Best deal of the week
DR. DOPING

指示

Logo DR. DOPING

使用のための指示:Zalasta Q-tab

私はこれがほしい、私に価格を与える

剤形:錠剤

活性物質:オランザピン*

ATX

オランザピンN05AH03

薬理学的グループ:

神経弛緩薬

nosological分類(ICD-10)は、

F20統合失調症:統合失調症状態; 統合失調症の悪化; 統合失調症; 慢性統合失調症; 認知症プラクセックス; ブリーダー病; 精神病の不一致; 初期の認知症; 統合失調症の発熱型。慢性統合失調症; 統合失調症型の精神病; 急性形態の統合失調症; 急性精神分裂病; 統合失調症における脳機能不全; 統合失調症の急性発作; 統合失調症精神病; 急性統合失調症; 遅い統合失調症; 無症状の統合失調症; 興奮を伴う統合失調症の急性期

F30躁病エピソード:躁うつ病; 躁うつ病; 躁状態。 躁状態; 躁状態; 躁病症候群; 急性躁病

F31両極性情動障害:気分障害双極性; 感情的な双極性精神病; 躁うつ病精神病; 間欠性精神病; 円形精神病; サイクロプレス; 双極性障害; 双極性精神病; 感情的な狂気; 躁うつ病症候群; サイコ躁病 - うつ病; 双極性障害のうつ病エピソード

F31.1双極性情動障害、精神病症状のない躁病の現行エピソード:双極性障害におけるマニア

F31.2双極性情動障害、精神病症状を伴う躁病の現行エピソード:双極性障害の躁病エピソード、 双極性障害におけるマニア

F32うつ病エピソード: アステオ - 力学的に劣勢の状態; 逆性不眠症; astheno抑うつ障害; 逆発情状態; astheno - 抑うつ状態。 大鬱病性障害; リタデーションを伴うびらん痛症のうつ病; 二重うつ病; うつ病の偽造; うつ病; うつ病性気分障害; うつ病; うつ病性気分障害; うつ状態; うつ病; うつ病性症候群; うつ病性症候群が蔓延する; 精神病を伴ううつ病性症候群; うつ病マスク; うつ病; うつ病の枯渇; 気分循環の枠組みの中で抑制の現象を伴ううつ病; うつ病は笑っている。 退行性うつ病; 革命的な憂鬱。 退行性うつ病; 躁うつ病;マスクされたうつ病; メランコリックアタック; 神経性うつ病; 神経性うつ病; 浅いうつ病; 有機うつ病; 有機性うつ症候群; 単純うつ病; シンプルメランコリック症候群; 心因性うつ病; 反応性うつ病; 中等度の精神病理学的症状を伴う反応性うつ病; 反応性抑うつ状態; 反応性うつ病; 反復うつ病; 季節性うつ症候群; severostaticうつ病; 老人性うつ病; 老人性うつ病; 症状のあるうつ病; Somatogenicうつ病; サイクロトミン性うつ病; 外因性うつ病; 内因性うつ病; 内因性抑うつ状態; 内因性うつ病; 内因性抑うつ症候群

F33再発性うつ病:大うつ病; 二次うつ病; 二重うつ病; うつ病の偽造; うつ病性気分障害; うつ病; うつ病性気分障害; うつ状態; うつ病性症候群; うつ病マスク; うつ病; うつ病は笑っている。 退行性うつ病; 退行性うつ病; マスクされたうつ病; メランコリックアタック; 反応性うつ病; 中等度の精神病理学的症状を伴う反応性うつ病; 反応性抑うつ状態; 外因性うつ病; 内因性うつ病; 内因性抑うつ状態; 内因性うつ病; 内因性抑うつ症候群

組成

口腔1タブに分散可能な錠剤。

活性物質:

オランザピン5 / 10mg

補助物質:マンニトール; ICC; クロスポビドン; ヒプロメロース低置換LH-21; アスパルテーム; ケイ酸カルシウム; ステアリン酸マグネシウム

剤形の説明

ラウンド、黄色のわずかに両凹形の錠剤。 無意味な個人的な包含物と大理石は許される。

薬理学的効果

薬理作用 - 抗精神病薬、神経弛緩薬。

薬力学

オランザピンは、いくつかの受容体システムに対するその効果のために、広い薬理学的プロファイルを有する抗精神病薬、抗日和および気分安定剤である。

前臨床試験では、5-HT2A / 2C-、5-HT3-、5-HT6-セロトニン、D1-、D2-、D3-、D4- 、D5-ドーパミン、m1-5-ムスカリン性コリン作動性受容体、α1-アドレノおよびH1-ヒスタミン受容体が含まれる。 オランザピンの行動に対する効果を評価する動物研究では、後者は、受容体結合プロフィールと一致して、セロトニン、ドーパミンおよびm-コリン作動性受容体に関して拮抗作用を示した。

インビトロおよびインビボ条件下で、オランザピンは、D2-ドーパミン受容体よりも5-HT2-セロトニンに対してより顕著な親和性および活性を有する。 電気生理学的研究によれば、オランザピンは、中脳辺縁(A10)ドーパミン作動性ニューロンの活性を選択的に低下させると同時に、運動(運動)機能の調節に関与する線条体神経経路(A9)にはほとんど影響を及ぼさない。 オランザピンは、カタレプシー(運動(モーター)望ましくない反応を示す効果)よりも低い用量で、条件反射反射を回避する(抗精神病活性の試験において)。

双極性障害の躁病または混合性エピソードを有する患者におけるオランザピンの3週間の使用は、プラセボおよびバルプロ酸ナトリウムとバルプロ酸との1:1比と比較して躁状態の発現を低減する上でより効果的であった。 オランザピンは、6週目および12週目の躁病およびうつ病に関して症候性寛解を達成した患者の割合に関して、ハロペリドールに匹敵する有効性も示した。 少なくとも2週間、リチウムまたはバルプロ酸と組み合わせて併用療法の一部として10mgの用量でオランザピンを使用すると、6週間の適用後にリチウムまたはバルプロ酸での単独療法よりも躁病の発現が大きく減少した後者。

オランザピンで寛解し、その後オランザピンまたはプラセボに無作為化された躁病エピソードの患者における再発予防の12カ月間の臨床試験において、プラセボに対するオランザピンの優位性は、一次エンドポイント、双極性障害の再発を達成する上で統計的に有意な優位性であった表示されます。 オランザピンは、躁うつ病およびうつ病エピソードの両方の再発予防においてプラセボよりも優れていることも示されている。

オランザピンをリチウムと併用して寛解し、続いてオランザピンまたはリチウム単剤療法に無作為化した躁病エピソードを有する患者の再発予防の別の12ヶ月間の臨床研究では、オランザピンは統計学的にリチウムの有効性が一次エンドポイント、双極性障害の再発(オランザピン群 - 30%、リチウム薬物群--38.23%、p = 0.055)。

躁病または混合エピソードを有する患者において、オロンザピンとの併用療法(リチウムまたはバルプロ酸)との併用療法の18ヶ月間の臨床試験において、リチウムまたはバルプロ酸単独療法よりも長期併用療法の優位性は統計学的に有意ではなかった診断(症候群)基準に従って決定された再発性双極性障害の発症と関連している。

子供の使用

青年期(13-17歳)のオランザピン経験は、精神分裂症(6週間)および1型双極性障害(3週間以内)に関連する躁病の短期有効性の研究で、青少年200人未満に限定されている。オランザピンは、柔軟な投薬レジメン(2.5〜20mg /日)で使用された。 オランザピン治療の背景には、成人と比べて青年の体重増加が顕著であった。 青少年におけるXC、XC-LDL、トリグリセリドおよびプロラクチンの血清濃度の変化(「特定の指導」および「副作用」を参照)は成人よりも顕著であった。 オランザピンの効果の安定性に関する情報はなく、長期間の安全性についての情報は限られています(「特別な注意事項」および「副作用」を参照)。 長期的な安全に関する情報は、主に公開されていない制御された研究に限られている。

薬物動態

口腔内に分散可能な錠剤Zalasta(登録商標)Q-tab(登録商標)製剤は、オランザピン錠剤と生物学的に同等であり、同様の速度および吸収度を有する。 口腔内に分散可能な錠剤Zalasta(登録商標)Q-tab(登録商標)製剤は、Zalast(登録商標)製剤、錠剤と同じ量および同じ頻度で使用される。 口腔内に分散可能な錠剤は、錠剤剤形中のオランザピンの代わりに使用することができる。

吸う。 摂取後、オランザピンはよく吸収され、5-8時間後に血漿中のCmaxに達する。 食物摂取は吸収に影響しません。 導入時にIVと経口的に比較した場合の絶対的バイオアベイラビリティは測定されなかった。

分布。 オランザピンと血漿タンパク質の会合は93%(濃度範囲7〜1000ng / ml)である。 オランザピンは、主にアルブミンおよびα1酸糖タンパク質に結合する。

代謝。 オランザピンは、共役および酸化によって肝臓で代謝される。 主な循環代謝物は、GEBを貫通しない10-N-グルクロニドである。 アイソザイムCYP1A2およびCYP2D6は、N-デスメチルおよび2-ヒドロキシメチル代謝産物の形成に関与している。 動物研究では、両方の代謝産物が、オランザピンよりもインビボで有意に少ない薬理学的活性を示した。この薬物の主な薬理学的活性は、最初の化合物であるオランザピンに起因する。

排泄。 経口投与後、健康なボランティアにおけるオランザピンの平均終末T1 / 2は、年齢および性別に依存する。

選択された患者群における薬物動態

高齢者。 健康な高齢のボランティア(65歳以上)では、より若年の患者と比較して、平均T1 / 2(51.8対33.8時間)が増加し、クリアランスが減少した(17.5対18.2l / h)。 高齢ボランティアにおける薬物動態の変動性は、より若い個体の範囲に対応していた。 65歳以上の統合失調症患者44例において、オランザピンを5-20 mg /日の用量で使用しても有害事象のプロファイルに差はなかった。

床。 男性と比較して女性の平均T1 / 2はわずかに増加し(36.7対32.3時間)、クリアランスはより低い(18.9対27.3l / h)。 しかし、オランザピンの安全性プロファイル(5〜20mg /日の用量)は、女性患者(n = 467)は男性患者(n = 869)に匹敵する。

腎不全。 健康なボランティアと比較して腎不全(C1クレアチニン<10ml /分)の患者では、平均T1 / 2(37.7対32.4時間)またはクリアランス(21.2対25.0l / h)の有意差は認められなかった。 物質収支の研究により、放射性標識されたオランザピンの約57%が主に代謝産物の形で尿中に見出されたことが示された。

喫煙。 軽度の肝機能不全の喫煙者(クラスA Child-Pugh分類)は、禁煙健常者(それぞれ48.8時間および14.1時間)と同様に、平均T1 / 2(39.3時間)およびクリアランス(18時間/時間)

禁煙患者では、喫煙者(男性と女性)と比較して平均T1 / 2が増加し(38.6対30.4時間)、クリアランスは減少した(18.6対27.7リットル/時間)。 オランザピンの血漿クリアランスは、喫煙者に比べて、女性および非喫煙者に比べて、高齢者の方が若年者に比べて低い。 しかし、クリアランスとT1 / 2オランザピンの年齢、性別、喫煙量への依存度は、一般的な個体間変動と比較して小さい。

レース所属。 ヨーロッパ、日本、および中国起源の個体を対象とした研究では、オランザピンの薬物動態の差異は確立されていない。

子供。 (13-17歳の青年)。 青年および成人患者の薬物動態は類似している。 臨床研究によると、青年期におけるオランザピンの平均曝露は、成人よりも約27%高い。 成人と青年の人口の違いには、青少年の平均体重減少と喫煙の減少が含まれます。 これらの要因は、おそらく青年期に見られる平均曝露の増加につながる。

Zalast Q-tabの表示

オランザピンは、以下の疾患および状態の処置のために成人に示される:

統合失調症;

初期治療に応答する統合失調症患者の長期治療の枠組みの中での臨床的改善の維持;

中程度から重度の躁病エピソード。

オランザピンが躁病エピソードを治療するのに有効であった双極性障害(再発予防)患者(Pharmacodynamics参照);

フルオキセチン(単独療法では示されていない)と組み合わせた、成人患者における治療抵抗性うつ病(2つの抗うつ薬の無効使用歴、主要なうつ病エピソード、このエピソードに適切な治療の用量および期間);

双極性障害の構造におけるうつ病エピソード - フルオキセチンとの併用(単剤療法では示されていない)。

禁忌

薬物のいずれかの成分に対する過敏症;

アングルクロージャー緑内障を発症するリスク;

フェニルケトン尿症;

18歳までの子供の年齢。

妊娠および授乳期における適用

妊婦の適切かつ厳密に管理された研究は実施されなかった。 患者は、オランザピン治療中に妊娠の開始または妊娠したいという願望について主治医に通知する必要性について警告を受けるべきである。 しかし、人間の使用経験が限られているため、母親の潜在的利益が胎児への潜在的リスクを超える場合、オランザピンを妊娠中に使用すべきである。

母親がオランザピンを妊娠の第3期に受けた新生児は、錐体外路症状および/または出産後の重症度および期間が異なる可能性のある離脱症状を含む望ましくない反応のリスクがある。 激越、高血圧、低血圧、振戦、眠気、呼吸窮迫症候群および摂食障害が報告されています。 これに関して、新生児は注意深く監視されるべきである。

授乳中の健康な女性の研究では、オランザピンが母乳中に浸透していることが分かった。 平衡状態で小児が受けた平均線量(mg / kg)は、母親のオランザピン用量(mg / kg)の1.8%であった。 オランザピンを服用している患者さんには、授乳をしないようお勧めします。

不妊症。 妊娠への影響に関する情報はありません。

副作用

セキュリティプロファイルの概要

成人。 臨床試験におけるオランザピンの使用による最も有望な(患者の1%以上に見られる)副作用は、眠気、体重増加、好酸球増加、プロラクチン濃度の上昇、血漿中のXc、グルコースおよびトリグリセリド(「特別な指示書」参照)であった起立性低血圧、抗コリン作動性作用、一時的無症候性肝臓活動(「特別な使用説明書」を参照)、皮膚発疹、無力症、疲労、疲労感、疲労感、疲労感、発熱、関節痛、血漿中のAPの活性増加、血漿中のGGTの活性増加、高尿酸血症、血漿中のCKの活性増加、および浮腫が挙げられる。

臨床試験および自発的報告に記載されている望ましくない反応および実験データを以下に列挙する。 各カテゴリーにおいて、望ましくない反応は重症度が減少する順である。 次の分類が使用されます:非常に頻繁に(≧1/10)。 しばしば(≧1/100〜<1/10); まれに(≧1/1000〜<1/100); まれに(≧1/10000〜<1/1000); 非常にまれに(<1/10000); 不明(利用可能なデータに基づいて決定することはできません)。

血液およびリンパ系の部分では、しばしば - 好酸球増加症、白血球減少症10、好中球減少症10; まれに - 血小板減少症11。

免疫系から:まれに - 過敏症11。

代謝と栄養の面から:非常に頻繁に - 体重増加1。 しばしば、Xc2.3の血清濃度の増加、グルコース濃度の増加4、血清トリグリセリド濃度の増加2.5、グルココルディア症、食欲の増加、 頻繁に、いくつかの致命的な症例を含む、ケトアシドーシスまたは昏睡を伴うことがある真性糖尿病の発症または悪化11(「特別な指示」を参照)。 まれに - 低体温12。

神経系から:非常に頻繁に - 眠気。 頻繁に - めまい、akathisia6、パーキンソニズム6、ジスキネジー6; まれに - 発作、発作11、ジストニア(眼精疲労を含む)11、遅発性ジスキネジー11、健忘症9、構音障害の危険因子の存在下での発作のある患者の痙攣; まれに悪性神経弛緩症候群(CNS)(「特別な指示」参照)12、禁断症状7,12。

心臓から:まれな徐脈、QTc間隔の延長(「特別な指示」を参照)。 まれに - 心室頻脈/心室細動、突然死(「特別な指示」を参照)11。

血管の側面から:非常に頻繁に - 起立性低血圧10; まれに - 血栓塞栓症(肺塞栓症および深部静脈血栓症を含む)(「特別な指示」を参照)。

呼吸器系から、胸部および縦隔:まれに - 鼻血。

消化器系では、しばしば、口腔粘膜の便秘や乾燥を含む軽度の一過性の抗コリン作用があります。 まれに - 鼓脹する; まれに - 膵炎。

肝臓や胆管の部分では、しばしば肝臓アミノトランスフェラーゼ(ALT、AST)の血清活性の一時的な無症状の増加、特に早期治療期間(「特別な指示書」を参照)。 まれに肝炎(肝細胞、胆汁うっ滞および混合肝障害を含む)11。

皮膚および皮下組織から:しばしば皮膚発疹; まれに - 光感受性反応; 脱毛症; 不明 - 好酸球増多および全身症状を伴う薬物誘発皮膚反応(ドレス症候群)。

筋骨格系と結合組織から:しばしば関節痛があります。 まれな横紋筋融解症。

腎臓と尿路の側から:まれに - 失禁、尿滞留、排尿の遅延11。

妊娠、産後および周産期の状態:未知 - 新生児の禁断症状(「妊娠および授乳期における適用」参照)。

性器と乳房から:しばしば - 勃起障害、男性と女性の性欲減退、 まれに - 無月経、乳房増強、女性の乳汁漏出、女性化乳房/男性の乳房増強; まれに - 祝福。

注射部位の一般的な障害および障害:しばしば無力症、疲労、浮腫、発熱。

実験室および機器データ:非常に頻繁に - 血漿中のプロラクチン濃度の増加8。 しばしば、APF10の血清活性の増加、KFK11の血清活性の増加、血清GGT10活性の上昇、高尿酸血症10。 まれに、総ビリルビンの血清濃度の上昇。

長期療法(少なくとも48週間)

体重、グルコース濃度、総XPS / LDL / HDL、またはトリグリセリドの望ましくない臨床的に有意な変化を有する患者の割合は、時間とともに増加した。 9-12ヶ月の治療コースを受けた成人では、6ヶ月後に血中の平均グルコース濃度の増加率が減少した。

特別な患者グループに関する追加情報

認知症の高齢患者の臨床試験では、オランザピン療法とプラセボとの比較で、致死的アウトカムや脳血管の望ましくない反応の発生率が増加しました(「特定のガイダンス」も参照)。 この群の患者におけるオランザピンの使用によって引き起こされる非常に頻繁な望ましくない反応は、歩行および転倒障害であった。 頻繁に観察された肺炎、発熱、嗜眠、紅斑、視覚幻覚および尿失禁。

(ドーパミン受容体アゴニスト)パーキンソン病による精神病患者の臨床研究では、頻繁に(プラセボよりも頻繁に)、パーキンソン症候群および幻覚の悪化が報告されている。

双極性躁病患者の臨床試験の1つでは、バルプロ酸とオランザピンとの併用療法で4.1%の症例が好中球減少症に至った。 好中球減少の可能性のある原因は、バルプロ酸の高い血漿濃度である。 オランザピンをリチウムまたはバルプロ酸と併用すると、振戦の発生頻度(10%以上)が増加し、口腔粘膜の乾燥、食欲および体重増加が増加した。 さらに、発語障害がしばしば報告されました。 オランザピンとリチウムまたはバルプロ酸ナトリウムとバルプロエートの併用療法を1:1の比率で併用した場合、短期間の治療では患者の17.4%がベースライン体重の7%以上の体重増加が観察された(6週間まで)。 双極性障害患者の再発を予防するためにオランザピン(最大12ヶ月)を長期間投与した結果、39.9%の患者でベースラインの7%以上が増加した。

子供。 オランザピンは、18歳未満の小児および青年の治療には適応されていない。

青年と成人患者を比較する臨床研究は行われなかったにもかかわらず、成人患者の研究結果と青年研究で得られたデータを比較した。

成人患者または望ましくない反応と比較して、より頻度が高く、短期間の臨床試験に関して青年のみに明らかにされた、以下の望ましくない反応(13-17歳)が以下に要約される。臨床的に有意な体重増加(≧7%)は、成人患者(比較可能な曝露あり)よりも青年でより頻繁に発生する可能性が高い。 臨床的に有意な体重増加を伴う体重増加量および青年の割合は、長期療法(少なくとも24週)では短期療法よりも高い。

各カテゴリーにおいて、望ましくない反応は重症度が減少する順である。 次の分類が使用されます:非常に頻繁に(≧1/10)。 しばしば(≧1/100〜<1/10)。

代謝および栄養の側面から:非常に頻繁に - 体重の増加、13血清トリグリセリド濃度の増加、14食欲の増加; しばしば - 血清濃度Xc15の上昇。

神経系の側から:頻繁に鎮静(過眠症、嗜眠、眠気を含む)。

胃腸管から:頻繁に - 口腔粘膜の乾燥。

肝臓や胆管から:非常に頻繁に肝臓アミノトランスフェラーゼの血清活性が上昇する(ALT、AST、「特別な指示書」参照)。

実験室および機器データ:総ビリルビンの血清濃度の低下、血清GGT活性の上昇、プロラクチン16の血漿濃度の増加が非常に頻繁に起こる。

1臨床的に有意な体重増加がすべての患者群で観察された(ベースラインBMIに関係なく)。 短期間の治療(中央値47日)後に、ベースラインの7%以上の体重増加が頻繁に見られ(22.2%)、頻繁に15%以上(4.2%)、まれに25%以上(0.8% )。 長期治療(少なくとも48週間)を受けた患者では、7以上、15以上、25%以上の増加が頻繁にみられた(それぞれ64.4,31.7,12.3%)。

絶食脂質(総コレステロール、LDL、トリグリセリド)の血清脂質濃度の平均増加は、脂質代謝の初期兆候のない患者でより顕著であった。

3通常の絶食値(<5.17mmol / l)から上昇(≧6.2mmol / l)までの総XCの血清濃度の上昇がしばしば観察された。 空腹時XCの濃度の境界線指数(≧5.17 - <6.2mmol / l)から上昇(≧6.2mmol / l)への変化は非常に頻繁であった。

空腹時血糖値は通常、正常値(<5.56mmol / l)から上昇(≧7mmol / l)に上昇しました。 空腹時グルコースの境界線(≧5.56〜<7mmol / l)から上昇(≧7mmol / l)への変化は非常に頻繁であった。

5血清中のトリグリセリド濃度の正常値(<1.69mmol / l)から上&

Someone from the United Arab Emirates - just purchased the goods:
Honluten 20 capsules