Best deal of the week
DR. DOPING

指示

Logo DR. DOPING

使用のための指示:Afalasa

私はこれがほしい、私に価格を与える

剤形:トローチ剤

ATX

良性前立腺肥大の治療薬G04CXその他

薬理学的グループ:

前立腺肥厚は良性の治療ツールです[その他の免疫調節剤]

病因分類(ICD-10)は、

F52.2性器反応の欠如:二次インポテンス; 好き嫌い。 インポテンス; 神経衰弱に基づくインポテンツ; 機能性神経障害の背景に対するインポテンツ; 異なる起源のインポテンツ; 違反効力; 勃起不全; 効力障害; 勃起不全; 様々な起源の勃起不全; 勃起の欠如; 効力の弱化。 性的活動の弱化。 勃起の弱化; 男性の効力を低下させる。 男性の性的障害; 性的機能不全; 弱い効力; 効力の低下。 効力の低下。 勃起不全; 神経性勃起不全

N39.4その他の指定失禁:尿失禁; ベッド濡れ; 頻繁な夜間排尿; 女性の尿失禁; Anishuriya; 一次寝床; 小児初発夜尿症

N40前立腺肥大:前立腺腺腫; BPH; Prostatauxe; 前立腺肥大; 良性前立腺肥大により引き起こされる障害性障害; 良性前立腺肥大症を伴うディズリケスキー病; 前立腺癌の排尿障害; 良性前立腺giperpalaziya; 良性前立腺肥大; 良性前立腺肥大段階1および2; 良性前立腺肥大I度; 良性前立腺肥大II度; 良性の前立腺肥大; 前立腺の病気; 良性前立腺肥大に関連する急性尿崩症; 良性前立腺肥厚段階1および2を前立腺炎と組み合わせて; 逆説的乏尿

N41.0急性前立腺炎:急性細菌性前立腺炎; Urethroprostatitis; クラミジア前立腺炎

N41.1慢性前立腺炎:再発性前立腺炎; 慢性細菌性前立腺炎; 慢性細菌性前立腺炎; 慢性細菌性前立腺炎; クラミジア前立腺炎; 慢性前立腺炎の悪化; 慢性細菌性前立腺炎

N50.8.0 *男性の更年期:閉経の血管合併症; 閉経; 高齢者の性的衰弱; クライマックス; メンズメンズクライマックス; 男性更年期障害; 病的閉経; 早期閉経; 男性の更年期障害; 閉経における障害; 更年期症状の複合体

R30.0排尿障害:前立腺切除後の障害; 排尿障害; 良性前立腺肥大により引き起こされる障害性障害; 排尿症状; ジズリチェスキー障害; 男性におけるジズリチェキー障害; 前立腺癌の排尿障害; 排尿障害; 排尿障害; 良性前立腺肥大症を伴うディズリケスキー病; 急性排尿障害

R39.1排尿を伴うその他の困難:頻尿; 尿貯留; strangury; 閉塞した尿の流れ; 排尿の違反; 排尿の違反; 膀胱排出の違反; 尿流出の違反; 頻尿 排尿の異常

Z100 *クラスXXII外科手術:腹部手術; 腺切除術; 切断; 冠動脈形成術; 頸動脈の血管形成術; 創傷のための消毒皮膚治療; 消毒ハンド; 虫垂切除術; アテレクトミー; バルーン冠動脈形成術; 膣子宮摘出術; 冠動脈バイパス; 膣および子宮頸管内の介入; 膀胱の介入; 口の介入; 修復および再建手術; 医療従事者の手指衛生。 婦人科手術; 婦人科介入; 婦人科手術;手術中の血液量減少ショック; 化膿性創傷の消毒; 創傷端の消毒; 診断介入; 診断手順; 子宮頸部の凝固異常症; 長時間手術; 瘻カテーテルの交換; 整形外科手術における感染; 人工心臓弁; 膀胱摘除術; 短期外来手術; 短期間のオペレーション; 短い外科処置; クリコテイロトミヤ; 手術中の失血; 手術中および術後の出血; Kuldotsentez; レーザー光凝固; レーザー凝固; 網膜レーザー凝固; 腹腔鏡検査; 婦人科における腹腔鏡検査; CSF瘻; 小さな婦人科手術; 小さな外科手術; 乳房切除およびその後のプラスチック; 縦隔切開術; 耳に対する顕微手術; Mukogingivalnye操作; 縫合; マイナー手術; 脳神経外科手術; 眼科手術における眼球の固定化; 睾丸切除術; 膵切除術; Perikardektomiya; 手術後のリハビリの期間。 手術後の回復期; 経皮経管冠動脈形成術; 胸膜胸腔; 術後および外傷後の肺炎; 外科手術の準備; 手術の準備; 手術前の外科医の手の準備; 外科的処置のための結腸の準備; 脳神経外科および胸部手術における術後吸引性肺炎; 術後悪心; 術後出血; 術後肉芽腫; 術後ショック; 術後早期。 心筋血行再建術; 放射線摘出; 胃切除術; 腸切除術; 子宮切除; 肝切除; enterectomy;胃の一部の切除。 操作された船の再閉鎖; 手術中に組織を結合する; 縫合糸の除去; 眼科手術後の状態; 手術後の状態; 鼻腔内手術後の状態; 胃切除後の状態; 小腸の切除後の状態;扁桃摘出後の状態; 十二指腸の除去後の状態; 静脈切除後の状態; 血管手術; 脾摘出; 手術器具の滅菌; 手術器具の滅菌; 胸骨切開術; 歯科手術; 歯周組織における歯科的介入; 椎間板切除術; 扁桃切除術; 胸腔鏡手術; 胸腔鏡手術; 総胃切除術; 経皮血管内冠動脈形成術; 経尿道切除術; Turbinektomiya; 歯の除去; 白内障手術; 嚢胞の除去; 扁桃切除術; 子宮筋腫の除去; 可動の一次歯を取り外す。 ポリープの除去; 壊れた歯を取り除く。 子宮体の除去; 縫合糸の除去; 瘻孔likvoroprovodyaschih方法; Frontoetmoidogaymorotomiya; 外科感染症; 慢性四肢潰瘍の外科的処置; 手術; 肛門部の手術。 結腸手術; 外科手術; 外科的処置; 外科的介入; 胃腸管の外科手術; 尿路に関する外科処置; 泌尿器系の外科的処置; 泌尿生殖器系の外科的介入; 心臓の手術手技; 手術操作; 手術; 静脈の手術; 外科的介入; 血管手術; 血栓症の外科的処置; 手術; 胆嚢摘出術; 部分胃切除術; 子宮摘出術; 経皮経管冠動脈形成術;経皮経管脈管形成術; 冠動脈バイパス; 歯の摘出; 乳歯の摘出; 切開術; 拍動性心肺バイパス; 抜歯; 歯抽出; 白内障抽出; 電気凝固; 泌尿器科の介入; 切開切開術; エトモイドトミヤ;歯の抽出後の合併症

Z98.8他の指定された術後状態:術後期間における膿胸合併症; 手術の化膿性合併症; 術後肝機能障害; 術後嘔吐; 術後合併症; 術後期間; 術後初期

組成

再吸収錠剤1錠。

活性物質:内皮NOシンターゼアフィニティー精製抗体* 0,006 g

前立腺特異抗原親和性精製抗体* 0.006 g

補助物質:ラクトース一水和物; MCC; ステアリン酸マグネシウム

* 10012倍、10030倍、100200倍に希釈された物質の3種類の活性水 - アルコール希釈液の混合物の形態の乳糖にそれぞれ適用される

剤形の説明

錠剤は、平らで円筒状であり、危険性と面取りがあり、白からほぼ白までである。 リスクのある側には、「MATERIA MEDICA」と刻印されている「AFALAZA」があります。

薬理学的効果

作用様式 - 抗炎症、抗痙攣薬。

薬力学

PSAに対する抗体は、前立腺組織における機能的および代謝過程に対するこの抗原の調節効果の増加を伴う、良性前立腺肥大において変化する内在性PSAの機能活性を、親和性精製して改変する。 PSAに対する抗体は、前立腺腺腫において予防的および治癒的効果を有する。

アフィニティー精製された内皮NOシンターゼに対する抗体は、陰茎および前立腺の血管における血流速度の増加を促進する。 内皮に関連して保護作用を有する(血管反応性の低下、血管痙攣の軽減、末梢微小循環の改善に寄与する)。

Afalaseの複雑な調製における成分の併用は、相乗効果を伴う。すなわち、内皮保護作用および血管新生の改善による内皮NOシンターゼに対する抗体は、PSAに対する抗体の抗増殖および抗炎症活性を増強する。 相乗効果はおそらく、内皮NOシンターゼに対する抗体による細胞内シグナル伝達の非特異的なメカニズムによるものであろう。

この薬剤の成分を複雑に使用することにより、BPHおよび前立腺炎患者の生活の質が改善され、障害障害および勃起不全が軽減される。 栄養安定効果を有する。 顕著な抗炎症および抗浮腫効果の存在が実験的に実証されている。

この薬剤は、前立腺および下部尿路の機能状態を正常化し、尿力学を改善し(尿残存量を減少させ、尿排泄の最大速度を増加させる)、PSAを正常化するのに役立つ。 この薬物はまた、障害障害の軽減に、そして場合によっては前立腺の体積の中程度の減少に寄与する。 成分の共同使用は、精神的パラメータ(性ホルモンの濃度の増加、精子の数およびそれらの移動性の増加、精液の粘度の減少、前立腺の分泌の正常化)を改善する。 BPHの手術を受けた患者の再生修復プロセスを活性化し、手術後の合併症の可能性を低減します。

薬物動態

現代の物理化学的分析法(気液クロマトグラフィー、高速液体クロマトグラフィー、クロマトグラフィー - 質量分析法)の感度は、生物学的液体、器官および組織中の超微量の抗体の含有量を推定することができず、薬剤Afalasaの薬物動態を研究することは技術的に不可能である。

アファラサの表示

I期およびII期の良性前立腺肥大;

急性および慢性前立腺炎の複合療法(抗炎症薬および麻酔薬として);

排尿障害(排尿の頻繁な衝動、排尿困難、会陰領域における痛みおよび不快感)

様々な起源の勃起不全(勃起不全);

男性の更年期の植物障害(衰弱、疲労、身体活動の減少、性欲の減少を含む)。

前立腺の外科的介入前後の複雑な治療

禁忌

薬物の成分に対する個々の感受性の増加。

副作用

指示された適応症および指示された投与量で薬物を使用した場合、副作用は明らかにされなかった。

インタラクション

これまでに他の薬剤との非相溶性のケースは記録されていない。

投与と投与

食事の中ではなく、中に。 一度に - 2つのテーブル。 (完全に溶解するまで口に入れてください)。 この薬は1日2回、夕方および朝に服用しなければなりません。

推奨される期間は16週間です。 表現型の痛みを伴う症候群および治療の最初の2〜3週間の障害性障害において、製剤の受容は1日4回まで示される。

必要に応じて、医師の推奨により、1-4ヶ月後に反復治療を行うことができます。

過剰摂取

偶発的な過剰摂取の場合、処方物に含まれる賦形剤による消化不良事象が可能である。

特別な指示

薬物の組成にはラクトースが含まれているため、先天性ガラクトース血症、グルコース吸収不良症候群またはガラクトース、または先天性ラクターゼ不全の患者を指名することは推奨されません。

車両を運転したり、他の潜在的に危険なメカニズムを働かせる能力に及ぼす薬剤の影響。 影響を与えません。

リリースフォーム

ロゼンジ。 20錠分。 PVCフィルムまたはアルミニウム箔製の平面セルボックス内にある。 1つ、2つまたは5つの等角四角形は、段ボールのパックに入れられます。

メーカー

OOO NPFマテリアメディカホールディング。 ロシア、モスクワ

薬局の供給条件

レシピなし。

薬Afalasaの保管条件

暗所で25℃以下の温度で

子供の手の届かないところに保管してください。

薬Afalasaの有効期間

3年。

パッケージに記載されている有効期限が過ぎてから使用しないでください。

Someone from the Netherlands - just purchased the goods:
Peptide complex 14 10ml for strengthening the veins and the prevention of venous diseases