Best deal of the week
DR. DOPING

指示

Logo DR. DOPING

使用のための指示:Flamax

私はこれがほしい、私に価格を与える

活性物質ケトプロフェン

ATXコードM01AE03ケトプロフェン

薬理学グループ

非ステロイド系抗炎症薬(NSAIDs - Propionic acid derivatives)

病理分類(ICD-10)

C80ローカリゼーションの指定がない悪性新生物

転移性腹水、腫瘍の小脳変性、遺伝性癌、転移性腫瘍、癌腹水、固形腫瘍、悪性腫瘍、悪性腫瘍、悪性腫瘍、悪性腫瘍、Eton-Lambert症候群、局所悪性新生物の局所的蔓延形態

G43片頭痛

片頭痛、片頭痛、片頭痛片頭痛、偏頭痛、片頭痛、持続性頭痛、ヘミナスネ

G54神経根および叢の病変

骨軟骨症を伴う橈骨症候群、根状起源の神経痛、叢炎、叢炎、脊髄炎を伴う橈骨炎、脊髄症候群

K08.8.0 *痛い歯痛

歯痛、歯痛、疼痛性炎症、歯科麻酔、歯科疼痛症候群、歯石除去後の痛み、歯を抜く時の痛み、歯痛、歯科治療後の痛み

M06.4炎症性多発性関節症

筋骨格系の炎症性変性疾患

M06.9他の特定関節リウマチ

関節リウマチ、リウマチ性関節炎、慢性関節リウマチ、リウマチ性多発関節炎、リウマチ様関節炎、リウマチ様関節炎、リウマチ性関節炎、リウマチ性関節炎、リウマチ性関節炎、リウマチ性関節炎、リウマチ様関節炎、リウマチ様関節炎、リウマチ性関節炎、関節リウマチ、能動的関節リウマチ、関節リウマチ、多発性関節リウマチ、急性リウマチ、急性リウマチ

M07.3他の乾癬性関節症(L40.5 +)

乾癬性関節炎、乾癬性関節炎の一般化された形態、乾癬性関節炎

M08少年[若年者]関節炎

若年性関節炎、若年性慢性多発性関節炎、若年性慢性関節炎、若年性関節リウマチ、関節炎若年性慢性

M10.9痛風、不特定

関節炎痛風、急性痛風性関節炎、痛風の急性発作、痛風性関節炎、痛風の悪化を伴う関節症候群、痛風の関節症候群、尿道痛、慢性関節炎性関節炎、急性痛風、塩分け

M19他の関節症

M19.9無制限の関節症

変形性関節症、骨関節炎、大関節の関節症、骨関節炎の疼痛症候群、筋骨格系の急性炎症性疾患における疼痛症候群、筋骨格系の慢性炎症性疾患における疼痛症候群、変形性関節症、変形性関節症、変形性関節症急性期の変形性関節症、大関節の変形性関節症、変形性関節症を伴う急性疼痛症候群、外傷後の変形性関節症、リウマチ性変形性関節症、脊椎関節症、慢性変形性関節症

M35.3リウマチ性多発筋痛

関節リウマチ、関節周囲リウマチ症候群、関節周囲リウマチ疾患、関節周囲リウマチ軟部組織損傷、関節外関節リウマチ、リウマチ性関節リウマチ、関節リウマチ、関節リウマチ、関節リウマチ、リウマチ性関節リウマチ、リウマチ性関節リウマチ、リウマチ性関節リウマチ、軟組織のリウマチ、軟組織のリウマチ性疾患、関節周囲軟部組織のリウマチ性疾患、軟部組織のリウマチ性疾患、リウマチ性膠原病

M45強直性脊椎炎

ベクテレウス病、強直性脊椎炎、脊柱管疾患、リウマチ性脊椎炎、ベクテレフ病、慢性関節リウマチ、慢性関節リウマチ、強直性脊椎炎、強直性脊椎関節症、マリー - ストランペル病、強直性脊椎炎、マリー - ストランペル病

M54.3坐骨神経痛

石灰化、坐骨神経の神経痛、坐骨神経炎

M54.4坐骨神経痛を伴う腰痛

腰仙脊椎の痛み、腰痛、坐骨神経痛、腰椎症候群

M54.9背筋、不特定

脊髄の変性疾患、脊椎の変形性疾患、脊椎の骨関節症、背骨の痛みを伴う病変

N70卵管炎および卵巣炎

卵巣炎、卵巣炎、卵巣炎、急性副腎炎、卵管炎、卵管炎、卵巣の慢性炎症性疾患、炎症性卵巣の炎症

N94.6月経困難症

月経中の痛み、月経中の痛み、月経中の痛み、月経中の痛み、痛みを伴う月経不順、腹痛、アルゴメリア、痛みの平滑筋痙攣、平滑筋の痛みの痙攣(腎臓および胆道疝痛、腸のけいれん、月経困難症) (腎臓および胆道疝痛、腸の痙攣、月経困難症)、Disalgomenoreya、月経困難症、(月経困難症、月経異常、月経異常、月経障害、月経困難症、月経周期の違反、月経不順、Prolaktinzavisimoe月経障害、月経不順症候群、内臓の平滑筋の痛み痙攣、痙攣性月経困難症、原発性脱髄疾患

R52.0急性疼痛

急性疼痛症候群、変形性関節症を伴う急性疼痛症候群、外傷性起源の急性疼痛症候群、神経原性の重篤な疼痛、重度の疼痛、送達時の疼痛症候群

R52.1一定の無制限の痛み

がん患者の疼痛症候群、悪性新生物の疼痛、悪性腫瘍の疼痛、癌の疼痛、がん患者の疼痛、がん疼痛症候群、悪性新生物の疼痛症候群、悪性新生物の疼痛症候群、 、骨転移の痛み、癌の疼痛、悪性疼痛症候群、集中慢性疼痛、集中疼痛症候群、集中型非疼痛症候群、集中型慢性疼痛症候群、無制限疼痛、無制限疼痛、腫瘍痛、外傷後疼痛症候群、痛み、慢性疼痛、慢性疼痛症候群

R52.9不特定の痛み

術後の痛み、整形外科手術後の痛み、炎症起源の痛み、癌発生よりも痛み、診断手技後の痛み症候群、痛みの徴候、術後の痛み、手術後の痛み診断、手術後の痛み、整形外科手術後の痛み、傷害後の痛み、痔核の除去後の痛み、自然の非リウマチ性炎症の痛み、末梢神経系の炎症性病変の痛み、糖尿病性神経障害の痛み、筋骨格系の急性炎症性疾患の痛み、腱病理の痛み、痛みの平滑筋痙攣、平滑筋の痛み(腎臓および胆道疝痛、腸のけいれん、月経困難症)、内臓の平滑筋の痛み痙攣、 (腎臓および胆道疝痛、腸の痙攣、月経困難症)、外傷性疼痛の疼痛、傷害を伴う痛み 十二指腸潰瘍の痛み、胃潰瘍の疼痛症候群、胃潰瘍および十二指腸潰瘍の疼痛症候群、痛み、月経中の痛み、痛み症候群、痛みを伴う状態、痛みを伴う足痛み、義歯装着時の痛みの歯茎、脳神経出口点の痛み、痛みを伴う月経不順、痛みを伴う包帯、痛みを伴う筋肉痙攣、痛みを伴う歯の成長、舌の痛み、手術傷口の痛み、術後の痛み身体、診断手技後の痛み、整形外科手術後の痛み、手術後の痛み、インフルエンザの痛み、糖尿病性多発神経障害の痛み、火傷の痛み、性交中の痛み、診断手技中の痛み、 、副鼻腔炎の痛み、外傷の痛み、痛みの外傷、術後期間の痛み、診断手技後の痛み、瘢痕後の痛み 術後疼痛、術後疼痛、術後疼痛および外傷後疼痛、外傷後疼痛、嚥下時の痛み、上気道の感染性および炎症性疾患における疼痛、火傷の痛み、外傷性筋肉傷害における痛み、外傷性疼痛、外傷後疼痛、後頭部痛症候群、トルピッド疼痛、外傷性疼痛、外傷性疼痛、外傷性疼痛、外傷性疼痛、外傷性痛み、軽度の痛み、中程度の激痛、中等度の痛み、多発性筋炎

R68.8.0 *炎症性症候群

末梢神経系の炎症性病変を伴う疼痛症候群、肩関節の痛みを伴う炎症、外傷または手術後の痛みを伴う炎症、手術後の痛みを伴う炎症、痛みを伴う痔、炎症喉頭の炎症、歯肉の炎症、セルロースの炎症、リンパ節の炎症、扁桃炎、筋肉の炎症、軟組織の炎症、口の炎症、手術後の炎症および外傷、整形外科手術後の炎症、外傷後の炎症、慢性関節リウマチの炎症、中耳の炎症、炎症性歯肉炎、眼瞼炎症、炎症性眼疾患、軟部組織の炎症腫脹、炎症過程、外科的介入後の炎症過程、炎症過程、炎症症候群、Inflammat 手術後の炎症性症候群、膿性感染症、炎症病因の肝機能の侵害、筋骨格系の急性炎症、前炎症性軟部組織炎症

T14.9傷害不明

外傷後の痛み症候群、外傷後の痛み症候群、外傷および手術後の痛み症候群、傷害の場合の痛み、外傷性の痛み、傷害を伴う痛み、術後および外傷後の痛み、傷害の場合の痛み外傷性起源、深刻な外傷性疼痛症候群、深部組織損傷、胴体の深い傷、閉鎖傷害、軽度の家庭傷害、軽度の皮膚損傷、軟部組織の完全性の侵害、単純な外傷、広範囲の外傷、急性疼痛症候群外傷後の痛み、外傷後の痛み、軟部組織の傷害、関節の傷害、スポーツの傷害、傷害、外傷性の痛み、外傷性の痛み、外傷性の痛み、スポーツへの負傷

T88.9外科および医療の合併症、不特定

整形外科手術後の痛み、診断手技後の痛み症候群、手術後の痛み診断後の痛み、整形外科手術後の痛み、痔核除去後の痛み、エキシマレーザー照射時の痛み、歯科治療における痛み症候群、痛みを伴う診断介入、痛みを伴う診断操作、痛みを伴う器具診断手技、痛みを伴う器具操作、痛みを伴う治療、痛みを伴う治療、痛みを伴う治療、痛みを伴う治療的介入、術後の痛み、整形外科手術後の痛み、診断手技中の痛み、治療中の痛み、整形外科の痛み、術後の痛み、診断手技後の痛み、硬化療法後の痛み、歯科手術後の痛み、ポー 術後疼痛、術後疼痛および術後疼痛、歯の痛み、手術後の炎症、整形外科手術後の炎症、手術後の炎症、手術後の炎症症候群、手術後の瘻孔、手術創、手術後の合併症

組成

静脈内および筋肉内注射用溶液1アンプ。 (2ml)

活性物質:

ケトプロフェン100 mg

補助物質:プロピレングリコール800mg; エタノール(エチルアルコール100%物質換算で95%) - 200mg; ベンジルアルコール40mg; 水酸化ナトリウム1M溶液 - pH6.5-7.5; 注射用水 - 2 mlまで

剤形の説明

解決策:無色または黄色がかった色合いで透明。

薬理学的効果

薬理作用 - 抗炎症、解熱、抗凝集、鎮痛。

薬力学

NSAIDs(非ステロイド性抗炎症薬)、プロピオン酸の誘導体。 それは鎮痛、抗炎症および解熱効果を有し、血小板凝集を抑制する。 アラキドン酸の代謝のシクロオキシゲナーゼ単位に作用することにより、ケトプロフェンはPGおよびTxの合成を阻害する。 鎮痛効果は、中枢および末梢の両方の機構に起因する。

薬物動態

分布

99%までのケトプロフェンは、主にアルブミンを含む血漿タンパク質に結合する。 血漿中のCmaxは、低いVd(0.1〜0.2 l / kg)により迅速に達成される。 Cssケトプロフェンは、通常の摂取開始後24時間で達成される。 ケトプロフェンは、滑液および結合組織に十分に浸透する。 滑液における有意な濃度は、100mgのケトプロフェンの単回IM注射のわずか15分後に達成される。 滑液中のケトプロフェンの濃度は血漿中の濃度よりもいくらか低いが、(30時間まで持続する)より安定しており、疼痛および関節剛性の長期的な低下をもたらす。 有意な量では、BBB(血液脳関門)を貫通しない。

代謝

ケトプロフェンは、主に肝臓で代謝され、グルクロニド化を受けて主に腎臓によって排出されるグルクロン酸とエステルを形成する。 最初に肝臓を通過する効果があります。

排泄

それは主に腎臓によって排泄される。 カロリー量の排泄は1%未満である。 T1 / 2ケトプロフェンは、1.6〜1.9時間の範囲である。 累積しません。

適応症

中程度の強度の様々な発生の痛みおよび炎症の症状的治療:

関節リウマチ、乾癬、若年性慢性関節炎、強直性脊椎炎(ベクテレウス病)、痛風性関節炎、リウマチ性軟部組織損傷、末梢関節および脊柱の骨関節症(根状症候群を含む)などの筋骨格系の炎症および変性疾患;

腰痛、坐骨神経痛、神経痛;

片頭痛;

アルゴジメノレア(algodismenorea)、骨盤内器官の炎症過程、incl。 副鼻腔炎;

炎症を伴う外傷後疼痛症候群;

術後疼痛;

歯痛;

癌における疼痛症候群。

病気の進行に影響はありません。

禁忌

過敏症(他のNSAIDまたは補助成分を含む);

悪化期の胃腸管のびらん性潰瘍性病変;

消化管からの出血;

悪化期の炎症性腸疾患(潰瘍性大腸炎、クローン病);

重度の肝不全または急性期の肝疾患;

重度の腎不全(C1クレアチニン30mL /分未満);

進行性腎疾患;

高カリウム血症;

気管支喘息、再発性経鼻ポリープ症および副鼻腔炎の完全または不完全な組み合わせ、およびアセチルサリチル酸または他のNSAIDs(不眠症を含む)に対する不耐性;

造血術の侵害、止血障害(血友病を含む)。

aortocoronary shunting後の期間;

妊娠(III期);

泌乳期間;

15歳までの年齢。

気をつけて:気管支喘息; アルコール依存症および胆嚢炎、慢性心不全、浮腫症候群のような胃腸管に関して毒性を増加させる因子の存在; 腎機能障害、胆汁うっ滞、敗血症、他のNSAIDとの同時使用、高齢(65歳以上)、妊娠(I-II期); 心虚血; 脳血管疾患; 異脂肪血症/高脂血症; 糖尿病; 末梢動脈の疾患; 喫煙; 慢性腎不全(C1クレアチニン30~60ml /分); 胃腸潰瘍の発症に関する既往のデータ; ヘリコバクター・ピロリ感染の存在を確認した。 NSAIDsの長期使用; 重度の身体疾患; 抗凝固剤(ワルファリンを含む)、抗アグリゲート剤(アセチルサリチル酸、クロピドグレルを含む)、SSRI(シタロプラム、フルオキセチン、パロキセチン、セルトラリンを含む)、GCS(プレドニゾロンを含む)との併用療法。 胃腸管の部分で有害事象を発症する危険性を低減するためには、最小有効用量を、可能な最小限の短期間で使用すべきである。

妊娠および泌乳

妊娠3ヵ月目および母乳育児期にFlamax®を使用することは禁忌です(薬物の投与期間中は授乳を中止する必要があります)。 母親への潜在的な利益が胎児への潜在的なリスクを超える場合、妊娠のIおよびII期に適用することができます。

副作用

消化器系では、腹痛、消化不良(吐き気、嘔吐、胸やけ、鼓腸、食欲不振、下痢)、口内炎、肝機能障害、味覚の変化。 大量に長期間使用すると、胃腸管の粘膜の潰瘍、歯肉、胃腸、痔核の出血。

神経系の部分では、頭痛、めまい、不眠、激越、神経質、眠気、うつ、無力症、意識の混乱または喪失、記憶障害、片頭痛、末梢神経障害。

感覚から:耳の騒音や鳴り、視力のぼけ、結膜炎、ドライアイ、眼の痛み、結膜充血、難聴、めまい。

CCC(心臓血管系)から:増加した血圧(動脈圧)、頻脈。

造血器官の部分:無顆粒球症、貧血、溶血性貧血、血小板減少症、白血球減少症。

泌尿器系から:浮腫性症候群、膀胱炎、尿道炎、腎機能障害、間質性腎炎、ネフローゼ症候群、血尿。

アレルギー反応:皮膚発疹(紅斑、蕁麻疹を含む)、皮膚のかゆみ、鼻炎、血管浮腫、気管支痙攣、剥離性皮膚炎、アナフィラキシーショック。

その他:発汗の増加、喀血、鼻出血、筋肉痛、筋肉の痙攣、息切れ、喉の渇き、光感受性。 大量に長期間使用 - 膣出血。

患者が説明書に記載されている副作用を発現する場合は、できるだけ早く医師に相談してください。 マニュアルに記載されている副作用のいずれかが悪化した場合、または指示どおりに記載されていない副作用がある場合は、医師にご連絡ください。

インタラクション

Flamax(登録商標)およびループ利尿剤の同時投与により、両方の薬物の腎毒性効果が増強される。 尿酸排泄促進薬の有効性を低下させ、抗凝固剤、抗凝集剤、線維素溶解剤、エタノール、SCSおよびミネラルコルチコステロイド、エストロゲンの副作用を高める。 抗高血圧薬および利尿薬の有効性を低下させる。

他のNSAIDs、GCS、エタノール、副腎皮質刺激ホルモンとの同時使用は、潰瘍の形成および胃腸出血の発症、腎臓機能不全のリスクの増加を招く可能性がある。

経口抗凝固剤、ヘパリン、血栓溶解剤、抗凝集剤、セフォペラゾン、セファマンドールおよびセフォテタンとの同時使用は、出血の危険性を増加させる。

インスリンおよび経口血糖低下薬の低血糖効果を増加させる(用量再計算が必要)。

肝臓(フェニトイン、エタノール、バルビツレート、リファンピシン、フェニルブタゾン、三環系抗うつ薬)におけるミクロソーム酸化の誘導物質は、ヒドロキシル化された活性代謝産物の産生を増加させる。

バルプロ酸ナトリウムとの共同使用は、血小板の凝集を減少させる。

ベラパミルおよびニフェジピン、リチウム製剤、メトトレキセートの血漿中濃度を上昇させる。

制酸薬およびコレスチラミンは吸収を減少させる。

骨髄毒性薬物の血液毒性を増加させる。

沈殿物の形成を防ぐために、Flamax®とトラマドールを1本のバイアルに混合しないでください。

患者が他の薬を服用している場合は、医師に相談してください。

投与と投与

in / in(静脈内)、in / m(筋肉内)。

筋肉内注射(筋肉内):100mg(1アンプ)1日1-2回。

入院(静脈内)での投与は、病院でのみ行うべきである。 平均注入時間は0.5-1時間、最大 - 48時間以下であり、薬物の投与量は300mgを超えてはならない。

短期静脈内注入:0.9%塩化ナトリウム溶液100mlで希釈した薬物100〜200mg(1〜2アンプ)を0.5〜1時間注入する。 8時間後に繰り返し投与が可能です。

連続静脈内注入:8時間以内に投与する注入用溶液(0.9%塩化ナトリウム溶液、乳酸含有リンガー溶液、5%デキストロース溶液)500mlに希釈した薬物100〜200mg(1〜2アンプ)。

8時間後に繰り返し投与が可能です。

複合アプリケーション

Flamax®は中枢作用の鎮痛薬と併用することができます。 1本のボトルでモルヒネと混合することができます。 沈殿のためにトラマドールと1つのボトルを混合しないでください。Flamax(登録商標)の非経口投与は、経口形態(錠剤、カプセル剤)または直腸坐薬の使用と組み合わせて、疾患の性質および患者の状態に応じて、1日総用量を300mgまたは100mgに減らすことができる調子。

最小有効用量は、可能な限り短いコースで使用する必要があります(「特別な手順」を参照)。

過剰摂取

過量投与の場合は記載されていない。

症状:めまい、嘔吐、頭痛、息切れ、腹痛、出血、肝臓および腎臓機能が見られることがあります。

治療:症候性。

特別な指示

Flamax®とwarfarinまたはlithium drugsを同時に使用する場合、患者は厳重な医学監督下に置く必要があります。

消化性潰瘍の病歴、腎不全、肝不全、クマリン抗凝固薬を投与されている患者には、注意を払う必要があります。

このグループの他の薬剤と同様に、感染症の症状を隠すことができます。

治療中、末梢血の像と肝臓と腎臓の機能状態をモニターする必要があります。

17-ケトステロイドを決定する必要がある場合は、試験の48時間前に薬物を中断すべきである。

肝臓に違反がある場合、腎臓は線量と注意深い観察を減らす必要があります。

胃腸管からの有害事象を発症するリスクを低減するために、最小有効用量は、短期間で可能な限り少なくするべきである(「投与方法および用量」参照)。

車両の運転能力と機械の使用能力に影響を与えます。 治療期間中に、自動車を運転したり、精神運動反応の集中力やスピードを高める必要がある潜在的に危険な活動に従事する場合は注意が必要です。

問題の形式

静脈注射および筋肉内注射のための溶液、50mg / ml。 タイプI光防護ガラスで、色破砕リングまたは着色されたドットおよびノッチ2mlを有するアンプル中。 アンプルはさらに、1,2または3のカラーリングおよび/または2次元バーコード、および/または英数字コーディング、または付加的なカラーリング、2次元バーコード、英数字コーディングなしで付けることができる。 5アンペア。 アウトラインセルパック内にあります。 1枚または2枚のボール紙のコンター・スクエア。

薬局からの休暇の条件

処方せん。

保管条件

25℃以下の温度で

子供の手の届かないところに保管してください。

賞味期限

5年。

パッケージに記載されている有効期限が過ぎても使用しないでください。

Someone from the Japan - just purchased the goods:
Pantogam 250mg 50 pills