Best deal of the week
DR. DOPING

指示

Logo DR. DOPING

使用のための指示:Awelysin Braun

私はこれがほしい、私に価格を与える

剤形:注射液用粉末

活性物質:ストレプトキナーゼ

ATX

B01AD01ストレプトキナーゼ

薬理学グループ

線維素溶解剤

病因分類(ICD-10)は、

I21急性心筋梗塞:急性期の心筋梗塞; 急性心筋梗塞; 病的なQ波を伴う心筋梗塞および心不全を伴わない心筋梗塞; 心筋梗塞は心原性ショックにより複雑化する。 梗塞左心室; 経心筋梗塞; 心筋梗塞の網膜下(心内膜下); 網膜虚血心筋梗塞; 心内膜心筋梗塞; 心筋梗塞の急性期; 急性心筋梗塞;急性心筋梗塞;急性心筋梗塞;急性心筋梗塞; 心筋梗塞の亜急性期; 冠動脈(動脈)の血栓症; 脅かされた心筋梗塞; Q波なしの心筋梗塞

I26肺塞栓症:肺動脈の再発性血栓塞栓症 ; 再発性肺塞栓症; 肺動脈の枝の血栓塞栓症; 肺の血栓塞栓症; 肺動脈(PE)の血栓塞栓症; 肺動脈の血栓症; 血栓塞栓症; 肺動脈の血栓塞栓症; 血栓塞栓症; 肺塞栓症; 肺動脈およびその枝の血栓塞栓症; 肺血管の血栓塞栓症; 肺の塞栓症; 肺動脈の塞栓症; 肺動脈の急性大量血栓塞栓症

I74塞栓症および動脈血栓症:努力のストレス(ストレス); 動脈血栓症; 動脈血栓症; 亜急性および慢性動脈血栓症; 末梢動脈の亜急性血栓症; 術後血栓症; 血管血栓症; 血管塞栓症; 大動脈シャントの血栓症; 動脈血栓症; 動脈の血栓症; 冠動脈血栓症; 冠動脈血栓症; 血管の血栓症; 虚血性脳卒中を伴う血栓症; 一般的な外科手術による血栓症; 腫瘍学の手術における血栓症; 血管血栓症; 術後の血栓形成 血栓合併症; 血栓塞栓症; 血栓塞栓性症候群; 術後期間における血栓塞栓性合併症; 動脈の血栓塞栓症; 部分血管血栓症; 塞栓症; 動脈の塞栓症

I70.2動脈のアテローム性動脈硬化症:閉塞性動脈硬化症; 動脈硬化症の末梢動脈; 下肢の動脈のアテローム性動脈硬化症; 末梢動脈のアテローム性動脈硬化症; アテローム性動脈硬化症の手足; 下肢の閉塞性疾患; 閉塞性動脈硬化症; 下肢動脈の閉塞性動脈硬化症; 上肢の閉塞性動脈硬化症; 下肢の動脈硬化症の閉塞症; 動脈のアテローム性動脈硬化症; 手足動脈症; 動脈硬化は手足を閉塞させる; 閉塞動脈硬化症

I82他の静脈の塞栓症および血栓症:再発静脈血栓症; 術後血栓症; 静脈血栓症; 急性静脈血栓塞栓症; 再発性静脈血栓症; 静脈血栓症; 内部器官の静脈の血栓症; 静脈血栓症; 深部静脈血栓症; 血管の血栓症; 血管血栓症; 静脈の血栓症; 深部静脈血栓症; 血栓塞栓症; 静脈の血栓塞栓症; 重度の静脈血栓症; 塞栓症; 静脈の塞栓症; 血栓塞栓症の合併症

R07.2心臓の痛み:心臓の神経症; 心筋虚血性疼痛; 心筋梗塞における疼痛症候群; 心筋症; cardioneurosis; 心臓症候群; 心臓の患者の痛み; 背景性難聴性心筋ジストロフィーの心筋症; 機能性心筋症; Psevdostenokardiya; 心膜痛

組成および放出形態

注射溶液の調製のための凍結乾燥粉末を含む1本のボトルは、ストレプトキナーゼ(ある種のストレプトコッカス株によって生成された約5000ダルトンの分子量を有するタンパク質)100,000,250,000,750,000または1,500,000IU; パッケージ1と5のボトル。

薬理学的効果

作用様式 - 線維素溶解性。

プラスミノーゲンと組み合わせると、血漿または血栓の、フィブリンを溶解するプラスミン - タンパク質分解酵素への移行を活性化する複合体を形成する。

薬力学

プロアクチベーター - プラスミノーゲンのフィブリノリシン(プラスミン)への変換に起因するフィブリン溶解を活性化する。 その効果は用量に依存する。 ストレプトキナーゼは抗原性を有する連鎖球菌タンパク質であるため、適切な抗体で中和することが可能である。 この状況において、線維素溶解の加速は、過剰量のストレプトキナーゼ(抗体の中和に必要)の投与によって達成される。

薬物の表示Awelysin Braun

急性心筋梗塞、肺塞栓症、動脈の血栓症および血栓塞栓症(末梢動脈の急性血栓症、慢性閉塞性末梢炎、血管手術後の再血栓症、動静脈シャントの閉塞); 静脈血栓症(内臓の静脈血栓症、四肢および骨盤の深部静脈の急性血栓症、血管手術後の再血栓症); 小児における診断または治療手順による動脈の血栓症、および新生児のカテーテル法中の血管の血栓症。

禁忌

(潰瘍性大腸炎を含む)結腸の慢性炎症性疾患、最近の多発性傷害、反応しない動脈瘤(難治性)、高血圧症(潰瘍性大腸炎を含む)、胃腸管のびらん性潰瘍性病変重度の糖尿病性網膜症、急性膵炎、心内膜炎、心房細動を伴う僧帽弁性心疾患、活動性結核などが含まれるが、これらに限定されない。 動脈穿刺および/または注射後10日目、腹側動脈動脈造影後4週間目、術後期間(手術後8〜12週間、神経外科手術後8週間)、術後期間急性出血性卒中3ヵ月後3ヵ月)。

相対的:リウマチ(300 IUストレプトキナーゼ/ mlを超える抗ストレプトキナーゼ抗体力価を有する)、気管支喘息、重篤な肝臓または腎臓機能不全、真性糖尿病、喀血を伴う気管支喘息、食道静脈、リスクを伴う新生物などの転移性連鎖球菌感染症(胸部圧迫を含む)、IVL(挿管)、泌尿器科疾患(例えば、尿石症)、慢性アボレニア胃腸管、月経過多(正常な月経は禁忌ではない)の出血を含む。

妊娠と授乳

妊娠18週目に禁忌、出血のリスクが高い妊娠病理の場合(胎盤前庭など)は禁忌。 その後の妊娠期間および産後期間(7日より早くはない)では、厳格な徴候がある場合に限り予約することができます。

副作用

(まれに)、再灌流不整脈、非心原性肺水腫、血栓塞栓症、キャピラロトキシコシス(シェラン・ヘノッホ症候群)、ESRの上昇、慢性閉塞性肺疾患 トランスアミナーゼ、γ-グルタミルトランスペプチダーゼ、アルカリホスファターゼ、クレアチンキナーゼ、ビリルビン含量、コリンエステラーゼレベルの低下の活性の血清の増加; アレルギー反応や免疫病理学的反応(顔面、蕁麻疹、皮膚発疹、倦怠感や頻脈、血圧低下、息切れ、吐き気、嘔吐、頭痛、背中や筋肉痛、発熱、まれにアナフィラキシーショック)。

インタラクション

ヘパリン、クマリン誘導体、ジピリダモール、デキストラン、アセチルサリチル酸は、薬物Avelisin Brownの作用を増強する。 ストレプトキナーゼおよびアセチルサリチル酸の制御された相乗作用は、心筋梗塞の急性期における血栓溶解を改善するために使用することができる。

投与と投与

IV(急速溶解の場合は、乾燥物質を緩やかに混合し、発泡を避け、等張食塩水または注射用水5ml、5%グルコース溶液、リンゲル乳酸溶液またはゼラチンを溶媒として使用することもできる)。

成人:末梢動脈または静脈の血栓を伴う短期間の溶解のために、30分間25万IUの初期用量で処方され、次いで、6時間にわたって毎時150万IUの維持用量; 1サイクルあたりの最大線量は900万IUです。

冠動脈血栓症(急性心筋梗塞)の場合 - 60分間150万IU、次に1000 IU / hの用量のヘパリンの導入。 その効果は、トロンビンまたは部分トロンボプラスチン時間を決定することによって制御される; これらの指標は、少なくとも2〜4、またはそれぞれ1.5〜2.5の正常値でなければなりません。

末梢血管血栓症における長期間の溶解のために、25万IUを30分間投与する。 維持用量は100,000IU /時間である。 これは、溶解の開始の6〜8時間後にトロンビン時間が2〜4倍増加する。 血漿中のフィブリノーゲンのレベルは1g / l未満でなければならない。 数時間後にトロンビン時間が4倍以上になると、ストレプトキナーゼの維持投与量を2倍にし、トロンビン時間指数が上記の間隔で再び安定するまで適用しなければならない。

冠動脈内血栓溶解では、2万IUの冠動脈をカテーテルを介して投与し、続いて2000〜4000 IU /分を30〜90分間投与する。

小児:1000-10000IU / kg、20-30分間、続いて1000IU / kg / hの長期注入。 脈拍が触診可能になったとき、または投与部位に著しい出血があるとき、投与を中止する。

retrombosisを防ぐためにヘパリンを任命しなさい。

治療期間は5日を超えてはならない。

過剰摂取

症状:大量の出血。

治療:抗線維素溶解剤(トラネキサム酸またはパラアミノメチル安息香酸、カリクレインおよび他のプロテアーゼの阻害剤、例えばアプロチニン - 最初の投与量は50万KIU、次いで維持投与量は50,000〜100,000 KIU / h IV)。

特別な指示

子供および抗ストレプトキナーゼ抗体の上昇した力価の病歴を有する患者への導入の前に、ストレプトキナーゼに対する感受性の試験が行われる。 新生児や未熟児では、頭蓋骨の超音波検査が推奨されています。

治療開始時に、注入は低速で行うべきである。 プレドニゾロンおよび抗ヒスタミン剤による前処置(アナフィラキシー反応の予防)が推奨される。

トロンビンまたは部分トロンボプラスチン時間が決定される(血管の再閉塞がトロンビン時間を2~4倍、部分トロンボプラスチン時間を1.5~2.5倍にすることを避ける、これを考慮して、4時間の間隔で)血液凝固能モニタリングを決定する。ヘパリンの適切な量を入力してください)。

薬物の反復投与は有効性の低下および副作用の可能性の増加を招く可能性があることに留意すべきである。

深部静脈血栓症のAvelizin Brownによる治療中に、患者は避妊薬の服用を止めるべきではありません(子宮内出血のリスクが高い)。

この薬物の有効性は、急性心筋梗塞の局所冠状動脈溶解に12時間後、慢性的な末梢炎および血栓塞栓閉塞の局所治療(6週間後、心筋梗塞の全身治療 - 24時間後、深部静脈の血栓症 - 14日後。

血液凝固の可能性を考えれば、抗凝固剤、血小板凝集を阻害する薬剤(最初はヘパリン500-1000IU / h、次にクマリンの経口誘導体)を避けるために、レトロムボゾフ療法を避けるべきである。 ヘパリンを処方するとき、出血の危険性が高まることが考慮されるべきである。

ストレプトキナーゼのレディー溶液は12時間以内に使用してください。

Plasmasubstitution drug - hydroxyethyl starchとdextran - は、血液凝固系への影響のため、Avelysin Brown薬の溶媒として使用することはできません。

薬剤の保管条件Awelysin Braun

25℃以下の温度で

子供の手の届かないところに保管してください。

薬Awelysin Braunの有効期限

3年。

パッケージに記載された有効期限を超えて使用しないでください。

Someone from the Oman - just purchased the goods:
Nebilet 5mg 14 pills