Best deal of the week
DR. DOPING

指示

Logo DR. DOPING

使用のための指導:Hopantenic acid

私はこれがほしい、私に価格を与える

ATCコード:N06BX20

薬理学的効果:

ホパンテン酸 - 異方性は、脳機能不全の外因性有機発生の様々な発現に対する触媒活性と抗てんかん特性とを併せ持つ。 動作の正常化、効率の向上、精神的活動の強化とともに、モーターの興奮性を低下させます。

消化管で急速に摂取した後。 1時間後に観察された最大血漿濃度。 最高濃度は、肝臓、腎臓、胃および皮膚の壁にある。 それはBBBを貫通します。 変更されていない形式で24時間表示されます。

適応症

抗精神病薬の副作用の修正; ワクチン接種後の脳炎、頭蓋外傷、精神分裂病患者における大脳不全(複雑な治療における)、脳卒中後の脳梗塞、脳卒中後の脳卒中、 (錯乱療法における)三叉神経痛、種々の病因の皮質性の過運動、排尿障害(夜間尿失禁、昼間の失禁、頻尿、尿意切迫感)を含むが、これらに限定されない。 子供は精神遅滞(精神遅滞)、精神遅滞(脳脊髄症候群)、遅発性発達、てんかん(併用療法、特に多型発作および小発作)にも使用される。 成人では、てんかんの複雑な治療(精神遅滞の時)にも使用されます。

投薬量

内部、食後15〜30分後。 大人用の単回用量 - 0.5-1g、小児用 - 0.25-0.5g; 成人の1日量 - 1.5-3g、小児 - 0,75-3、治療期間 - 1-4ヶ月、場合によっては6ヶ月 - 3-6ヶ月後に再治療を行うことがあります。 精神遅滞児 - 1日4-6回0.5g、3ヶ月間毎日。 スピーチの発達が遅れた場合 - 1日3〜4回0.5g〜2〜3ヶ月。 成人の神経遮断薬症候群 - 1日3回0.5〜1g、子供 - 1日3〜4回、0.25〜0.5g。 治療の経過 - 1-3ヶ月。 てんかんの小児では、1日に3~4回0.25~0.5g、成人では0.5~1gを1日3~4回、長期間(6ヶ月まで)毎日投与する。 ダニのある子どもたち - 1日3〜6回、毎日1〜4ヶ月、成人1.5〜3g /日の1ヶ月間0,25-0,5 g。 排尿障害の場合、0.5〜1g /日、子供の場合は0.25〜0.5g(1日量 - 25〜50mg / kg)。 治療の経過 - 2週間から3ヶ月。

副作用

アレルギー反応(鼻炎、結膜炎、皮膚発疹)。

禁忌

ホバンテン酸に対する過敏症。

薬物相互作用

バルビツレートの持続効果。

Someone from the Bahrain - just purchased the goods:
Kombinil eye drops 5ml