Best deal of the week
DR. DOPING

指示

Logo DR. DOPING

使用のための指示:注射用エモキシピン溶液1%

私はこれがほしい、私に価格を与える

投与形態:注射用溶液

活性物質:メチルエチルピリジノラム

ATX

C05CX毛細血管の透過性を低下させる薬剤、その他

薬理学グループ

抗凝集剤

抗酸化剤および抗酸化剤

血管保護剤および微小循環補正剤

病因分類(ICD-10)は、

H11.3結膜出血:目の出血

H30脈絡叢炎症:網膜炎; 脈絡髄膜炎; 中枢性および末梢性脈絡叢ジストロフィー

H34網膜の血管閉塞:眼の血管の動脈血栓症; 目の血管の静脈血栓症; 網膜循環の違反; 眼内循環の障害; メッシュおよび脈絡膜への不十分な血液供給; 中心網膜血管の閉塞; 網膜動脈の急性閉塞; 網膜または眼の脈絡膜における亜急性および慢性の循環不全; 網膜の血管疾患; 眼の網膜における血管障害; 網膜の血管血栓症; 網膜中心静脈血栓症; 網膜およびその枝の中心静脈の血栓症; 目の網膜およびその枝の中心静脈の血栓症

H35他の網膜疾患:網膜変性; 眼における網膜変性の変化; 網膜または脈絡膜における亜急性および慢性の血液循環不全

H35.3黄斑および後極変性:黄斑変性; 網膜ジストロフィー; 血管硬化性黄斑ジストロフィー; 加齢性黄斑変性症; 加齢性黄斑変性症; 黄色変性の非自発的形態; 黄色の染色の変性変化; シュタルガルト病; 黄色い場所での退行性プロセス; 網膜変性; 黄斑変性症; 網膜の色素沈着変性; 黄斑変性年齢(老人性); メッシュ膜のジストロフィー; 網膜の遺伝的色素変性; 遺伝性テーパテレタル変性; 古い黄斑変性

H35.6網膜出血:出血性網膜症 ; 網膜の出血; 目の網膜の出血; 網膜の出血を繰り返した。 ロタ社; 目の出血; 標高における網膜の出血

H40緑内障:緑内障の介入; アファキチカヤ緑内障; 狭角緑内障; 慢性緑内障; 慢性開放隅角緑内障; 広角緑内障

H43.1硝子体出血:眼内出血; 外傷後の出血

H52.1近視:近視 。 近視; 複雑な近視; 近視性脈絡髄膜炎; 進行中の近視; 複雑な高度近視

I61脳内出血:アポピソリックショック; 脳の卒中; 血液悪性腫瘍; ヘマトーマ硬膜外; 出血性脳卒中; 脳卒中発作; 出血性脳卒中; 脳の出血; 脳内出血; 脳内出血; 出血を延期する; 硬膜下血腫; 硬膜外血腫

I63脳梗塞:虚血性脳卒中; 虚血性脳疾患; 虚血性脳卒中; 虚血性脳卒中およびその結果; 虚血性脳卒中; 虚血性脳血管障害; 虚血性脳損傷; 虚血性脳損傷; 虚血状態; 脳虚血; 急性低酸素脳; 急性脳虚血; 急性虚血性脳血管障害; 急性脳梗塞; 急性虚血性脳卒中; 急性期の虚血性脳卒中; 焦点大脳虚血; 虚血性脳卒中; 再発脳卒中; Morgagni-Adams-Stokesの症候群。 慢性脳虚血; 脳血管発作; 塞栓性脳卒中; 虚血性脳損傷

L57.0光化学[光化学]角化症:アクチノ角膜症; 角化症; 角膜実質

S05眼と旋回の損傷:眼の傷が浸透する。 眼球の非貫通創。 角膜の表面損傷; 外傷後の角膜症; 外傷後中心網膜ジストロフィー; 角膜の穿刺創。 目の傷害後の状態; 眼球損傷後の状態; 眼球損傷後の状態; 角膜創傷に浸透する。 目の組織への傷害; 目の組織への傷害; 角膜への損傷; 目の前部の傷害

T26熱傷および化学的熱傷、眼領域およびその付属器に限定される:熱結膜熱傷後の状態; 角膜の熱傷後の状態; 無菌眼が燃え尽きる。 アイ・バーン; 熱い眼の火傷; 角膜への熱的損傷; 角膜の熱傷; 照射された目の熱傷; 化学的な目の熱傷; 角膜の化学的燃焼; 角膜の化学的損傷; 結膜の熱傷; 角膜の熱傷; 熱目を燃やす; 結膜の外科的火傷後の状態; 角膜の外科的熱傷後の状態

組成および放出形態

1mlの注射液を含む1アンプルには、エモキシピン0.01g、 ダンボール箱に10個。

薬理学

行動様式 - 抗凝集性、血管保護性、抗低酸素性。

血管透過性と血液粘度を低下させ、組織の代謝を正常化します。 脳卒中と心臓発作。

注射用エモキシピン溶液の適応症1%

高強度光(レーザーおよび太陽熱、レーザー凝固)の影響下で眼の網膜を保護するために、眼内出血、糖尿病性網膜症、中心脈絡膜ジストロフィー、中心静脈静脈血栓およびその分岐、外傷後出血、緑内障の患者の術後期間脈絡膜の層別化、および虚血性および出血性の脳血管障害(成人における)。

注射用エモキシピン溶液の禁忌1%

過敏症、妊娠。

副作用

興奮(短期)、眠気、血圧上昇、発疹、局所反応:痛み、灼熱感、かゆみ、赤み、密度の高い眼窩周囲組織。

投与量および投与

眼科では、1%溶液0.5mlの用量で1日1回、10〜15日間、レトロブルバルノ。 結膜下およびパラらバー - 10%〜30日間1日1回0.2%〜0.5mLの1%溶液(必要ならば、1年に2〜3回反復することができる)。 腫瘍の限定的および破壊的凝固の前に、レーザー凝固中に眼の網膜を保護するために、凝固の24時間前および1時間前に0.5%の1%溶液をレトロブルバルノに注入する。 その後、同じ用量(0.5%の1%溶液)で1日2回〜10日間のレトロブルバルノを適用する。 1日2〜3回、10〜30日間、毎日0.03〜0.05g(1%溶液3〜5ml)の用量で神経学的に/ 使用前にivを導入し、100〜200mlの等張性塩化ナトリウム溶液で希釈し、0.05〜0.15g(1〜5mlの1%溶液)の用量で滴下する(20〜30滴/分) 1日あたり7-10日間(必要に応じて2週間まで)。

予防措置

常に血圧や血液凝固を監視する必要があります。 他の薬(1つのシリンジ内)と混合しないでください。

注射用エモキシピン溶液の保存条件1%

暗い場所で。

子供の手の届かないところに保管してください。

賞味期限

3年

パッケージに記載された有効期限を超えて使用しないでください。

Someone from the United Arab Emirates - just purchased the goods:
Agalates 0.5mg 8 pills