Best deal of the week
DR. DOPING

指示

Logo DR. DOPING

使用のための指示:免疫グロブリン・ヒトム・ノーマル

私はこれがほしい、私に価格を与える

投与形態:静脈内投与のための溶液; 筋肉内投与のための溶液; 輸液用ソリューション

活性物質 :イムノグロブリンヒトムノーマル

ATX

J06BA01筋肉内注射用の正常ヒト免疫グロブリン

薬理学的グループ:

免疫グロブリン

病因分類(ICD-10)は、

A37百日咳:百日咳病原体の細菌輸送; 百日咳

A39髄膜炎菌感染:髄膜炎菌の無症候性輸送; 髄膜炎菌の感染; 髄膜炎菌(Meningococcus aureus) 髄膜炎の流行

B05麻しん: Koplikスポット; 粘液頬のコリャヤヤ発疹

B19ウイルス性肝炎、不特定:肝炎のない貧血; ウイルス性肝炎; 子供のウイルス性肝炎; 肝臓の感染; 急性肝炎

B91ポリオの結果:ポリオ撲滅の結果; ポストポリオ症候群

E88.0血漿タンパク質代謝の障害、他に分類されていないもの:低アルブミン血症; 低蛋白質血症; リジン血症

組成および放出形態

1アンプルに1.5mlの注射用溶液が入っています。 パッケージ10個入り。

特性

ヒト血清または血漿から単離され、エタノール分画法によって精製および濃縮されたタンパク質画分。

薬理学的効果

作用様式 - 免疫刺激。

免疫グロブリン・ヒトムノーマルの適応

低 - および寒天グロブリン血症、生物の耐性低下; A型肝炎、はしか、百日咳、髄膜炎菌感染、松葉杖の予防。

禁忌

血行不全における血液製剤の導入に対する重度のアレルギー反応。

副作用

アナフィラキシーショック、注射部位における充血。

投与と投与

薬物は、大臀筋の上部外側四分円または大腿の外表面にIMだけ投与される。 用量および投与頻度は、使用の適応症に依存する。

予防措置

免疫病理学的な全身性疾患(血液疾患、結合組織、腎炎など)に苦しんでいる患者は、適切な治療の背景に基づいて投与する必要があります。 妊娠と母乳授乳が医師の指示に従ってのみ使用されている場合。 麻疹と流行性耳下腺炎に対する処方と予防接種の間隔は少なくとも2〜3ヶ月でなければなりません。

薬剤の保存条件Immunoglobulinum humanum normale

乾燥した場所で、2〜8℃の温度で(凍結しないでください)。

子供の手の届かないところに保管してください。

薬物の有効期間Immunoglobulinum humanum normale

2年。

パッケージに記載されている有効期限が過ぎてから使用しないでください。

Someone from the Luxembourg - just purchased the goods:
Drotaverine 40mg 50 tablets