Best deal of the week
DR. DOPING

指示

Logo DR. DOPING

使用のための指示:ヨウ化スクアメトニウム(Suxamethonii iodidum)

私はこれがほしい、私に価格を与える

化学名

2,2 ' - [(1,4-ジオキソ-1,4-ブタンジオール)ビス(オキシ)]ビス[N、N、N-トリメチルエタンアミンアイオダイド

薬理学グループ

n Cholinolytics(筋弛緩薬)

病因分類(ICD-10)は、

A35その他の破傷風

局所破傷風、破傷風、破傷風における筋痙攣、クロストリジウム症傷、疎水性嫌気(疎水性)

R56.8その他および不特定の痙攣

ベスタ症候群、下肢の筋肉の夜の痙攣

T14.2不特定の身体領域における骨折

骨折の内部固定、骨折後の急性期、骨折の介入後の浮腫、骨折、骨折の骨折、外傷性骨傷害、外傷性骨傷害、骨関節症の傷害、骨組織の損傷

T14.3身体の不特定領域の関節の莢膜靱帯装置への脱臼、捻挫および損傷

筋肉の痛みを伴うストレッチ、緊張時の疼痛および炎症、脱臼、靱帯系の変性、捻挫および挫傷による浮腫、捻挫の介入後の浮腫、靭帯の損傷および破裂、筋骨格系の損傷、靭帯の損傷、関節の損傷、靭帯破裂、テンドン腱、筋肉の腱の破裂、ストレッチ、クリック、筋肉の伸展、捻挫、腱の緊張、伸展、筋肉の伸展、捻挫、腱の緊張、骨関節系の傷害、靱帯への損傷関節への傷害、関節の傷、靱帯装置の伸展、習慣的な伸展および引き裂き

T65.1ストリキニーネおよびその塩の毒性

ストリキニーネ中毒

Z100 *クラスXXII外科手術

腹腔鏡手術、腹腔鏡手術、切断術、冠動脈形成術、頸動脈の血管形成術、創傷のための消毒皮膚治療、防腐剤ハンド、虫垂切除、アテローム切除術、バルーン冠動脈形成術、膣子宮摘出術、冠動脈バイパス、膣および子宮頸管内介入、膀胱、口腔内の介入、回復および再建手術、医療従事者の手指衛生、婦人科手術、婦人科介入、婦人科手術、手術中の血液循環ショック、膿創の消毒、傷口の消毒、診断介入、診断手順、人工心臓弁、膀胱摘除術、短期外来手術、短期手術、短期手術、クリコテレトミヤ、手術中の失血、手術中の出血、術後の出血腹腔鏡検査、婦人科の腹腔鏡検査、CSF瘻、小さな婦人科手術、小さな外科手術、乳房切除術およびその後のプラスチック、縦隔切開術、耳の顕微手術、Mukogingivalnye手術、縫合、マイナー手術後の回復期間、手術後の回復期、経皮経管冠動脈形成術、胸腔穿刺、術後肺炎、外傷後肺炎、外科手術の準備、外科手術の準備、眼科手術の眼球の固定、睾丸切除術、膵切除術、Perikardektomiya、手術後のリハビリ期間、術後の出血、術後の肉芽腫、術後のショック、早期術後、心筋血行再建術、術後の術後経過、術後の術後の術後の嘔吐、胃切除術、腸切除術、子宮切除術、肝切除術、浸潤切除術、腹腔切除術、手術術後組織切除、縫合除去、眼科手術後の状態、手術後の状態、状態術後の状態、胃切除後の状態、小腸切除後の状態、扁桃切除後の状態、十二指腸切除後の状態、瀉血後の状態、血管手術、脾臓摘出術、手術器具の滅菌、手術器具の滅菌、胸骨切開、歯科手術、歯周組織への歯科介入、椎間板切除術、胸腺手術、全胃切除、経皮的血管内冠動脈形成術、経尿道切除、Turbinektomiya、歯の除去、白内障手術、嚢胞の除去、扁桃切除、外科手術、肛門部の手術、外科手術、外科手術、外科手術、外科手術、外科手術、外科手術、外科手術、外科手術、外科手術、外科手術、外科手術、外科手術泌尿器科の手術手技、泌尿器系の手術手技、泌尿生殖器系の手術介入、心臓の外科的処置、外科的操作、外科処置、外科処置、外科処置、経皮経管冠動脈形成術、経皮的冠動脈形成術、冠動脈バイパス、歯の摘出、乳歯の摘出、切開術、胸腔鏡下手術、術後術、歯の抽出、歯の抽出、白内障の抽出、電気凝固、内視鏡的介入、切開切開、エトモイドトミヤ、歯の抽出後の合併症

Z40予防外科的介入

吸入麻酔、気管内挿管、気管挿管、眼科における表面麻酔

コードCAS 541-19-5

特性

末梢作用の筋弛緩薬(脱分極)。 化学構造は、アセチルコリン(ジアセチルコリン)の2倍の分子である。

白色または白色のわずかに黄色がかった色合いの微粉末で、無臭である。 95%アルコールとクロロホルムにはほとんど溶けません。 融点は250〜255℃である.1%溶液のpHは4.5〜6.2である。

薬理学

薬理作用 - miorelaksiruyuschee。

減極する短時間作用型筋弛緩剤。 神経筋刺激の遂行に違反し、骨格筋の弛緩を引き起こす。 n-holinoretseptoryについてアセチルコリンと競合すると、コリン作動性受容体に対する高い親和性およびアセチルコリンエステラーゼに対する耐性のために、末端プレートの持続的脱分極を引き起こす。 最初に、脱分極の発達は、神経筋伝達の短期的な軽減により束縛(筋原繊維の一般化された無秩序な収縮)によって現れ、その後脱分極膜は追加のインパルスに反応しなくなり、筋弛緩効果が生じる(痙性麻痺が生じる)。 静脈内導入後、筋弛緩は以下の順序で発生する:指、眼、脚、首、背中の筋肉; その後、肋間の筋肉と横隔膜。 全身麻酔が弱い状態で脳血流や頭蓋内圧が上昇します。 / m導入後、静脈内導入後2〜4分で効果が現れ、54〜60秒後に最大効果は2〜3分で発現し、3分間完全に持続する。 行動の持続時間5-10分。

効果の重症度は、0.1 mg / kg - 呼吸器系に有意な影響を与えない骨格筋の弛緩、0.2-1 mg / kg - 腹壁および呼吸筋の筋肉の完全な弛緩自発呼吸の制限または完全停止)。 迅速かつ短期間の効果があります。 累積しません。 長期の筋弛緩のためには、反復投与が必要である。 この効果の急速な開始とその後の神経筋伝導の迅速な回復により、制御された制御された筋弛緩の創出が可能になる。

静脈内投与後、血漿および細胞外液中に分布する。 90%以上が偽コリンエステラーゼによってコハク酸とコリンに加水分解される。 通常のレベルの偽コリンエステラーゼではT1 / 2〜90秒である。 それは腎臓によって排泄される。 無傷のGEBには浸透しません。

適応症

気分緩和が必要な介入(通常は短期間):自発呼吸(気管内挿管、気管支鏡検査)を無効にする。 完全な緩和(内視鏡検査、脳波検査、転位の補正、骨折の骨断片の再配置、婦人科、胸部、腹部手術)。 電気パルス治療、ストリキニン中毒、破傷風(対症療法)における発作の予防。

禁忌

先天性および筋原性筋緊張症、デュシェンヌ型筋ジストロフィー、角膜閉鎖緑内障、急性肝不全、肺水腫、穿刺性眼外傷、気管支喘息、高カリウム血症、1歳未満の年齢である。

使用上の制限

急性腎不全、貧血、悪液質、長期絶食、慢性感染、広範囲の火傷、外傷、産後期間、破傷風、結核、悪性新生物、慢性腎不全、粘液浮腫を有する患者の緊急手術、コラーゲン病、血漿輸血後の状態、血漿交換、人工循環、殺虫剤による急性または慢性中毒 - コリンエステラーゼ阻害剤(摂取する場合)または抗コリンエステラーゼ薬(ネオスチグミン、フィゾスチグミン、ジスチグミン、ホスホリン)、suxamethoniumと競合する薬物の同時投与コリンエステラーゼ(例えば、in / at)中のプロカイン。 1歳以上の子供は、予定外の手術にはお勧めできません。

妊娠と泌乳

妊娠時に注意して(胎盤障壁を通過する)。

副作用

心血管系から:血圧低下、不整脈、徐脈(小児ではより頻繁に、反復投与では小児および成人で)、伝導障害、心原性ショック。

アレルギー反応:アナフィラキシーショック、気管支痙攣。

その他:高カリウム血症、眼圧上昇、唾液腺分泌の変化、発熱、筋肉痛(投与後10-12時間)、呼吸筋の長期の麻痺(遺伝的に決定された血清コリンエステラーゼの違反に関連する) ミオグロビン血症およびミオグロビン尿症の発症を伴うまれな横行筋融解症。

インタラクション

強心配糖体の効果を高めます。 抗イレステン薬の有効性を低下させる。 ドナー血液(薬物の加水分解)、血液保存剤、ホエイ防腐剤、血液製剤、バルビツール酸塩溶液(沈殿物が形成される)およびアルカリ性溶液とは不適合である。 0.9%塩化ナトリウム溶液、リンガー溶液、フルクトース5%溶液、およびデキストラン溶液6%に適合する。

プロコイン、プロカイン、リドカイン、ベラパミル、コルチコステロイド、プロスタグランジン、プロペナジン、エストロゲン、オキシトシン、高用量グルココルチコステロイド、経口避妊薬)の活性を低下させる可能性のある抗コリンエステラーゼ薬および薬物の筋弛緩効果を強化し、アンホテリシンB、クリンダマイシン、シクロプロパン、プロパニジド、有機ホスフェート殺虫剤、マグネシウムおよびリチウム塩、キニジン、キニーネ、クロロキン、臭化パンクロニウムなどが挙げられる。 他の筋肉弛緩剤、麻薬性鎮痛剤との適合性。全身麻酔のためのハロゲン含有薬剤は増強され、チオペンタールナトリウムおよびアトロピンは、心臓血管系に対する望ましくない影響を低減する。

過剰摂取

症状:長期の呼吸抑制、呼吸停止。

治療:IVL; 新鮮な血液の輸血(コリンエステラーゼ血漿の高活性)におけるコリンエステラーゼ含量の減少、電解質障害の矯正。

投与経路

In / in。

予防措置

心血管系の疾患、呼吸器系疾患、神経筋疾患、眼圧上昇には注意が必要です。

重症筋無力症の患者に使用可能。 重症筋無力症患者(n-holinoretseptorovの機能低下の患者)は薬物の作用に対して比較的耐性があるが、二重ブロックの発達により神経筋伝導の回復が遅くなることを覚えておくべきである。

ネオスチグミンメチルサルフェート(Proserin)または他の抗コリンエステラーゼ薬は、ヨウ化サクセメトニウムのアンタゴニストではなく、逆に、コリンエステラーゼ活性を抑制することによって作用を延長させ、強化する。 3~4mgのd-ツボクラリンまたは10~15mgのジプラチンジクロライドの予備(1分あたり)投与は、ほぼ完全に束縛およびその後の筋肉痛を防止する。

長期間の手術のためには、通常、使用される非分極筋弛緩剤が使用され、これは、ヨウ化サクセモニウムのバックグラウンドに対する気管の前挿管の後に投与される。 特殊な部門の条件でのみ適用され、換気のための機器とこの技術を所有する人員が利用可能です。

大量投与または反復投与の場合、最終投与後に筋弛緩が25〜30分を超え、呼吸が完全に回復しない場合、IVネオスチグミン硫酸メチル(Proserin)またはガランタミンアトロピンの投与(0,5-0.7mlの0.1%溶液)。

Someone from the Spain - just purchased the goods:
Peptide complex 2 10ml for the central and peripheral nervous systems