Best deal of the week
DR. DOPING

指示

Logo DR. DOPING

使用のための指示:Febrofid

私はこれがほしい、私に価格を与える

活性物質ケトプロフェン

ATXコードM02AA10ケトプロフェン

薬理学グループ

NSAIDs - プロピオン酸誘導体

病理分類(ICD-10)

I80静脈炎および血栓性静脈炎

末梢血管の病気、静脈の炎症性疾患、静脈血栓性静脈炎、静脈疾患、下肢静脈疾患、末梢血管の病変、静脈炎の移行、下肢静脈の不全、悪化の悪化白血球、静脈瘤表面、静脈表面上の炎症、表面静脈炎、表面静脈炎、血栓性静脈炎、深部静脈血栓性静脈炎、血栓性静脈炎、深部静脈の静脈炎、静脈炎、表静脈の静脈炎、水疱性静脈炎、慢性血栓性静脈炎、エンドフォリビティス

I88非特異的リンパ節炎

リンパ性炎、非特異的病因のリンパ性炎、表在性リンパ節炎

I89.1リンパ管炎

リンパ管炎、リンパ管炎、急性リンパ管炎

M13.9未指定の関節炎

関節炎、凝固性関節炎(非感染性)、急性関節炎、筋骨格系の急性炎症性疾患における疼痛、筋骨格系の慢性炎症性疾患における疼痛、変形性関節症における疼痛、変形性関節症における炎症、炎症性関節症、炎症性および変性性関節疾患炎症性関節症、筋骨格系の炎症性疾患、破壊性関節炎、筋骨格系の疾患、筋骨格系の疾患、筋骨格系および結合組織の疾患、筋骨格系の感染症、モノアミン、リウマチ性関節炎、変形性関節症、筋骨格系の急性炎症、筋骨格系の急性炎症性疾患、筋骨格系の急性炎症状態、急性関節炎、急性変形性関節症、外傷後変形性関節症、反応性関節炎、C 慢性関節炎、慢性炎症性関節炎、関節嚢の内層の慢性炎症、関節嚢の慢性炎症、関節の慢性炎症性疾患、滲出性関節炎

M54.4坐骨神経痛を伴う腰痛

腰仙脊椎の痛み、腰痛、坐骨神経痛、腰椎症候群

M65滑膜炎および腱鞘炎

急性腱鞘炎、糸球体腎炎、テントシノビット、糸球体炎、筋肉関節疾患における変形性関節症、軟部組織の炎症性疾患、非特異的腱鞘炎、テンドシノビット(Tendosinovit)

M71他のbursopathies

滑液包炎、滑液包炎、軟部組織の疾患、筋肉関節疾患の変形性関節症、軟部組織の炎症性疾患、亜急性滑液包炎

M79.1筋痛

筋・骨格系の疼痛症候群、筋骨格系の慢性炎症性疾患の疼痛症候群、筋肉の痛み、筋肉の圧痛、重度の身体運動における筋肉痛、筋骨格系の痛み、筋骨格系の痛み筋肉痛、筋痛、筋肉痛、筋肉痛、安静時の筋肉痛、筋肉痛、非リウマチ起源の筋肉痛、リウマチ起源の筋肉痛、急性筋痛、リウマチ性疼痛、リウマチ性疼痛、筋筋膜炎症候群、線維筋痛

M79.2未知の神経学および神経炎

神経痛、神経痛、神経痛、肋間神経の神経痛、後脛骨神経痛、神経炎、神経炎、外傷、神経炎、神経学的疼痛症候群、痙攣を伴う神経拘縮、急性神経炎、慢性疼痛、末梢神経炎、外傷後神経痛、神経原性の重症痛、慢性神経炎、本態性神経痛

R52.0急性疼痛

急性疼痛症候群、変形性関節症を伴う急性疼痛症候群、外傷性起源の急性疼痛症候群、神経原性の重篤な疼痛、重度の疼痛、送達時の疼痛症候群

T14.0不特定身体領域の表面損傷

血腫、傷、皮膚創傷、軟部組織創傷、血腫、外傷性血腫、血腫、筋肉腫、軟組織の血腫、皮膚の癒合、挫傷、捻挫および挫傷による挫傷、微小外傷、外傷皮下血腫、外傷後血腫、微小循環の外傷後外傷、皮膚の皮膚、外傷性叢様病変、傷害、軟部組織の挫傷、関節挫傷、外傷性挫傷(外傷性胸膜炎) 、外傷性傷害、表面汚染された創傷の一次治療、擦過傷、挫傷

T14.3身体の不特定領域の関節の莢膜靱帯装置への脱臼、捻挫および損傷

筋肉の痛みを伴うストレッチ、緊張の痛みや炎症、転位の脱臼、靭帯の変性、捻挫や挫傷による浮腫、捻挫の介入後の浮腫、靭帯の損傷と破裂、筋骨格系の損傷、靭帯の損傷、関節の損傷、靭帯破裂、テンドン腱、筋肉の腱の破裂、痙攣、筋肉の伸展、捻挫、腱の緊張、伸展、筋肉の伸展、捻挫、腱の張力、骨関節系の傷害、靱帯への損傷関節への損傷、関節の傷、靱帯装置の伸展、習慣的な伸展および引き裂き

リリースの構成と形式

外用ゲル100 g

ケトプロフェンリシン塩2.5g

補助物質:ポリエチレングリコール; メチルヒドロキシベンゾエート; プロピルヒドロキシベンゾエート; カルボマー; トリエタノールアミン; 精製水

30または50gのアルミニウムチューブ 段ボール1のチューブのパックに入れます。

剤形の説明

無色から淡黄色の色まで、透明またはわずかに乳白色のゲル。

特性

それはNSAIDs(非ステロイド性抗炎症薬)群に属する。

薬理学的効果

薬理作用 - 抗炎症局所、鎮痛薬。

ゲルの形態では、関節、腱、靭帯、筋肉、皮膚、静脈、リンパ管およびリンパ節の局所治療を提供する。 関節症候群では、安静時および運動中の関節の痛みが弱まり、朝のこわばりが軽減し、関節が腫れます。

薬物動態

それは皮膚を貫通します。 ゲルのバイオアベイラビリティは約5%である。 ケトプロフェンの吸収された部分は約99%の血漿タンパク質に結合する。 肝臓で代謝される。 用量の約80%が代謝物の形で尿中に排泄され、10%未満は変化しない。 体にザーメンしないでください。

表示

対症療法を伴う局所麻酔薬および抗炎症薬として:背骨、神経痛、筋肉痛の痛み; 筋骨格系の炎症性変性疾患、関節炎、滑液包炎、滑膜炎、腱炎、腰痛; 複雑な傷害、特にスポーツ傷害、転位、靭帯および腱の捻挫または破裂、挫傷、外傷後の痛み; (静脈炎、周辺炎症)、リンパ管、リンパ節(リンパ管炎、表在性リンパ節炎)の炎症性疾患の併用療法に使用することができる。

禁忌

ケトプロフェンおよび/または薬物の他の成分、ならびに他のNSAIDおよびアセチルサリチル酸(おそらく気管支痙攣の発症)に対する過敏症; 濡れた皮膚病、湿疹、感染した擦過傷、創傷、火傷; 妊娠(III期)、授乳期。

妊娠および泌乳

妊娠中の禁忌(III期); IおよびIIトリメスターで - 必要な場合にのみ。 治療期間中は、母乳育児を中止する必要があります。

副作用

アレルギー反応、皮膚充血、光感受性、皮膚外傷、紫斑病。

インタラクション

頻繁かつ長期間使用する場合、全身使用など、他の薬物との相互作用の症状が現れることがある。

他の非ステロイド性抗炎症薬、GCS、エタノール、コルチコトロピンとの共同受容は、潰瘍の形成および消化管出血の発症につながり得る。

経口抗凝固剤、ヘパリン、血栓溶解剤、抗凝集剤、セフォペラゾン、セファマンドールとの同時投与は出血のリスクを増加させます。

抗高血圧薬と利尿薬(GHG合成の阻害)の効果を軽減します。

インスリンおよび経口血糖降下薬の低血糖作用を増加させる(用量の再計算が必要)。

バルプロ酸ナトリウムとの同時投与は、血小板凝集の破壊を引き起こす。 ベラパミルおよびニフェジピンの血漿中濃度を上昇させる。

投与と投与

外側に。 少量(3〜5cm)のゲルが痛みを伴う部位に塗布され、1日2〜3回擦るのが容易です。

ゲルが皮膚を通してよく吸収され、臭いがなく、着色剤を含まず、脂っこい汚れを残さず、衣服を汚さないので、乾燥包帯の適用において必要ではない。

特別な指示

粘膜や目に触れないようにしてください。

損傷した皮膚には使用しないでください。

長期間の使用中は、重度の肝臓および/または腎不全の患者に注意を払うべきである。

発疹が出た場合は、治療を中止して適切な治療を行う必要があります。

保管条件

15〜25℃の暗所で

子供の手の届かないところに保管してください。

棚の寿命

2年。

パッケージに記載されている有効期限が過ぎても使用しないでください。

Someone from the Ireland - just purchased the goods:
Growth Hormone Somatropin Gentech HGH