Best deal of the week
DR. DOPING

指示

Logo DR. DOPING

使用のための指示:Ketoprofen (Ketoprophenum)

私はこれがほしい、私に価格を与える

薬理学グループ

NSAIDs - プロピオン酸誘導体の組み合わせ

病理分類(ICD-10)

G54.1腰仙叢の障害

坐骨神経痛、神経根起源、脊椎病理学、坐骨神経痛、橈骨腱炎

I80.0下肢の表在血管の静脈炎および血栓性静脈炎

表在静脈の血栓性静脈炎、表在静脈の血栓静脈炎、表在静脈の血栓性静脈炎、表在静脈の静脈炎、静脈の炎症

I89.1リンパ管炎

リンパ管炎、リンパ管炎、急性リンパ管炎

J02.9急性咽頭炎、不特定

化膿性咽頭炎、急性鼻咽頭炎、リンパ門咽頭炎

J03.9急性扁桃炎、不特定(狭心症の無顆粒球性)

咽頭炎、狭心症、狭心症、炎症性鼻炎、急性咽頭炎、扁桃炎、胸膜炎、急性扁桃炎、狭心症、濾胞扁桃炎、狭心症、咽頭咽頭炎、狭心症、狭心症、 、胸膜炎狭心症、濾胞性咽頭痛、細菌性扁桃炎

J04.0急性喉頭炎

レクトルスキ喉頭炎、急性カタル性喉頭炎、喉頭炎は急性膿瘍

K05.0急性歯肉炎

歯肉炎、歯肉炎、ヴィンセントの急性潰瘍性壊死性歯肉炎、急性潰瘍性歯肉炎

K05.2急性歯周炎

歯周病、歯周炎、急性歯周炎、歯肉炎を伴う歯周病、ペリプロナイト

K05.4歯周病

歯槽膿漏、砂糖摂取、慢性副甲状腺機能低下症、表在性および深部性歯周炎、黄斑症

K08.8.0 *痛い歯痛

歯痛、歯痛、疼痛性炎症、歯科麻酔、歯科疼痛症候群、歯石除去後の痛み、歯を抜く時の痛み、歯痛、歯科治療後の痛み

K12口内炎および関連病変

口腔の炎症性疾患、口腔の炎症性疾患、口腔の真菌感染症、真菌感染症および口腔の炎症性疾患などの疾患の治療に使用することができる。口腔感染症、咽頭および口腔の炎症性疾患の悪化、口内炎、角膜炎、慢性再発性口内炎、口腔粘膜の潰瘍性壊死性疾患、潰瘍性壊死性歯肉性口内炎、潰瘍性口内炎、びらん性潰瘍性口腔粘膜の病変、口腔粘膜のびらん性潰瘍性病変、口腔の粘膜粘膜、再発性潰瘍性口内炎

K14.0艶炎

L98.9皮膚および皮下組織の病変、不特定

アポトーシス、アポトーシス、アポトーシス、アポトーシス、アポトーシス、アポトーシス、アポトーシス、アポトーシス、軟骨組織炎症皮膚病、皮膚の荒れ、軽度の皮膚病変、表面亀裂および皮膚擦過傷、皮膚病変の増加、皮膚病変、皮膚の浸食、脂肪浮腫、皮膚および軟部組織の局所非感染性プロセス、皮膚構造の外傷、皮膚、皮膚障害

M06.9他の特定関節リウマチ

関節リウマチ、リウマチ性関節炎、慢性関節リウマチ、リウマチ性多発関節炎、リウマチ様関節炎、リウマチ様関節炎、リウマチ性関節炎、リウマチ性関節炎、リウマチ性関節炎、リウマチ性関節炎、リウマチ様関節炎、リウマチ様関節炎、リウマチ性関節炎、関節リウマチ、能動的関節リウマチ、関節リウマチ、多発性関節リウマチ、急性リウマチ、急性リウマチ

M07.2乾癬性脊椎炎(L40.5 +)

乾癬性脊椎炎

特発性痛風M10.0

一次痛風

M13.9未指定の関節炎

関節炎、凝固性関節炎(非感染性)、急性関節炎、筋骨格系の急性炎症性疾患における疼痛、筋骨格系の慢性炎症性疾患における疼痛、変形性関節症における疼痛、変形性関節症における炎症、炎症性関節症、炎症性および変性性関節疾患炎症性関節症、筋骨格系の炎症性疾患、破壊性関節炎、筋骨格系の疾患、筋骨格系の疾患、筋骨格系および結合組織の疾患、筋骨格系の感染症、モノアミン、リウマチ性関節炎、変形性関節症、筋骨格系の急性炎症、筋骨格系の急性炎症性疾患、筋骨格系の急性炎症状態、急性関節炎、急性変形性関節症、外傷後変形性関節症、反応性関節炎、C 慢性関節炎、慢性炎症性関節炎、関節嚢の内層の慢性炎症、関節嚢の慢性炎症、関節の慢性炎症性疾患、滲出性関節炎

M19.9無制限の関節症

変形性関節症、骨関節炎、大関節の関節症、骨関節炎の疼痛症候群、筋骨格系の急性炎症性疾患における疼痛症候群、筋骨格系の慢性炎症性疾患における疼痛症候群、変形性関節症、変形性関節症、変形性関節症急性期の変形性関節症、大関節の変形性関節症、変形性関節症を伴う急性疼痛症候群、外傷後の変形性関節症、リウマチ性変形性関節症、脊椎関節症、慢性変形性関節症

M25.5関節の痛み

筋骨格系の慢性炎症性疾患の疼痛症候群、関節の痛み、関節の痛み、関節炎の痛み、関節炎の痛み症候群、関節炎の慢性炎症性疾患の痛み症候群、関節痛、関節痛、筋肉痛の痛み症候群、骨関節炎の痛み症候群、変形性関節症の痛み症候群関節の痛み、関節の痛み、関節の痛み、関節の痛み、関節の痛み、関節の痛み、重度の物理的な運動の関節の痛み、痛みを伴う炎症性の関節の損傷、筋骨格系の痛みを伴う状態、痛いジョイントの状態、関節の痛みを伴う外傷性の愛、筋骨格系の痛み、関節痛、関節リウマチの痛み、慢性変性性骨疾患の痛み、慢性変性性関節疾患の痛み、骨関節痛、関節痛、関節炎の痛み関節リウマチ、関節痛症候群、関節痛、リウマチ痛、リウマチ性疼痛

M42.9脊椎の骨軟骨症、不特定

筋骨格系の急性炎症性疾患における疼痛症候群、筋骨格系の慢性炎症性疾患における疼痛症候群、脊柱の病気、脊髄症の脊柱骨軟骨症

M43.6斜頸

先天性斜頸

M45強直性脊椎炎

ベクテレウス病、強直性脊椎炎、脊柱管疾患、リウマチ性脊椎炎、ベクテレフ病、慢性関節リウマチ、慢性関節リウマチ、強直性脊椎炎、強直性脊椎関節症、マリー - ストランペル病、強直性脊椎炎、マリー - ストランペル病

M54.1ラジカル障害

急性坐骨神経痛、脊髄神経症、髄膜炎、脊髄炎を伴う斑状炎、急性神経根障害、橈骨炎を伴う疼痛症候群、亜急性根髄炎、橈骨炎、慢性根髄炎、脊柱の病気

M54.3坐骨神経痛

石灰化、坐骨神経の神経痛、坐骨神経炎

M54.5背中の痛み

腰痛、腰痛、ルンバリア、脊柱の痛みの状態、背中の痛み、腰痛の症候群

M65滑膜炎および腱鞘炎

急性腱鞘炎、糸球体腎炎、テントシノビット、糸球体炎、筋肉関節疾患における変形性関節症、軟部組織の炎症性疾患、非特異的腱鞘炎、テンドシノビット(Tendosinovit)

M71他のbursopathies

滑液包炎、滑液包炎、軟部組織の疾患、筋肉関節疾患の変形性関節症、軟部組織の炎症性疾患、亜急性滑液包炎

M77.9その他不特定

カプセル、関節炎、腱炎、テンダーパシー、関節症

M79.1筋痛

筋・骨格系の疼痛症候群、筋骨格系の慢性炎症性疾患の疼痛症候群、筋肉の痛み、筋肉の圧痛、重度の身体運動における筋肉痛、筋骨格系の痛み、筋骨格系の痛み筋肉痛、筋痛、筋肉痛、筋肉痛、安静時の筋肉痛、筋肉痛、非リウマチ起源の筋肉痛、リウマチ起源の筋肉痛、急性筋痛、リウマチ性疼痛、リウマチ性疼痛、筋筋膜炎症候群、線維筋痛

N23腎疝痛が特定されていない

腎臓疝痛の痛み、痛みの平滑筋攣縮、平滑筋の痛み(腎臓および胆道疝痛、腸の痙攣、月経困難症)、内臓の平滑筋の痛み痙攣、内臓の平滑筋の痛み(腎臓および胆汁疝痛、腎疝痛、尿路疝痛、腎疝痛、尿石症を伴う腎疝痛、腎臓病、泌尿器系疾患の平滑筋痙攣、尿路の攣縮、尿管の攣縮、尿管、尿路の痙攣、尿路の痙攣

N94.4原発性月経困難症

原発性機能不全月経困難症、原発性月経困難症の痛み、原発性紅斑性狼瘡、月経痙攣

R52.0急性疼痛

急性疼痛症候群、変形性関節症を伴う急性疼痛症候群、外傷性起源の急性疼痛症候群、神経原性の重篤な疼痛、重度の疼痛、送達時の疼痛症候群

R52.9不特定の痛み

術後の痛み、整形外科手術後の痛み、炎症起源の痛み、癌発生よりも痛み、診断手技後の痛み症候群、痛みの徴候、術後の痛み、手術後の痛み診断、手術後の痛み、整形外科手術後の痛み、傷害後の痛み、痔核の除去後の痛み、自然の非リウマチ性炎症の痛み、末梢神経系の炎症性病変の痛み、糖尿病性神経障害の痛み、筋骨格系の急性炎症性疾患の痛み、腱病理の痛み、痛みの平滑筋痙攣、平滑筋の痛み(腎臓および胆道疝痛、腸のけいれん、月経困難症)、内臓の平滑筋の痛み痙攣、 (腎臓および胆道疝痛、腸の痙攣、月経困難症)、外傷性疼痛の疼痛、傷害を伴う痛み 十二指腸潰瘍の痛み、胃潰瘍の疼痛症候群、胃潰瘍および十二指腸潰瘍の疼痛症候群、痛み、月経中の痛み、痛み症候群、痛みを伴う状態、痛みを伴う足痛み、義歯装着時の痛みの歯茎、脳神経出口点の痛み、痛みを伴う月経不順、痛みを伴う包帯、痛みを伴う筋肉痙攣、痛みを伴う歯の成長、舌の痛み、手術傷口の痛み、術後の痛み身体、診断手技後の痛み、整形外科手術後の痛み、手術後の痛み、インフルエンザの痛み、糖尿病性多発神経障害の痛み、火傷の痛み、性交中の痛み、診断手技中の痛み、 、副鼻腔炎の痛み、外傷の痛み、痛みの外傷、術後期間の痛み、診断手技後の痛み、瘢痕後の痛み 術後疼痛、術後疼痛、術後疼痛および外傷後疼痛、外傷後疼痛、嚥下時の痛み、上気道の感染性および炎症性疾患における疼痛、火傷の痛み、外傷性筋肉傷害における痛み、外傷性疼痛、外傷後疼痛、後頭部痛症候群、トルピッド疼痛、外傷性疼痛、外傷性疼痛、外傷性疼痛、外傷性疼痛、外傷性痛み、軽度の痛み、中程度の激痛、中等度の痛み、多発性筋炎

S83.2新生半月板破裂

膝半月板損傷

T09.5不特定の筋肉および胴の腱の損傷

筋肉挫傷

T14.3身体の不特定領域の関節の莢膜靱帯装置への脱臼、捻挫および損傷

筋肉の痛みを伴うストレッチ、緊張の痛みや炎症、転位の脱臼、靭帯の変性、捻挫や挫傷による浮腫、捻挫の介入後の浮腫、靭帯の損傷と破裂、筋骨格系の損傷、靭帯の損傷、関節の損傷、靭帯破裂、テンドン腱、筋肉の腱の破裂、痙攣、筋肉の伸展、捻挫、腱の緊張、伸展、筋肉の伸展、捻挫、腱の張力、骨関節系の傷害、靱帯への損傷関節への損傷、関節の傷、靱帯装置の伸展、習慣的な伸展および引き裂き

T14.9傷害不明

外傷後の痛み症候群、外傷後の痛み症候群、外傷および手術後の痛み症候群、傷害の場合の痛み、外傷性の痛み、傷害を伴う痛み、術後および外傷後の痛み、傷害の場合の痛み外傷性起源、深刻な外傷性疼痛症候群、深部組織損傷、胴体の深い傷、閉鎖傷害、軽度の家庭傷害、軽度の皮膚損傷、軟部組織の完全性の侵害、単純な外傷、広範囲の外傷、急性疼痛症候群外傷後の痛み、外傷後の痛み、軟部組織の傷害、関節の傷害、スポーツの傷害、傷害、外傷性の痛み、外傷性の痛み、外傷性の痛み、スポーツへの負傷

Z100 *クラスXXII外科手術

腹腔鏡手術、切除術、切除術、冠動脈形成術、頸動脈の血管形成術、創傷のための防腐皮膚治療、防腐ハンド、虫垂切除術、アテローム切除術、バルーン冠動脈形成術、膣子宮摘出術、冠動脈バイパス、膣および子宮頸管内介入、膀胱、口腔内の介入、回復および再建手術、医療従事者の手指衛生、婦人科手術、婦人科介入、婦人科手術、手術中の血液循環ショック、膿疱性創傷の消毒、傷口の消毒、診断介入、診断処置、人工心臓弁、膀胱摘除術、短期外来手術、短期手術、短期手術、クリコテレトミヤ、手術中の失血、手術中の出血、術後の出血期間、Kuldotsentez、レーザー 腹腔鏡検査、婦人科腹腔鏡検査、小婦人科手術、小規模な外科手術、乳房切除術およびその後のプラスチック、縦隔切開術、耳上の顕微手術、Mukogingivalnye手術、縫合、軽度手術、神経外科手術、手術後の回復期間、手術後の回復期、経皮経管冠動脈形成術、胸腔穿刺、手術後および外傷後の肺炎、外科手術の準備、外科手術の準備、眼科手術のための眼球の固定化、睾丸摘除術、膵管切除術、Perikardektomiya手術前の外科医の準備、外科手術のための結腸の準備、脳神経外科および胸部手術における術後の吸引肺炎、術後の悪心、術後の出血、術後の肉芽腫、術後のショック、 d、心筋血行再建術、放射線摘出術、胃切除、腸切除、子宮切除、肝切除、浸潤切除、胃の一部の切除、手術術後の組織の接着、縫合の除去、術後の状態、術後の状態、胃切除後の状態、小腸切除後の状態、扁桃切除後の状態、十二指腸切除後の状態、瀉血後の状態、血管手術、脾臓摘出術、手術器具の滅菌、胸骨切除術、胸腺切除術、総胃切除術、経皮的血管内冠動脈形成術、経尿道切除術、Turbinektomiya、歯の切除、白内障手術、嚢胞の除去、扁桃切除術、切除術子宮筋腫、可動性一次歯の除去 、ポリープの除去、壊れた歯の除去、子宮体の除去、縫合糸の除去、尿道切開術、瘻孔症候群、外科感染症、慢性四肢潰瘍の外科的処置、手術、肛門部の手術、結腸手術外科手術、手術手技、外科手術介入、胃腸管手術、泌尿器の手術手技、泌尿器系の手術手技、尿生殖器系の外科手術、心臓の手術手技、外科手術、手術、手術経皮経管冠動脈形成術、経皮的冠動脈形成術、冠動脈バイパス術、冠動脈バイパス術、乳歯の摘出術、脈管切開術、拍動性心肺バイパス術、歯の抽出、歯 抽出、白内障抽出、電気凝固、内視鏡的介入、切開創、エトモイドトミヤ、歯の抽出後の合併症

コードCAS 22071-15-4

ケトプロフェンの特徴

NSAIDs。 ケトプロフェンは、薬理学的活性がS-エナンチオマーと会合しているエナンチオマーのラセミ混合物である。 白色またはほぼ白色の細粒または顆粒状の粉末で、無臭で吸湿性がない。 エタノール、クロロホルム、アセトン、エーテル、ベンゼン、強アルカリに容易に溶解する20℃の水中で実質的にnerastvorim。 分子量254.28。

ケトプロフェンリジン塩:分子量400.47。

薬理学

薬理作用 - 抗炎症、解熱、抗凝集、鎮痛。

COX-1およびCOX-2の活性を阻害し、PGおよびLTの合成を阻害する。 それは抗ブラジキニン活性を有し、リソソーム膜を安定化させ、慢性炎症における組織破壊を促進する酵素の放出を遅らせる。 サイトカインの分泌を減少させ、好中球の活性を阻害する。

抗炎症効果は、入院1週間後に起こります。 ケトプロフェンのリシン塩は、同様に顕著な抗炎症性、鎮痛性、解熱効果を有する。

関節症候群では、安静時および運動中の関節痛を緩和し、朝の硬直および関節の腫脹を軽減し、運動量の増加に寄与する。

摂取すると、迅速かつ十分に吸収され、バイオアベイラビリティー約90%。 血液中のCmaxは、摂取後0.5〜2時間、1.5〜4時間後、直腸投与、15〜30分後、非経口投与および5〜8時間後に皮膚に適用される。 減速した形態をとる場合、最小有効濃度は2〜3時間後に決定され、Cmaxは通常6〜7時間以内に達成される。 食物との同時摂取では、総バイオアベイラビリティー(AUC)は変化せず、吸収速度は遅くなる(正常および遅延型の両方について)。 吸収は、肝臓を通過する「最初の通過」の影響を伴う。 主にアルブミン - 99%の血漿タンパク質に結合する。 血漿中の平衡濃度は、通常の摂取開始の24時間後に達成される。 組織学的障壁を容易に通過し、組織および器官に分布する。 かなりの量でBBBに浸透しません。 滑液中のケトプロフェンのレベルは血液中より低いが、治療薬内ではより長い時間(6〜8時間)残留する。 肝臓ではグルクロニド化によって代謝される。 主に腎臓から排出されます - 主にグルクロン酸誘導体として24時間以内に80%。 静脈内投与後T1 / 2 - (2.050.58)h; 従来の講演で200mgの用量で摂取してから2〜4時間; 200mgの用量で遅延型を服用した後には、5.42.2時間であった。 腎不全で排泄が遅くなる。

リシン塩のケトプロフェン:顆粒の形態の摂取後のTmax - 15分、非経口投与 - 20-30分、直腸 - 45-60分。 徐放性カプセルの形態で投与する場合、有効濃度は20〜30分後に達成され、24時間維持される。

滑液中の治療濃度は18〜20時間維持される。 それは肝臓のミクロソーム酵素によって代謝される。 それは、腎臓によって、グルクロニドの形態で60〜80%が24時間排泄される。

高齢の患者では、血漿および腎臓クリアランスが減少し、Cmax、AUCおよび未結合画分は年齢と共に増加する(男性においてよりも女性において)。

皮膚適用では、ケトプロフェンの経皮吸収が遅くなり、長時間治療レベル内の炎症組織におけるその濃度の維持が保証される。 これは、滑液および結合組織に十分に浸透する。 全身血流における吸収は重要ではなく、ゲルのためのバイオアベイラビリティーは約5%である。

局所的な溶液(リンス溶液)をTmax160mgの用量で使用する場合、Cmax値は350mg / ml(80mgの経口摂取により4%の濃度)である。

発がん性、突然変異誘発性、妊孕性への影響

経口投与(最大32mg / kg /日、96mg / m2 /日、約0.5MPHR)したマウスの慢性毒性試験では、ケトプロフェンの発癌作用は示されなかった。 隔年発がん性試験では、6 mg / kg /日(36 mg / m2 /日)までのラットで有害発癌抑制効果は検出されなかった。 同時に、すべての群の動物は、生存率が低いため、81週間にわたって6mg / kg /日(36mg / m2 /日)を受けた女性を除いて、104週間にわたって薬物を受けた。 薬物を104週間投与した群の生存率は、対照群と比較して6%であった。

エイムス試験ではケトプロフェンの変異原性は認められなかった。 ケトプロフェンを雄ラット(9mg / kg /日まで、54mg / m2 /日)に投与した場合、生殖機能および妊娠可能性に有意な効果は見られなかった。 6または9mg / kg /日(36または54mg / m2 /日)の用量の雌ラットでは、インプラントの数が減少した。

ラットおよびイヌの高用量では、精子形成が妨げられ阻害され、イヌおよびサルのヒヒにおいて、睾丸の重量が減少する。

ケトプロフェンの応用

全身使用(内、in / m、in / in、直腸)

筋骨格系の炎症性および変性性疾患。 慢性関節リウマチ、非特異的脊椎炎(強直および乾せん性脊椎炎)、痛風性関節炎、偽痛風、変形性関節症、関節外リウマチ(腱嚢炎、滑液包炎、嚢炎)。 異なる起源の疼痛症候群の重複、 坐骨神経痛、坐骨神経痛、坐骨神経痛、挫傷および筋肉の伸展、腎疝痛、歯科、婦人科、神経学的、腫瘍学的練習における疼痛症候群を含む。 筋骨格系の炎症性疾患における急性疼痛症候群の症状的治療(I / m投与のみ)。 原発性月経困難症。

局所適用の場合:

皮膚に適用される場合 - 筋骨格系の急性および慢性の炎症性疾患(慢性関節リウマチ、脊椎関節症、関節症、骨軟骨症); 関節炎、関節周囲炎、腱炎、腱鞘炎、滑液包炎、筋肉挫傷、捻挫、靭帯破裂および筋肉の腱、捻挫、膝の半月板への損傷を含む疼痛性炎症または外傷性(スポーツを含む)関節、腱、静脈炎、腰痛)、静脈炎、表面静脈血栓性静脈炎、リンパ管炎、皮膚炎症プロセス;

口腔、咽頭および喉頭の炎症性疾患(狭心症、喉頭炎、咽頭炎、口内炎、舌炎、歯肉炎、歯周炎、歯周炎を含む)、歯の治療および除去における鎮痛のための対症療法補助薬物)。

禁忌

過敏症(他のNSAIDsを含む)。 アスピリン喘息、胃および十二指腸潰瘍(悪化)、潰瘍性大腸炎(悪化)、クローン病、憩室炎、消化性潰瘍、血液凝固系障害(血友病を含む)、腎臓および肝臓不全、18歳未満の小児および青年、妊娠(III期); 直腸投与(さらに):痔、直腸炎、前庭; 皮膚の適用:皮膚病、湿疹、感染擦過傷、皮膚の完全性の侵害、6歳未満の子供。

ケトプロフェンは、冠動脈バイパス手術中の痛みの軽減のために示されていない。

妊娠および泌乳

催奇形作用。 マウスの研究では、ケトプロフェンを12mg / kg /日(36mg / m2 /日)まで、9mg / kg /日(54mg / m2 /日)のラットで投与した0.2 MPHR(185 mg / m2 /日)に相当するが、催奇性や胎児毒性は認められなかった。 ウサギの別の試験では、雌の毒性用量は胎児毒性と関連したが、催奇性は伴わなかった。 しかし、動物における生殖研究は、常にヒトにおける影響を予測するとは限らない。

非胎盤効果。 胎児の心臓血管系(GH合成を阻害する薬剤)の早期閉鎖は知られているので、妊娠中(特に後期)に避けるべきである。

妊娠中の摂取または直腸投与の場合、新生児の血行動態障害が起こり、重度の呼吸窮迫を伴い、出生直前に使用が遅れる可能性があります。

妊婦の適切かつ厳密に管理された研究は実施されていない。 III期(特に36週後)の胎児の潜在的なリスクを超える治療の期待される効果が、子宮の音色に影響を及ぼす可能性があるため、禁忌である場合、I期およびII期の妊娠の可能性がある。

FDAによる胎児の行動カテゴリーはCです。

出産と出産。 ケトプロフェンのヒトへの分娩および分娩への影響は不明である。 ラットを用いた研究では、ケトプロフェンを6mg / kg(36mg / m 2 /日)の用量(約0.2MPDに相当)で投与する前に妊娠を延長することが示されています。

妊娠を計画している女性は、ケトプロフェン、tkの使用を控えるべきです。 その投与の背景に、卵子の移植の確率が低下する可能性があります。

ケトプロフェンがヒトの母乳に浸透しているかどうかは知られていない。 9mg / kg(54mg / m2 /日、約0.3MPHP)の用量のラットでは、ケトプロフェンは周産期発達に影響を与えなかった。 ケトプロフェンを授乳中のイヌに投与した場合、乳中の濃度は血漿中濃度の4〜5%であった。 母乳中に排泄される他の物質と同様に、母乳育児の母親にケトプロフェンを使用することはÿ

Someone from the France - just purchased the goods:
Ergoferon 20 pills