Best deal of the week
DR. DOPING

ブログ

Logo DR. DOPING

エタノールの胃、膵臓、肝臓に対する作用

06 Feb 2019

アルコールを飲むと、まず第一に胃が痛くなります。 そして、より強いアルコール製品は、それを失うのが難しいです。 消化管の腺装置全体に深刻な変化があります。胃の壁に位置し、刺激の影響下でペプシン、塩酸、および食品の消化に必要なさまざまな酵素を含む胃液を産生する腺です。多くの粘液そしてそれから萎縮。 胃炎がありますが、原因を取り除いて治療しないと、胃がんになることがあります。

エタノールの胃、膵臓、肝臓に対する作用

硬化性変化も膵臓で発生します。 30〜40歳の人が大量に、または長期間にわたってワインを消費した剖検では、膵臓に著しい変化が見られました。

これらの同じ患者は、膵臓に位置しそしてインスリンを産生する特別な細胞の死のためにしばしば糖尿病を有する。 膵炎とアルコールベースの糖尿病は通常不可逆的な現象であり、人々が絶え間ない痛みと倦怠感に悩まされるのはそのためです。 これのほとんど、膵炎は食事療法のわずかな違反で悪化します。

肝関門を通過すると、エチルアルコールは肝細胞に悪影響を及ぼし、それはこの有毒生成物の有害な影響の影響下で死滅する。 それらの代わりに、結合組織が形成されるか、または単に肝機能を果たさない瘢痕が形成される。 肝臓は次第に小さくなり、しわが寄り、肝臓の血管が圧迫され、その中の血液が停滞し、圧力が3〜4倍上昇します。 そして血管の破裂があると、大量の出血が始まり、そこから患者はしばしば死にます。 WHOによると、患者の約80%が最初の出血後1年以内に死亡します。 上記の変化は肝硬変と呼ばれます。 肝硬変患者の数は、特定の国のアルコール依存症のレベルによって決まります。

肝臓のアルコール性肝硬変は、人間の病気の治療に関して最も深刻で絶望的なものの一つです。 WHOによると、アルコール摂取の結果としての肝硬変は、死亡の主な原因の1つです。 ( Heptralとcyanocobalaminで治療できます)

Someone from the Austria - just purchased the goods:
Signicef eye drops 0.5% 5ml