Best deal of the week
DR. DOPING

指示

Logo DR. DOPING

使用のための指示:Prinorm

私はこれがほしい、私に価格を与える

薬の商品名 - プリンモーム

剤形:錠剤

有効物質:アテノララム

ATX

C07AB03アエテロール

薬物療法群:ベータ1選択的遮断薬[ベータ遮断薬]

病因分類(ICD-10)は、

I10必須(原発性)高血圧:高血圧; 動脈性高血圧; 動脈性高血圧症の経過コース; 本質的な高血圧; 本態性高血圧; 本態性高血圧; 本態性高血圧; 本態性高血圧; 原発性高血圧; 動脈性高血圧、糖尿病の合併症; 血圧の突然の上昇。 血液循環の高血圧障害; 高血圧状態; 高血圧の危機; 動脈性高血圧; 悪性高血圧; 高張性疾患; 高血圧の危機; 高血圧の加速; 悪性高血圧; 高血圧症の悪化; 一時的な高血圧; 隔離された収縮期高血圧

I15二次性高血圧:動脈性高血圧、糖尿病の合併症; 高血圧; 血圧の突然の上昇。 血液循環の高血圧障害; 高血圧状態; 高血圧の危機; 高血圧; 動脈性高血圧; 悪性高血圧; 高血圧の危機; 高血圧の加速; 悪性高血圧; 高血圧症の悪化; 一時的な高血圧; 高血圧; 動脈性高血圧; 動脈性高血圧症の経過コース; 血管新生高血圧; 高血圧症候群; 腎性高血圧; 血管新生高血圧; 血管新生高血圧; 症状がある高血圧

I20狭心症[狭心症]:ヘーバーデン病; 狭心症; 狭心症の発作; 再発狭心症; 自発性狭心症; 安定狭心症; アンギナ休息; アンギナが進行中。 アンギナ混合; アンギナ自発性; 安定狭心症; 慢性安定狭心症; アンギナ症候群X

I25.2移送された最後の心筋梗塞:心臓症候群; 心筋梗塞; ポストMI。 心筋梗塞後のリハビリテーション; 操作された容器の再閉鎖; アンギナpostinfarctnaya; 心筋梗塞後の状態; 心筋梗塞後の状態; 心筋梗塞

I47.1上室性頻脈:上室性発作性頻脈; 上室性頻脈性不整脈; 上室性頻脈; 上室性不整脈; 上室性発作性頻脈; 上室性頻脈性不整脈; 上室性頻脈; 神経性洞性頻脈; 正常性頻拍; 発作性上室性頻脈; 上室性頻脈の発作; WPW症候群を伴う上室性頻脈の発作; 心房頻拍症の発作; 発作性上室性頻脈性不整脈; 発作性上室性頻脈; ポリトピネイ心房頻脈; 心房細動; 心房頻拍は真実である。 心房頻拍; AVブロックを伴う心房頻拍; 再灌流不整脈; 反射Bertsolda-Jarisch; 再発性持続性上室性発作性頻拍; 症状のある心室頻脈; 副鼻腔頻脈; 上室性発作性頻脈; 上室性頻脈性不整脈; 上室性頻脈; 上室性不整脈; 上室性不整脈; AV接続の頻脈; 上室性頻脈; 頻脈発色症; 洞性頻拍症; 結節性頻脈; 混沌とした心房頻脈 ウォルフ - パーキンソン - ホワイト

I49.1早期心房脱分極:上室性不整脈; 上室性不整脈; 上室性不整脈; 上室性不整脈; 上室性不整脈; 上室拍動; 心房早発拍動

I49.4その他のおよび未定義の早発脱分極:期外収縮性不整脈; 期外収縮期; 拡張期外収縮

組成(錠剤当たり):アテノロール100mg

賦形剤:デンプン; 炭酸マグネシウム; ゼラチン; ラウリル硫酸ナトリウム; ステアリン酸マグネシウム

ブリスター7個入り。 2紙箱の中に入れてください。

特性

心選択的β1遮断薬。

プリンモームの薬理学的性質

薬理学的効果 -抗狭心症、抗高血圧、抗不整脈

薬力学

洞結節の自動性を低下させ、心拍数を遅くしてAV伝導を遅らせ、心筋収縮性の興奮性を低下させ、心筋酸素要求量を減少させる。 中程度の治療用量で使用される場合、非選択的β遮断薬よりも気管支および末梢動脈の平滑筋に対する効果が顕著ではない。

薬物動態

速いが、すべてではない(50%)消化管から吸収される。 Tmaxの中に入ると2〜4時間です。血漿タンパク質との接続 - 。 6〜16%。 T1 / 2 - 。 ほぼ完全に(85〜100%)6〜8時間は、尿中で変わらず(代謝されないで)排泄される。 血液脳関門を非常に貧弱に横切る。 それは胎盤障壁を貫通し、母乳中に排泄される。

プリンモの徴候

動脈性高血圧症、狭心症発作の予防(Prinzmetal狭心症を除く)、心臓不整脈:心室早発鼓動、洞性頻拍、上室性頻脈性不整脈の予防; 心筋梗塞の二次予防。

禁忌

慢性心不全II B-III期、Sinuauricular blockade、慢性心不全、心筋梗塞、心筋梗塞、虚血性心不全、心筋梗塞、虚血性心不全、代謝性アシドーシス、喘息、小児期。

妊娠と授乳

期待される治療効果が胎児への潜在的リスクを上回る場合、妊娠が可能な場合。 薬物は母乳中に排泄されるので、例外的なケースでのみ授乳を行うべきである。

副作用

心臓血管系以来:心不全の症状の出現、AV伝導、徐脈、低血圧、四肢の冷感、および感覚異常。

中枢神経系:めまい、不眠症、集中力低下、眠気、うつ、幻覚、嗜眠、疲労、頭痛。

消化管の部分では:口渇、吐き気、嘔吐、下痢、腹痛、便秘。

呼吸器系:呼吸困難、気管支痙攣、無呼吸。

造血の側面から:血小板減少性紫斑病、貧血(再生不良)、血栓症。

内分泌腺から:女性化乳房、効力の低下、性欲の低下。

代謝反応:高脂血症、低血糖。

皮膚:発疹、皮膚炎、掻痒、光感受性。

インタラクション

硝酸塩は降圧効果を高める。 インスリンと経口血糖降下剤の血糖降下作用を高めます。 エルゴタミン誘導体、キサンチン、NSAIDは効率を低下させます。 ベラパミルおよびジルチアゼムは、心臓抑制作用を相互に補強することができる。 強心配糖体を用いる用途では、徐脈およびAV伝導障害のリスクが増大する。 レセルピン、メチルドパ、クロニジンによる可能性のある徐脈がある。 クロニジンとの併用を終了すると、Prinormは後日のキャンセルの数日前にキャンセルしました。 それはリドカインの排泄を減少させ、毒性作用のリスクを増加させる。 フェノチアジン誘導体の適用は、テオフィリンとアミノフィリンによる血清濃度の相互上昇を促進する - 相互抑制治療効果。 MAO阻害剤の同時投与を推奨しない。

投与量および投与

内部では、液体ではなく、食品は少量の液体を絞りました。

動脈性高血圧。 治療は1日1回50アテナロール1mgで開始する。 安定した血圧降下作用を達成するには、1〜2週間の受け取りが必要です。 降圧効果の重症度がないため、1回の受信で用量を100mgに増やす。 用量のさらなる増加は、推奨されるように、増加した臨床的利益を伴わない。

狭心症:初期用量 - 1日あたり50mg。 週に最適な治療効果がない場合は、用量を100mgに、場合によっては1日に1〜200mgに増加させた。 高齢の患者および腎排泄機能が損なわれた患者は、服用量が必要である。 Clクレアチニンの矯正による腎不全線量。 35 ml / min / 1.73 m 2(正常 - 100 - 150 ml / min / 1.73 m2)以上のC1クレアチニンの腎不全患者では、Prinormaの有意な蓄積は起こらない。

腎不全患者に推奨される最高用量のPrinorma

クレアチニンクリアランスml /分/1.73m 15-35未満15

T1 / 2 16-27以上27

1日おきに最大用量50mg /日50mg

病院で血液透析を受けている患者(可能な限り血圧が下がる)Prinormは、各透析の直後に50mg /日を命じる。

過剰摂取

症状:徐脈、AVブロックIIおよびIII度、心不全の成長症状、低血圧、気管支痙攣、低血糖。

治療:重度の徐脈 - 1mlの硫酸アトロピン溶液0.1ml。 AV遮断IIおよびIIIがイソプレナリン5mgを舌下に投与する可能性がある場合、2〜4時間または1日に1〜1.5mgの用量で滴下またはゆっくりと噴霧する。 気管支痙攣 - 吸入または/サルブタモール(β2-アゴニスト)。

予防措置

冠状動脈疾患の患者では、β遮断薬の急激な回収は、狭心症の頻度または重症度を増加させる可能性があるので、薬物の廃止を徐々に行うべきである。

心臓代償不全の患者における特別な注意が必要である。

非選択性ベータ遮断薬と比較して、心臓選択薬は肺機能に与える影響は少ないが、閉塞性気道疾患では、絶対適応症の場合にのみ与えられるべきである。 必要に応じて、その目的はβ2アゴニストを推奨する場合があります。

プリンモンマスクは、低血糖で発生する頻脈であり、インスリンに対する低血糖応答を延長することができる。 糖尿病患者の血糖降下薬の使用中は注意が必要です。

必要であれば、全身麻酔下で手術する。手術の48時間前に薬物を中断する。 麻酔薬は可能な限り最小限の負の変力効果で選択する必要があります。

慎重に、乾癬、褐色細胞腫、甲状腺機能低下症、重症筋無力症、レイノー病および様々な抹消動脈疾患を有する患者に薬剤を処方し、重度の腎排泄機能障害を有する。

最後の症候群の解消を避けるために、クロニジンを投与しているアプリケーションでは、クロニジンの投与を数日中止する必要があります。

必要であれば、verapamilのon / inで、これはPrinormaを受け取ってから少なくとも48時間後に行う必要があります。

非常にまれな症例が症状のある低血圧および徐脈を引き起こすため、薬物は自動車を運転し機械を操作する能力に影響しない。

Prinormの保管条件

15〜30℃の温度で

子供の手の届かないところに保管してください。

賞味期限

4年。

パッケージに記載された有効期限を超えて使用しないでください。

Someone from the Japan - just purchased the goods:
Taurine eye drops 4% 5ml