Best deal of the week
DR. DOPING

指示

Logo DR. DOPING

使用のための指示:フルオシノロンアセトニド(Fluocinolone acetonide)(フルオシ

私はこれがほしい、私に価格を与える

薬理学グループ

グルココルチコステロイド

病理分類(ICD-10)

L20アトピー性皮膚炎

アレルギー性皮膚病、アレルギー性皮膚病、アレルギー性皮膚病、アレルギー性皮膚炎、アレルギー性素因、アレルギー性皮膚疾患、アレルギー性皮膚炎、アレルギー性皮膚炎、アレルギー性皮膚炎、アレルギー性皮膚炎、アレルギー性皮膚炎、アレルギー性皮膚炎、アレルギー性皮膚炎、アレルギー性皮膚炎、アレルギー性皮膚炎、アレルギー性皮膚炎、滲出性皮膚疾患、皮膚アレルギー性疾患、薬と化学物質の皮膚アレルギー反応、薬物への皮膚反応、皮膚及びアレルギー疾患、急性湿疹、慢性アトピー性皮膚炎、滲出性素因、かゆみアレルギー性皮膚病

L21脂漏性皮膚炎

脂漏性皮膚炎、皮脂剥離の増加、脂漏性湿疹、頭皮の脂漏性皮膚炎、脂漏性皮膚炎、脂漏症、湿疹脂漏症

L28単純な慢性の苔癬および痒み

疥癬、Prurigo、細菌prurigo、強い苔癬化の限られたprurigo、結節性の痒み

L29かゆみ

痒み、かゆみ、かゆみ、かゆみ、重度のかゆみ、内因性のかゆみ、皮膚のかゆみ、かゆみ、かゆみ、かゆみ、かゆみ、かゆみ、かゆみ、かゆみ、かゆみ、かゆみ、かゆみ、皮膚炎、皮膚のかゆみ、かゆみ、頭皮のかゆみ、湿疹

L30.9不特定の皮膚炎

肛門湿疹、細菌性成熟、静脈瘤、静脈皮膚炎、皮膚の炎症、植物との接触による皮膚の炎症、炎症性皮膚疾患、炎症性皮膚反応、皮膚の炎症過程、催奇形性肛門部の皮膚炎および湿疹、皮膚炎急性接触、肛門周囲皮膚炎、皮膚病、頭皮の皮膚病、乾癬の皮膚病、持続的なかゆみを伴う皮膚病、皮膚病、かゆみ、皮膚病、皮膚病、その他のかゆみ皮膚病、重大な湿疹症候群、かゆみ、皮膚病、かゆみ湿疹、真性湿疹、虫刺されに対する皮膚反応、皮膚病による皮膚のかゆみ、滲出性湿疹、眠気性皮膚病、瀕死性感染性炎症性皮膚疾患、アレルギー性皮膚炎、ヌマル性湿疹、急性接触湿疹、急性炎症 急性皮膚病、急性重症皮膚病、肛門周囲皮膚炎、表在性皮膚病、亜急性接触湿疹、単純皮膚炎、職業性皮膚炎、精神病性皮膚病、新生児の気泡皮膚炎、膿疱発疹、皮膚の刺激および発赤、低燃性湿疹、ドライ慢性湿疹、慢性皮膚病、慢性皮膚病、鱗状丘疹、湿疹、湿疹、肛門部、手の湿疹、湿疹接触、湿疹の苔状化、湿疹ヌムラーレ、急性湿疹、急性湿疹、乾癬、乾癬、毒性皮膚炎、 、湿疹急性接触、湿疹亜急性、湿疹皮膚炎、湿疹様発疹、外因性発生、内因性湿疹、霊長類性皮膚炎、制限付きかゆみ皮膚炎

L40乾癬

頭皮の乾癬、頭皮の乾癬、乾癬の一般化された形態、乾癬皮膚炎、紅斑によって複雑化した乾癬、無効な乾癬、乾癬性乾癬、乾癬性紅斑、湿疹を伴う乾癬、過角化症皮膚の毛様領域の病変を有する乾癬、頭皮の慢性乾癬、慢性乾癬、慢性乾癬、難治性乾癬、ケブナー現象、鱗状苔癬(Scaly lichen)、乾癬、乾癬乾癬、乾癬乾癬、乾癬の皮膚病、

L43レッドリーフフラット

リーシーウィルソン、赤い扁平な苔状の潰瘍性の形態、赤い苔の疣状形態、赤い苔、平らな苔状体、ケブナー現象

L51多形紅斑

スティーブンス・ジョンソン症候群、悪性滲出性紅斑、多形性滲出性紅斑、多形性紅斑、多形性滲出性紅斑、スティーブンス・ジョンソン症候群、滲出型多形紅斑、紅斑は多形性である

L55日焼け

太陽熱

円板状紅斑性狼瘡

慢性円板状エリテマトーデス、赤色円板状ループス、円板状ループス、円板状エリテマトーデス

T30不特定の熱および化学的な火傷

火傷の痛み症候群、火傷の痛み、火傷の痛み、癒された後の傷、湿った痂皮の深い熱傷、豊富な区画の深い熱傷、深い熱傷、レーザーの熱傷、直腸と会陰の火傷、軽度の滲出、火傷の病気、火傷、傷跡、浅い火傷、IおよびII度の浅い火傷、表在性皮膚の火傷、火傷後の潰瘍および傷口、火傷後の合併症、敗血症、熱傷、熱傷皮膚病変、熱傷、栄養不良潰瘍、化学的熱傷、外科的火傷

W57毒性のない昆虫および他の非静脈節足動物をかじったり刺す

虫刺されに対する皮膚反応、虫刺されに対する反応、モスキート咬傷、血まみれ昆虫の咬傷、昆虫の咬傷、尻の咬傷

コードCAS 67-73-2

特性

局所適用のためのグルココルチコイド。

白色または白色のクリーム状の色合い、無臭の結晶性粉末、水には実質的に不溶性、クロロホルムには溶けにくい、エタノール、アセトンおよびメタノールに可溶。 分子量452,50。

薬理学

薬理作用 - 抗炎症、抗アレルギー、抗掻痒、グルココルチコイド。

それは、標的器官の細胞の細胞質に位置する特異的受容体に結合し、mRNAの合成を活性化する。 リポコルチンタンパク質の形成を誘導し、その1つはリポモジュリンであり、ホスホリパーゼA2の活性を阻害する。 すべてのタイプの代謝に影響を与えます。 タンパク質代謝を促進する。 インスリン依存性組織によるグルコースの利用を減らし、高血糖を引き起こし、グリコーゲンの量を増加させ、脂肪の分解を増加させ、ナトリウムおよび水イオンを遅延させ、カリウムの排泄を促進し、カルシウムイオンの吸収を低下させ、低カルシウム血症を引き起こし、骨組織からカルシウムを動員する副甲状腺ホルモンの分泌。 リンパ球や好酸球の数を減らし、赤血球増多を引き起こす(エリスロポエチンの産生を刺激する)。抗炎症効果は、ホスホリパーゼA2の活性の阻害および細胞膜および細胞小器官の安定化に起因する。 リソソーム; アラキドン酸およびその代謝産物(PG(プロスタグランジン)、Tx、ロイコトリエン)の形成を阻害し、ヒアルロニダーゼを阻害する。 肥満細胞の分裂を抑制し、脱顆粒を防ぎ、炎症のメディエーター(ヒスタミン、セロトニン、ブラジキニン)の遊離を減少させ、血小板活性化因子の合成を抑制する。 結合組織の増殖を減少させる。 免疫抑制作用および抗アレルギー作用は、Bリンパ球およびTリンパ球の移動およびそれらの相互作用の減少の結果である。 抗ショック効果(AD)(血液中のカテコールアミンのレベルを上昇させる)を増加させ、アドレナリン受容体のアドレナリン受容体の感受性を回復させ、血管を狭くし、生体異物の代謝に関与する肝臓酵素を活性化する(抗毒作用)。

角質層を通して容易に皮膚に浸透します。 皮膚の生体内変化に曝されず、角質層に蓄積されない(その局所塗布の時点から15日後にも皮膚に見られる)。 フルオシノロンアセトニドの外部適用が全身血流中に少量吸収されると、肝臓で生体内で代謝物が形成され、生体内での代謝転化が起こる。 主に腎臓によって排泄される。 フルオシノロンアセトニドの吸収は、顔の皮膚および皮膚の患部に適用される場合、ならびに閉鎖性包帯を使用する場合により顕著である。 加えて、頻繁な塗布および皮膚の広い領域への適用によって吸収が増加する。 小児における薬物の吸収は成人よりも顕著である。

フルオシノロンアセトニドの応用

急性および重度の非感染性炎症性皮膚病変 アトピー性皮膚炎、乾癬(頭皮を含む)、扁平苔癬、脂漏性皮膚炎(頭皮を含む)、様々な起源のかゆみ肌、円板状エリテマトーデス、アレルギー性皮膚疾患、多形性紅斑、痒み、1度熱傷、日焼け、 虫刺され。

禁忌

過敏症; おむつ発疹、広範な乾癬性発疹(プラーク)、ピンクおよび尋常性ざ瘡(共通して使用される場合には、細菌性、ウイルス性および真菌性皮膚病、膿皮症、肛門性器掻痒症、皮膚結核、梅毒の皮膚症状、またはピンク色のにきびは、病気の経過を悪化させる可能性があります); 下肢の萎縮性潰瘍、2年以下の小児静脈瘤に関連しています。

妊娠と泌乳

フルオシノロンアセトニドの局所適用による制御催奇性試験は、妊娠中に行われなかった。 妊娠の第1三半期には使用しないでください。 母親への知覚された利益が胎児への潜在的なリスクを超える場合にのみ、妊娠の第IIおよびIII期の使用が可能である。

FDAによる胎児の行動カテゴリー - C.

フルオシノロンアセトニドが外部から塗布されたときにどの程度まで母乳中に浸透するかは知られていないため、授乳中に例外的な場合にのみ短時間で皮膚の限られた領域に限って処方される。 乳腺の肌に薬を使用することはできません。

副作用

皮膚の萎縮および毛細血管拡張症、乾燥皮膚、口唇皮膚炎、脈絡膜炎、毛嚢炎、脱毛症または脱毛症の増加、黒皮症または皮膚変色、二次感染皮膚病変

ステロイド性胃潰瘍、副腎不全、Itenko-Cushing症候群、修復過程の遅延、ステロイド糖尿病、末梢浮腫、高血圧、二次免疫不全(悪化)を含む、グルココルチコイドに特徴的な全身反応を長期間の使用および/感染プロセスの一般化、日和見感染症の発症)、アレルギー反応(蕁麻疹、斑状丘疹性発疹)が含まれるが、これらに限定されない。

インタラクション

抗菌薬(薬物)と互換性があります。 低血圧、利尿、低血糖、同化、抗不整脈薬、カリウム製剤の活性を低下させます。 利尿薬(カリウム貯留を除く)は、低カリウム血症のリスクを高める。 治療中、ワクチン接種および免疫は、薬物の免疫抑制効果のために行われてはならない。

過剰摂取

症状:適用部位(かゆみ、燃焼)、高血糖、グルココルリア、Itenko-Cushing症候群の皮膚刺激。

治療:薬物の徐々の撤退の背景に症状がある。

投与経路

外側に。

予防措置

皮膚の小さな部分に短いコースだけを使用してください。 2歳以上の子供は、皮膚の狭い場所で、1日1回慎重に任命されます。 小児の就任期間は5日を超えてはならない。 思春期に女児には注意が必要です。 緑内障または白内障(おそらく病気の症状の増加)を有する患者の眼瞼の皮膚または眼領域には、非常に注意が必要である。 顔の皮膚に塗布すると、薬物の吸収が増加し、短期間使用した後でさえ、副作用(毛細血管拡張症、皮膚萎縮、口唇皮膚炎)の発生が増加するため、この領域では注意深く使用してください。 注意して、萎縮性の皮膚の変化、特に高齢者に患者を任命する。 治療中にゆるい服を着用することをお勧めします。

Someone from the Qatar - just purchased the goods:
Tobropt eye drops 0.3% 5ml