Best deal of the week
DR. DOPING

指示

Logo DR. DOPING

使用のための指示:ラロ効果

私はこれがほしい、私に価格を与える

剤形:静脈内および動脈内投与のための溶液の濃縮物、錠剤、遅延錠剤

活性物質:ペントキシフィリン

ATX

C04AD03ペントキシフィリン

薬理学グループ

抗凝集剤

アデノシン作動薬

血管保護剤および微小循環補正剤

nosological分類(ICD-10)は、

G93.4不特定脳症:ビリルビン脳症; 怠惰状態。 門脈全身性脳症のときの振戦; 潜在性肝性脳症; アテローム性動脈硬化症; 高血圧性脳症; 低酸素性脳症; 代謝性脳症; 脳症; 脳病変;ポルト・キャビアル脳症; 血管性脳症; 外傷性脳症; 脳症; 脳症; 脳症2次発症; 脳循環障害; 脳症ポトカバール; てんかん性脳症; 出血性ショックおよび脳症症候群; 亜急性海綿状脳症

H34.2他の網膜動脈閉塞:網膜血管攣縮; 網膜動脈血栓症

H83その他の内耳障害:内耳機能の障害 ; 血管発生の内耳機能の侵害; 内耳への血液供給の妨害; 内耳の機能障害

I63脳梗塞:虚血性脳卒中; 虚血性脳疾患; 虚血性脳卒中; 虚血性脳卒中およびその結果; 虚血性脳卒中; 虚血性脳血管障害; 虚血性脳損傷; 虚血性脳損傷; 虚血状態; 脳虚血; 急性低酸素脳; 急性脳虚血; 急性虚血性脳血管障害; 急性脳梗塞; 急性虚血性脳卒中; 急性期の虚血性脳卒中; 焦点性脳虚血; 虚血性脳卒中; 再発脳卒中; Morgagni-Adams-Stokesの症候群。 慢性脳虚血; 脳血管発作; 塞栓性脳卒中; 虚血性脳損傷

I67.2脳動脈硬化症:脳動脈のアテローム性動脈硬化症 ; 脳血管のアテローム性動脈硬化症; 脳血管におけるアテローム硬化性変化; 脳の血管疾患; 硬化性虚血性発作; 脳血管の硬化症

I73.0レイノー症候群:レイノー症候群Leriche; レイノー病; レイノーの現象。 RaynaudLeriche症候群; レイノー病; 栄養障害を伴うレイノー症候群; 末梢血管障害

I74塞栓症および動脈血栓症:努力のストレス(ストレス); 動脈血栓症; 動脈血栓症; 亜急性および慢性動脈血栓症; 末梢動脈の亜急性血栓症; 術後血栓症; 血管血栓症; 血管塞栓症; 大動脈シャントの血栓症; 動脈血栓症; 動脈の血栓症; 冠状動脈血栓症; 冠動脈血栓症; 血管の血栓症; 虚血性脳卒中を伴う血栓症; 一般的な外科手術による血栓症; 腫瘍学の手術における血栓症; 血管血栓症; 術後の血栓形成 血栓合併症; 血栓塞栓症; 血栓塞栓性症候群; 術後期間における血栓塞栓合併症; 動脈の血栓塞栓症; 部分血管血栓症; 塞栓症; 動脈の塞栓症

I79.2他の地域に分類される疾患における末梢血管障害:糖尿病性血管障害; 糖尿病における血管症; 糖尿病性動脈硬化症; 末梢神経の病変における痛み; 糖尿病性血管症; 糖尿病性細小血管症; 糖尿病性血管疾患; 断続的な血管新生disbaziya; 糖尿病における大血管症; 細小血管症; 糖尿病における微小血管新生; 手と足の感覚を刺す。 四肢の寒さ; 末梢血管障害; 末梢動脈疾患; 硬化症Menkeberga; 慢性閉塞性動脈疾患

I82他の静脈の塞栓症および血栓症:再発静脈血栓症; 術後血栓症; 静脈血栓症; 急性静脈血栓塞栓症; 再発性静脈血栓症; 静脈血栓症; 内部器官の静脈の血栓症; 静脈血栓症; 深部静脈血栓症; 血管の血栓症; 血管血栓症; 静脈の血栓症; 深部静脈血栓症; 血栓塞栓症; 静脈の血栓塞栓症; 重度の静脈血栓症; 塞栓症; 静脈の塞栓症; 血栓塞栓性合併症

H83その他の内耳障害:内耳機能の障害 ; 血管発生の内耳機能の侵害; 内耳への血液供給の妨害; 内耳の機能障害

I99循環器系のその他のおよび特定されていない障害:血管症; 動脈塞栓症; アテローム性動脈硬化症; 血行動態右心不全; 右心臓の血行力学的欠陥; 冠動脈アンギオパシー; 血液循環の侵害; 循環の違反; 臓器および組織における違反微小循環; 末梢循環障害; 四肢における末梢循環の障害; 循環障害; 動静脈起源の血行動態不安定性閉塞; 急性循環障害;Psevdostenokardicheskie州; Psevdostenokardicheskoe障害; 循環器障害; 心血管疾患; 血管機能不全; 血栓性動静脈シャント; 人工心臓弁を用いた血栓症; 骨盤臓器における血液循環の悪化; 心血管系の機能不全; 心血管系の機能障害; 慢性動脈不全; 慢性心不全; 加齢性血管疾患; 血栓症のリスク

L87経表皮穿孔

R68.8その他の特定の一般的な症状および兆候:毒血症

T33-T35霜

組成および放出形態

1錠中にペントキシフィリン200mgが含まれています。 1錠の錠剤遅延 - 600mg、20,50および100袋のパッケージ。 注射用溶液5mlを含む1アンプル100mgを10個のパッケージに入れる。 輸液の調製のための15mlの濃縮物を含む1アンプル300mg、パッケージ10個。

薬理学

作用機序 - 血液のレオロジー特性を標準化する微小循環を改善する血管拡張剤、抗凝集性。

ラロ効果の兆候

末梢循環障害(間欠性跛行、壊疽、下肢潰瘍、糖尿病性血管症、血栓症後症候群)、虚血性脳卒中、眼の血液循環障害、内耳への血流障害。

禁忌

過敏症、急性期の心筋梗塞、大量出血。

副作用

頭痛、めまい、目の前のちらつき、不安、睡眠障害、血圧降下、頻脈、心筋リズム障害、吐き気、上腹部の重症感、嘔吐、下痢、皮膚出血、粘膜、消化管、血小板減少症、再生不良性貧血、アレルギー反応。

インタラクション

ベータアドレナリン作動薬、抗高血圧薬、抗凝固薬、インスリンおよび経口血糖低下薬(高用量で)の効果を高めます。

投与量および投与

薬物の投与量は個別に設定される。 200mgの錠剤:1日3回100mgの用量で治療を開始し、1日3回200mgに徐々に増加する。 最大一日用量は1.2gであり、最大一回用量は400mgである。 錠剤は600mgを遅らせる:600mgを1日2回任命する。 噛むことなく、食後に丸薬を飲む。 注射可能な形態は、急性の臨床状況および/または経口療法の補助剤として使用される。 静脈内投与のための溶液(1アンプル/ 100mg):100mgを1日1〜2回静脈注射する。 1.2-1.5gの総1日量までの経口製剤との組み合わせ。 静脈内投与のための溶液(1アンプル/ 300mg):体重が50kgを超える成人および青年に100mgまたは300mgを1日1回投与する250〜500mlの輸液中に静脈内に2〜3時間静注し、重度の症例では同じ投与方法で最大200mgまたは300mgを1日2回投与する。

ラロ効果の保管条件

子供の手の届かないところに保管してください。

Someone from the Portugal - just purchased the goods:
Suprefort 60 capsules