Best deal of the week
DR. DOPING

指示

Logo DR. DOPING

使用のための指示:ヘボン

私はこれがほしい、私に価格を与える

投与形態:経口および外用のための溶液の調製のために凍結乾燥された粉末; 口腔外用のソリューション

活性物質:スレオニル - グルタミル - リシル - リシル - アルギニル - アルギニル - グルタミル - トレオニル - バリル - グルタミル - アルギニル - グルタミル - リシル - グルタメート

ATX

L03AXその他の免疫刺激薬

薬理学グループ

HIV感染の治療のための手段

他の免疫調節剤

抗ウイルス薬(HIVを除く)

病因分類(ICD-10)は、

B20-B24ヒト免疫不全ウイルス[HIV]に起因する疾患: HIV感染の展開段階。 子供のエイズ; HIV /エイズ感染症 HIV感染症 エイズ; ヒト免疫不全ウイルスHIV-1; HIV-1感染HIV感染; HIV

B37カンジダ症:内臓カンジダ症; 侵襲性カンジダ症; 喉頭のカンジダ症; 消化管のカンジダ症; 皮膚および粘膜のカンジダ症; 粘膜および皮膚のカンジダ症; 粘膜カンジダ症; キャンディダ・アルビカンスによるカンジダ症; カンジダ症(Candidomycosis); 急性偽膜性カンジダ症; カンジダ症の慢性形態

B37.2皮膚及び爪のカンジダ症:真菌性爪垢症 ; 真菌性湿疹; 真菌性皮膚病; 滑らかな皮膚の真菌性疾患; 滑らかな皮膚の真菌病変; 滑らかな体の皮膚の真菌病変; 真菌の爪の感染;皮膚の酵母感染; 皮膚のカンジダ症; 口および口の皮膚および粘膜のカンジダ症; ネイルローラーの皮膚のカンジダ症; ネイルローラーのカンジダ症; 爪のカンジダ症; 皮膚および粘膜の病変を伴うカンジダ症; 粘膜および皮膚のカンジダ症; カンジダ・パロニーキア; 皮膚のカンジダ症(Candidomycosis); 皮膚のカンジダ感染症; 皮膚カンジダ症; インターディジタル菌腐食; 真菌性皮膚炎; 子宮頸がん; 皮膚カンジダ症の表在型。 表在カンジダ症; 爪の表面カンジダ症; 皮膚の表層真菌症; 皮膚の慢性カンジダ症

D84.9未指定の免疫不全症:免疫不全状態の肺炎; 自己免疫疾患; 自己免疫疾患; 重篤な免疫不全; 免疫不全; 免疫不全; 免疫不全疾患; 手術による免疫不全状態; がんのための免疫療法; 免疫調節; 弱化した免疫系を有する患者の感染; 免疫不全の是正; 免疫不全の是正; 弱体化した免疫系の矯正; 免疫不全状態における弱い免疫の矯正; 免疫の違反; 免疫状態の違反; 免疫系障害; 原発性免疫不全; 免疫を維持する。 身体の防御を下げる。 免疫を下げる。 風邪や感染症の免疫力を低下させる。 免疫状態の低下。 感染症に対する耐性の低下。 感染症や風邪への耐性が低下した。 抵抗が低くなりました。 免疫抑制; 風邪への前兆; 後天性免疫不全; 放射線免疫不全; 免疫不全の発症; 免疫不全症候群; 免疫不全症候群; 原発性免疫不全症候群; 身体の防御を減らす。 免疫抑制; 免疫防御の低下。 局所免疫を減少させる; 体全体の抵抗を減らす。 細胞性免疫の低下; 子供の感染症に対する抵抗力の低下; 体の抵抗を減らす。 抵抗を減らしました。 免疫を減少させる。 状態免疫不全; 非特異的免疫のプロセスの刺激; 重度選択的二次免疫不全; 免疫抑制; 原発性免疫不全

N34尿毒症および尿道症候群:尿道ブジーロバニー; 淋菌性尿道炎; 尿崩症; 淋菌性尿道炎; Urethritis; 非淋菌性尿道炎; 陰性尿道炎; 尿道の病変; 急性淋菌性尿道炎; 急性淋菌性尿道炎; 急性尿道炎; 尿道の感染; 細菌性非特異性尿道炎; 細菌性尿道炎

N39.0確立された局在化のない尿路感染症:尿路感染症 ; 無症候性の細菌尿; 尿路の細菌感染; 尿路の細菌感染; 尿生殖器系の細菌感染; バクテリア尿症; 無症候性のバクテリア尿症; バクテリア尿症慢性潜伏; 無症候性の細菌尿; 無症状の大規模な細菌性尿症; 炎症性尿路疾患; 炎症性尿路疾患; 膀胱および尿路の炎症性疾患; 泌尿器系の炎症性疾患; 尿路の炎症性疾患; 泌尿生殖器系の炎症性疾患; 泌尿生殖路の真菌性疾患; 尿路感染症; 尿路感染症; 泌尿器系の感染; 尿路感染症; 尿路感染症; 腸球菌または混合細菌叢に起因する尿路感染; 尿路感染症は合併症がない。 尿路感染症は複雑です。 泌尿生殖器系の感染; 泌尿生殖器感染症; 尿路の感染症; 尿路感染; 尿路感染; 泌尿器系感染; 尿路感染; 尿路感染; 泌尿生殖路の感染; 単純化されていない尿路感染症; 単純化されていない尿路感染症; 単純化されていない尿路感染症; 尿生殖器系の単純な感染; 慢性尿路感染症の悪化; 逆行性腎臓感染; 再発性尿路感染症; 再発性尿路感染症; 尿路の再発性感染症; 混合尿道感染症; 泌尿生殖器感染症; 泌尿生殖器感染性炎症性疾患; 尿生殖器マイコプラズマ症; 感染病因の泌尿器疾患; 慢性尿路感染症; 骨盤臓器の慢性炎症性疾患; 慢性尿路感染症; 泌尿器系の慢性感染症

N48.1 Balanoposthitis:非特異的Balanoposthitis

組成および放出形態

経口投与および外用のための溶液用に凍結乾燥した粉末1 fl。

14アミノ酸残基:1818ダルトン1mgの分子量を有するThr-Glu-Lys-Lys-Arg-Arg-Glu-Thr-Val-Glu-Arg-Glu-Lys-Gluからなる合成ペプチド。 2mg; 10 mg

バイアル内。 厚紙1枚、3枚、または30枚のボトルのパック、またはアンプルとシリンジに入れた溶媒を入れたバイアルに入れます。 厚紙1瓶のパックで; または、アンプル中の溶媒(注射用水)を入れたバイアル中で; 段ボール1瓶のパックで。

剤形の説明

白色の無菌凍結乾燥無定形粉末、水に容易に溶解する、生理的溶液。

特性

14個のアミノ酸残基からなる合成オリゴペプチド。

薬理学的効果

行動様式 - 抗ウイルス、免疫調節。

作用機序:アルファおよびベータインターフェロンの産生を誘導し、マクロファージを動員および活性化し、前炎症性サイトカイン(インターロイキン1,6,8および腫瘍壊死因子)の産生を制限し、様々な抗原に対する抗体の産生を刺激するC型肝炎ウイルス、単純ヘルペス1型および2型、脳心筋炎、HIVの複製を阻害するウイルスは、ウイルス、細菌および真菌に起因する感染に対する耐性を増加させる。

HIVに感染した患者では、血球および血漿中のHIVの濃度を低下させ、同時にHIVに特異的な免疫応答を活性化する。 HIVに感染した大部分の患者では、治療は以下の陽性変化をもたらす:CD4 + T細胞およびNK細胞の含量が増加する; 細菌、ウイルスおよび真菌に対する保護の重要な要素である好中球およびCD8 + T細胞の機能的活性を増加させる; HIV抗原に特異的な抗体およびこの患者に関連する日和見感染症の病原体の抗原の産生が激化する。

薬物動態

薬物のペプチド性のために研究されていない。

臨床薬理学

免疫応答の強化(回復)、回復の促進、急性または慢性感染症の治療の有効性の改善、慢性感染の再発の予防、治癒しない潰瘍の治癒または傷。

治療過程の臨床効果は、3-6ヶ月以内に日和見感染の再発を防ぐことである。

短期間の局所適用(3回の灌流)により、カンジダ菌によって引き起こされる粘液および皮膚の再発性感染症を治療することができます。

1-2日以内に、Geponを適用すると、炎症、特に赤みと腫れの徴候、炎症を起こした粘膜および皮膚の領域での痛み、灼熱感、かゆみ感が著しく軽減される。 この薬物の使用は、粘膜の乾燥を排除する。

Geponは、頻繁に呼吸器感染症を再発するのに有効であることが示されている。 慢性ポリポーシス鼻副鼻腔炎; 慢性咽頭炎; 喉頭気管気管支炎の徴候を伴う急性呼吸器感染症; 腸のdysbiosis; 急性腸内感染; 胃および十二指腸の消化性潰瘍、粘膜上の他の潰瘍性およびびらん性プロセス; 急性および慢性ウィルス性肝炎; ヘルペス、クラミジア、マイコプラズマおよび他の感染; 様々な起源の皮膚炎; 静脈瘤、糖尿病の栄養潰瘍、または放射線障害の結果。

ヘポンの徴候

免疫不全状態における弱い免疫の矯正; HIV感染の治療; 細菌、ウイルスまたは真菌によって引き起こされる日和見感染の感染、治療および予防に対する免疫防御の増加; カンジダ菌によって引き起こされる粘液および皮膚の感染症の治療、粘膜およびカンジダ症の抗生物質治療によるカンジダ症の予防; 炎症性変化(赤み、かゆみ、腫れ、灼熱感、痛み)粘液と皮膚の減少、粘膜の乾燥。

禁忌

薬物に対する過敏症; 12歳未満の子供。

妊娠中および授乳中のアプリケーション

妊婦への薬剤の影響に関するデータはない。 他の薬と同様に、妊娠中は使用しないでください。ただし、患者の恩恵が胎児のリスクを超えない限り、使用しないでください。 授乳中のお母さんにはおすすめしません。

副作用

検出されず。

インタラクション

説明されていません。

投与と投与

内部、ローカル。

成人と12歳以上の子供は、1日1回経口的に10mg、粘膜や皮膚を局所的に治療するために1日1回、0.02-0.04%の溶液で1-2mgを推奨します。

HIV感染症または他の免疫不全症における日和見感染症の治療:1日1回10mgの経口摂取による治療。

粘膜および皮膚のカンジダ症の治療および予防:粘液および皮膚の罹患領域の灌流による局所適用、コース3の灌流を1〜3日の間隔で行う。 膣膣炎、子宮頸管炎、女性の尿道炎では、外陰部粘膜、膣、子宮頸部、さらには膣入口に隣接する患部皮膚のローションの0.02-0.04%溶液で灌流を適用します。 男性の尿道炎および顎下鼻炎が、尿道および罹患した皮膚のローションに0.02-0.04%の溶液を点眼するとき。 粘膜および皮膚の処置を1〜3日の間隔で繰り返す。

抗生物質療法の合併症として粘膜および皮膚のカンジダ症の予防のために、抗生物質による治療の間に灌流(ローション)を0.02-0.04%の溶液で作製することが推奨される。

炎症の強度を低下させるには、粘膜に0.02-0.04%の溶液で灌水し、同じ溶液で湿らせたガーゼワイプを皮膚の炎症部位に塗布する必要があります。

メーカー

OOOĞIMMAPHARMAğ。

薬ヘポンの保管条件

乾燥した暗所で、8℃以下の温度で

子供の手の届かない場所に保管してください。

薬ヘポンの有効期間

2年。

パッケージに記載されている有効期限を超えて使用しないでください。

Someone from the Bahrain - just purchased the goods:
Cerebrolysin 10ml 5 vilas