Best deal of the week
DR. DOPING

指示

Logo DR. DOPING

使用のための指示:Ibuprofen-Akrichin

私はこれがほしい、私に価格を与える

活性物質イブプロフェン

ATXコードM01A0101イブプロフェン

薬理学グループ

NSAIDs - プロピオン酸誘導体

リリースの構成と形式

経口投与のための懸濁液5ml

イブプロフェン100 mg

オレンジ色のガラス瓶に入れて100gにする。 ボックス1のボトルに入れてください(パッケージにはスケール付きの測定が添付されています)。

剤形の説明

橙色の匂いと甘い味のサスペンションオレンジ。 混合後に均一な懸濁液を形成する液体層と沈殿物との分離が存在し得る。

薬理学的効果

解熱剤、鎮痛剤、抗炎症剤。 それはアラキドン酸のシクロオキシゲナーゼをブロックし、PGの合成を低下させる。 脳脊髄液中のPG濃度の低下、体温の正常化をもたらす体温調節の中心の興奮の減少による解熱効果。 鎮痛効果は、EHクラスE、F、I、生体アミンの生成、侵害受容器の感受性の変化および痛覚過敏の予防に関連する。 鎮痛効果は、炎症性痛に対して最も顕著である。 抗炎症効果は、炎症メディエーターの分泌の減少および炎症プロセスの滲出性および増殖性の段階の活性の低下に起因する。 解熱および鎮痛効果は、処置の5〜7日目に起こる抗炎症効果よりも早期にかつより低い用量で現れる。

薬物動態

経口投与後、80%以上が消化管から吸収される。 血漿中のCmaxは、1.5〜2.5時間後に食後45分後の絶食により達成される。 タンパク質への結合は90%である。 ゆっくりと関節腔に浸透するが、滑液中ではより大きな濃度を生じる(滑液中のCmaxは2〜3時間で達成される)。 主に肝臓で代謝される。 これは、全身代謝の前後に供される。 吸収後、薬理学的に不活性なR体の約60%がゆっくりと活性S体に変換される。 それは、腎臓(代謝産物の形態で60〜90%およびグルクロン酸を伴うその化合物の産生、より少ない程度で、胆汁で、未変化の形態で、1%以下)で排泄される。 それは、T1 / 2からの2相動態学を有し、単回投与での投与が24時間以内に完全に排除された後、2-2.5時間である。 イブフェンの解熱効果は30分で発症し、6〜8時間持続する。

適応症

解熱剤として:風邪、急性呼吸器ウイルス感染症、インフルエンザ、狭心症(咽頭炎)、発熱を伴った小児感染症、術後の反応。

鎮痛剤として:歯痛、痛みを伴う痛み、頭痛、偏頭痛、神経痛、筋肉、関節の痛み、けがおよび火傷。

禁忌

過敏症(アセチルサリチル酸または他のNSAIDを含む)、胃および十二指腸の消化性潰瘍、重度の肝臓、腎臓、心臓血管、動脈性高血圧、血友病、凝固低下、出血性素因、グルコース-6-リン酸デヒドロゲナーゼの欠乏、 (「アスピリン喘息」)、Quincke浮腫、鼻ポリープ、難聴、幼児期(最大6ヶ月間、体重が7kg未満)のいずれかである。

副作用

中枢神経系の側面から:頭痛、めまい、睡眠障害、不安、眠気、うつ病、興奮、視覚障害(可逆的な毒性弱視、ぼやけた視力または二重視力)。

造血臓器の部分では、心不全、頻脈、血圧上昇、 貧血、血小板減少症、無顆粒球症、白血球減少症。

腸の部分では、吐き気、嘔吐、食欲減退、胸やけ、腹痛、下痢、便秘、鼓腸、肝機能障害、消化性潰瘍、胃出血。

泌尿器系から:急性腎不全、アレルギー性腎炎、ネフローゼ症候群(浮腫)、多尿症、膀胱炎。

アレルギー反応:かゆみ、発疹、気管支痙攣症候群、アレルギー性鼻炎、Quincke浮腫、Stephen-Johnson症候群、ライエル症候群。

インタラクション

他のNSAIDと併用しないでください(アセチルサリチル酸は抗炎症効果を低下させ、副作用を増加させます)。 利尿剤との同時入院では、利尿作用が低下し、腎不全発症のリスクが増大する。 ACE阻害薬(同時に腎臓による放出を減少させる)、βアドレナリン作動薬、チアジドを含む抗高血圧薬の効果を弱める。 インスリン、間接抗凝固剤、抗アグリゲート剤、線維素溶解剤(出血性合併症のリスクを増加させる)、メトトレキサートとリチウム製剤の毒性作用を強化し、ジゴキシンの血中濃度を上昇させます。

ミクロソーム酸化(フェニトイン、エタノール、バルビツール酸、ジクオリン、リファンピシン、フェニルブタゾン、三環系抗うつ薬)の誘導物質は、重度の肝毒性合併症(ヒドロキシル化活性代謝産物の生成を増加させる) カフェインは鎮痛効果を高める。

投与と投与

内側、食後。 1回の平均投与量は、1日3〜4回、体重1kg当たり5〜10mgである。 6ヶ月〜1歳(7-9kg)の子供 - 2.5ml(50mg)、1日3回、最大1日量7.5ml(150mg)。 1〜3年(10〜15kg) - 1日3〜4回、2.5ml(50mg)、最大1日量7.5〜10ml(150〜200mg)。 3〜6年(16〜20kg) - 1日3回5ml(100mg)、最大1日量15ml(300mg)。 6〜9年(21〜30kg) - 5ml(100mg)1日4回、最大1日量20ml(400mg)。 9〜12年(31〜41kg) - 10ml(200mg)1日3回、最大1日量30ml(600mg)。 12歳以上(41kg以上) - 1日4回10ml(200mg)、最大1日量40ml(800mg)。 用量は6〜8時間ごとに繰り返すことができる。 最大一日量を超えないでください。 6ヵ月から1才までの小児では、医師の勧告に基づいて処方されています。

過剰摂取

症状:腹痛、吐き気、嘔吐、遅延、頭痛、耳鳴り、うつ病、眠気、代謝性アシドーシス、出血性素因、血圧低下、急性腎不全、肝機能障害、頻脈、徐脈、心房細動。 痙攣、無呼吸および昏睡(特に5歳未満の子供に典型的)。

治療:胃洗浄、活性炭の選定、アルカリ飲料、対症療法(KHS、ADの補正)。

予防措置

門脈圧亢進症、肝臓および/または腎不全、心不全、ネフローゼ症候群、高ビリルビン血症、胃および十二指腸潰瘍(史上)、胃炎、腸炎、大腸炎、血液疾患(白血球減少、貧血)を伴う肝硬変、 、妊娠(II~III期)、泌乳中。 気管支喘息または気管支痙攣で発症する他の疾患の患者では、気管支痙攣発症リスクが高くなることがあります。

長期間の治療中には、末梢血の画像および肝臓および腎臓の機能状態の制御が必要である。 胃炎の症状が出現すると、慎重なモニタリング(食道胃十二指腸内視鏡検査、ヘモグロビン測定による血液検査、ヘマトクリット、潜伏期の糞便分析)が示される。

2日以内に解熱効果がなく、3日以内に鎮痛効果がある場合は、医師に相談してください。 副作用が起きた場合は、投薬を中止して医師に相談してください。

特別な指示

使用前に、均一な懸濁液が得られるまでバイアルを振盪する必要があります。 NSAIDの長期使用は、胃粘膜、消化性潰瘍、消化管出血を引き起こす可能性があります。

糖尿病の患者は慎重に服用しなければならない。

副作用が起きた場合は、投薬を中止して医師に相談してください。

保管条件

元の包装において25℃以下の温度で

子供の手の届かないところに保管してください。

賞味期限

3年。

パッケージに記載されている有効期限が過ぎても使用しないでください。

Someone from the USA - just purchased the goods:
Maxitrol eye drops 5ml