Best deal of the week
DR. DOPING

指示

Logo DR. DOPING

使用のための指示:トロピカミダム

私はこれがほしい、私に価格を与える

活性物質:トロピカミド

ATXコード

S01FA06トロピカミド

薬理学グループ

M Cholinolytics

眼科用薬剤

病因分類(ICD-10)は、

H30脈絡叢炎症

網膜炎、脈絡網膜炎、中枢性および末梢性脈絡膜ジストロフィー

H31脈絡膜の他の病気

H599 *診断/眼疾患の診断

眼底検査、虹彩検査、虹彩検査、虹彩検査、眼科診断、眼球注入のタイプの差別診断、眼底検査、眼底検査、眼球後部の制御、散瞳、網膜検査術後の網膜検査、明示的な屈折の定義、屈折の決定、スキーマスクによる屈折の判定、眼科診断、眼底検査、瞳孔拡張、散瞳の作成、網膜血管のフルオレセイン血管造影、網膜電図

Z100 *クラスXXII外科手術

腹腔鏡手術、腹腔鏡手術、切断術、冠動脈形成術、頸動脈の血管形成術、創傷のための消毒皮膚治療、防腐剤ハンド、虫垂切除術、アテローム切除術、バルーン冠動脈形成術、膣子宮摘出術、冠動脈バイパス、膣および子宮頸管内介入、膀胱、口腔内の介入、回復および再建手術、医療従事者の手指衛生、婦人科手術、婦人科介入、婦人科手術、手術中の血液循環ショック、膿創の消毒、傷口の消毒、診断介入、診断手順、人工心臓弁、膀胱摘除術、短期外来手術、短期手術、短期手術、クリコテレトミヤ、手術中の失血、手術中の出血、術後の出血腹腔鏡検査、婦人科の腹腔鏡検査、CSF瘻、小さな婦人科手術、小さな外科的処置、乳房切除術およびその後のプラスチック、縦隔切開術、耳の顕微手術、Mukogingivalnye手術、縫合、マイナー手術後の回復期間、手術後の回復期、経皮経管冠動脈形成術、胸腔穿刺、術後肺炎、外傷後肺炎、外科手術の準備、外科手術の準備、眼科手術の眼球の固定、睾丸切除術、膵切除術、Perikardektomiya、手術後のリハビリ期間、術後の出血、術後の肉芽腫、術後のショック、早期術後、心筋血行再建術、術後の術後経過、術後の術後の術後の嘔吐、胃切除術、腸切除術、子宮切除術、肝切除術、浸潤切除術、腹腔切除術、手術術後の組織切除、縫合除去、手術後の状態、手術後の状態術後の状態、胃切除後の状態、小腸切除後の状態、扁桃切除後の状態、十二指腸切除後の状態、瀉血後の状態、血管手術、脾臓摘出術、手術器具の滅菌、手術器具の滅菌、胸骨切開、歯科手術、歯周組織への歯科介入、椎間板切除術、胸腺手術、全胃切除、経皮的血管内冠動脈形成術、経尿道切除、Turbinektomiya、歯の除去、白内障手術、嚢胞の除去、扁桃切除、外科手術、肛門部の手術、外科手術、外科手術、外科手術、外科手術、外科手術、外科手術、外科手術、外科手術、外科手術、外科手術、外科手術、外科手術泌尿器科の手術手技、泌尿器系の手術手技、泌尿生殖器系の手術介入、心臓の外科的処置、外科的操作、外科処置、外科処置、外科処置、経皮経管冠動脈形成術、経皮的冠動脈形成術、冠動脈バイパス、歯の摘出術、乳歯の摘出術、切開術、切開術、術後術、歯の抽出、歯の抽出、白内障の抽出、電気凝固、内視鏡的介入、切開切開、エトモイドトミヤ、歯の抽出後の合併症

Z96.8他の指定された機能的インプラントの存在

構造と組成

点眼液1 ml

トロピカミド5mg / 10mg

補助物質:塩化ナトリウム - 7mg; エチレンジアミン四酢酸二ナトリウム塩0.5mg; 塩化ベンザルコニウム50%〜0.2mg; 酸性塩酸10% - 約5のpHまで; 注射用水 - 1 mlまで

5mlのポリエチレンボトルに; ボックス1または2のボトル。

薬理学的効果

薬理学的作用 - ホリノリチェシコエ(mydriatic)。

m-holinoretseptoryをブロックし、散瞳と宿便の麻痺を引き起こす。 アトロピンと比較して、薬物の内的効果およびそれらに起因する調節の麻痺ははるかに短い。 眼内圧に与える影響は少ないが、閉塞隅角緑内障患者では薬物投与中の増加が考慮されるべきである。

薬力学

散瞳は点眼後5〜10分に発症し、最大15〜20分に達する。 瞳孔の拡張は、1時間(0.5%溶液を使用する場合)および2時間(1%溶液を使用する場合)維持される。 1%溶液の2倍点滴後の調節の最大麻痺は、平均して25分後に起こり、30分間持続する。 宿泊施設の麻痺の完全な抑制は3時間以内に起こる。

全身の血流に吸収され、全身の副作用(幼児、幼児、高齢者で最も頻繁に観察される)の発症をもたらす。

適応症

眼底とレンズの調査、屈折の定義。 外科手術(白内障の抽出、網膜および硝子体の手術、網膜のレーザー凝固)。 眼の炎症性疾患、術後の合併症の予防(複雑な治療の一環として)。

禁忌

過敏症、緑内障(閉塞および混合原発)。

妊娠と 泌乳

おそらく、治療の期待される効果が胎児への潜在的なリスクを上回る場合。

副作用

局所反応:調節の中断、視力低下、眼球運動の増加、閉塞性緑内障の急性発作の発症、アレルギー反応。

全身反応:不安、激越、口渇、排尿障害、温熱、頻脈。

インタラクション

抗ヒスタミン薬、三環系および四環系抗うつ薬、プロカインアミド、キニジン、MAO阻害剤の抗コリン作用を強化します。

交感神経刺激薬の同時使用により、トロピカミドによって引き起こされる調節の麻痺が増強され、副交感神経作用が弱まる。

硝酸塩、亜硝酸塩、ジソピラミド、ハロペリドールとの同時使用は、眼の前房の狭い角度の患者の眼内圧の上昇を増加させる。

投与と投与

数回(薬物の吸収を減少させるため)涙嚢の領域を軽く押す。

瞳孔の診断拡張のために:0.5%溶液の1滴または2滴(5分以内)1滴、10分後に検眼鏡検査を行う。 効果が不十分である場合、フェニレフリンとの同時使用が可能である。

屈折を測定するために、6〜12分の間隔で6回注入した。 この調査は、宿泊施設の麻痺が発症してから25〜50分後に行われます。

子供のために、incl。 胸郭、 - 0.5%溶液の形態でのみ。 早産児は、1:1の等張性塩化ナトリウム溶液(排尿、排便、頻脈などの全身作用の発症を防ぐため)の割合で溶液を希釈する必要があります。

治療目的のために、投与量は医師によって個別に決定される。

過剰摂取

症状:摂取したとき - 乾燥した皮膚および粘膜、頻脈、拡張した瞳孔、激越、痙攣; 高用量で - 昏睡、呼吸麻痺。

治療:胃洗浄、活性炭の任命、1-2mgフィゾスチグミンの静脈内注射(1時間後 - 繰り返し); 痙攣 - ジアゼパム10〜20mgの静脈内注射; 温熱療法が現れるときは、物理的な冷却方法の使用。

予防措置

使用前に、コンタクトレンズを外してください。 点眼30分後に使用できます。 夜間および夜間に車両の運転手の作業中に使用しないでください(視力を低下させる可能性があります)。

貯蔵条件

15〜25℃の暗所で

子供の手の届かないところに保管してください。

賞味期限

3年。

パッケージに記載されている有効期限が過ぎてから使用しないでください。

Someone from the Belgium - just purchased the goods:
Cromohexal eye drops 2% 10ml