Best deal of the week
DR. DOPING

指示

Logo DR. DOPING

使用のための指示:Zalasta

私はこれがほしい、私に価格を与える

剤形:錠剤

活性物質:オランザピン*

ATX

オランザピンN05AH03

薬理学的グループ:

神経弛緩薬

nosological分類(ICD-10)は、

F20統合失調症:統合失調症状態; 統合失調症の悪化; 統合失調症; 慢性統合失調症; 認知症プラクセックス; ブリーダー病; 精神病の不一致; 初期の認知症; 統合失調症の発熱型。慢性統合失調症; 統合失調症型の精神病; 急性形態の統合失調症; 急性精神分裂病; 統合失調症における脳機能不全; 統合失調症の急性発作; 統合失調症精神病; 急性統合失調症; 遅い統合失調症; 無症状の統合失調症; 激越する精神分裂病の急性期

F30躁病エピソード:躁うつ病; 躁うつ病; 躁状態。 躁状態; 躁状態; 躁病症候群; 急性躁病

F31両極性情動障害:気分障害双極性; 感情的な双極性精神病; 躁うつ病精神病; 間欠性精神病; 円形精神病; サイクロプレス; 双極性障害; 双極性障害; 双極性精神病; 感情的な狂気;躁うつ病症候群; サイコ躁病 - うつ病; 双極性障害のうつ病エピソード

F31.1双極性情動障害、精神病症状のない躁病の現行エピソード:双極性障害におけるマニア

F31.2双極性情動障害、精神病症状を伴う躁病の現行エピソード:双極性障害の躁病エピソード、 双極性障害におけるマニア

F32うつ病エピソード: アステオ - 力学的に劣勢の状態; asthenoadressive障害; astheno抑うつ障害; 逆発情状態; astheno - 抑うつ状態。 大鬱病性障害; リタデーションを伴うびらん痛症のうつ病; 二重うつ病; うつ病の偽造; うつ病; うつ病性気分障害; うつ病; うつ病性気分障害; うつ状態; うつ病; うつ病性症候群; うつ病性症候群が蔓延する; 精神病における抑うつ症候群; うつ病マスク; うつ病; うつ病の枯渇; 気分循環の枠組みの中で抑制の現象を伴ううつ病; うつ病は笑っている。 退行性うつ病; 革命的な憂鬱。 退行性うつ病;躁うつ病; マスクされたうつ病; メランコリックアタック; 神経性うつ病; 神経性うつ病; 浅いうつ病; 有機うつ病; 有機性うつ症候群; 単純うつ病; シンプルメランコリック症候群;心因性うつ病; 反応性うつ病; 中等度の精神病理学的症状を伴う反応性うつ病; 反応性抑うつ状態; 反応性うつ病; 反復うつ病; 季節性うつ症候群; severostaticうつ病; 老人性うつ病;症状のあるうつ病; Somatogenicうつ病; サイクロトミン性うつ病; 外因性うつ病; 内因性うつ病; 内因性抑うつ状態; 内因性うつ病; 内因性抑うつ症候群

F33再発性うつ病:大うつ病; 二次うつ病; 二重うつ病; うつ病の偽造; うつ病性気分障害; うつ病; うつ病性気分障害; うつ状態; うつ病性症候群; うつ病マスク; うつ病; うつ病は笑っている。 退行性うつ病; 退行性うつ病; マスクされたうつ病; メランコリックアタック; 反応性うつ病; 中等度の精神病理学的症状を伴う反応性うつ病; 反応性抑うつ状態; 外因性うつ病; 内因性うつ病; 内因性抑うつ状態; 内因性うつ病; 内因性抑うつ症候群

組成

タブレット1テーブル。

活性物質:

オランザピン2.5mg; 5mg; 7.5mg; 10mg; 15mg; 20 mg

賦形剤:セロトース(75%アルファ - ラクトース一水和物および25%セルロース粉末からなる噴霧乾燥した化合物) - 56.75(113.5 / 170.25 / 340.5 / 454mg;アルファ化デンプン - 7.5 / 15 / 22.5 / 30/45 / 60mg;トウモロコシデンプン - 2.25 / 4.5 / 6.75 / 9 / 13.5 / 18mg;二酸化ケイ素コロイド状無水物--0.25 /0.575/1/1.5/2mg;ステアリン酸マグネシウム--0.75 / 1.5 / 2.25 / 3 / 4.5 / 6mg

剤形の説明

2.5mgの錠剤:円形、わずかに両凸形、淡黄色。 ダークグレーを許可された汚れ。

錠剤5mg:円形、わずかに両凹形、淡黄色、表記「5」。 ダークグレーを許可された汚れ。

錠剤7.5mg:丸くわずかに両凸、淡黄色の表記「7.5」。 ダークグレーを許可された汚れ。

錠剤10mg:丸みを帯びたわずかに両凸、淡黄色の表記「10」。 ダークグレーを許可された汚れ。

錠剤15mg:丸くわずかに両凸、淡黄色の表記「15」。 ダークグレーを許可された汚れ。

20mgの錠剤:丸みを帯びたわずかに両凸、薄い黄色の銘章「20」。 ダークグレーを許可された汚れ。

薬理学的効果

薬理作用 - 抗精神病薬、神経弛緩薬。

薬力学

オランザピンは、薬理作用の広いスペクトルを有する抗精神病薬(神経弛緩薬)である。 抗精神病効果は、中脳辺縁系および中皮質系のドーパミンD2受容体の遮断に起因する。 鎮静効果 - 脳幹の網状形成のアドレナリン受容体遮断。 鎮吐効果 - 嘔吐センターのトリガーゾーンにおけるドーパミンD2受容体の遮断。 低体温作用 - 視床下部のドーパミン受容体の遮断。 さらに、ムスカリン性、アドレナリン性、H1-ヒスタミンおよびセロトニン受容体のいくつかのサブクラスに影響する。

オランザピンは、精神病の症状(妄想、幻覚)および陰性(敵意、疑い、感情的および社会的自閉症)の症候を有意に減少させる。 まれに錐体外路障害を引き起こす。

薬物動態

オランザピンの吸収は高く、食物摂取に依存しない。 経口投与後のTmax - 5-8時間。

タンパク質への結合 - 7〜1000ng / mlの濃度範囲で93%。 オランザピンは、主に、アルブミンおよびα1-糖タンパク質と結合する。 gistogematicheskieの障壁を通って、浸透します。 GEB。

肝臓で代謝されると、活性代謝物は形成されず、主な循環代謝物 - グルクロニドはGEBに浸透しない。

喫煙、性別および年齢はT1 / 2および血漿クリアランスに影響する。 65歳以上の患者では、T1 / 2は51.8時間であり、血漿クリアランスは17.5 l / hである。 65歳未満の患者では33.8時間、血漿クリアランスは18.2 l / hであった。

血漿クリアランスは、肝不全、女性および非喫煙者の患者において、対応する個体群と比較して低い。 しかし、クリアランスおよびT1 / 2オランザピンに対する年齢、性別または喫煙の影響の程度は、個人間の薬物動態の個々の変動性と比較して無視できる。 主に代謝物の形で腎臓(60%)によって排泄される。

ザラスタの表示

統合失調症(治療);

Zalasta®は、薬物に対する初期の陽性反応を有する患者の長期治療における臨床症状の改善を効果的に支援する。

中程度または重度の躁病のエピソード(治療);

オランザピン治療の有効な効果を有する躁病エピソードの患者の双極性障害における躁病再発の予防。

禁忌

オランザピンまたは薬剤の他の成分に対する感受性の増加;

角膜閉鎖緑内障;

ガラクトース不耐性、ラッパラクターゼの欠損またはグルコース - ガラクトースの吸収障害の稀な遺伝的問題;

泌乳期間;

18歳未満の子供(有効性と安全性が確立されていない)。

腎不全、肝不全、前立腺肥大、麻痺性腸閉塞、てんかん、痙攣症候群、白血球減少症および/または種々の起源の好中球減少症、種々の起源の骨髄抑制、 心臓血管低血圧症に罹患しやすい心血管および脳血管疾患または他の状態、ECG上のQT間隔の先天性の増加(ECG上で補正されたQT間隔の増加)、または心筋梗塞を引き起こす可能性のある状態QT間隔の増加(例えば、QT間隔、うっ血性心不全、低カリウム血症、低マグネシウム血症を延長する薬物の同時投与)、高齢および同時投与の中枢作用薬物; 固定化、妊娠。

妊娠および授乳期における適用

妊娠中に薬物を使用する経験が限られているため、オランザピンは、母親の期待される利益が胎児への潜在的なリスクを正当化する場合にのみ使用するべきである。 オランザピン治療の背景にある発症または予定妊娠について医師に知らせる必要性について、女性に知らせるべきである。 妊娠第3期にオランザピンを服用した母親から生まれた子どもの震え、動脈高血圧、嗜眠および眠気の報告があります。

この研究は、オランザピンが母乳中に排泄されることを見出した。 母親の平衡濃度が平衡に達したときに子供が受けた平均投与量(mg / kg)は、母親のオランザピン投与量(mg / kg)の1.8%であった。 オランザピン治療のバックグラウンドで母乳育児をするのはお勧めしません。

副作用

有害事象の発生率の分類(WHO):非常に頻繁 - 1/10以上。 多くの場合、≧1/100から<1/10; まれに - 1/1000以上1/100以下; まれに - 1/10000から<1/1000まで; ごくまれに - <1/10000、個々のメッセージを含みます。

中枢神経系と末梢神経系の側面から:非常に頻繁に - 眠気。 しばしば - めまい、座礁症、パーキンソニズム、ジスキネジー; まれに - 痙攣性症候群(頻繁に覚醒時の痙攣性症候群の背景にある); 非常にまれに悪性神経弛緩症候群(「特別な指示」のセクションを参照)、ジストニア(眼球運動の危機を含む)および遅発性ジスキネジーが含まれる。 オランザピンを急激に廃止すると、発汗、不眠、振戦、不安、吐き気、嘔吐などの症状はほとんど認められません。

CVSから:しばしば動脈性低血圧(起立性を含む)。 まれに - 衰弱または不在の徐脈; 心臓頻脈/細動および突然死(「特別な指示」セクションを参照)、血栓塞栓症(肺動脈塞栓症および深部静脈血栓症を含む)のQTc間隔の増加(「特別な指示」セクションを参照)、心室頻脈/

胃腸管から:頻繁に - 一過性の抗コリン作用、incl。 便秘および乾燥した口; ごくまれに - 膵炎。

代謝および食事の障害:非常に頻繁に体重増加; しばしば - 食欲が増した。 時には致命的な結果を含むケトアシドーシスまたは昏睡により時折現れる糖尿病の非常にまれに高血糖および/または代償不全; 高トリグリセリド血症、高コレステロール血症、低体温症。

肝胆道障害:肝転移酵素(ALT、ACT)のレベルの一時的、無症状の増加、特に治療開始時(「特別な指示書」を参照)。 まれに肝炎(肝細胞、胆汁うっ滞または混合肝障害を含む)。

造血およびリンパ系の器官の部分で:しばしば好酸球増加症; まれに - 白血球減少症; ごくまれに - 血小板減少症、好中球減少症。

筋骨格系の器官の部分では、まれに - 横紋筋融解症。

尿生殖器系の器官から:ごくまれに - 尿貯留、勃起不全。

皮膚および皮下組織から:まれに - 光増感の反応。

アレルギー反応:まれに皮膚発疹; 非常にまれに - アナフィラキシー様反応、血管浮腫、皮膚のかゆみまたは蕁麻疹です。

その他:しばしば - 無力症、末梢浮腫; ごくまれに - 脱毛症。

検査項目:非常に頻繁に高プロラクチン血症があるが、臨床症状(例えば、女性化乳房、乳房漏出および乳房拡大)はまれである。 ほとんどの患者において、プロラクチンのレベルは、治療の廃止なしに自発的に正常化された。 まれに - クレアチンホスホキナーゼ(CK)のレベルの上昇; 非常にまれに - アルカリホスファターゼおよび総ビリルビンのレベルの増加。

認知症の高齢患者では、死亡および脳血管障害(脳卒中、一過性脳虚血発作)の大きな発生が研究で報告されている。 このカテゴリーの患者では、歩行と倒れの違反が頻繁に発生しました。 頻繁に観察された肺炎、発熱、嗜眠、紅斑、視覚幻覚および尿失禁。

薬物を有する患者(ドーパミンアゴニストのバックグラウンドに対する)の中で、パーキンソン病の背景にある精神病はしばしばパーキンソニズム症状の悪化および幻覚の発症を記録した。

双極性躁病患者のバルプロ酸併用療法に対する好中球減少症(4.1%)の発生に関するデータがあります。 バルプロ酸またはリチウムとの同時治療は、振戦、口渇、食欲および体重増加の頻度(> 10%)を高めるのに役立ちます。 発声の違反はしばしば記録された(1〜10%)。 リチウムとの併用療法の最初の6週間で、体重増加の発生率が増加する。 双極性障害の患者の再発を防ぐためにオランザピン(最大12ヶ月)を用いた長期間の治療には、体重の増加が伴った。

インタラクション

オランザピン代謝に影響を及ぼす可能性のある薬物相互作用:オランザピンは酵素CYP1A2によって代謝されるため、CYP1A2に対する比活性を示すシトクロムP450アイソザイムのインヒビターまたは阻害剤は、オランザピンの薬物動態パラメーターに影響を及ぼす可能性がある。

インダクタCYP1A2:オランザピンのクリアランスは、喫煙患者やカルバマゼピンの同時投与で増加し、血漿中のオランザピンの濃度を低下させる可能性があります。 臨床観察が推奨される。 場合によっては、薬物の投与量を増加させる必要がある。

CYP1A2阻害剤:フルボキサミン(CYP1A2の特異的阻害剤)は、オランザピンのクリアランスを有意に減少させる。 非喫煙者におけるフルボキサミン投与後のオランザピンのCmaxの平均増加は54%、喫煙者では77%であった。 これらのカテゴリーの患者におけるオランザピンAUCの平均増加は、それぞれ5%および108%であった。 フルボキサミンやCYP1A2の他の阻害剤(シプロフロキサシンなど)を服用している患者では、オランザピン療法をより少ない用量で開始する必要があります。 CYP1A2阻害剤を治療に添加する場合、オランザピンの用量の減少が必要となることもある。

オランザピンの生物学的利用能に影響を及ぼす/影響しない薬物相互作用。 活性炭は経口摂取によりオランザピンの吸収を50〜60%低下させるので、オランザピンを服用する前または後に少なくとも2時間服用する必要があります。

フルオキセチン(CYP450阻害剤)は、マグネシウムまたはアルミニウム含有制酸剤またはシメチジンの単回投与は、オランザピンの薬物動態に影響しません。

オランザピンが他の医薬品に影響を及ぼす可能性がある。 オランザピンは、直接および間接のドーパミンアゴニストの効果を減少させる可能性がある。

in vitroの条件下では、オランザピンはCYP450の塩基性アイソザイムを抑制しません(例えば、1A2、2D6,2C9,2C19、ZA4)。 インビボでは、三環系抗うつ薬(CYP2D6)、ワルファリン(CYP2C9)、テオフィリン(CYP1A2)およびジアゼパム(CYP3A4および2C19)の活性物質の代謝の阻害はなかった。

リチウムまたはビペリデンと同時に作用させた場合、相互作用は検出されなかった。 血漿中のバルプロ酸の治療的モニタリングは、オランザピンの同時投与では、バルプロ酸の投与量の変更は不要であることを示した(「副作用」を参照)。

他の中枢作用薬を同時に使用する場合は注意が必要です。 アルコール(45mg / 70kg)の単回投与は薬物動態効果がないという事実にもかかわらず、アルコール摂取とオランザピンとの併用は、中枢神経系に対する抑うつ効果の増加を伴い得る。

投与と投与

1日1回、食物摂取量にかかわらず。 キャンセルの場合は、緩やかな線量削減が推奨されます。

統合失調症:薬の推奨初期用量は10mg /日です。

エピソード・マニア:最初の用量は、併用療法の一環として、1回投与で15mg(単独療法または10mg /日)です。

双極性障害における再発の予防:寛解状態の薬物の推奨初回投与量は10mg /日である。 躁病エピソードの治療のためにZalast®を既に受けている患者の場合、維持療法は同じ用量で投与されます。 新しい躁病、混合またはうつ病のエピソードがZalast®で発症した場合は、必要に応じて、気分障害の追加治療を受けて薬剤の投与量を増やしてください。

統合失調症、躁病エピソードまたは双極性障害の再発の予防の治療における薬物の1日用量は、患者の臨床状態に応じて、5〜20mg /日であり得る。 推奨初期用量を超える用量の増加は、患者の状態の適切な反復臨床評価の後にのみ可能であり、通常は少なくとも24時間の間隔で行われる。

特別な患者グループ

高齢の患者では、初期用量(5mg /日まで)の減少は通常推奨されませんが、65歳以上の患者ではリスクファクターで可能です(「特別な指示」セクションを参照)。

肝臓および/または腎臓疾患を有する患者は、初期用量を5mg /日に減らすことが推奨される。 中程度の肝機能不全(肝硬変患者(肝硬変患者における肝細胞不全のChild-Pugh分類による肝硬変、クラスAまたはB)の場合、初期用量は5mg /日であり、注意深く用量を増やす可能性があります。

女性は男性に比べて投薬量の変更は必要ありません。

禁煙患者では、喫煙患者と比較して用量を調整する必要はありません(「相互作用」を参照)。

患者が薬物(女性、高齢者、非喫煙者)の吸収に影響を及ぼす因子を複数有する場合、初期用量を減らす必要があるかもしれない。 必要に応じて、注意深く用量をさらに増やしてください。

過剰摂取

症状:非常に頻繁に(> 10%) - 頻脈、興奮/攻撃、構音障害、様々な錐体外路症状、抑制から昏睡への意識レベルの低下、 譫妄、痙攣、昏睡、悪性神経弛緩症候群(CNS)、呼吸抑制、吸引、血圧の上昇または低下、心臓不整脈の2%未満; ごくまれに - 心肺機能不全。 致命的結果を伴う急性過量に対するオランザピンの最小用量は450mgであり、1500mgの好ましい結果(生存)で過剰用量についての最大用量が記録されている。

治療:胃洗浄、活性炭の摂取(オランザピンのバイオアベイラビリティを60%低下させる)、動脈の低血圧および血管崩壊の治療、呼吸機能の維持などの重要な機能の制御下での対症療法。 特定の解毒剤はありません。 嘔吐を誘発すること、エピネフリン、ドーパミンまたは他の交感神経作用薬をベータアドレナリン作動性の活性で使用することは推奨されず、後者は動脈性低血圧を悪化させる可能性がある。 起こり得る不整脈を特定するために、心臓血管活動のモニタリングが必要である。 患者は完全に回復するまで、継続的な医療監督下に置くべきである。

特別な指示

糖尿病の高血糖および/または代償不全の発症には非常にまれな報告があり、ケトアシドーシスまたはケト酸性昏睡の発生を伴うこともある。 いくつかの致命的なケースの報告があります。 いくつかのケースでは、体重増加の以前の代償不全があり、それが素因となる可能性がある。 糖尿病およびこの疾患の発症の危険因子を有する患者では、定期的な臨床モニタリングおよび血糖値のモニタリングが推奨される。

脂質のレベルが変化すると、治療の修正が必要となる。

オランザピンが急激に中止された場合、発汗、不眠、震え、不安、吐き気、嘔吐などの症状を呈することは非常にまれです(0.01%未満)。 薬物の回収により、徐々に用量を減らすことが推奨される。

抗コリン作用。 随伴性疾患患者でのオランザピンの臨床経験は限られているため、前立腺肥大、麻痺性腸閉塞患者には注意が必要です。

ドーパミンミメティック治療によるパーキンソン病精神病患者のオランザピン経験 オランザピンは、ドーパミンミメティック治療によって引き起こされるパーキンソン病における精神病の治療には推奨されない。 パーキンソニズムと幻覚の症状が増えます。 しかし、オランザピンは、精神病の治療においてプラセボより優れていなかった。

オランザピンは、死亡率の増加および脳血管障害(脳卒中、一過性虚血性発作)のリスクの増加による痴呆における精神病および/または行動障害の治療に適応されていない。 死亡率の増加は、オランザピンの投与量または治療期間に依存しない。 65歳以上の年齢、嚥下障害、鎮静、栄養失調および脱水症状、肺疾患(例えば、肺炎、吸引を含む)、ベンゾジアゼピンの同時受診などの死亡率の上昇をもたらすリスク要因。 しかし、プラセボと比較してオランザピンの死亡率の増加は、これらの危険因子に依存しなかった。

ザラスタの保管条件

25℃以下の温度で

子供の手の届かないところに保管してください。

ザラスタの賞味期限

5年。

パッケージに記載された有効期限が過ぎた後は使用しないでください。

Someone from the Qatar - just purchased the goods:
Pimafucort ointment 15gr