Best deal of the week
DR. DOPING

指示

Logo DR. DOPING

使用のための指示:Dopmin

私はこれがほしい、私に価格を与える

剤形:輸液用濃縮液

活性物質 :ドーパミン*

ATX

C01CA04ドーパミン

薬理学的グループ:

強心配糖体および非グリコシド強心剤

ドーパミノミメティックス

高血圧治療薬

病因分類(ICD-10)は、

I50心不全:慢性心不全の悪化; 急性心不全の息切れ。 急性心不全; 急性心不全; 中毒の背景にある心不全。 感染の背景にある心不全; 急性心不全; 慢性心筋機能不全; 心臓の呼吸困難

R57ショック、他に分類されていないもの:閉塞性ショック

R57.0心原性ショック:心原性ショック

T79.4外傷性ショック:出血性ショック; クラッシュ症候群; 出血性ショック; 術後ショック; 外傷後のショック; 外傷後のショック; 外傷性ショック; 出血性ショックおよび脳症の症候群

T81.1手技中または手技後のショック、他に分類されていないショック: 術後ショック; 操作ショック

組成および放出形態

輸液のための溶液の調製のための濃縮物組成は表に示されている含有 、 mg
活性物質:
賦形剤:
二亜硫酸ナトリウム1050
注射用水1mlまで5mlまで

5mlのアンプルで; 密封されたプラスチックパレット5個入り。 段ボールの束にはパレットが1つあります。

薬理学的効果

作用機序 - 血管拡張剤、利尿剤、強心剤。

投与と投与

IV(点滴)。

線量は個別に設定されます。 通常の開始用量は結果に応じて2〜5μg/ kg /分であり、用量は5〜10μg/ kg /分まで増加させることができる。 20μg/ kg /分以上の用量はめったに使用されませんが、重症の場合は50μg/ kg /分まで増加することがあります。

溶液調製の規則:0.9%塩化ナトリウム溶液または5%デキストロース溶液を用いて濃縮物を希釈し、40mg / mlの注入用溶液を調製する。 得られた溶液は1ml中に約80μgのドーパミンを含む(96μgのドーパミン塩酸塩に相当する)。

得られた溶液1ml = 20滴。 得られた(再構成された)溶液は12時間以内に使用する必要があります。

薬局からの休暇の条件

処方せん。

薬Dopminの保管条件

15〜25℃の暗所で

子供の手の届かないところに保管してください。

ドーパミンの薬の賞味期限

5年。

パッケージに記載されている有効期限が過ぎてから使用しないでください。

Someone from the Qatar - just purchased the goods:
Tenoten for children 40 pills