ遮断薬

病因分類(ICD-10)は、

F10.3禁酒:アルコール離脱症候群; 禁欲症状; アルコール依存症における禁断症候群; 禁欲; アルコール禁欲; アルコール離脱; アルコール禁酒。 アルコール離脱症候群; postabstinentnom disorder; 事故後の状態。 アルコール離脱症候群; 離脱症候群; アルコール禁酒症候群 アルコール離脱症候群; 禁酒の状態

F40.0広場恐怖症:閉所恐怖症; 群衆にとどまることの恐れ

F40.1社会恐怖症:社会的撤退; 社会的分離; 社会恐怖症; 社会不安障害/社会恐怖症; 社会恐怖症; 社会恐怖症

F40.2特定の(隔離された)恐怖症:閉所恐怖症

F41.0パニック障害[発作性発作性不安]:パニック状態; パニック発作; パニック; パニック障害

F41.1全般性不安障害:全般性不安障害; 一般化された不安; 恐怖神経症; パニック反応; 不安障害

F43.2障害適応反応:精神的適応の障害

F45ソマトフォーム障害心身症; 心身症; 心身症; 体性疾患の不安状態; 心血管系の機能的な心身症

G43片頭痛:片頭痛の痛み。 片頭痛; 片麻痺性片頭痛; 片頭痛; 片頭痛発作; 継続的な頭痛; 半月板

I10必須(原発性)高血圧:高血圧; 動脈性高血圧; 動脈性高血圧症の経過コース; 本質的な高血圧; 本態性高血圧; 本態性高血圧; 本態性高血圧; 本態性高血圧; 原発性高血圧; 動脈性高血圧、糖尿病の合併症; 血圧の突然の上昇。 血液循環の高血圧障害; 高血圧状態; 高血圧の危機; 動脈性高血圧; 悪性高血圧; 高張性疾患; 高血圧の危機; 高血圧の加速; 悪性高血圧; 高血圧症の悪化; 一時的な高血圧; 隔離された収縮期高血圧

I15二次性高血圧:動脈性高血圧、糖尿病の合併症; 高血圧; 血圧の突然の上昇。 血液循環の高血圧障害; 高血圧状態; 高血圧の危機; 高血圧; 動脈性高血圧; 悪性高血圧; 高血圧の危機; 高血圧の加速; 悪性高血圧; 高血圧症の悪化; 一時的な高血圧; 高血圧; 動脈性高血圧; 動脈性高血圧症の経過コース; 血管新生高血圧; 高血圧症候群; 腎性高血圧; 血管新生高血圧; 血管新生高血圧; 症状がある高血圧

I20狭心症[狭心症]:ヘーバーデン病; 狭心症; 狭心症の発作; 再発狭心症; 自発性狭心症; 安定狭心症; アンギナ休息; アンギナが進行中。 アンギナ混合; アンギナ自発性; 安定した狭心症; 慢性安定狭心症; アンギナ症候群X

I20.0不安定狭心症:ヘーバーデン病; 狭心症; 狭心症の発作; 再発狭心症; 自発性狭心症; 安定狭心症; アンギナ休息; アンギナが進行中。 アンギナ混合; アンギナ自発性; 安定した狭心症; 慢性安定狭心症; アンギナ症候群X

I25慢性虚血性心疾患:高コレステロール血症の背景にある冠状動脈性心疾患 ; 冠状動脈性心疾患は慢性疾患である。 冠状動脈性心疾患; 安定した冠状動脈疾患; 経皮経管脈管形成術; 心筋虚血、動脈硬化症; 再発性心筋虚血

I34.1脱出症[脱出]僧帽弁:乳頭筋の破裂; バロー症候群; 僧帽弁脱出症候群; 僧帽弁脱出症

I47.1上室性頻脈:上室性発作性頻脈; 上室性頻脈性不整脈; 上室性頻脈; 上室性不整脈; 上室性発作性頻脈; 上室性頻脈性不整脈; 上室性頻脈; 神経性洞性頻脈; 正常性頻拍; 発作性上室性頻脈; 上室性頻脈の発作; WPW症候群を伴う上室性頻脈の発作; 心房頻拍の発作; 発作性上室性頻脈性不整脈; 発作性上室性頻脈; ポリトピネイ心房頻脈; 心房細動; 心房頻脈は真実である。 心房頻拍; AVブロックを伴う心房頻拍; 再灌流不整脈; 反射Bertsolda-Jarisch; 再発性持続性上室性発作性頻拍; 症状のある心室性頻脈; 副鼻腔頻脈; 上室性発作性頻脈; 上室性頻脈性不整脈; 上室性頻脈; 上室性不整脈; 上室性不整脈; AV接続の頻脈; 上室性頻脈; 頻脈発色症; 洞性頻拍症; 結節性頻脈; 混沌とした心房頻脈 ウォルフ - パーキンソン - ホワイト

I49.4その他のおよび未定義の早発脱分極:期外収縮不整脈; 期外収縮期; 拡張期外収縮

I49.9不規則な心拍、不特定:発作性上室性頻脈; 胸部外陰部不整脈; 心房細動;頻脈; 上室性頻脈性不整脈; 上室性不整脈; AV往復性頻拍; AV結節往復動性頻拍; 心室細動; 不規則な心拍; 抗菌性の往復性頻拍; 心不整脈; 不整脈; 不整脈; 心臓のアリーティミー; 低カリウム血による不整脈; 心室頻脈性不整脈; 心室収縮の頻度が高い。 心不整脈; 発作性上室性不整脈; 発作性上室性不整脈; 発作性不整脈; 発作性心房 - 心室リズム; 心不整脈; 上室性頻脈; 頻脈性不整脈; 胸腔前異常脈動

N95.1女性の更年期および閉経状態:エストロゲン欠乏に起因する下部生殖管の粘膜の萎縮; 膣乾燥; 女性の自律機能不全; gipoestrogeniya状態; 更年期の女性におけるエストロゲンの欠乏; 閉経における粘膜の変性変化; 自然な更年期障害; 無傷の子宮; 更年期; 閉経女性; 女性の更年期; 更年期うつ病; 更年期性卵巣機能不全; 閉経; 更年期性神経症; 閉経; 更年期の症状は精神的習慣を複雑にする。 更年期症候群; 更年期の栄養障害; 更年期性心身症; 更年期障害; 女性における更年期障害; 更年期症状; 更年期性血管障害; 閉経; 更年期の血管運動症状; 更年期; エストロゲンの欠如; 熱を感じる。 病的な閉経; 閉経周辺期; 閉経; 閉経後; 早期閉経; プレムノパウズノム期; 潮; ほてり; Menoおよび閉経後のフラッシュ; 閉経時の熱中症/熱中症; 閉経時の心臓発作; 女性の早期閉経; 閉経の障害; 更年期症候群; 閉経の血管合併症; 生理的閉経; エストロゲン欠乏状態。 早漏

O62.2その他の子宮慣性: metroparalysis; 労働活動の弱点。 子宮の衰弱 労働の誘発; 期間中の労働誘致; 短期または短期の労働投入 労働の活性化

R25.1振戦、不特定:振れ; 老人性振戦; 振戦; 筋振戦; 門脈 - 全身性脳症のときの振戦; 本質的な揺れの家族。 ティトバチヤ

R45.6物理的攻撃:攻撃的。 積極的な状態。 侵略; 積極的な行動; 自己侵害

CASコード525-66-6

特性

プロプラノロール塩酸塩 - 白色結晶性粉末。 水およびアルコールに可溶性。

プロプラノロールの薬理学的性質

薬理学的効果 -抗狭心症、降圧薬、抗不整脈薬、子宮筋ジストロフィー。

ブロックβ1およびβ2-アドレナリン受容体は、膜安定化効果を有する。 これは、洞房結節の自動性を抑制し、心房、AV化合物の脳室(程度は低い)における異所性病巣の発生を抑制する。 これは、ケントバンドルのAV接続における励起の伝導速度を、主に順方向に減少させる。 心拍数を遅くし、心拍数および心筋酸素要求量を減少させる。 心拍出量、レニン分泌、血圧、腎血流および糸球体濾過率を低下させる。 これは、大動脈弓の圧受容器の反応を抑制し、血圧を低下させる。

1回の抗高血圧効果を受けた後、20〜24時間持続する。 塩酸プロプラノロールを複数回投与しても同等の長時間作用型の単回投与。 低血圧は治療の第2週の終わりまでに安定する。長期使用は静脈還流を減少させ、心臓保護作用を有する(心筋梗塞の再発および突然死のリスクを20-50%低下させる)。 軽度の高血圧の患者は、冠状動脈性心疾患および脳卒中発症の可能性を減少させる。 冠状動脈疾患では、攻撃の頻度を減らし、運動耐容性を高め、ニトログリセリンの必要性を減らす。 それはタイプのhyperdynamic循環および高められたレニンの若い患者(40年まで)で最も有効である。 気管支および子宮収縮性トーンを増加させ(出産および術後の出血を減少させる)、胃腸管の分泌および運動活性を増強する。 血小板凝集を阻害し、線維素溶解を活性化する。 脂肪組織の脂肪分解を抑制し、遊離脂肪酸(血漿中のトリグリセリド濃度やアテローム発生因子の増加)を抑制します。グリコーゲン分解、グルカゴン、インスリン分泌を阻害し、サイロキシンのトリヨードチロニンへの変換を抑制します。房水。

150mg / kg /日までの用量のラットおよびマウスの長期投与(18ヶ月)は、発癌性および妊孕性に有害な影響を示さなかった。 MRDCHの10倍の150mg / kg /日の用量で、胎児毒性作用(胎児再吸収の発生率の増加)を有する。

摂取が急速かつほぼ完全に消化管から吸収された時(90%)。 バイオアベイラビリティは30〜40%(「第1パス」の効果)であり、食物の性質および肝血流の強度および慢性投与中の増加(肝臓酵素を阻害する代謝産物の産生)に依存する。 1〜1.5時間後または6時間後(持続放出製剤の場合)に観察される血漿中のCmax。 血漿タンパク質と90〜95%の関連がある。 T1 / 2は2〜5時間である(徐放性製剤では10時間)。 分配量 - 5.3 l / kg。 肺組織、脳、腎臓、心臓に蓄積され、胎盤障壁を通過し、母乳に入る。 肝臓でグルクロニド化を受ける(99%)。 腸に胆汁中に排泄され、デグロクロニルエチア(T1 / 2の導入の背景には12時間まで延長することができる)が再吸収される。 腎臓から代謝物として排泄される。

物質プロプラノロールの適用

心筋梗塞、肥大性心筋梗塞、僧帽弁脱落、大動脈弁狭窄症、脳波症候群患者のシムパジェット・アルベロバイ(simpatikoadrenalovy)危機、心筋虚血症、門脈圧、高血圧、狭心症、洞性頻脈(甲状腺機能亢進症を含む)、上室性頻脈、甲状腺機能亢進症(術前の準備を含む)、甲状腺毒性の危機、主要な衰弱労働、更年期の血管運動症状、禁断症状; 抗精神病薬による停滞の治療。

プロプラノロールの禁忌

(55μ/分未満)、洞性洞症候群、低血圧、急性および重度慢性心不全、プリンツメタル狭心症、心原性ショック、血管疾患の撲滅、気管支喘息の治療に使用することができる。

アプリケーションへの制限

慢性気管支炎、気腫、糖尿病、低血糖、アシドーシス、肝臓および腎臓機能、乾癬、過敏性腸症候群、重症筋無力症、妊娠、授乳、老化。

妊娠と授乳

予想される治療の効果が胎児への潜在的なリスクを上回る場合、可能です。 治療の時に母乳育児をやめるべきである。

プロプラノロールの副作用

心臓血管系および血液(血液、止血):徐脈、心不全、AVブロック、低血圧、末梢循環の違反、血小板減少性紫斑病、白血球減少、無顆粒球症。

神経系や感覚器官から:疲労、めまい、頭痛、不眠症、眠気、悪夢、精神的および運動的反応の速度を低下させる、情動不安定性、うつ病、興奮、幻覚、時間と空間の方向転換、短期記憶喪失、感度、感覚異常; ドライアイ、視力障害、乾性結膜炎。

消化管から:悪心、嘔吐、腹痛、下痢または便秘、腸間膜動脈の血栓、虚血性大腸炎。

呼吸器系から:咽頭痛、胸痛、咳、息切れ、気管支および喉頭痙攣、呼吸窮迫症候群。

皮膚:脱毛症、発疹、かゆみ、乾癬の悪化。

その他:離脱、性欲の低下、インポテンス、ペイロニー病、関節痛、アレルギー反応、ループス症候群、低血糖、発熱。

インタラクション

心筋へのベラパミルおよびジルチアゼムの(相互に)負の効果は、非脱分極性神経筋遮断剤の作用を延長し、リドカインの排泄を阻害する。 NSAID、コルチコステロイド、エストロゲン、コカインの降圧効果を緩和する。 増幅する - 硝酸塩および他の抗高血圧剤。 ヘパリン、制酸剤は血漿レベルを低下させます; シメチジンおよびフェノチアジンが増加する。 MAO阻害剤の同時投与は推奨されない。 テオフィリン代謝が遅くなり、血漿中のその濃度が増加する。

過剰摂取

症状:めまい、徐脈、不整脈、心不全、低血圧、虚脱、呼吸困難、アクロチアゾン、痙攣。

治療:アトロフィン、ベータアドレナリン作動薬(イソプレナリン、イザドリン)、鎮静薬(ジアゼパム、ロラゼパム)、心臓(ドブタミン、ドーパミン、エピネフリン)医薬品圧迫剤、グルカゴンなどの吸収剤、対症療法の胃洗浄および任命。 静脈ペーシングを行うことができる。 血液透析は効果がない。

投与経路

静脈内、経口的に、結膜内に存在する。

物質プロプラノロールの注意事項

治療は定期的な医師の監督の下に行うべきである。 長期間使用すると、強心配糖体の追加の目的を考慮する必要があります。 これは、全身麻酔薬の使用に応答して代償性心血管反応を減少させる。 ほんの数日前に、麻酔は、最も負の変力効果を有する麻酔薬の摂取または選択を止めるべきである。 子供の/にはお勧めできません。 高齢患者は、CNSによる副作用のリスクが高い。 異常な肝機能が、治療の最初の4日間で用量および観察を減少させることが推奨される場合。 糖尿病、インスリンなどの患者の低血糖症(頻脈)の症状を隠す可能性があります。 低血糖剤。 多分、過敏反応の重症度の増大、およびアレルギー歴を悪化させたエピネフリンの通常用量の効果の欠如。 治療の時にremenduetsyaアルコールの使用。 車の運転手の間には注意が必要であり、人々の技術は注意の集中に関連しています。 徐々に治療をやめ、約2週間。

特別な指示

治療中、検査結果(尿素、酵素、ホスファターゼ、LDHの増加)で検査結果を変更することができます。

Someone from the Qatar - just purchased the goods:
Vitabact eye drops 0.05% 10ml