Best deal of the week
DR. DOPING

指示

Logo DR. DOPING

使用のための指示:Seduxen

私はこれがほしい、私に価格を与える

有効成分ジアゼパム*

ATX

N05BA01ジアゼパム

薬理学的グループ:

不安緩解薬

nosological分類(ICD-10)は、

F09不特定の有機または症候性精神障害:有機中枢神経系障害; オーガニック心理学; 内因性精神病; 精神有機症候群; 精神有機性老人症候群; 老年期の精神有機症候群; 中枢神経系の有機性疾患における精神病性障害; 精神有機症候群。 血管精神病; 古くからの偽髄癒着症。 外因性 - 有機性精神病; 内因性精神病; Pseudomelanchia senile

F10.4せん妄による禁酒状態:アルコール性せん妄; 白熱アルコール性; せん妄; アルコール依存症と麻薬中毒の精神状態

F10.5アルコール性アルコール:アルコール性幻覚; 慢性アルコール中毒症における精神有機症候群; アルコール性精神病; 白熱アルコール性; せん妄; アルコール依存症を伴うせん妄; 急性アルコール性精神病; アルコール中毒や薬物中毒の精神状態。 自律神経障害を伴う急性アルコール性精神病

F41.9不特定不安障害 :不安症候群を伴う神経障害; 重度の不安; 神経症様の症状; 神経様疾患; 神経様の状態; 不安症状を伴う神経症; 神経症は不安感を伴う。 急性状況およびストレス不安; 不安の急性発作; 突然の不安。 状況不安障害; 不安の状態。 心配な要素。 アラーム状態。 不安; 不安障害; 不安症候群; 不安感。 アラーム状態。 慢性神経性不安;Susto; 不安と不安の優位性を伴う精神障害; 神経性及び神経症様の状態における不安障害; 不安な神経症; 不安と妄想状態。 急性状況ストレス警報; 不安の要素を伴ううつ状態

F48その他の神経障害:神経症; 神経学的疾患; 神経障害; 神経性疾患; 精神神経症; 不安神経症の状態; 慢性神経障害; 感情反応障害

F51.0無機病因の不眠症:状況不眠症; 状況睡眠障害

F95ティキ:ティックチャイルド; 子供のチーク; 子供の神経ティック; 神経質なダニ; ティック

G24.8.0 * Hypertonus muscular:増加した筋肉の緊張; 増加した筋肉の調子; 中枢神経系の有機性疾患による線条筋痙攣; 筋肉の痙攣; 脊椎の病気における痛みを伴う筋肉痙攣;増加した骨格筋緊張

G47.0睡眠障害および睡眠障害[不眠症]:不眠症; 不眠症、特に眠りの難しさ。 脱同期化; 長期の睡眠障害; 眠りの難しさ; 眠りの難しさ; ; 不眠症; 短期および一時的な睡眠障害;短期および慢性睡眠障害; 短いまたは浅い睡眠; 眠りの外乱; 睡眠障害、特に眠っている段階での睡眠障害; 睡眠障害; 睡眠障害; 神経性睡眠障害; 浅い浅い睡眠。 浅い睡眠。 不十分な睡眠の質; 夜の覚醒; 睡眠の病理; ポストモダン違反。 一時的な不眠症; 眠りの問題。 初期覚醒; 早朝の目覚め。 睡眠障害; 持続性不眠症; 眠りがつかない。 眠りの難しさ; 子供の中で寝るのが難しい。 眠りの難しさ; 持続性不眠症; 睡眠の悪化; 慢性不眠症; 頻繁な夜間および/または早朝の覚醒; 頻繁な夜間の覚醒と浅い睡眠の感情; 夜の目覚まし

G80.0痙性脳性麻痺:リトル病; 痙攣パラス; リトル病

M62.4筋肉の拘縮:痙攣を伴う神経性拘縮; 筋肉拘縮

O15子癇

O20.0妊娠中絶:妊娠中絶を脅かす。 流産は中断する。 中絶の危険性がある痙攣状態; 妊娠の最初の3ヵ月間に流産を脅かす。 中絶の脅威; 中絶を脅かす。 自発的な流産の脅威。脅迫的な自発的な流産

O60早産:早期予後 ; 早産。 早産; 病院前段階における早産; 帝王切開前の子宮の固定; 子宮の固定; 急性のトコリシス; 早産を脅かす。 早すぎる水の排出; 早産の予防; 早産の脅威

R25.2痙攣および攣縮:破傷風における筋痙攣; 平滑筋攣縮を伴う疼痛症候群; 平滑筋攣縮(腎臓および胆道疝痛、腸痙攣、月経困難症)を伴う疼痛症候群; 内臓の平滑筋の痙攣を伴う疼痛症候群; 内臓の平滑筋の痙攣を伴う疼痛症候群(腎臓および胆道疝痛、腸痙攣、月経困難症); 痛い筋肉痙攣; 擬似痙攣; 筋肉痙性; 筋肉のけいれん; 中心的起源の筋肉痙攣;筋肉痙性; 筋肉のけいれん; 痙攣を伴う神経学的拘縮; 四肢の夜の痙攣 脚の中に夜間の痙攣があります。 夜は仔牛の筋肉を痙攣させる。 症状のある痙攣状態; ベスタ症候群; 平滑筋の痙攣; 滑らかな血管筋肉の痙攣; 筋肉の痙攣; 中枢神経系の有機性疾患による線条筋痙攣; 内臓の平滑筋の痙攣; 筋肉痙攣; 骨格筋痙攣; 横紋筋肉の痙攣状態; 痙攣性疼痛症候群; 平滑筋の痙攣状態; 骨格筋の痙性; 筋痙攣; 痙攣; ふくらはぎの筋肉の痙攣; 中央起源の痙攣; 痙攣状態; 痙攣性症候群; 子供の痙攣状態; トニック痙攣; 脳痙性症候群; フォールディングナイフの現象

R25.8.0 * Hyperkinesis: ChoreicのHyperkinesis; 中央起源の動揺; リウマチ性動脈瘤; 超音速; 浮動微動

R45.1不安とかき混ぜ:激越 ; 不安; 爆発的興奮性; 内部刺激; 興奮性; 励起; 興奮急性; 精神運動の興奮; 過敏性; モーター興奮; 精神運動の停止; 神経質な興奮。 落ち着き、 夜のトラブル。 興奮を伴う統合失調症の急性期; 急性の精神的煽動; 興奮の発作; 過励み; 興奮性の向上。 神経興奮性の増加; 感情および心臓興奮性の増加; 増加した興奮; 精神的な覚醒; 精神運動の興奮; 精神病における精神運動の興奮; てんかん性の精神運動の興奮; 精神運動性発作; 精神運動のフィット; 興奮の症状; 精神運動の興奮の症状; 攪拌の状態。 不安の状態。 興奮状態; 懸念が高まった状態。 精神運動の興奮の状態。 不安の条件; 興奮条件; 体性疾患の興奮の状態; 興奮度; 不安の感情; 感情的な覚醒

Z100.0 *麻酔学および前投薬:腹部手術; 腺腫切除術; 切断; 冠状動脈の血管形成術; 頚動脈血管形成術; 創傷の皮膚の消毒治療; 手の消毒治療; 虫垂切除術; アテローム切除術; バルーン冠動脈形成術; 膣の子宮摘出術; 静脈バイパス; 膣および子宮頸管の介入; 膀胱の介入; 口腔内の干渉; 再建 - 再建オペレーション; 医療従事者の手指衛生。 婦人科手術; 婦人科的介入; 婦人科手術; 手術中の血液量減少ショック; 化膿性創傷の消毒; 創傷の縁の消毒; 診断介入; 診断手順; 子宮頸管の毛細血管凝固症; 長期的な手術; fistulousカテーテルの交換; 整形外科的介入における感染; 人工心臓弁; Kistectomy; 短期外来手術; 短期的なオペレーション; 短期外科手術; 凍結切開術; 外科手術介入中の失血; 手術中および手術後の出血; レーザー凝固レーザー凝固; 網膜のレーザー網膜症; 腹腔鏡検査; 婦人科における腹腔鏡検査; Likvornayaフィステル; 小さな婦人科手術; 小さな手術介入; 乳房切除術およびそれに続く整形手術; 気管切開術; 耳に対する顕微手術; Mukinging operations; 縫合; マイナー手術; 脳神経外科手術; 眼科手術の眼球のEclipse; Orchiectomy; 膵切除術; 心房摘出術;手術後のリハビリ期間; 外科的介入後の再建; 経皮経管冠動脈形成術; 胸膜胸腔鏡; 術後および外傷後の肺炎; 外科手術の準備; 外科手術の準備; 手術前の外科医の腕の準備; 外科的介入のための結腸の準備; 脳神経外科および胸部手術における術後吸引性肺炎; 術後悪心; 術後出血; 術後肉芽腫; 術後ショック; 術後早期; 心筋血行再建術; 歯根の頂点の切除; 胃の切除; 腸切除術; 子宮の切除; 肝切除術; 小腸切除術; 胃の一部の切除。 操作された船舶の再閉鎖。 外科手術介入中の組織の接着; 縫合糸除去; 眼科手術後の状態; 鼻腔内手術後の状態;胃切除後の状態; 小腸の切除後の状態; 扁桃切除後の状態; 十二指腸の除去後の状態; 静脈切除後の状態; 血管手術; 脾摘出; 手術器具の滅菌; 手術器具の滅菌; 胸腔切開術; 歯科手術;歯周組織に対する歯科的介入; Strumectomy; 扁桃切除術; 胸腔鏡手術; 総胃切除術; 経皮血管内冠動脈形成術; 経尿道切除術; 胸腔切除術; 歯の除去; 白内障除去; シストの除去; 扁桃腺の除去; 筋腫の除去; 移動乳歯の除去; ポリープの除去; 壊れた歯の除去; 子宮の除去; 継ぎ目の除去; 尿道切開術; 管腔管の瘻孔; 前頭胸筋切開術; 外科感染; 四肢の慢性潰瘍の外科的処置; 手術; 肛門の手術; 大腸手術; 外科手術; 手術手順; 外科的介入; 消化管に対する外科的介入; 尿路に対する外科的介入; 泌尿器系の外科的介入; 泌尿生殖器系に対する外科的介入; 心臓に対する外科的介入; 外科処置; 手術手術; 静脈に対する外科手術; 外科的介入; 血管手術; 血栓症の外科的処置; 胆嚢摘出術; 胃の部分切除; 腹腔内子宮全摘術; 経皮経管冠動脈形成術; 経皮経管脈管形成術; 冠動脈バイパス移植; 歯の摘出; 幼児の歯の摘出; パルプの滲出; 体外循環; 歯の抽出; 歯の抽出; 白内障の抽出; 電気凝固; 内視鏡的介入; エピソトロミー; 恥骨切開術; 歯の抜去後の合併症

組成および放出形態

錠剤 - 1つのテーブル。

ジアゼパム5mg

補助物質:アエロジル; ステアリン酸マグネシウム; タルク; コーンスターチ; ラクトース一水和物

10の平面電池パック中に; 箱2パックで。

静脈内および筋肉内注射のための溶液2ml; ジアゼパム10mg

補助物質:メチルパラヒドロキシベンゾエート; パラオキシ安息香酸プロピル; ピロ亜硫酸ナトリウム; クエン酸ナトリウム; アルコール95%; グリコフロール; プロピレングリコール; 注射用水

2mlのアンプルで; 箱に5アンプルがあります。

特性

ベンゾジアゼピン群の精神安定剤。

薬理学的効果

行動様式 - 抗けいれん、抗不安薬、筋弛緩薬、鎮静薬。

それは、神経栄養機能に対する調節効果を有し、胃液の夜間分泌を減少させる。

薬物動態

よく吸収される。 血漿中のCmaxは90分後に達成される。 血漿タンパク質への結合 - 98%。 胎盤を貫通して脳脊髄液に浸透し、母乳中に排泄される。

肝臓で代謝される。 それは腎臓(70%)によって排泄される。

Seduxenの適応

内因性疾患を伴う不安症候群を伴う神経性および精神病様症状、有機性脳損傷(脳性アテローム性動脈硬化症を含む)。 運動不安、興奮、鋭敏な不安を伴う精神病; 神経緊張、心身症における不安、内因性精神病(補助的なものとして); てんかん状態、顕著な、しばしば再発性の発作(非経口投与); てんかん(精神的同等物を含む補助的なものとして); 内臓の病気に伴う不安の状態; 小児科の練習(不安、頭痛、睡眠障害、夜尿症、頑固な反応、ダニ、悪い習慣)における神経障害; 痙攣、筋肉の剛性、拘縮; 増加した筋緊張、痙性、または高カリウムを伴う疾患; 子癇 破傷風およびすべての種類の痙攣状態; 手術前の前投薬; 麻酔導入麻酔、早産、または筋痙攣による早産の脅威(妊娠の第3期の終わりにのみ)。

禁忌

重症筋無力症、緑内障の急性発作、ザクロトゥルグリヤヤ緑内障、妊娠(I trimester)、小児の年齢(6ヶ月まで)。

妊娠および授乳期における適用

妊娠中の禁忌。 授乳中に処方するときは注意が必要です。

副作用

神経系の側から:治療の開始時に、疲労、眠気(自発的に消失する、または薬物の用量が減少する)が増加する可能性がある。 まれに - 運動失調; いくつかのケースでは、逆説的反応(興奮、不安、睡眠障害)。

インタラクション

三環系抗うつ薬、中枢神経系の抑制作用を有する薬物、筋弛緩薬(併用時には注意が必要です)の効果を増強します。

Seduxenの解決策は、他の薬剤と1つのシリンジでは適合しません。

投与と投与

内部、IV、IM。

丸薬。 薬物の投与量は個別に選択され、患者の状態と治療に対する応答の両方を考慮する必要があります。一般的な指示のみを以下に示します。 治療の開始時に、徐々に投与量を少量にすることを推奨します。 日々の線量を2〜4回分けて個別に入院する必要があります。 夕方に1日量の2/3を服用することをお勧めします。

成人、神経障害、心身症、不安 - 恐怖症:通常の単回投与 - 2.5-5mg(1 / 2-1表)。 成人の1日平均摂取量は5〜20mgです。

単回投与量は10mgを超えてはならない。

痙攣性症候群の症状の治療:通常2.5-10mg(1 / 2-2表)は1日2-4回。

有機起源の精神障害の複雑な治療では、最初の投与量は1日あたり20〜40mg(4〜8錠)であり、1日の投与量は15〜20mg(3〜4錠)である。

筋肉拘縮、痙性、硬直 - 1日あたり5〜20mg(1〜4錠)。

高齢者および悪液質患者では、肝機能の低下とともにSeduxenの排泄が有意に延長される可能性がある。 薬物の個々の耐性を考慮に入れて徐々に増加させることができるより低い(約半分)用量で治療を開始することが推奨される。

子供のための線量は、年齢、身体発達の水準、一般的な状態、進行中の治療に対する応答を考慮して、常に個別に決定されるべきである。 小児の初回投与量は1.25-2.5mg /日であり、2-4回に分けて投与される。 この用量は、治療に対する個々の反応を考慮して、低減または増加させることができる。

ベンゾジアゼピン群の抗不安薬を6ヶ月まで使用することはできません。

IVとIMのソリューション。 血管外に(IVを除いて)動脈に入ることは禁じられています! IMアプリケーションを使用して筋肉の深部に入ります。 静脈内にゆっくり入る:1分以内に5mg(1ml)以下の製剤。 迅速な導入は無呼吸を引き起こす可能性がある。 子供は非常にゆっくり入る:3分以上。

薬物に対する応答における有意な個人差の存在に関連して、治療は最低有効投与量から始め、徐々に増加させて、最小有効投与量と同時に十分に耐容投与量に達するようにすべきである。

精神運動刺激の刺激 - 10-20mgのIM、重症の場合 - IV、必要な場合 - 10mgを1日3~4回。

アルコール禁欲症候群、せん妄、筋肉の緊張の上昇に伴って生じる症状 - 1日3〜4回、10mg以下。

破傷風では、臨床像に応じて、10〜20mgのIMまたはIV(点滴を含む)、2〜8時間ごと。

てんかん状態では、初期用量は10〜30mg IVであり、これは0.5〜1時間後、次いで4時間後に繰り返すことができる。 最大一日量は80〜100mgです。 発作を止めた後は、必要に応じて数日間、IMの紹介(4〜6時間ごとに10mg)に行くことができます。

骨格筋の攣縮の除去のために - 手術前0.5時間 - 10mg以下、IM。

5週齢以上(30日以上)の新生児 - 0.1-0.3 mg / kg体重/日。 最大用量は5mgです。 必要に応じて、臨床像に応じて、2〜4時間後に注射を繰り返すことができるが、1日3回以上の投与は、破傷風およびてんかん状態の場合にのみ許容される。 てんかん、破傷風、6歳未満の子供への薬物の絶対的な適応症を除き、年齢に関連した分布、代謝および安全性の特徴により推奨されていません。

5歳以上の小児 - 2〜5分ごとに1mgのIVを必要とする場合、2〜4時間の治療後に最大0.2mg / kg(痙攣 - 最大0.3mg / kg)まで繰り返すことができる。 てんかん発作の増加および用量の癲癇状態の場合、初期用量は2〜10mg IVであり、その後0.5〜1時間後、4時間後に用量を反復することができる。 1日3回以上の注射の導入は、破傷風およびてんかん状態の場合にのみ許容される。

過剰摂取

症状:眠気、混乱、昏睡、反射の抑圧。

治療:胃洗浄、人工換気、血圧上昇を目的とした処置。

予防措置

Seduxenの使用の背景に対して、アルコールは断じて禁止されています。

特別な指示

長期間の使用の場合、薬物依存を発症させることが可能である。

撤退症候群のリスクがあるため、治療を突然中断しないでください。

薬物の急速な非経口投与により、血圧、呼吸不全を低下させることが可能である。

申請の開始時には、注意を強め、精神運動反応を早める必要のある活動に参加することは推奨されません。 将来、これらの制限は個別に決定されます。

Reliumの保管条件

8〜15℃の暗所で

子供の手の届かないところに保管してください。

Reliumの賞味期限

10mg / 2ml〜3年間の静脈内および筋肉内投与のための溶液。

錠剤5mg〜5年。

パッケージに記載されている有効期限が過ぎても使用しないでください。

Someone from the Chile - just purchased the goods:
Arutimol eye drops 0.5% 5ml