Best deal of the week
DR. DOPING

指示

Logo DR. DOPING

使用のための指示:Coralgin

私はこれがほしい、私に価格を与える

薬理学グループ

ホメオパシーの救済

病理分類(ICD-10)

I20狭心症[心臓狭心症]

狭心症、狭心症、安定狭心症、狭心症、アンギナ(発作)、狭心症、進行中の狭心症、混合狭心症、狭心症、安定狭心症、慢性安定狭心症、狭心症、狭心症、狭心症、狭心症、バツ

I25慢性虚血性心疾患

高コレステロール血症の背景にある冠動脈心疾患、冠状動脈性心疾患は慢性冠状動脈性心疾患、安定冠動脈疾患、経皮的血管形成術、心筋虚血、動脈硬化、再発性心筋虚血

I42心筋症

心筋梗塞、心筋症、びまん性心筋症、びまん性ネオブリリルユウスチャイヤ心筋症、心筋ジポカリスギジディイ、心筋ジストロフィー、急性心筋症、慢性心筋症

I70アテローム性動脈硬化症

アテローム性動脈硬化症、末梢血管のアテローム性動脈硬化症、アテローム性動脈硬化性変化、血管のアテローム性動脈硬化性変化、アテローム性動脈硬化症、壊疽性自発性、閉塞性血栓症、フリンダレン病

不特定のR00.0頻脈

頻脈

R07.2心の痛み

心筋梗塞の疼痛症候群、心筋梗塞、心筋症、心臓症候群、心臓病患者の疼痛、心筋梗塞の心筋症、機能性心筋症、Psevdostenokardiya、心膜痛

組成

サボテン3 CH、Carduus marianus 3 CH、Crataegus 3 CH、Latrodectus 6 CH、Spigelia 6 CHを含むホメオパシー顆粒; 瓶20g(22〜28粒の1g中)。

薬理学的効果

薬理作用 - うっ血除去薬、鎮痙薬、抗不整脈薬、コロナロジル薬、栄養薬、鎮静薬。

適応症

IHD、狭心症、アテローム性動脈硬化症、心筋梗塞、不整脈、動悸。

禁忌

過敏症、集中治療を必要とする急性症状。

投与と投与

内部(舌の下)、食べる前に。

急性の場合:症状を変えた後5-10分ごとに3-5顆粒を、1-2時間後に3-5顆粒を1日2~3回、1週間に1~2日休憩する。入学。

慢性疾患:3〜5回の顆粒を1日2〜3回、長期間、毎週1〜2週間の入院、毎週毎週中断します。

保管条件

乾燥した場所で、室温で。

子供の手の届かないところに保管してください。

賞味期限

2年。

パッケージに記載されている有効期限が過ぎてから使用しないでください。

Someone from the Switzerland - just purchased the goods:
Adrenaline (Epinephrine) injection 1mg 5 vials