Best deal of the week
DR. DOPING

指示

Logo DR. DOPING

使用のための指示:クロピデックス

私はこれがほしい、私に価格を与える

剤形:フィルムコート錠

活性物質:クロピドグレルム

ATX

B01AC04クロピドグレル

薬理学グループ

抗凝集剤

病因分類(ICD-10)は、

I20狭心症[狭心症]:ヘーバーデン病; 狭心症; 狭心症の発作; 再発狭心症; 自発性狭心症; 安定狭心症; アンギナ休息; アンギナが進行中。 アンギナ混合; アンギナ自発性; 安定狭心症; 慢性安定狭心症; アンギナ症候群X

I21急性心筋梗塞:急性期の心筋梗塞; 急性心筋梗塞; 病的なQ波を伴う心筋梗塞および心不全を伴わない心筋梗塞; 心筋梗塞は心原性ショックにより複雑化する。 梗塞左心室; 経心筋梗塞; 心筋梗塞の網膜下(心内膜下); 網膜虚血心筋梗塞; 心内膜心筋梗塞; 心筋梗塞の急性期; 急性心筋梗塞;急性心筋梗塞;急性心筋梗塞;急性心筋梗塞; 心筋梗塞の亜急性期; 冠動脈(動脈)の血栓症; 脅かされた心筋梗塞; Q波なしの心筋梗塞

I24.9急性虚血性心疾患、不特定:冠状動脈性心疾患; 冠動脈機能不全; 急性冠動脈機能不全; 急性冠動脈症候群

I25.2移送された最後の心筋梗塞:心臓症候群; 心筋梗塞; ポストMI 心筋梗塞後のリハビリテーション; 操作された船の再閉鎖; アンギナpostinfarctnaya; 心筋梗塞後の状態; 心筋梗塞後の状態; 心筋梗塞

I63脳梗塞:虚血性脳卒中; 虚血性脳疾患; 虚血性脳卒中; 虚血性脳卒中およびその結果; 虚血性脳卒中; 虚血性脳血管障害; 虚血性脳損傷; 虚血性脳損傷; 虚血状態; 脳虚血; 急性低酸素脳; 急性脳虚血; 急性虚血性脳血管障害; 急性脳梗塞; 急性虚血性脳卒中; 急性期の虚血性脳卒中; 焦点大脳虚血; 虚血性脳卒中; 再発脳卒中; Morgagni-Adams-Stokesの症候群。 慢性脳虚血; 脳血管発作; 塞栓性脳卒中; 虚血性脳損傷

I73.9末梢血管疾患、不特定:血管攣縮; 血管攣縮/血管収縮; 血管痙攣障害; 静脈の微小循環の違反; 循環の違反; 末梢血循環の障害; 下肢および上肢における末梢血循環の欠如; 末梢動脈閉塞性疾患; フォンテーヌの段階III〜IVにおける末梢動脈閉塞症; 末梢血管機能不全; 末梢血管病変; 末梢血管障害; 末梢循環障害; 動脈の痙攣; 血管攣縮; 機能性末梢動脈疾患; 慢性閉塞性疾患; 下肢の慢性閉塞性疾患; 慢性動脈閉塞性疾患

I74塞栓症および動脈血栓症:努力のストレス(ストレス); 動脈血栓症; 動脈血栓症; 亜急性および慢性動脈血栓症; 末梢動脈の亜急性血栓症; 術後血栓症; 血管血栓症; 血管塞栓症; 大動脈シャントの血栓症; 動脈血栓症; 動脈の血栓症; 冠動脈血栓症; 冠動脈血栓症; 血管の血栓症; 虚血性脳卒中を伴う血栓症; 一般的な外科手術による血栓症; 腫瘍治療における血栓症; 血管血栓症; 術後の血栓形成 血栓合併症; 血栓塞栓症; 血栓塞栓性症候群; 術後期間における血栓塞栓性合併症; 動脈の血栓塞栓症; 部分血管血栓症; 塞栓症; 動脈の塞栓症

Z100 *クラスXXII外科手術:腹部手術; 腺切除術; 切断; 冠動脈形成術; 頸動脈の血管形成術; 創傷のための消毒皮膚治療; 消毒ハンド; 虫垂切除; アテレクトミー; バルーン冠動脈形成術; 膣子宮摘出術; 冠動脈バイパス; 膣および子宮頸管内の介入; 膀胱の介入; 口の介入; 修復および再建手術; 医療従事者の手指衛生。 婦人科手術; 婦人科介入; 婦人科手術; 手術中の血液量減少ショック; 化膿性創傷の消毒; 創傷端の消毒; 診断介入; 診断手順; 子宮頸部の凝固異常症; 長時間手術; 瘻カテーテルの交換; 整形外科手術における感染; 人工心臓弁; 膀胱摘除術; 短期外来手術; 短期間のオペレーション; 短い外科処置; クリコテイロトミヤ; 手術中の失血; 手術中および術後の出血; Kuldotsentez; レーザー光凝固; レーザー凝固; 網膜レーザー凝固; 腹腔鏡検査; 婦人科における腹腔鏡検査; CSF瘻; 小さな婦人科手術; 小さな外科手術; 乳房切除およびその後のプラスチック; 縦隔切開術; 耳に対する顕微手術; Mukogingivalnye操作; 縫合; マイナー手術; 脳神経外科手術; 眼科手術における眼球の固定化; 睾丸切除術; 膵切除術; Perikardektomiya; 手術後のリハビリ期間; 手術後の回復期; 経皮経管冠動脈形成術; 胸膜胸腔; 術後および外傷後の肺炎; 外科手術の準備; 手術の準備; 手術前の外科医の手の準備; 外科的処置のための結腸の準備; 神経外科および胸部手術における術後吸引性肺炎; 術後悪心; 術後出血; 術後肉芽腫; 術後ショック; 術後早期。 心筋血行再建術; 放射線摘出; 胃切除術; 腸切除術; 子宮切除; 肝切除; enterectomy; 胃の一部の切除。 操作された船の再閉鎖; 手術中に組織を結合する; 縫合糸の除去; 眼科手術後の状態; 手術後の状態; 鼻腔内手術後の状態; 胃切除後の状態; 小腸の切除後の状態; 扁桃摘出後の状態; 十二指腸の除去後の状態; 静脈切除後の状態; 血管手術; 脾摘出; 手術器具の滅菌; 手術器具の滅菌; 胸骨切開術; 歯科手術; 歯周組織における歯科的介入; 椎間板切除術;扁桃切除術; 胸部手術; 胸部手術; 総胃切除術; 経皮血管内冠動脈形成術; 経尿道切除術; Turbinektomiya; 歯の除去; 白内障手術; 嚢胞の除去; 扁桃切除術; 子宮筋腫の除去; 可動の一次歯を取り外す。 ポリープの除去; 壊れた歯を取り除く。 子宮体の除去; 縫合糸の除去; 瘻孔likvoroprovodyaschih方法; Frontoetmoidogaymorotomiya; 外科感染症; 慢性四肢潰瘍の外科的処置; 手術; 肛門部の手術。 結腸手術; 外科手術; 外科的処置; 外科的介入; 胃腸管の外科手術; 尿路に関する外科処置; 泌尿器系の外科的処置; 泌尿生殖器系の外科的介入; 心臓の手術手技; 手術操作; 手術; 静脈の手術; 外科的介入; 血管手術; 血栓症の外科的処置; 手術; 胆嚢摘出術; 部分胃切除術; 子宮摘出術; 経皮経管冠動脈形成術; 経皮経管脈管形成術; 冠動脈バイパス; 歯の摘出; 乳歯の摘出; 切開術; 拍動性心肺バイパス; 抜歯; 歯抽出; 白内障抽出; 電気凝固; 泌尿器科の介入; 切開切開術; エトモイドトミヤ; 歯の抽出後の合併症

Z95.1大動脈シャント移植の存在:冠動脈バイパス移植; 静脈シャントを伴う大動脈瘤バイパス

Z95.5冠動脈形成術移植片および移植片の存在:冠動脈バイパス移植; 動静脈シャント; 動静脈シャントの血栓症

組成

活性物質:クロピドグレル(クロピドグレル硫酸水素塩形態-1の形態)75mg

補助物質:ジプロステロール - 6,125 mg; マンニトール - 120.175mg; MCC-17.15mg; マクロゴール6000-2.45mg; 水素化ヒマシ油 - 1,225 mg

フィルム膜:Opadryピンク(ラクトース一水和物2.8mg、ヒプロメロース(15CPS)1.921mg二酸化チタン(E171)1.656mg、トリアセチン0.56mg、酸化鉄レッド(E172)0.063mg)7mg

薬理学的効果

行動様式 - 抗凝集性。

投与と投与

内部、食べ物の摂取量にかかわらず。

心筋梗塞、虚血性脳卒中または末梢動脈閉塞と診断された患者のアテローム血栓症の予防のために、1日1回75mg。

心筋梗塞の患者では、心筋梗塞の35日目の初日から、虚血性脳卒中後7日目から6ヶ月目の虚血性脳卒中患者で治療を開始すべきである。

急性冠動脈症候群(Q波のない心不全、心筋梗塞、不安定狭心症)の急性冠動脈症候群を予防するために、300mgの単回投与から開始し、75mg /日(75〜325mgの用量のASAと組み合わせて) /日、推奨用量は100mg /日)。 最大の効果は3ヶ月後に起こります。 治療の経過は1年以内です。

STセグメント上昇(急性心筋梗塞(STセグメント上昇))を伴う急性冠動脈症候群のアテローム血栓性事象 - ASAおよび血栓溶解剤(または血栓溶解剤なし)と組み合わせた最初の単回投与量で75mg /日。

併用療法は、症状の発症後できるだけ早く開始され、少なくとも4週間持続する。 75歳以上の患者では、クロピドグレルによる治療は負荷量を摂らずに開始するべきである。

アイソザイムCYP2C19の機能の遺伝的に決定された減少を有する患者において、クロピドグレルの効果は低減され得る。 そのような患者における最適な投薬レジメンは確立されていない。

CRFまたは中等度の肝不全の患者での使用経験は限られている。

リリースフォーム

錠剤、フィルムコーティング、75mg。 15テーブル。 PVC / PVDC /アルミニウムブリスターで。 2枚のブリスターを段ボール箱に入れる。

メーカー

既製の剤形:Bilim Pharmaceuticals、Turkey。 GebzeはSanay Belgesi(GOSS)、1900 Sokak番号1904を組織する。

プライマリ/セカンダリパッケージングと品質管理の発行:Beluga、医薬品および化粧品dd、クロアチア共和国。 48000、Koprivnitsa、ul。 ダニカ、5。

登録証明書の所有者:Belupo、医薬品および化粧品dd、クロアチア共和国。

ロシアのクロアチア共和国の医薬品および化粧品のBelupo社の代表者:119330、モスクワ

薬局の供給条件

処方せん。

クロピデックス薬の保管条件

25℃以下の温度で

子供の手の届かないところに保管してください。

薬Klopidexの有効期間

2年。

パッケージに記載された有効期限を超えて使用しないでください。

Someone from the Bahrain - just purchased the goods:
Svetinorm intensive course 180 capsules