Best deal of the week
DR. DOPING

指示

Logo DR. DOPING

使用のための指示:CardiASK

私はこれがほしい、私に価格を与える

活性物質アセチルサリチル酸

ATXコード B01AC06アセチルサリチル酸

薬理学グループ

非ステロイド性抗炎症薬(NSAID)[抗凝集剤]

非ステロイド系抗炎症薬(NSAID) - サリチル酸誘導体

病理分類(ICD-10)

G45一時的な一過性脳虚血発作[発作]および関連症候群

虚血性神経障害、急性脳血管機能不全、脳の再発性一過性虚血、一過性虚血性障害、一過性虚血性状態、脳循環の一時的障害、一過性虚血発作、一過性脳虚血発作、一過性脳虚血、一過性脳虚血虚血発作、一過性虚血発作、慢性脳虚血、ドロップアタック、一過性虚血発作、脳循環の一過性虚血性障害、虚血性脳損傷、鎖骨下窃盗症候群

I20狭心症[心臓狭心症]

狭心症、狭心症、安定狭心症、狭心症、アンギナ(発作)、狭心症、進行中の狭心症、混合型狭心症、自発性狭心症、セブンアンギナ、慢性安定狭心症、狭心症、狭心症、狭心症、狭心症、バツ

I20.0不安定狭心症

不安定狭心症、ひどい病気

I21急性心筋梗塞

心筋梗塞、急性期心筋梗塞、急性心筋梗塞、病的Q波を伴う心筋梗塞、心筋梗塞、心筋梗塞、心筋梗塞、心筋梗塞、心筋梗塞、心筋梗塞、網膜梗塞、心筋梗塞、心筋梗塞、心筋梗塞、心筋梗塞の急性期、急性心筋梗塞、心筋梗塞の亜急性期、心筋梗塞の亜急性期、冠状動脈の血栓症(動脈)、心筋梗塞の脅威、Q波なしの心筋梗塞

I22再発性心筋梗塞

アテローム性動脈硬化症および再発性心筋梗塞の可能性、繰り返される心筋梗塞、心筋梗塞の再発

I26肺塞栓症

肺動脈の再狭窄性血栓塞栓症、再発性肺塞栓症、肺動脈枝の血栓塞栓症、肺の血栓塞栓症、肺動脈塞栓症(PE)、肺動脈血栓症、血栓塞栓症、肺動脈の血栓塞栓症、血栓塞栓症、肺塞栓症、肺動脈およびその枝の血栓塞栓症、肺血管の血栓塞栓症、肺の塞栓症、肺動脈の塞栓症、肺動脈の急性の大規模な血栓塞栓症

I63脳梗塞

虚血性脳梗塞、虚血性脳卒中およびその結果、虚血性脳卒中、脳循環の虚血性障害、脳の虚血性損傷、虚血性脳損傷、虚血性状態、脳虚血、脳の虚血、急性脳梗塞、急性虚血性脳卒中、急性虚血性脳卒中、中枢性脳虚血、延期虚血性脳卒中、反復性脳卒中、モルガニ - アダムス - ストークス症候群、慢性脳虚血、脳血管性脳症脳卒中、塞栓性脳卒中、虚血性脳損傷

I82他の静脈の塞栓症および血栓症

再発静脈血栓症、術後血栓症、静脈血栓症、急性静脈血栓塞栓症、再発静脈血栓症、静脈血栓症、内臓静脈血栓症、静脈血栓症、深部静脈血栓症、血管の血栓症、血管血栓症、静脈血栓症、血栓症、血栓塞栓症、静脈の血栓塞栓症、重度の静脈血栓症、塞栓症、静脈塞栓症、血栓塞栓合併症

Z100 *クラスXXII外科手術

腹腔鏡手術、切除術、切除術、冠動脈形成術、頸動脈の血管形成術、創傷のための防腐皮膚治療、防腐ハンド、虫垂切除術、アテローム切除術、バルーン冠動脈形成術、膣子宮摘出術、冠動脈バイパス、膣および子宮頸管内の介入、膀胱、口腔内の介入、回復および再建手術、医療従事者の手指衛生、婦人科手術、婦人科介入、婦人科手術、手術中の血液循環ショック、膿疱性創傷の消毒、傷口の消毒、診断介入、診断処置、人工心臓弁、膀胱摘除術、短期外来手術、短期手術、短期手術、クリコテレトミヤ、手術中の失血、手術中の出血、術後の出血期間、Kuldotsentez、レーザー 腹腔鏡検査、婦人科腹腔鏡検査、小婦人科手術、小規模な外科手術、乳房切除術およびその後のプラスチック、縦隔切開術、耳上の顕微手術、Mukogingivalnye手術、縫合、軽度の手術、神経外科手術、手術後の回復期間、手術後の回復期、経皮経管冠動脈形成術、胸腔穿刺、術後の肺炎および外傷後の手術、外科手術の準備、外科手術の準備、眼科手術での眼球の固定化、睾丸摘除術、膵切除術、Perikardektomiya手術前の外科医の準備、外科手術のための結腸の準備、脳神経外科および胸部手術における術後の吸引肺炎、術後の悪心、術後の出血、術後の肉芽腫、術後のショック、 d、心筋血行再建術、放射線摘出術、胃切除術、腸切除術、子宮切除術、肝切除術、浸潤切除術、胃の一部の切除、手術術後の組織の癒合、縫合の除去、手術後の状態、術後の状態、胃切除後の状態、小腸切除後の状態、扁桃切除後の状態、十二指腸切除後の状態、瀉血後の状態、血管手術、脾臓摘出術、手術器具の滅菌、胸骨切除術、胸腺切除術、総胃切除術、経皮的血管内冠動脈形成術、経尿道切除術、Turbinektomiya、歯の切除、白内障手術、嚢胞の除去、扁桃切除術、切除術子宮筋腫、可動性一次歯の除去 、ポリープの除去、壊れた歯の除去、子宮体の除去、縫合糸の除去、尿道切開術、瘻孔症候群、外科感染症、慢性四肢潰瘍の外科的治療、手術、肛門部の手術、結腸手術外科手術、手術手技、外科手術介入、胃腸管手術、泌尿器の手術手技、泌尿器系の手術手技、尿生殖器系の外科手術、心臓の手術手技、外科手術、手術、手術経皮経管冠動脈形成術、経皮的冠動脈形成術、冠動脈バイパス術、冠動脈バイパス術、乳歯の摘出術、脈管切開術、拍動性心肺バイパス術、歯の抽出、歯 抽出、白内障抽出、電気凝固、内視鏡的介入、切開切開、エトモイドトミヤ、歯の抽出後の合併症

Z95.1大動脈瘤シャントグラフトの存在

冠動脈バイパス術、静脈シャントを伴う大動脈冠動脈バイパス術

Z95.5冠動脈形成術移植片および移植片の存在

冠動脈バイパス移植、動静脈シャント、動静脈シャントの血栓

組成

タブレットは、フィルムの腸溶性膜1タブで覆われている。

活性物質:

アセチルサリチル酸50 mg

100 mg

補助物質:ステアリン酸; コーンスターチ; ラクトース一水和物(乳糖); ヒマシ油水素添加; ポビドン(Plasdon K90またはKollidon 90F); ポリソルベート(Tween 80)。 MCC

膜フィルム:メタクリル酸およびエチルアクリレート共重合体1:1(コリキットMAE100P)。 マクロゴール及びポリビニルアルコールコポリマー(コリクートIR); コポビドン(プラスチドンS630); クエン酸トリエチル; タルク; 二酸化チタン

薬理学的効果

薬理作用 - 抗凝集性。

投与と投与

食事の前に、大量の液体を1日1回搾りました。 CardiAsk®は長期間使用するためのものです。 治療期間は主治医が決定する。

危険因子の存在下における急性心筋梗塞の一次予防:50〜100mg /日。

心筋梗塞の再発予防、安定狭心症および不安定狭心症:50-100 mg /日。

不安定狭心症(急性心筋梗塞の発症が疑われる):50〜100mg /日。

虚血性脳卒中の予防および脳循環の一時的な障害:50〜100mg /日。

手術後の血栓塞栓症の予防および侵襲的血管介入:50〜100mg /日。

肺動脈およびその枝の深部静脈血栓症および血栓塞栓症の予防:50〜100mg /日。

問題の形式

錠剤、フィルムコーティングされた腸溶性コーティング、50mgおよび100mg。 セルの概要では、PVCフィルムとアルミ箔を10枚または30枚塗装したものを使用しています。 1枚、2枚、3枚のボール紙のコンターの正方形。

薬局からの休暇の条件

レシピなし。

保管条件

25℃以下の温度では、製造者の包装に入れてください。

子供の手の届かないところに保管してください。

賞味期限

2年。

パッケージに記載された有効期限が過ぎた後は使用しないでください。

Someone from the Canada - just purchased the goods:
Ocumed eye drops 0.5% 5ml