Best deal of the week
DR. DOPING

指示

Logo DR. DOPING

使用のための指示:フォンダパリヌクスナトリウム

私はこれがほしい、私に価格を与える

薬剤の商号 - Arixtra

物質Fondaparinuxナトリウムのラテン語名

Natrii Fondaparixum(Natrii Fondaparinuxi属)

グロス式

C31H43N3Na10O49S8

薬理学的グループ:

抗凝固剤

CASコード

114870-03-0

モデル臨床薬理学的論文1

薬物療法。 活性化因子X(Xa)の合成阻害剤である抗血栓活性は、抗トロンビンIIIによって媒介される第Xa因子の選択的阻害の結果である。 アンチトロンビンIIIに選択的に結合すると、アンチトロンビンIIIによる第Xa因子の初期中和が増加する(約300倍)。 第Xa因子の中和により、凝固鎖が中断され、トロンビン形成および血栓形成の両方が阻害される。トロンビン(活性化第IIa因子)を不活性化せず、血小板に対する抗凝集作用をもたない。 2.5mgの用量では、凝固試験(APTT、活性化凝固時間、プロトロンビン時間、国際標準化血漿比)、出血時間または線維素溶解活性の結果に影響しない。 ヘパリン誘発性血小板減少症の患者の血清と交差反応を起こさない。

薬物動態。 皮下投与後、完全かつ迅速に吸収される(絶対バイオアベイラビリティー100%)。 2.5mgCmax-0.34mg / lの単回注入で、TCmax-2h。 TCmax 50%〜25分。 2〜8mgの用量範囲において、薬物動態は直線的である。 1日に1回の投与で、血漿中の安定な平衡濃度が3〜4日で達成され、CmaxおよびAUCの値の1.3倍の増加が得られる。 流通量には限りがあります。 インビトロでは、フォンダパリヌクスナトリウムはタンパク質アンチトロンビンIIIと高度に特異的に結合し、結合の程度は血漿中の物質濃度に依存する(濃度範囲0.5〜2mg / lでは98.6〜97%)。 他の血漿タンパク質とのつながり、incl。 血小板因子IVでは、無視できる。 ラットの乳に浸透する(女性の詐欺師の乳に浸透したという証拠はない)。 フォンダパリヌクスナトリウムの代謝の最終評価は行われていないが、活性代謝物は検出されていない。 T1 / 2〜17時間; 高齢者では、21時間。 それは腎臓によって変わらずに排泄される(64〜77%)。 75歳以上の患者では、クリアランスは65歳未満の患者に比べて1.2〜1.4倍低い。 慢性腎不全では、軽度の腎機能不全(KC 50-80ml / min)および中等度の発現(KK 30-50ml / min)の患者では、血漿クリアランスが1.2-1.4倍低い。 重度のCRF(30ml /分未満のCC)では、血漿クリアランスが正常腎機能よりも5倍低い。 中等度腎不全のT1 / 2 - 29時間および72時間 - 重度の腎不全。 血漿クリアランスは体重とともに増加する(10kgあたり9%の増加)。 薬物動態パラメーターは、性別および人種に依存しない。

表示。 下肢の広範な整形外科手術(術後の長期予防、人工膝または股関節を含む股関節の骨折)による静脈血栓塞栓合併症の予防。 このような合併症の危険因子の存在下での腹腔手術における静脈血栓塞栓合併症の予防。 このような合併症の危険性が高い静脈血栓塞栓性合併症の予防および疾患の急性期における長期間のベッドレストの必要性。 急性深部静脈血栓症の治療。 肺動脈の急性血栓塞栓症の治療。 急性冠動脈症候群の治療:心血管死、心筋梗塞または難治性虚血を予防するために、STセグメント上昇のない不安定狭心症または心筋梗塞; 血栓溶解療法を受けている患者、または最初は再灌流療法を受けていない患者において、心血管死、心筋梗塞の再発を防ぐために、STセグメント上昇を伴う心筋梗塞。

禁忌 。 急性細菌性心内膜炎、重度のCRF(30ml /分未満のCC)、出血のリスク(血友病、血小板減少症、凝固低下症、フォンビルブラント病を含む)、胃潰瘍および12-腹膜炎 (頭蓋内出血の危険性の増大)、大動脈解離性大動脈瘤、糖尿病性網膜症、神経学的または眼科手術の繰り返し、脊髄麻酔(血腫を発症するリスク)、中絶を脅かすこと、線維素溶解剤の同時受容、ヘパリン、ヘパリノイドまたは糖タンパク質IIb / IIIa受容体アンタゴニスト、ヘパリン誘発性血小板減少症II型(臨床経験なし)。

慎重に 出血のリスクが増加する(先天性または後天性の止血障害(50,000 / mm3未満の血小板、胃および十二指腸の消化性潰瘍、体重50kg未満、重度の肝不全、最近の頭蓋内出血、高齢、CRF(KK 30-50ml /分)、18歳〜18歳、妊娠、授乳期のいずれかである。

投薬。 SC(深部)、手術後1日1回2.5mg。 最初の用量は、完全な止血の条件下で、手術の完了後6時間に投与される。 治療の経過は5-9日です。

75歳以上および/または体重が50kg未満の患者および/または中等度に制限された腎機能を有する患者(クレアチニンクリアランス30〜50ml /日)における薬物の最初の投与の時間を厳密に遵守する必要があり、分)。

薬物の投与は、患者の「横たわった」位置で行われる。 導入場所は、腹部の左右外側および左右の後外側壁である。 薬物の損失を避けるために、注射前に予め充填したシリンジから気泡を除去しないでください。 針は、親指と人差し指で挟まれた皮膚の襞に垂直な全長で挿入する必要があります。 全体の導入の間、皮膚の折り目は開かれない。

副作用 。 しばしば出血、疲労または衰弱。 頻度が低い - 発熱、悪心、血圧低下。 より少ない頻度 - めまい、頭痛、アレルギー反応。 術後創傷からの排出、腫脹、皮膚発疹またはかゆみ; 消化不良(便秘、下痢を含む)、腹痛、血小板減少、「肝臓」酵素の活性増加; 注射部位での皮膚刺激、痛み、斑状出血/血腫および充血。

過剰 。 症状:出血。

治療:薬物の中止、外科的止血、失血の補充、新鮮な血漿の輸血、血漿交換。

相互作用 。 経口抗凝固剤(ワルファリン)、ASA、NSAID(ピロキシカム)およびジゴキシンは、薬物の薬物動態に影響しない。 デンテインチン、線維素溶解剤、糖タンパク質IIb / IIIa受容体アンタゴニスト、ヘパリン、ヘパリンイドまたは低分子量ヘパリンは、出血の危険性がある。

ヘパリンまたは低分子量ヘパリンを続けるために予防的処置が必要な場合、最初の注射は最後の注射の翌日に投与すべきである。

ビタミンK拮抗薬による維持療法が必要な場合は、国際標準化率の目標値に達するまで薬物による治療を継続すべきである。

この薬物は、インビトロでシトクロムP450群の酵素を阻害しないので、このレベルで他の薬物との相互作用を期待すべきではない。

特別な指示。 9日後の有効性と安全性は確立されていない。 抗凝固剤による長期間の治療が必要な場合、患者は長期的な経験がある薬剤に移すべきである。

この薬は、使用のみを目的としています。 IMには入らないでください。

ASAなどNSAIDs、dipyridamole、sulfinpyrazone、ticlopidine、clopidogrel、血小板凝集を減少させるその他の薬剤は注意して使用する必要があります。 併用療法がやむを得ない場合は、血液凝固システムの厳密な管理下で行わなければならない。

硬膜外麻酔または脊髄穿刺と同時に薬物を適用する場合、長期または永久麻痺につながる硬膜外または脊髄血腫の可能性は否定できない。 これらは非常にまれな現象ですが、恒久硬膜外カテーテルの術後使用や止血に影響を与える他の薬剤の同時投与により、そのリスクはわずかに増加する可能性があります。

高齢患者は、若年者よりも出血のリスクが高い。

体重が50kg未満の患者は出血を起こしやすい。 フォンダパリヌクスナトリウムの排泄は体重とともに減少する。

出血のリスクは、SCが50ml /分未満で増加する。

重度の肝疾患患者の凝固因子の欠乏と関連して、出血の危険性が増す。

薬剤による治療の開始時および終了時に、血小板数の制御が推奨される。 これは、ヘパリンまたは低分子量ヘパリンによる支持療法が考慮される場合に特に重要である。

相溶性試験の不足のため、この薬剤は他の薬剤と混合してはならない。

使用前に、懸濁液の不存在および変色について溶液を目視で観察する必要があります。

妊婦の臨床経験は得られず、研究の期間が限られているため動物実験では十分ではありません。

治療期間中、注意力の集中と精神運動反応の速度の増加が必要な潜在的に危険な活動には注意が必要です。

Someone from the Japan - just purchased the goods:
Libidon 20 capsules