Best deal of the week
DR. DOPING

指示

Logo DR. DOPING

使用のための指示:Zibor 3500

私はこれがほしい、私に価格を与える

投与形態:皮下投与のための溶液

活性物質: Bemiparinum natrium

ATX

B01AB12ベミパリン

薬理学グループ

抗凝固剤の直接作用[抗凝固剤]

病因分類(ICD-10)は、

I74塞栓症および動脈血栓症:努力のストレス(ストレス); 動脈血栓症; 動脈血栓症; 亜急性および慢性動脈血栓症; 末梢動脈の亜急性血栓症; 術後血栓症; 血管血栓症; 血管塞栓症; 大動脈シャントの血栓症; 動脈血栓症; 動脈の血栓症; 冠動脈血栓症; 冠動脈血栓症; 血管の血栓症; 虚血性脳卒中を伴う血栓症; 一般的な外科手術による血栓症; 腫瘍治療における血栓症; 血管血栓症; 術後の血栓形成 血栓合併症; 血栓塞栓症; 血栓塞栓性症候群; 術後期間における血栓塞栓性合併症; 動脈の血栓塞栓症; 部分血管血栓症; 塞栓症; 動脈の塞栓症

I82他の静脈の塞栓症および血栓症:再発静脈血栓症; 術後血栓症; 静脈血栓症; 急性静脈血栓塞栓症; 再発性静脈血栓症; 静脈血栓症; 内部器官の静脈の血栓症; 静脈血栓症; 深部静脈血栓症; 血管の血栓症; 血管血栓症; 静脈の血栓症; 深部静脈血栓症; 血栓塞栓症; 静脈の血栓塞栓症; 重度の静脈血栓症; 塞栓症; 静脈の塞栓症; 血栓塞栓症の合併症

Z100 *クラスXXII外科手術:腹部手術; 腺切除術; 切断; 冠動脈形成術; 頸動脈の血管形成術; 創傷のための消毒皮膚治療; 消毒ハンド; 虫垂切除術; アテレクトミー; バルーン冠動脈形成術; 膣子宮摘出術; 冠動脈バイパス; 膣および子宮頸管内の介入; 膀胱の介入; 口の介入; 修復および再建手術; 医療従事者の手指衛生。 婦人科手術; 婦人科介入; 婦人科手術;手術中の血液量減少ショック; 化膿性創傷の消毒; 創傷端の消毒; 診断介入; 診断手順; 子宮頸部の凝固異常症; 長時間手術; 瘻カテーテルの交換; 整形外科手術における感染; 人工心臓弁; 膀胱摘除術; 短期外来手術; 短期間のオペレーション; 短い外科処置; クリコテイロトミヤ; 手術中の失血; 手術中および術後の出血; Kuldotsentez; レーザー光凝固; レーザー凝固; 網膜レーザー凝固; 腹腔鏡検査; 婦人科における腹腔鏡検査; CSF瘻; 小さな婦人科手術; 小さな外科手術; 乳房切除およびその後のプラスチック; 縦隔切開術; 耳に対する顕微手術; Mukogingivalnye操作; 縫合; マイナー手術; 脳神経外科手術; 眼科手術における眼球の固定化; 睾丸切除術; 膵切除術; Perikardektomiya; 手術後のリハビリの期間。 手術後の回復期; 経皮経管冠動脈形成術; 胸膜胸腔; 術後および外傷後の肺炎; 外科手術の準備; 手術の準備; 手術前の外科医の手の準備; 外科的処置のための結腸の準備; 脳神経外科および胸部手術における術後吸引性肺炎; 術後悪心; 術後出血; 術後肉芽腫; 術後ショック; 術後早期。 心筋血行再建術; 放射線摘出; 胃切除術; 腸切除術; 子宮切除; 肝切除; enterectomy;胃の一部の切除。 操作された船の再閉鎖; 手術中に組織を結合する; 縫合糸の除去; 眼科手術後の状態; 手術後の状態; 鼻腔内手術後の状態; 胃切除後の状態; 小腸の切除後の状態;扁桃摘出後の状態; 十二指腸の除去後の状態; 静脈切除後の状態; 血管手術; 脾摘出; 手術器具の滅菌; 手術器具の滅菌; 胸骨切開術; 歯科手術; 歯周組織における歯科的介入; 椎間板切除術; 扁桃切除術; 胸腔鏡手術; 胸腔鏡手術; 総胃切除術; 経皮血管内冠動脈形成術; 経尿道切除術; Turbinektomiya; 歯の除去; 白内障手術; 嚢胞の除去; 扁桃切除術; 子宮筋腫の除去; 可動の一次歯を取り外す。 ポリープの除去; 壊れた歯を取り除く。 子宮体の除去; 縫合糸の除去; 瘻孔likvoroprovodyaschih方法; Frontoetmoidogaymorotomiya; 外科感染症; 慢性四肢潰瘍の外科的処置; 手術; 肛門部の手術。 結腸手術; 外科手術; 外科的処置; 外科的介入; 胃腸管の外科手術; 尿路に関する外科処置; 泌尿器系の外科的処置; 泌尿生殖器系の外科的介入; 心臓の手術手技; 手術操作; 手術; 静脈の手術; 外科的介入; 血管手術; 血栓症の外科的処置; 手術; 胆嚢摘出術; 部分胃切除術; 子宮摘出術; 経皮経管冠動脈形成術;経皮経管脈管形成術; 冠動脈バイパス; 歯の摘出; 乳歯の摘出; 切開術; 拍動性心肺バイパス; 抜歯; 歯抽出; 白内障抽出; 電気凝固; 泌尿器科の介入; 切開切開術; エトモイドトミヤ;歯の抽出後の合併症

Z49.1体外透析を含む補助:血液透析 ; 慢性血液透析; 体外循環; 血液透析シャントの血栓症

組成

活性物質:ベミパリンナトリウム(低分子量ヘパリンナトリウム塩)3500IU拮抗薬-Xa

賦形剤:注射用水 - 最大0.2 ml

剤形の説明

透明な無色または淡黄色の溶液。

特性

ベミパリンナトリウム(低分子量ヘパリンナトリウム塩) - 有効成分Zibor®3500 - は、ブタの腸粘膜から分泌されたヘパリンナトリウムの解重合によって得られます。 平均分子量は3000-4200ダルトンである。 ベミパリンナトリウムの分子量分布は以下の通りである。

- 低分子画分(2000ダルトン以下) - 35%以下。

- 分子量(2000-6000ダルトン)を有する画分--50-75%;

- 高分子画分(6000ダルトン以上) - 15%以下。

ベミパリンナトリウムの抗因子-Xa活性は80-120IU / mgであり、抗因子IIa活性は乾燥物質に関して5-20IU / mgである。 抗因子-Xa /抗因子IIa活性比は約8である。

薬理学的効果

行動様式 - 抗凝固剤。

薬力学

ベミパリンナトリウムは直接作用の抗凝固剤であり、低分子量ヘパリン群に属する。 ベミパリンナトリウムの影響下での血液凝固能の低下は、多数の凝固因子(Xaおよびより少ない程度IIa)に対するアンチトロンビンIIIの阻害効果を増加させるという事実による。

薬物動態

薬物の吸収および排除は、一次の線形動力学によって記載される。

吸収。 ベミパパリンナトリウムのSC投与が急速に吸収された後、バイオアベイラビリティは96%である。 予防投与量(2500および3500 ME)で投与した場合の血漿中の最大抗因子-Xa活性は、2-3時間後に達成され、(0.34±0.08)および(0.45±0.07)MEアンチセンス-Xa / mlである。 上記用量の薬物を投与した場合の抗因子IIa活性は検出されない。

治療量(5000,7500,10000および12500ME)で薬物を投与した場合の血漿中の最大抗因子-Xa活性は3-4時間後に達成され、約0.54±0.06のピークの活性を有する。 (1.22±0.27); (1.42±0.19)および(2.03±0.25)ME抗因子-Xa / mlであった。 0.01IU / mlのオーダーの抗ファクターIIa活性が、以下の用量で薬物の投与により検出された:7500,10000および12500ME。

排除。 ベミパリンナトリウムの投与により、2500〜1250のME T1 / 2が約5-6時間であるので、薬物は1日1回処方される。 現在、ベメパリンナトリウムが血漿タンパク質に結合する能力、そのヒトの代謝および排泄能力を記述するデータはない。

Zibor 3500の適応

一般的な外科的介入および整形外科操作を有する患者における血栓塞栓症の予防;

高血圧または中等度の血栓症のリスクを有する患者(手術なし)における血栓塞栓症の予防;

深部静脈血栓症および一過性の危険因子を有する患者における静脈血栓塞栓症の再発の二次予防;

血液透析を行う際の体外循環系における血液凝固の予防的維持。

禁忌

ベミパリンナトリウム、ヘパリンまたはブタの加工臓器の産物に対する過敏症;

血液学的に不明瞭な血小板減少症または血小板減少症の疑いがあり、免疫学的にヘパリンによるものである。

活動性出血および出血性障害;

肝臓や膵臓の重度の違反;

中枢神経系、眼および聴覚の分野における外傷または手術;

ヘパリン誘発性血小板減少症の枠組みにおけるDIC症候群;

急性細菌性心内膜炎および長期性心内膜炎;

出血のリスクが高い有機性障害(活動性消化性潰瘍、出血性脳卒中、脳動脈瘤または脳性新生物)。

小児期。

注意して:肝不全または腎不全; 制御されない動脈性高血圧; 腹部の消化性潰瘍および十二指腸炎 尿路結石症; 虹彩および網膜の疾患; 脊髄または硬膜外麻酔および/または腰椎穿刺を行う場合。

妊娠と授乳

妊娠中の安全性を確認する信頼性の高い臨床データがないため、Zibor®3500は妊娠中に母親の妊娠可能性が胎児へのリスクを超える場合にのみ使用してください。

薬物が母乳中に排泄されているかどうかは分かっていないので、授乳中にZibor®3500を使用する必要がある場合、服薬期間中の母乳育児を中止する必要があります。

副作用

最も一般的に報告されている副作用は、注射部位における血腫および/または斑状出血である(約15%の患者)。

ヘパリンによる長期治療は、骨粗鬆症の発症につながる可能性があります。

ベミパリンナトリウムの投与における副作用の頻度は、他の低分子量ヘパリンのそれに対応し、以下に示す。

非常に頻繁に(≧1/10) - 注射部位における斑状出血。

注射部位での血腫や痛み(皮膚、粘膜、創傷、胃腸管、尿生殖路の領域)がしばしば(1/100以上、1/10以下)、トランスアミナーゼのレベル(ACT、ALT)およびGGT。

まれな(1/1000、<1/100) - 皮膚アレルギー反応(蕁麻疹、そう痒)、I型軽度の一過性血小板減少症(「特別な指示」を参照)。

稀な(1/1000) - アナフィラキシー反応(吐き気、嘔吐、発熱、呼吸困難、気管支痙攣、喉頭浮腫、低血圧、じんま疹、掻痒)、重度II型血小板減少症、注射部位の皮膚壊死、硬膜外麻酔後の硬膜外脊髄血腫脊髄麻酔または腰椎穿刺(「特別な指示」を参照)。

インタラクション

ベミパリンナトリウムは、同じ容器内で他の非経口投与用製剤と混合してはならない。

ビタミンKアンタゴニストおよび他の抗凝固剤、アセチルサリチル酸および他のサリチル酸塩およびNSAID、チクロピジン、クロピドグレルおよび他の血小板凝集阻害剤、全身性GCSおよびデキストランとのベミパパリンナトリウムの同時投与は、ベミパリンナトリウムの薬理学的作用の増強と関連して同時に行うことは推奨されない。出血のリスクが増加した。 避けられない適切な併用療法の場合、注意深く臨床的および実験室での制御下でベメチパリンナトリウムを使用すべきである。

血清中のカリウム濃度を上昇させる薬剤の同時使用は、医師の厳密な監督下でのみ行う必要がある。

IV投与のためのベニパリンナトリウムおよび他のヘパリン薬物の併用は、抗凝固剤の有効性を低下させる。

投与と投与

SC(皮下)。

静脈血栓塞栓症の中等度のリスクを伴う一般的な外科的介入。 手術の日に、手術前2時間または6時間後に、2500Mの抗拮抗薬-HAを投与する。 翌日には、24時間毎に2500Mの抗因子-Xaを注射する。

静脈血栓塞栓症のリスクが高い整形外科手術。 手術の日に、麻酔薬-Haの3500IUが手術の2時間前または6時間後に投与される。 翌日、3500IUの抗因子-Xaを24時間毎に注射する。 この投薬計画を実行するには、Zibor®3500製剤を使用する必要があります。

予防的治療は、手術後少なくとも7〜10日間、医師の処方で実施され、血栓塞栓性合併症のリスクが低下するまで、または患者が完全に動員されるまで実施されるべきである。

手術のない患者の血栓塞栓症の予防。 ベメイパリンナトリウムの推奨1日量は、血栓塞栓症のリスクの程度に応じて2500または3500 IUです。

予防的治療は、血栓塞栓性合併症のリスク期間中、または患者が完全に動員されるまで、医師の指示どおりに行うべきである。

深部静脈血栓症および一過性の危険因子を有する患者における静脈血栓塞栓症の再発の二次予防。 ベミパリンナトリウムは、深刻な静脈血栓症のための抗凝固療法を肺塞栓症の有無にかかわらず、経口抗凝固療法の代替療法として、または後者が禁忌である場合に、3,500IUの1日用量で投与することができる。 治療期間 - 3ヶ月以内。

血液透析中の体外循環システムにおける血液凝固の防止。 血液透析中の体外循環系における血液凝固の予防は、出血の危険性がない限り、4時間以下の間隔で血液透析を繰り返している患者では、透析セッションの開始時に薬物を動脈床にボーラス注入する。 60kg未満の患者のための単回用量は、体重が60kg以上3500mg以下の患者の場合、2500mgである。

高齢患者のための服用量の補正は必要ない。

肝臓および腎臓機能の障害を有する患者のためのベミパリンナトリウムの服用量の補正についての推奨を与えるデータは入手できない。

適用方法(皮下注射の技術)。 注射器はすぐに使用できる状態であり、滅菌は必要ありません。 薬物は、腹部の前外側領域または腰部(ウエスト)の後側領域の皮下脂肪層に、交互に左右から注入される。 針は、親指と人差し指によって形成された肌の折り目の中に垂直で(垂直に)、斜めではなく完全な深さに導入される。 皮膚の折り目はまっすぐにはならず、注射が完了するまでそれを保持する。 注射はこすらないでください!

過剰摂取

症状:出血性症候群の可能性のある症状。

治療:軽度の出血はめったに治療を必要としません。 有意な(血栓症の危険性) - 硫酸プロタミン(硫酸プロタミンは、静脈内注射後にベミパリンナトリウムの抗因子-Xa活性が1.4mg / 100IUの抗Xa剤の用量で部分的に減少する) 。

特別な指示

ベミパリンナトリウムはIMで投与することはできません。

Zibor®3500の治療期間中に血腫を発症するリスクを避けるために、他の医薬品にはIM投与経路を使用しないでください。

異なる低分子量ヘパリンは常に同等の活性を有するとは限らないので、このクラスの各薬物について、特定の投与計画および投与方法を観察することが必要である。

ベミパリンナトリウムは、他の低分子量ヘパリンと同様に、特に糖尿病、慢性腎不全、以前の代謝性アシドーシス、血漿中のカリウム濃度の上昇、またはカリウムを摂取している患者において、高カリウム血症を引き起こす可能性のあるアルドステロンの副腎分泌を抑制することができる麻薬 高カリウム血症を発症するリスクは、治療期間に比例して増加するが、この高カリウム血症は通常可逆的である。 リスクのある患者では、Zibor®3500で治療を開始する前に、血漿中の電解質を決定し、特に薬物療法の期間が7日を超える場合は、関連するパラメータを定期的に監視する必要があります。

まれなケースでは、ヘパリン療法の開始時に、血小板の一時的な活性化(「副作用」を参照)に関連して軽度の一過性血小板減少症が観察されます(血小板の数は100,000-150000 / mm3です)。 原則として、この状態は合併症を引き起こさず、Zibor®3500で治療を中止する必要はありません。

まれなケースでは、ヘパリン療法では重度のII型血小板減少症が発症し、血小板数は100,000 / mm3を大幅に下回ります(「副作用」参照)。 この反応は、通常、治療の5日目と21日目との間に起こる。 ヘパリン誘発性血小板減少症の患者では、この合併症は早期に発症する可能性があります。

Zibor®3500で治療を開始する前に、治療の初日に血小板を数え、次に定期的に3-4日間隔で、そして薬物療法の終了時に血小板を数えることが推奨されます。 血小板数の有意な減少(30〜50%)、ナトリウムベミパリンまたは他の低分子量ヘパリンの存在下での抗血小板抗体の存在についてのインビトロ研究の陽性または未知の結果と組み合わせて、および/またはヘパリン、Zibor®3500は直ちに中止し、代替治療を行うべきである。

他のヘパリンの任命と同様に、ベミパリンナトリウムの使用により、皮膚の壊死が起こり、時には先の発赤や痛みを伴う紅斑が見られます(「副作用」参照)。 このような場合、Zibor®3500での治療は直ちに中止する必要があります。

稀な症例で硬膜外麻酔または脊髄麻酔または腰椎穿刺と併用してヘパリンを予防的に使用すると、硬膜外または脊髄の血腫が発生し、長期または持続性の麻痺に至ることがあります(「副作用」参照)。 血腫を発症するリスクは、NSAIDs、血小板凝集阻害剤または抗凝固剤(「相互作用」を参照のこと)および外傷性のような血液凝固に影響を及ぼす薬剤の併用による、麻酔のための硬膜外または脊髄カテーテルの使用により増加するまたは繰り返される穿刺。

予防的用量におけるヘパリンの最後の投与と硬膜外または脊髄カテーテルの導入または除去との間の時間間隔を決定する場合、調製物の特徴および患者のプロフィールを考慮する必要がある。 カテーテルを除去した後、次の用量のナトリウムベミパリンは、4時間より早く投与することができず、外科処置の完了後にのみ投与することができる。

硬膜外または脊髄麻酔の状況で抗凝固療法を処方するかどうかを決定する際には、背痛、感受性および運動障害(下肢の麻痺および衰弱など)などの神経障害の兆候および症状を検出するための頻繁な監視)、また腸および膀胱の機能不全。 平均的な医療従事者は、これらの徴候および症状を識別するように訓練されるべきである。 これらの症状が発生した場合、看護師または医師に直ちに通知するように患者に指示する必要があります。

硬膜外血腫または脊髄血腫が疑われる場合は、髄質の減圧を含む治療手段の採用で緊急の診断を行うべきである。

車両と制御機構を駆動する能力に影響する。 この薬物は、車両や制御機構を駆動する能力に影響を与えません。

リリースフォーム

皮下投与のための溶液、2500IU。 0.5mlの公称容量を有するホウケイ酸ガラス(タイプI、Hept。F.)製のHYPAK(登録商標)SCF(登録商標)シリンジ中の0.2mlの薬物について。

平面細胞パッケージ(ブリスター)中の2つのシリンジ。 段ボールの束に入っている1個、5個、15個または50個のブリスターの場合。

メーカー

登録証明書の所有者:ZAO Berlin-Pharma、Russia。

メーカー: "ROVI契約製造管理SL"、スペイン。

セントジュリアンカマリロ、35、28037マドリード、スペイン。

発行管理:スペインの「Laboratorios Pharmaceuticos ROVI SA」。

セントジュリアンカマリロ、35、28037マドリード、スペイン。

ディストリビューター会社:Berlin-Chemie / Menarini Pharma GmbH、ドイツ。

クレームを作成するためのアドレス:123317、モスクワ、BC "堤防の塔"、ブロックB.

薬局の供給条件

処方せん。

薬物Zibor 3500の保存条件

30℃以下の温度で(凍結しないでください)。

子供の手の届かないところに保管してください。

薬物Zibor 3500の貯蔵寿命

2年。

パッケージに記載された有効期限を超えて使用しないでください。

Someone from the Spain - just purchased the goods:
Omaron 60 pills