Best deal of the week
DR. DOPING

指示

Logo DR. DOPING

使用のための指示:Haemodes-N

私はこれがほしい、私に価格を与える

剤形:輸液のための溶液

活性物質: Kalii chloridum + Calcii chloridum + Magnii chloridum + Natrii炭化水素+ Natrii chloridum + Povidonum 8000

ATX

B05AA代用血液および血漿製剤

薬理学グループ

血漿および他の血液成分の組み合わせの代替品

病因分類(ICD-10)は、

A00.9コレラ、不特定:アジアのコレラ; 米の煎じ薬; 流行性コレラ

A02その他のサルモネラ菌感染症:サルモネラ菌; サルモネラ属; サルモネラ; 慢性サルモネラベアリング; サルモネラの運送

シゲラ症A03

A04.9細菌性腸内感染、不特定:細菌性腸内感染; 消化管感染症; 腸内細菌の感染; 消化管感染; 消化管の感染症および炎症性疾患; 胃腸管の感染症; 腸の感染; 腸の感染; 消化管の急性感染症; 大腸病変を伴う急性腸疾患; 急性腸内感染

A41.9不特定の敗血症:敗血症性疾患; 敗血症/菌血症; 毒性感染ショック; エンドトキシンショック; 細菌性敗血症; 重度の病気の細菌感染; 一般化された感染症; 全身性全身感染症;感染は一般化された。 創傷敗血症; 敗血症; 敗血性毒性合併症; 敗血症; 腐敗病; 敗血症性ショック; 敗血症状態; 敗血症ショック

K65腹膜炎:腹部感染; 腹腔内感染; 腹腔内感染; びまん性腹膜炎; 腹部感染; 腹腔の感染; 腹腔の感染; 胃腸管の感染; 自発性細菌性腹膜炎

K72肝機能不全、他の分類されていないもの(肝性昏睡を含む):肝細胞不全; hepatic encephalopathy; 昏睡肝; 潜在性肝性脳症; 肝臓の不全; 肝性昏睡; 肝昏睡および前房; 肝性脳症; 肝障害の発症; 肝臓の脳症; 炎症性肝疾患; Gepatargy; 脳症ポート系; 肝細胞不全; 肝臓の前胸部および昏睡; 門脈全身性脳症

K77他の地域に分類される病気における肝障害:肝臓病

P39.9周産期に特有の感染症、不特定:子宮内感染症; 新生児の毒素

P55胎児および新生児の溶血性疾患: Rh-自己免疫; Rh-アイソザイム; Rh非適合性; Rh増感; アカゲザル紛争; 胎児の赤芽球症; 新生児の赤芽球症

T30不特定の部位の熱および化学的な熱傷:火傷を伴う疼痛症候群; 火傷の痛み; 火傷の痛み; ゆっくりと治癒後の創傷; 湿った痂皮で深く熱傷する。 豊富な区画で深く燃える。 深い熱傷; レーザー燃焼; 燃やす; 直腸および会陰の火傷; 穏やかな浸出を伴って燃焼する。 病気を燃やす; 火傷を負う。 表面的な火傷; IおよびII度の表在焦面; 表面的な皮膚の火傷;アフターバーン栄養性潰瘍および創傷; 火傷後の合併症; 火傷の際の液体の損失; 敗血症; 熱傷 熱皮膚病変; 熱燃焼; 栄養アフターバーン潰瘍; 化学燃焼; 外科的熱傷

Z100 *クラスXXII外科手術:腹部手術; 腺切除術; 切断; 冠動脈形成術; 頸動脈の血管形成術; 創傷のための消毒皮膚治療; 消毒ハンド; 虫垂切除術; アテレクトミー; バルーン冠動脈形成術; 膣子宮摘出術; 冠動脈バイパス; 膣および子宮頸管内の介入; 膀胱の介入; 口の介入; 修復および再建手術; 医療従事者の手指衛生。 婦人科手術; 婦人科介入; 婦人科手術;手術中の血液量減少ショック; 化膿性創傷の消毒; 創傷端の消毒; 診断介入; 診断手順; 子宮頸部の凝固異常症; 長時間手術; 瘻カテーテルの交換; 整形外科手術における感染; 人工心臓弁; 膀胱摘除術; 短期外来手術; 短期間のオペレーション; 短い外科処置; クリコテイロトミヤ; 手術中の失血; 手術中および術後の出血; Kuldotsentez。 レーザー光凝固; レーザー凝固; 網膜レーザー凝固; 腹腔鏡検査; 婦人科における腹腔鏡検査; CSF瘻; 小さな婦人科手術; 小さな外科手術; 乳房切除およびその後のプラスチック; 縦隔切開術; 耳に対する顕微手術; Mukogingivalnye操作; 縫合; マイナー手術; 脳神経外科手術; 眼科手術における眼球の固定化; 睾丸切除術; 膵切除術; Perikardektomiya; 手術後のリハビリの期間。 手術後の回復期; 経皮経管冠動脈形成術; 胸膜胸腔; 術後および外傷後の肺炎; 外科手術の準備; 手術の準備; 手術前の外科医の手の準備; 外科的処置のための結腸の準備; 神経外科および胸部手術における術後吸引性肺炎; 術後悪心; 術後出血; 術後肉芽腫; 術後ショック; 術後早期。 心筋血行再建術; 放射線摘出; 胃切除術; 腸切除術; 子宮切除; 肝切除; enterectomy;胃の一部の切除。 操作された船の再閉鎖; 手術中に組織を結合する; 縫合糸の除去; 眼科手術後の状態; 手術後の状態; 鼻腔内手術後の状態; 胃切除後の状態; 小腸の切除後の状態;扁桃摘出後の状態; 十二指腸の除去後の状態; 静脈切除後の状態; 血管手術; 脾摘出; 手術器具の滅菌; 手術器具の滅菌; 胸骨切開術; 歯科手術; 歯周組織における歯科的介入; 椎間板切除術; 扁桃切除術; 胸腔鏡手術; 胸腔鏡手術; 総胃切除術; 経皮血管内冠動脈形成術; 経尿道切除術; Turbinektomiya; 歯の除去; 白内障手術; 嚢胞の除去; 扁桃切除術; 子宮筋腫の除去; 可動の一次歯を取り外す。 ポリープの除去; 壊れた歯を取り除く。 子宮体の除去。 縫合糸の除去; 瘻孔likvoroprovodyaschih方法; Frontoetmoidogaymorotomiya; 外科感染症; 慢性四肢潰瘍の外科的処置; 手術; 肛門部の手術 結腸手術; 外科手術; 外科的処置; 外科的介入; 胃腸管の外科手術; 尿路に関する外科処置; 泌尿器系の外科的処置; 泌尿生殖器系の外科的介入; 心臓の手術手技; 手術操作; 手術; 静脈の手術; 外科的介入; 血管手術; 血栓症の外科的処置; 手術; 胆嚢摘出術; 部分胃切除術; 子宮摘出術; 経皮経管冠動脈形成術;経皮経管脈管形成術; 冠動脈バイパス; 歯の摘出; 乳歯の摘出; 切開術; 拍動性心肺バイパス; 抜歯; 歯抽出; 白内障抽出; 電気凝固; 泌尿器科の介入; 切開切開術; エトモイドトミヤ;歯の抽出後の合併症

組成および放出形態

輸液用ソリューション - 1リットル

ポリビニルピロリドン低分子量(分子量80002000)60g

塩化ナトリウム5.5 g

塩化カリウム0.42g

塩化カルシウム0.50g

塩化マグネシウム無水物0.005g

重炭酸ナトリウム0.23 g

1リットルまでの注射用水

200または400 mlの代用血液用ボトル

剤形の説明

淡黄色または黄色の透明な液体。

特性

輸液。 低分子量ポリビドンの調製物。 イオン組成:Na + - 2.22mg / ml; K + 0.22mg / ml; Ca 2+ -0.0915mg / ml; Mg 2+ - 0.0006mg / ml; Cl-3.63mg / ml; PH 5.2-7.0。 相対粘度は1.3〜1.8であり; 浸透圧 - 214-228 mOsm / l。

薬理学的効果

作用様式 - 抗凝集、解毒、血漿代替療法。

作用機序は、低分子量ポビドンが血液中を循環する毒素に結合し、それらを素早く身体から除去する能力に起因する。

薬力学

Hemodez-Hは、Hemodesisとは、その製造に使用されるポビドンのより低い分子量によって異なる。 ポリマーの分子量の減少は、身体からの腎臓による排泄を促進し、製剤の解毒特性を改善する。 それは腎臓の血流を高め、糸球体濾過を増加させ、利尿を増加させる。

薬物動態

体内の代謝変換は影響を受けません。 薬物は腎臓によって12〜13時間排泄される。

薬物Haemodes-Nの適応症

有害な急性感染性腸疾患(赤痢、サルモネラ症など)の解毒剤として。 腹膜炎を伴う術後期間の無毒化の手段として; 肝不全の発症に伴う肝疾患; 熱傷病、敗血症、新生児の溶血性疾患、子宮内感染症、新生児の毒血症。

禁忌

薬物に対する過敏症; 脳の出血; 心血管障害。

副作用

遅い投与では、通常合併症はない。 増加した速度での導入は、血圧低下、頻脈、呼吸困難を引き起こし、血管収縮剤および心筋梗塞剤、塩化カルシウムの導入を必要とすることがある。 一部の患者では、アレルギー反応が起こり、アナフィラキシーショックが発生することがあります。 このような場合には、直ちに注入を停止し、対症療法(抗ヒスタミン薬、強心薬、昇圧薬、グルココルチコイドを導入する)を行う必要があります。

投薬および投与

IV、滴下注入による。

投与前に、溶液を体温に温める。 40-80キャップ/分の速度でドリップインしてください。 単回投与量は、患者の年齢および中毒の重篤度に依存する。 成人の場合、最大一回量は400mlです。

小児は2.5ml / kgで始まる。 幼児の最大単回投与量は50ml、2-5歳の子供は70ml、6-9歳の子供は100-150ml、10-15歳の子供は200mlです。

薬物は、中毒の重症度に応じて、1日に1〜2回投与される。

特別な指示

一回または複数回の凍結は薬物の品質に影響を与えません。

凍結した溶液を入れたバイアルを解凍し、内容物を混合するまで室温に保ちます。

メーカー

JSC "Biochimik"、ロシア。

薬Haemodes-Nの保管条件

0〜20℃の温度で

子供の手の届かないところに保管してください。

薬Haemodes-Nの有効期間

3年。

パッケージに印刷された有効期限を超えて使用しないでください。

Someone from the Austria - just purchased the goods:
Chitomur 20 capsules