Best deal of the week
DR. DOPING

指示

Logo DR. DOPING

使用のための指示:ゲロプラズマバランス

私はこれがほしい、私に価格を与える

剤形:輸液のための溶液

有効成分:Gelatina

ATX

B05AA06ゼラチン製剤

薬理学グループ

【血漿および他の血液成分の置換]プラズマ交換剤

病因分類(ICD-10)は、

A48.3毒素ショック症候群:菌血症性ショック; 感染性毒性ショック; 中毒症候群; 毒性感染ショック; 毒性ショック; 消化管疾患における慢性中毒; 胃腸感染症における慢性中毒;エンドトキシンショック

E86体重減少[hypovolaemia]:水不足回復; 水の等張性欠乏の免除; 等張性ナトリウム欠乏の補償; 補償BCC; 貯蔵されたKShSによる水不足の補充。 液体量の補充; BCCの補充;貯蔵されたKHSによる電解質の補充; 血液量減少状態; 血液量減少状態; 低体温症; 低降圧の低張性形態; 脱水症状を伴う低血圧症; 異なる起源の脱水; 子供の脱水; 小児科における失血のための血漿量の置換; プラズマの損失と火傷による代替。 等張脱水; 等張性形態の低水化; 水 - 塩バランスの違反。 脱水;急性腸感染における脱水; 急性血液量減少症; 火傷の際の液体の損失; 排膿を伴う毒素症

I95低血圧:動脈低血圧; 動脈低血圧; 加齢性低血圧; 低血圧動脈; 低張性疾患; 低張性反応; 姿勢低血圧; 症状のある低血圧; 本態性低血圧

R57.1血液量減少ショック:手術中の血液量減少ショック。 急性血液量減少症

R57.8.0 *火傷ショック:火傷の痛みショック; 燃焼ショック

T79.4外傷性ショック:出血性ショック; クラッシュ症候群; 出血性ショック; 術後ショック; 外傷後のショック; 外傷後のショック; 外傷性ショック; 出血性ショックおよび脳症の症候群

Z100 *クラスXXII外科手術:腹部手術; 腺切除術; 切断; 冠動脈形成術; 頸動脈の血管形成術; 創傷のための消毒皮膚治療; 消毒ハンド; 虫垂切除術; アテレクトミー; バルーン冠動脈形成術; 膣子宮摘出術; 冠動脈バイパス; 膣および子宮頸管内の介入; 膀胱の介入; 口の介入; 修復および再建手術; 医療従事者の手指衛生。 婦人科手術; 婦人科介入; 婦人科手術;手術中の血液量減少ショック; 化膿性創傷の消毒; 創傷端の消毒; 診断介入; 診断手順; 子宮頸部の凝固異常症; 長時間手術; 瘻カテーテルの交換; 整形外科手術における感染; 人工心臓弁; 膀胱摘除術; 短期外来手術; 短期間のオペレーション; 短い外科処置; クリコテイロトミヤ; 手術中の失血; 手術中および術後の出血; Kuldotsentez。 レーザー光凝固; レーザー凝固; 網膜レーザー凝固; 腹腔鏡検査; 婦人科における腹腔鏡検査; CSF瘻; 小さな婦人科手術; 小さな外科手術; 乳房切除およびその後のプラスチック; 縦隔切開術; 耳に対する顕微手術; Mukogingivalnye操作; 縫合; マイナー手術; 脳神経外科手術; 眼科手術における眼球の固定化; 睾丸切除術; 膵切除術; Perikardektomiya; 手術後のリハビリの期間。 手術後の回復期; 経皮経管冠動脈形成術; 胸膜胸腔; 術後および外傷後の肺炎; 外科手術の準備; 手術の準備; 手術前の外科医の手の準備; 外科的処置のための結腸の準備; 神経外科および胸部手術における術後吸引性肺炎; 術後悪心; 術後出血; 術後肉芽腫; 術後ショック; 術後早期。 心筋血行再建術; 放射線摘出; 胃切除術; 腸切除術; 子宮切除; 肝切除; enterectomy;胃の一部の切除。 操作された船の再閉鎖; 手術中に組織を結合する; 縫合糸の除去; 眼科手術後の状態; 手術後の状態; 鼻腔内手術後の状態; 胃切除後の状態; 小腸の切除後の状態;扁桃摘出後の状態; 十二指腸の除去後の状態; 静脈切除後の状態; 血管手術; 脾摘出; 手術器具の滅菌; 手術器具の滅菌; 胸骨切開術; 歯科手術; 歯周組織における歯科的介入; 椎間板切除術; 扁桃切除術; 胸腔鏡手術; 胸腔鏡手術; 総胃切除術; 経皮血管内冠動脈形成術; 経尿道切除術; Turbinektomiya; 歯の除去; 白内障手術; 嚢胞の除去; 扁桃切除術; 子宮筋腫の除去; 可動の一次歯を取り外す。 ポリープの除去; 壊れた歯を取り除く。 子宮体の除去。 縫合糸の除去; 瘻孔likvoroprovodyaschih方法; Frontoetmoidogaymorotomiya; 外科感染症; 慢性四肢潰瘍の外科的処置; 手術; 肛門部の手術 結腸手術; 外科手術; 外科的処置; 外科的介入; 胃腸管の外科手術; 尿路に関する外科処置; 泌尿器系の外科的処置; 泌尿生殖器系の外科的介入; 心臓の手術手技; 手術操作; 手術; 静脈の手術; 外科的介入; 血管手術; 血栓症の外科的処置; 手術; 胆嚢摘出術; 部分胃切除術; 子宮摘出術; 経皮経管冠動脈形成術;経皮経管脈管形成術; 冠動脈バイパス; 歯の摘出; 乳歯の摘出; 切開術; 拍動性心肺バイパス; 抜歯; 歯抽出; 白内障抽出; 電気凝固; 泌尿器科の介入; 切開切開術; エトモイドトミヤ;歯の抽出後の合併症

Z100.0 *麻酔科と前投薬:経鼻胃腸管挿管; 骨格筋の弛緩; 麻酔で管理された呼吸。 麻酔; 耳鼻咽喉科練習における麻酔; 歯科における麻酔; 脊髄麻酔を伴う動脈低血圧; 痛覚過敏;基本麻酔; 迅速な麻酔; 麻酔入門; 誘導麻酔; 吸入麻酔; 大小の外科的介入のための吸入麻酔; 全身麻酔の導入および維持; 腹腔内麻酔; 気管挿管 尾状麻酔; 尾骨遮断; 複合麻酔; 短期麻酔; 手術における短期浸潤麻酔; 短期局所麻酔; 腰椎麻酔; 局所麻酔; 局所浸潤麻酔; 局所表在麻酔; 一成分麻酔; 麻酔; 術中送達における非麻酔性麻酔; 即時麻酔; 全身麻酔; 短期外科的介入のための全身麻酔; 全身麻酔; 前投薬期間; 眼科における表面麻酔; 麻酔維持; 前投薬; 伝導麻酔; 局所麻酔; 混合麻酔; 脊髄麻酔; 脊髄脳麻酔; 終末麻酔; 硬膜外麻酔; IVL; 人工冬眠; 短期間の筋肉弛緩; マッスルリラクゼーション 機械換気中の筋肉弛緩; 外科的介入における筋緊張緩和; 手術時の筋肉の弛緩; 換気中の筋肉の弛緩; 手術前の興奮; 心停止;術前期間

Z49.1体外透析を含む補助:血液透析 ; 慢性血液透析; 体外循環; 血液透析シャントの血栓症

組成

輸液用1リットル

活性物質:ゼラチン修飾液* 30 g

(無水ゼラチンに関して)

補助物質:塩化ナトリウム5.382g; 塩化マグネシウム六水和物0.305g; 塩化カリウム0.337g; 乳酸ナトリウム溶液(乳酸ナトリウム無水物換算) - 3.36g; 注射用水 - 1リットルまで

イオン組成:ナトリウム-150meq / l(150mmol / lに相当)。 カリウム - 5meq / l(5mmol / lに相当)。 マグネシウム - 3meq / l(1.5mmol / lに相当)。 塩化物 - 100meq / l(100mmol / lに相当)。 乳酸塩 - 30meq / l(30mmol / lに相当)

指標:浸透圧 - 295mosmol / kg; PH = 5.8-7

*部分加水分解およびコハク化ゼラチン

薬理学的効果

行動のモード - プラズマ置換。

投薬および投与

IVを滴下注入した。

注入の持続時間および投与される溶液の容量は、心拍数、血圧、利尿、末梢組織の灌流状態の動態を考慮して調整される。 中等度の失血および術前期間または手術中の予防目的で、0.5〜1Lの用量で1〜3時間投与する。 重度の血液量減少 - 1-2リットルの治療。 緊急時には、生命を脅かすような状況では、500mlを速い注入(加圧下)の形で注入し、その後、血液循環の改善後、注入は体積不足に相当する量で行われる。 BCCのショックを24時間以内に10-15リットルに維持する。 体外循環 - 0.5-1.5リットル(使用するシステムによって異なる)。

リリースフォーム

輸液のための溶液、3%。 2つのポート(Heb F.)、500 mlを備えた2層PVCビニール袋。 ダンボール箱に15袋(病院用)。

メーカー

"Fresenius Cabi France"。 6th street Rempart 27400フランス、Louviere。

登録証の所有者: "Fresenius Kabi Deutschland GmbH"。 D-61346 Bad Homburg、vdH、Germany。

LLC Fresenius Kabiの住所:125167、モスクワ。

薬の貯蔵条件ゲルロプラスマバランス

25℃を超えない温度で凍結させないでください。

子供の手の届かないところに保管してください。

薬の貯蔵寿命Geloplasma balance

2年。

パッケージに印刷された有効期限を超えて使用しないでください。

Someone from the Austria - just purchased the goods:
Omaron 30 pills