Best deal of the week
DR. DOPING

指示

Logo DR. DOPING

使用のための指示:Diclo-F

私はこれがほしい、私に価格を与える

活性物質ジクロフェナク

ATXコードS01BC03ジクロフェナク

薬理学グループ

非ステロイド性抗炎症薬(NSAIDs - 酢酸誘導体および関連化合物)

非ステロイド性抗炎症薬[眼科用製品]

病理分類(ICD-10)

H10.9結膜炎、不特定

トリアムニ結膜炎、カタル性結膜炎、ギパパピリラニ結膜炎、非感染性結膜炎、結膜炎、結膜炎結膜炎、年中結膜炎、結膜炎、結核性結膜炎、結膜炎で二次感染

S05目と軌道の傷害

眼球の非創傷、角膜の表面損傷、外傷後の角膜症、外傷後の中心網膜ジストロフィー、角膜の貫通創、眼の損傷後の状態、眼球の損傷後の状態、角膜の浸透目の組織への損傷、角膜への損傷、目の前部の傷害

Z100 *クラスXXII外科手術

腹腔鏡手術、切除術、切除術、冠動脈形成術、頸動脈の血管形成術、創傷のための防腐皮膚治療、防腐ハンド、虫垂切除術、アテローム切除術、バルーン冠動脈形成術、膣子宮摘出術、冠動脈バイパス、膣および子宮頸管内介入、膀胱、口腔内の介入、回復および再建手術、医療従事者の手指衛生、婦人科手術、婦人科介入、婦人科手術、手術中の血液循環ショック、膿疱性創傷の消毒、傷口の消毒、診断介入、診断処置、人工心臓弁、膀胱摘除術、短期外来手術、短期手術、短期手術、クリコテレトミヤ、手術中の失血、手術中の出血、術後の出血期間、Kuldotsentez、レーザー 腹腔鏡検査、婦人科腹腔鏡検査、小婦人科手術、小規模な外科手術、乳房切除術およびその後のプラスチック、縦隔切開術、耳上の顕微手術、Mukogingivalnye手術、縫合、軽度手術、神経外科手術、手術後の回復期間、手術後の回復期、経皮経管冠動脈形成術、胸腔穿刺、手術後および外傷後の肺炎、外科手術の準備、外科手術の準備、眼科手術のための眼球の固定化、睾丸摘除術、膵管切除術、Perikardektomiya手術前の外科医の準備、外科手術のための結腸の準備、脳神経外科および胸部手術における術後の吸引肺炎、術後の悪心、術後の出血、術後の肉芽腫、術後のショック、 d、心筋血行再建術、放射線摘出術、胃切除、腸切除、子宮切除、肝切除、浸潤切除、胃の一部の切除、手術術後の組織の接着、縫合の除去、手術後の状態、術後の状態、胃切除後の状態、小腸切除後の状態、扁桃切除後の状態、十二指腸切除後の状態、瀉血後の状態、血管手術、脾臓摘出術、手術器具の滅菌、胸骨切除術、胸腺切除術、総胃切除術、経皮的血管内冠動脈形成術、経尿道切除術、Turbinektomiya、歯の切除、白内障手術、嚢胞の除去、扁桃切除術、切除術子宮筋腫、可動性一次歯の除去 、ポリープの除去、壊れた歯の除去、子宮体の除去、縫合糸の除去、尿道切開術、瘻孔症候群、外科感染症、慢性四肢潰瘍の外科的処置、手術、肛門部の手術、結腸手術外科手術、手術手技、外科手術介入、胃腸管手術、泌尿器の手術手技、泌尿器系の手術手技、尿生殖器系の手術介入、心臓の手術手技、外科手術、手術、手術経皮経管冠動脈形成術、経皮的冠動脈形成術、冠動脈バイパス術、冠動脈バイパス術、乳歯の摘出術、脈管切開術、拍動性心肺バイパス術、歯の抽出、歯 抽出、白内障抽出、電気凝固、内視鏡的介入、切開切開、エトモイドトミヤ、歯の抽出後の合併症

組成

点眼剤1 ml

活性物質:

ジクロフェナクナトリウム1 mg

補助物質:塩化ベンザルコニウム-0.1mg; エデト酸二ナトリウム-1mg; ホウ酸-15mg; トロメタミン-6mg; ポリオキシル-35-ヒマシ油-20mg; ポビドン - 15mgの水酸化ナトリウムまたは塩酸 - をpH7.7にする。 注射用水 - 1 mlまで

剤形の説明

無色から淡黄色の透明な溶液。

薬理学的効果

薬理作用 - 抗炎症局所。

薬力学

抗炎症、鎮痛および解熱効果を有する。 作用機序は、COX活性(シクロオキシゲナーゼ)-1および-2の無差別な阻害によるものであり、これは炎症性焦点におけるPG(プロスタグランジン)の合成を抑制する。

ジクロフェナクは、感染、外傷または手術の結果として生じる眼の炎症を軽減する。 外科手術中の縮瞳を減少させ、PGの合成および前房の水分中の含量を減少させる。

薬物動態

点眼薬を点眼すると、ジクロフェナクは体循環に吸収される。 しかしながら、血液中で達成された薬物濃度は検出限界をはるかに下回り、臨床的に関連性がない。

適応症

白内障の手術中の縮瞳の抑制;

眼球に対する外科的介入後の炎症プロセスの治療および予防;

白内障手術後の黄斑の嚢胞性浮腫の予防;

非感染性結膜炎の治療;

(局所抗生物質療法に加えて)眼球の浸透性および非浸透性損傷による外傷後の炎症プロセスの治療および予防が含まれる。

禁忌

薬物の活性物質または薬物のこの剤形の一部を形成する補助成分のいずれかに対する過敏症;

アセチルサリチル酸または他のNSAIDに対する過敏症;

未知の造血に違反する。

急性期の胃腸管におけるびらん性および潰瘍性プロセスを含む。

注意して:上皮ヘルペス性角膜炎(anamnesisを含む); 血液凝固障害(血友病を含む)を引き起こす疾患、出血時間の延長、出血傾向; 高齢。

妊娠および泌乳

妊娠中および授乳中に薬物の使用に関するデータはありません。 妊娠のIII期にNSAIDを使用することにより、胎児の循環障害のリスクが高まる可能性があります。 妊娠中および授乳中の母親での使用は、予想される治療効果が副作用の可能性を発症するリスクを上回る場合、担当医師の目的にのみ可能である。

副作用

まれなケース - 燃える目、ぼやけた視界(滴下直後)。 角膜(棘)の不透明度、虹彩炎。

アレルギー反応:目のかゆみ、充血、血管浮腫、発熱、悪寒、光線過敏、皮膚発疹(主に紅斑、蕁麻疹)、多形性紅斑、悪心、嘔吐。

インタラクション

ジフルニザール(胃腸管からの出血の可能性があるため)と大量(1日3g以上)のアセチルサリチル酸、スルホニルウレア、メトトレキサートなどのNSAIDを併用することは推奨されません。

リチウム製剤、ジギトキシン、間接的な抗凝固剤との併用は、それらの効果の増加をもたらす。

必要に応じて、他の点眼剤と同時に塗布することができます。 GCSを含む。 この場合、次の用量での活性物質の浸出を防ぐために、アプリケーション間の休憩時間は少なくとも5分でなければなりません。

投与と投与

ローカル。

術中筋増強を抑制するために、手術前に30分(4回)の間隔で2時間結膜嚢に点眼する。

嚢胞性浮腫を予防するために、手術後2週間、1日に3〜4回、1滴投薬する。

他の適応症:症状の重症度に応じて、1日に3〜4回ドロップします。 治療の経過は1〜2週間続きます。

過剰摂取

薬物の過剰摂取の証拠はありません。

予防措置

小児における薬物の使用に関する信頼できるデータはないため、期待される利益が潜在的なリスクを上回る場合にのみ、このカテゴリーの患者に薬物を使用すべきである。

特別な指示

コンタクトレンズを使用している患者は、レンズを取り外した状態でDiclo-Fのみを使用し、薬剤を点眼してから15分後に再度装着する必要があります。

ボトルは、使用するたびに閉じなければなりません。 目のピペットの先端に触れないでください。

治療期間中は、精神運動反応の注意力とスピードの集中が必要となる潜在的に危険な活動に従事しないようにする必要があります。

問題の形式

点眼剤、0.1%。 スクリューキャップを備えたプラスチックのボトルドロッパーで5ml。 各ボトルドロッパーは段ボール箱に入れられます。

暗いガラスのバイアル中の5mlについては、ゴム製の栓で密閉し、アルミニウム製の蓋に安全なプラスチック製キャップをかぶせてください。 PEバッグに充填された滅菌点滴器を備えた1つのガラスバイアルを段ボール箱に入れる。

薬局からの休暇の条件

処方せん。

貯蔵条件

暗所で30℃以下の温度で(凍結しないでください)。

子供の手の届かないところに保管してください。

賞味期限

2年。 ボトルを開けた後 - 1ヶ月。

パッケージに記載された有効期限が過ぎても使用しないでください。

Someone from the Singapore - just purchased the goods:
Betoptic eye drops 0.5% 5ml