Best deal of the week
DR. DOPING

指示

Logo DR. DOPING

使用のための指示:ヒドロコルチゾン

私はこれがほしい、私に価格を与える

ATXコードH02AB09ヒドロコルチゾン

活性物質:ヒドロコルチゾン

薬理学グループ

グルココルチコステロイド

病理分類(ICD-10)

A41.9敗血症、不特定

敗血症、敗血症/菌血症、毒素ショック、エンドトキシンショック、細菌敗血症、重症の細菌感染、全身感染、全身感染、全身感染、創傷敗血症、敗血症性合併症、敗血症、敗血症、敗血症ショック、敗血性状態、敗血症性ショック

A49.9不特定の細菌感染

慢性細菌感染症、慢性細菌感染症、嫌気性細菌感染症、細菌重感染症、急性細菌感染症、重症の細菌感染症、院内感染症、グラム陰性好気性病原体、二次細菌感染症、免疫弱化患者の感染症、糸球体腎炎

C95.0不特定細胞型の急性白血病

白血病急性、急性白血病、小児急性白血病、成人急性白血病

C95.9その他の特定の白血病

白血病、化学療法および/または放射線照射後の急性白血病、リンパ増殖性疾患、前悪性状態

D59溶血性貧血を獲得した

溶血性貧血、細小血管貧血、急性溶血性貧血

D69.3特発性血小板減少性紫斑病

Werlhof病、特発性自己免疫性血小板減少症、特発性大人の血小板減少性紫斑病、成人の特発性血小板減少性紫斑病、免疫特発性血小板減少性紫斑病、免疫性血小板減少症、血小板減少性紫斑病の患者では出血、エバンス症候群、血小板減少性紫斑病、免疫起源の血小板減少症、慢性特発性血小板減少性紫斑病、本態性血小板減少症、妊娠中の自己免疫性血小板減少性紫斑病、輸血後の紫斑病

D70顆粒球増加症

無顆粒球症は、遺伝性であり、アレシア、アリークロサイトーシス、無顆粒性狭心症、アンギナ無顆粒性、原発性血球減少症

E05.5甲状腺の危機または昏睡

甲状腺機能低下症、甲状腺機能低下症、瘢痕化

E06甲状腺炎

肺甲状腺炎

E27.1副腎皮質の一次不全

アディソン病、アジソン病、副腎皮質機能不全、副腎皮質機能低下、アディソン病による崩壊、副腎皮質原発の不全、原発性副腎皮質機能不全、原発副腎不全

E27.2アディソンの危機

副腎皮質の不全は急性、副腎の危機、交感神経 - 副腎の危機、急性副腎不全、副腎皮質の急性不全、アジソン病

E83.5.0 *高カルシウム血症

高カルシウム血症、新生児の特発性高カルシウム血症、牛乳 - アルカリ症候群

G93.6脳の浮腫

術中脳浮腫、脳浮腫、脳の外傷後腫脹、放射線療法に伴う脳浮腫、頭部外傷に伴う脳浮腫、外傷後脳浮腫、中毒における脳浮腫

J44その他の慢性閉塞性肺疾患

アレルギー性気管支炎、気管支炎喘息、喘息性気管支炎、喘息気管支炎、気管支炎は閉塞性気管支疾患、急性および慢性呼吸器疾患における喀痰の短期間、肺および気管支の炎症性疾患における咳、可逆的気流閉塞、可逆的閉塞性気道疾患、閉塞性気道疾患慢性閉塞性肺疾患、慢性閉塞性気道疾患、慢性閉塞性気道疾患、慢性閉塞性肺疾患、限定的肺病変

J46ステータスasthmaticus

喘息発作、状態喘息、気管支喘息における気管支痙攣

J45喘息

気管支喘息、気管支喘息、気管支喘息、身体努力、気管支喘息、気管支喘息、気管支喘息、気管支喘息、気管支喘息、気管支喘息、気管支喘息、気管支喘息、気管支喘息、気管支喘息、気管支喘息、気管支喘息、ホルモン依存性気管支喘息、 、非アレルギー性喘息、夜間喘息、喘息の悪化、喘息発作、内因性喘息、夜間喘息、気管支喘息を伴う咳

J98.8.0 *気管支痙攣

気管支喘息における気管支痙攣、気管支喘息における気管支痙攣、気管支痙攣、気管支痙攣、気管支痙攣、気管支痙攣症候群、気管支痙攣症候群、可逆性気管支痙攣、痙攣性咳

L30.9不特定の皮膚炎

肛門湿疹、細菌性成熟、静脈瘤、静脈皮膚炎、皮膚の炎症、植物との接触による皮膚の炎症、炎症性皮膚疾患、炎症性皮膚反応、皮膚の炎症過程、催奇形性肛門部の皮膚炎および湿疹、皮膚炎急性接触、肛門周囲皮膚炎、皮膚病、頭皮の皮膚病、乾癬の皮膚病、持続的なかゆみを伴う皮膚病、皮膚病、かゆみ、皮膚病、皮膚病、その他のかゆみ皮膚病、重大な湿疹症候群、かゆみ、皮膚病、かゆみ湿疹、真性湿疹、虫刺されに対する皮膚反応、皮膚病による皮膚のかゆみ、憲法湿疹、泣き疹、溺死性炎症性皮膚疾患、死亡性感染性炎症性皮膚病、アレルギー性皮膚炎、ヌマル性湿疹、急性接触湿疹、急性炎症 急性皮膚病、急性重症皮膚病、肛門周囲皮膚炎、表在性皮膚病、亜急性接触湿疹、単純皮膚炎、職業性皮膚炎、精神病性皮膚病、新生児の気泡皮膚炎、膿疱発疹、皮膚の刺激および発赤、低燃性湿疹、ドライ慢性湿疹、慢性皮膚病、慢性皮膚病、鱗状丘疹、湿疹、湿疹、肛門部、手の湿疹、湿疹接触、湿疹の苔状化、湿疹ヌムラーレ、急性湿疹、急性湿疹、乾癬、乾癬、毒性皮膚炎、 、湿疹急性接触、湿疹亜急性、湿疹皮膚炎、湿疹様発疹、外因性発生、内因性湿疹、霊長類性皮膚炎、制限付きかゆみ皮膚炎

M13.9未指定の関節炎

関節炎、凝固性関節炎(非感染性)、急性関節炎、筋骨格系の急性炎症性疾患における疼痛、筋骨格系の慢性炎症性疾患における疼痛、変形性関節症における疼痛、変形性関節症における炎症、炎症性関節症、炎症性および変性性関節疾患炎症性関節症、筋骨格系の炎症性疾患、破壊性関節炎、筋骨格系の疾患、筋骨格系の疾患、筋骨格系および結合組織の疾患、筋骨格系の感染症、モノアミン、関節リウマチ、変形性関節症、筋骨格系の急性炎症、筋骨格系の急性炎症性疾患、筋骨格系の急性炎症状態、急性関節炎、急性変形性関節症、外傷後変形性関節症、反応性関節炎、C 慢性関節炎、慢性炎症性関節炎、関節嚢の内層の慢性炎症、関節嚢の慢性炎症、関節の慢性炎症性疾患、滲出性関節炎

M19.9無制限の関節炎

変形性関節症、骨関節炎、大関節の関節症、骨関節炎の疼痛症候群、筋骨格系の急性炎症性疾患における疼痛症候群、筋骨格系の慢性炎症性疾患における疼痛症候群、変形性関節症、変形性関節症、変形性関節症急性期の変形性関節症、大関節の変形性関節症、変形性関節症を伴う急性疼痛症候群、外傷後の変形性関節症、リウマチ性変形性関節症、脊椎関節症、慢性変形性関節症

M24.5ジョイントの締結

関節の拘縮

M35.9結合組織の不特定の全身的関与

結合組織の過形成、びまん性結合組織疾患、コラーゲン疾患、コラーゲン性疾患、結合組織の全身性疾患、びまん性結合組織疾患

M65.9不特定の滑膜炎および腱鞘炎

滑膜炎、腱鞘炎、急性非特異的腱鞘炎、反応性滑膜炎

M71.9不明のBursopathy

ブルス犬、アルバータ病、急性滑液包炎

M77.0内顆上顆炎

内側上顆炎、上顆炎、外傷性上顆炎外胸部

M77.1側面上顆炎

横状上顆炎、上顆炎、上顆炎外傷

M79.0その他の特定されていないリウマチ

リウマチ、関節リウマチ、関節リウマチ、関節リウマチ、リウマチ、リウマチ、リウマチ、リウマチ性疾患、リウマチ性疾患、リウマチ性疾患、リューマチ性疾患、リューマチ性疾患、リューマチ性疾患、リューマチ性疾患、リューマチ性疾患関節リウマチ、関節リウマチ、関節リウマチ、関節リウマチ、関節リウマチ、慢性リウマチ、慢性関節リウマチ、リューマチ性疾患、椎間板リウマチ疾患、リューマチ性関節リウマチ、関節リウマチ、関節リウマチ、関節リウマチ

R57.9ショック、不特定

痛みショック、溶血性ショック、神経因性ショック、ショック、ショック状態

T78.2アナフィラキシーショック、不特定

アナフィラキシーショック、アナフィラキシー様反応、アナフィラキシーショック、アナフィラキシー反応、アナフィラキシーショック

T78.4アレルギー、不特定

インスリンに対するアレルギー反応、虫刺されに対するアレルギー反応、全身性エリテマトーデスと同様のアレルギー反応、アレルギー性疾患、粘膜アレルギー性疾患、ヒスタミン放出の増加によるアレルギー性疾患および状態、粘膜アレルギー性疾患、アレルギー症状、アレルギー症状アレルギー反応、アレルギー反応、アレルギー症状、アレルギー性喉頭浮腫、アレルギー、アレルギー状態、アレルギー、ハウスダストアレルギー、アナフィラキシー、薬物への皮膚反応、虫刺されに対する皮膚反応、化粧品アレルギー、薬物アレルギー、急性アレルギー反応、喉頭浮腫アレルギー起源と背景放射線、食品と薬物アレルギー

組成

1mlの筋肉内および関節内投与のための懸濁液

活性物質:

酢酸ヒドロコルチゾン(100%物質換算)25 mg

補助物質:プロピレングリコール0.2ml; ソルビトール-20mg; ポビドン-10mg; 塩化ナトリウム1.4mg; アルコールベンジル - 0.015ml; 注射用水 - 1 mlまで

薬理学的効果

薬理作用 - 抗炎症、抗アレルギー、脱感作、グルココルチコイド。

投与と投与

大臀筋の/ m(深部)に50-300mg / 1000-1500mg /日の用量で投与する。 使用前に、均一な懸濁液が形成されるまで、アンプルの内容物を振盪しなければならない。

急性の生命を脅かす状態では、4時間毎に100〜150mgを48時間投与する。 その後、8〜12時間ごとに 小児の場合、1~4mg / kgの4時間ごとに最適な1日量は6-9mg / kgです。

関節腔では、1週間に1回、5〜25mg(0.1〜1ml(関節の大きさに依存する))、1回の投与あたり3〜5回の注射が行われ、投与の6〜25時間後に薬剤の効果が始まり、数日間または数週間。

問題の形式

筋肉内および関節内投与のための懸濁液。 アンプルにはリングリング有りまたは無しでそれぞれ2 ml。 5または10アンペア時。 コルゲートライナー付き段ボールのパックに置かれたナイフアンプルセラミックまたはディスク切削セラミック。

または5アンペア。 (破損のリングを有する)をポリマーフィルムのブリスターに挿入する。 1または2 bl。 アンプルを段ボールのパックに入れておきます。

薬局の休暇の条件

処方せん。

保管条件

暗所では15℃以下の温度で(凍結させないでください)。

子供の手の届かないところに保管してください。

賞味期限

3年。

パッケージに記載されている有効期限が過ぎてから使用しないでください。

Someone from the Kuwait - just purchased the goods:
Xalacom eye drops 2.5ml