Best deal of the week
DR. DOPING

指示

Logo DR. DOPING

使用のための指示:インスリンアスパルト二相性(Insulinum aspartum biphasicum)

私はこれがほしい、私に価格を与える

薬理学的物質群カルシトニン

インスリン

病理分類(ICD-10)

E10インスリン依存性真性糖尿病

炭水化物代謝の代償不全、糖尿病、インスリン糖尿病、糖尿病1型糖尿病ケトアシドーシス、インスリン依存性糖尿病、インスリン依存性糖尿病、昏睡高張性非ケト酸性糖尿病、不安定型糖尿病、1型糖尿病糖尿病、I型真性糖尿病、インスリン依存性真性糖尿病、1型真性糖尿病

E11インスリン非依存性真性糖尿病

インスリン非依存性糖尿病、非インスリン依存性糖尿病、インスリン抵抗性、インスリン抵抗性、糖尿病性網膜症、糖尿病性網膜症、糖尿病性網膜症、糖尿病性網膜症、糖尿病性網膜症、 2型糖尿病、2型糖尿病、2型糖尿病、2型糖尿病、2型糖尿病、2型糖尿病、2型糖尿病、2型糖尿病、2型糖尿病、2型糖尿病、2型糖尿病、2型糖尿病、2型糖尿病、

特性

インスリン複合作用の準備、ヒトインスリンの類似体。 可溶性インスリンアスパルト(30%)とアスパルトプロタミン(70%)のインスリン結晶からなる2相懸濁液。 インスリンアスパルトは、Saccharomyces cerevisiae株を用いた組換えDNA技術によって得られた。 インスリンの分子構造において、位置B28のアミノ酸プロリンがアスパラギン酸に置き換えられている。

薬理学

薬理作用 - 低血糖。

細胞の細胞質膜の特異的受容体と相互作用し、細胞内プロセスを刺激するインスリン受容体複合体を形成する。 多くの重要な酵素(ヘキソキナーゼ、ピルビン酸キナーゼ、グリコーゲン合成酵素)の合成。 血液中のグルコース濃度を低下させることは、細胞内輸送の増加、骨格筋および脂肪組織の吸収の増加、肝臓におけるグルコース産生速度の低下によるものである。 モル当量でヒトインスリンと同じ活性を有する。 アスパラギン酸に対するB28位のアミノ酸プロリンの置換は、可溶性ヒトインスリンに観察される薬物の可溶性画分中に六量体を形成する傾向を低下させる。 これに関して、インスリンアスパルトは、二相性ヒトインスリンに含まれる可溶性インスリンよりも速く皮下脂肪から吸収される。 インスリンアスパルトプロタミンは、より長く吸収される。 SC投与後、効果は10〜20分後に発症し、最大効果は1〜4時間であり、作用持続時間は24時間までである(投与量、投与場所、血流の強さ、体温および身体活動レベル)。

0.2U / kg体重Tmax〜60分の用量での導入では、 血液タンパク質への結合は低い(0〜9%)。 血清中のインスリン濃度は15〜18時間後の初期値に戻る。

適応症

糖尿病1型。糖尿病2型(経口血糖降下剤に耐性の場合、併用療法のためのこれらの薬物に対する部分的耐性、間葉疾患)。

禁忌

過敏症、低血糖。

使用の制限

18歳未満の年齢(安全性と有効性は未定)。

妊娠と泌乳

インスリンアスパルト二相性を用いた動物の生殖に関する研究は行われていない。 しかしながら、生殖毒性研究、ならびにインスリン投与を伴うラットおよびウサギ(インスリンアスパルトおよび正常ヒトインスリン)の催奇形性の研究は、これらのインスリンの効果が異なることを示した。 インスリンアスパルト、ならびにヒトインスリンは、約32回(ラット)および3回(ウサギ)でのヒト投与のために推奨される用量で、移植前および移植後の損失ならびに内臓/骨格異常を引き起こした。 約8回(ラット)またはヒト用量(ウサギ)にほぼ等しい投与量をヒトの投与に推奨する用量を超えると、有意な効果は認められなかった。

期待される治療効果が胎児の潜在的リスクを超える場合(適切かつ厳格に管理された研究は行われない)、妊娠中の使用が可能である。 インスリンアスパルト二相性が妊娠中に適用されたときに胎児毒性作用を及ぼすことができるかどうか、およびそれが繁殖能力に影響を及ぼすかどうかは知られていない。

可能性のある妊娠期間およびその期間中、真正糖尿病患者の状態を注意深く監視し、血糖値を監視する必要があります。 インスリンの必要性は、原則として、I期において減少し、妊娠のII期およびIII期において徐々に上昇する。

胎児の行動カテゴリーはFDA-Cです。

服用中および服用直後は、インスリンの必要性は劇的に低下する可能性がありますが、妊娠前のレベルに素早く戻ります。

LSが母乳に浸透しているかどうかはわかりません。 授乳中は、用量調整の必要性があるかもしれない。

副作用

浮腫および屈折異常(治療開始時); 局所アレルギー反応(鬱血、腫れ、注射部位の皮膚のかゆみ)。 一般的なアレルギー反応(皮膚発疹、かゆみ、発汗の増加、異常な胃腸機能、呼吸困難、頻脈、血圧低下、血管浮腫)。 投与部位における脂肪異栄養症。

インタラクション

インスリン経口血糖降下薬、MAO阻害剤、ACE阻害剤、炭酸脱水酵素阻害剤、ブロモクリプチン、ソマトスタチン類似体(オクトレオチド)、スルホンアミド、同化ステロイド、テトラサイクリン、ジソピラミド、フィブラート、フルオキセチン、ケトコナゾール、メベンダゾール、ピリドキシン、テオフィリン、シクロホスファミド、フェンフルラミン、エタノールおよびエタノール含有薬物。

インスリン経口避妊薬、グルココルチコイド、甲状腺ホルモン、チアジド利尿薬、ヘパリン、三環系抗うつ薬、交感神経薬、ダナゾール、BCC、ジアゾキシド、モルヒネ、フェニトイン、ニコチンの血糖降下作用を弱める。 β-アドレナリン遮断薬、クロニジン、リチウム製剤、レセルピンおよびサリチル酸塩の影響下で、作用の減衰および増強が可能である。

過剰摂取

症状:低血糖 - 「冷たい」汗、薄い皮膚、神経症、振戦、不安、異常な疲労、衰弱、方向障害、集中障害、めまい、重度の飢餓、一時的な視覚障害、頭痛、吐き気、頻脈、発作、 。

治療:重要でない低血糖症は、患者自身によって治癒され、グルコース、砂糖または炭水化物に富む食品が内部に取り込まれる。 重症の場合、静脈内(静脈内)40%デキストロース溶液; / m(筋肉内)、皮下(皮下) - グルカゴン。 意識の回復後、患者は低血糖の繰り返し発生を防ぐために、炭水化物が豊富な食品を取ることが推奨されています。

投与経路

PC。

予防措置

IV(静脈内)に入ることはできません。 治療の不十分な投与または中止(特に1型糖尿病)は、高血糖症または糖尿病性ケトアシドーシスの発症につながります。 原則として、高血糖は数時間または数日以内に徐々に現れる(高血糖の症状:吐き気、嘔吐、眠気、肌の赤みおよび乾燥、口の乾燥、尿量の増加、喉の渇きおよび食欲の喪失、アセトンの臭気吐き出された空気)そして適切な治療をせずに死につながる可能性があります。

炭水化物代謝の補償後、例えば集中的なインスリン療法では、それらに典型的な症状である低血糖の前駆症状が、患者に知らされるべき患者において変化する可能性がある。 最適な代謝制御を有する真性糖尿病患者では、糖尿病の合併症が遅くなり、遅く進行する。 この点で、血糖値のモニタリングを含む代謝制御の最適化を目的とした活動を行うことが推奨されます。

薬物は、食物摂取と直接関連して使用されるべきである。 付随疾患を有する患者の治療における効果の発症率が高いこと、または食物の吸収を遅らせる薬物を服用する患者を考慮する必要がある。 付随する疾患、特に感染性の存在下では、インスリンの必要性が増大する。 腎臓および/または肝機能の違反は、インスリンの必要性を減少させる可能性がある。食事や計画外の身体活動をスキップすると、低血糖が発症する可能性があります。

新しいタイプのインスリンまたは別の製造業者のインスリン製剤への患者の移送は、厳格な医学的監督下で実施されるべきであり、投薬量の調整が必要とされ得る。 投与量を調整する必要がある場合は、薬物の最初の投与で、または治療の最初の数週間または数ヶ月間に既に行うことができる。 食事量の変更と身体活動の増加に伴い、用量の変更が必要な場合があります。 食事の直後に行われる身体運動は、低血糖を発症するリスクを高める可能性があります。

低血糖や高血糖が進行すると、注意や反応速度が低下し、車を運転したり、機械や機械で作業したりする危険があります。 患者には、低血糖症および高血糖の発症を予防するための措置を講ずるべきである。 これは、症状の重篤度の欠如または低下を伴う患者(低血糖発症の前駆細胞または頻繁な低血糖症の罹患者)にとって特に重要である。

Someone from the Qatar - just purchased the goods:
Arutimol eye drops 0.5% 5ml