Best deal of the week
DR. DOPING

指示

Logo DR. DOPING

使用のための指示:Melipramin

私はこれがほしい、私に価格を与える

剤形:錠剤、糖衣錠、溶液

活性物質:イミプラミン*

ATX

N06AA02イミプラミン

薬理学的グループ:

抗うつ薬[抗うつ薬]

nosological分類(ICD-10)は、

F31両極性情動障害:気分障害双極性; 感情的な双極性精神病; 躁うつ病精神病; 間欠性精神病; 円形精神病; サイクロプレス; 双極性障害; 双極性障害; 双極性精神病; 感情的な狂気;躁うつ病症候群; サイコ躁病 - うつ病; 双極性障害のうつ病エピソード

F32うつ病エピソード: アステオ - 力学的に劣勢の状態; asthenoadressive障害; astheno抑うつ障害; 逆発情状態; astheno - 抑うつ状態。 大鬱病性障害; リタデーションを伴うびらん痛症のうつ病; 二重うつ病; うつ病の偽造; うつ病; うつ病性気分障害; うつ病; うつ病性気分障害; うつ状態; うつ病; うつ病性症候群; うつ病性症候群が蔓延する; 精神病における抑うつ症候群; うつ病マスク; うつ病; うつ病の枯渇; 気分循環の枠組みの中で抑制の現象を伴ううつ病; うつ病は笑っている。 退行性うつ病; 革命的な憂鬱。 退行性うつ病;躁うつ病; マスクされたうつ病; メランコリックアタック; 神経性うつ病; 神経性うつ病; 浅いうつ病; 有機うつ病; 有機性うつ症候群; 単純うつ病; シンプルメランコリック症候群;心因性うつ病; 反応性うつ病; 中等度の精神病理学的症状を伴う反応性うつ病; 反応性抑うつ状態; 反応性うつ病; 反復うつ病; 季節性うつ症候群; severostaticうつ病; 老人性うつ病;症状のあるうつ病; Somatogenicうつ病; サイクロトミン性うつ病; 外因性うつ病; 内因性うつ病; 内因性抑うつ状態; 内因性うつ病; 内因性抑うつ症候群

F33再発性うつ病:大うつ病; 二次うつ病; 二重うつ病; うつ病の偽造; うつ病性気分障害; うつ病; うつ病性気分障害; うつ状態; うつ病性症候群; うつ病マスク; うつ病; うつ病は笑っている。 退行性うつ病; 退行性うつ病; マスクされたうつ病; メランコリックアタック; 反応性うつ病; 中等度の精神病理学的症状を伴う反応性うつ病; 反応性抑うつ状態; 外因性うつ病; 内因性うつ病; 内因性抑うつ状態; 内因性うつ病; 内因性抑うつ症候群

F41.0パニック障害[発作性発作性不安]:パニック状態; パニック発作; パニック; パニック障害

F41.9不特定不安障害 :不安症候群を伴う神経障害; 重度の不安; 神経症様の症状; 神経様疾患; 神経様の状態; 不安症状を伴う神経症; 神経症は不安感を伴う。 急性状況およびストレス不安; 不安の急性発作; 突然の不安。 状況不安障害; 不安の状態。 心配な要素。 アラーム状態。 不安; 不安障害; 不安症候群; 不安感。 アラーム状態。 慢性神経性不安;Susto; 不安と不安の優位性を伴う精神障害; 神経性及び神経症様の状態における不安障害; 不安な神経症; 不安と妄想状態。 急性の状況ストレス警報; 不安の要素を伴ううつ状態

N39.4その他の指定失禁:尿失禁; ベッド濡れ; 頻繁な夜間排尿; 女性の尿失禁; Anishuriya; 一次寝床; 小児初発夜尿症

組成

錠剤は、膜1のタブで覆われている。

活性物質:

イミプラミン塩酸塩25mg

補助物質:ラクトース一水和物 - 110.5mg; ステアリン酸マグネシウム1.5mg; クロスポビドン3mg; タルカム粉末3mg; ポビドンK-25 - 7 mg

膜膜:ヒプロメロース-2.61mg; ステアリン酸マグネシウム0.24mg; 酸化鉄第二鉄--0.68mg; 酸化第二鉄黒色酸化物0.12mg; ジメチコン(E-1049 39%)0.35mg

薬理学的効果

行動様式 - 抗うつ薬。

投与と投与

内部。

受診の用量および頻度は、症状の性質および重症度に応じて個別に決定される。 他の抗うつ薬の使用と同様に、治療効果を達成するためには少なくとも2〜4週間(おそらく6〜8週間)が必要です。 最少の有効なサポートを選択するためには、治療は低用量から徐々に増加させて開始するべきである。 有効性を達成する前に用量を滴定するには、高齢者および18歳未満の特別なケアが必要である。

うつ病

外来患者は18-60歳です。 標準的な用量は1日当たり25mgで1〜3回であり、治療の最初の週の終わりまでに用量を徐々に150〜200mgの日用量に増加させることができる。 標準的な維持用量は50〜100mg /日である。

病院の患者は18〜60歳。 病院では非常に重度の症例では、初回投与量は75mg /日であり、投与量は25mg /日から200mg(1日量が300mgに達する例外的な場合には200mg)に増加する可能性がある。

60歳以上の患者。 高齢患者では、代謝クリアランスが低下しているため、イミプラミン濃度は若年患者よりも高い。 副作用は高齢者および若年患者においてより深刻になり得るため、特に治療開始時に、より低い用量が必要とされる。

これらの年齢群では、上記用量への顕著な反応が注目されることがあるので、可能な限り低い用量から治療を開始すべきである。 初回投与量は徐々に50~75mgの1日総投与量まで増加させることができる。 10日間最適な用量に達し、治療期間を通してこの用量を維持することが推奨される。

パニック障害

このグループの患者は薬物副作用の発生率が高いため、治療は可能な限り最低用量で開始する必要があります。 抗うつ薬の発症時の不安の一時的な悪化は、ベンゾジアゼピンによって予防または治癒することができ、その用量は不安の症状が改善するにつれて徐々に低下する。 メリプラミンの投与量は、75-100mg /日(例外的に200mgまで)まで徐々に増加する可能性があります。 最低限の治療期間は6ヶ月です。 治療終了後、徐々にメリプラミンを中止することをお勧めします。

子供の寝心地

6歳未満の子供の使用は禁忌です。

この薬剤は、有機病理を除いて、夜間夜尿症のための一時的な補助療法としてのみ、6歳以上の子供に投与する必要があります。

推奨用量は以下のとおりです。6-8歳の子供(体重20-25kg) - 25mg /日; 9〜12年(体重25〜35kg) - 25〜50mg /日; 12歳以上(体重35kg以上) - 50-75mg /日。

推奨用量を超えることは、低用量での薬物治療の最初の週後に治療に対する満足のいく反応がない場合にのみ正当化される。

小児の1日量は2.5 mg / kgを超えてはならない。

上記用量の範囲から最低用量を使用することを推奨します。 毎日の投与量は、就寝前に食べてから1回だけとすることをお勧めします。 早朝の夜間に夜間の夜尿症が認められた場合は、1日1回と1日1回の2回に分けて投与することをお勧めします。 治療期間は3ヶ月を超えてはならない。 病気の臨床像の変化に応じて、維持用量を減らすことができる。 治療終了後、徐々にメリプラミンを中止するべきである。

再発が起きた場合は、完全な健康診断が行われるまで治療を再開しないでください。

リリースフォーム

フィルム被覆錠剤、25mg。 50テーブル。 茶色のガラスのボトルには、最初の浸透とショックアブソーバの制御と、PEの蓋。 1f。 段ボール箱に入れた。

薬局からの休暇の条件

処方せん。

メリプラミンの保存条件

25℃以下の温度で

子供の手の届かないところに保管してください。

メリプラミンの賞味期限

3年。

パッケージに記載されている有効期限が過ぎても使用しないでください。

Someone from the United Kingdom - just purchased the goods:
Glandokort 60 capsules