Best deal of the week
DR. DOPING

指示

Logo DR. DOPING

使用のための指示:ピロカルピン

私はこれがほしい、私に価格を与える

活性物質:ピロカルピン

ATXコード

S01EB01ピロカルピン

薬理学グループ

抗緑内障薬 - m-コリノミメティック(m-Holinomimetiki)

抗緑内障薬 - m-コリミミメティック[眼科用薬]

病理分類(ICD-10)

H40.1原発性開放隅角緑内障

オープンアングル緑内障、原発性緑内障、偽葉緑内障、上昇IOP

H40.2原発性閉塞緑内障

閉塞緑内障、狭窄角を有する緑内障、アングル閉鎖緑内障、急性閉塞性緑内障、アングル閉鎖性緑内障の急性発症、眼内圧上昇閉塞緑内障、慢性閉塞性緑内障

H40.3二次外傷後緑内障

外傷後の二次緑内障、白内障手術後の緑内障

H40.5他の眼疾患に続発する緑内障

二次的な開放隅角緑内障、緑内障、緑内障

H59医療処置後の眼および付属器の障害

眼球手術後の状態、まぶたの整形手術後の状態、角膜手術後の状態、眼科手術後の状態、点眼後の瞳孔の狭小化散瞳

リリースの構成と形式

点眼液1 ml

活性物質:

ピロカルピン塩酸塩10 mg

追加成分:ホウ酸-19mg; 注射用水 - 1 mlまで

薬理学的効果

薬理作用 - 抗緑内障。

投与と投与

原発性緑内障では、1日2〜4回、各眼に1-2滴が滴下される。 治療の日用量および持続期間は、眼内圧のレベルに応じて医師によって決定される。 必要に応じて、β遮断薬と併用することができます。

閉鎖緑内障薬の急性発作が1時間に処方された場合 - 15分ごとに1滴、 2〜3時間毎 - 30分ごとに1滴; 4〜6時間毎 - 60分ごとに1滴; その後、1日に3〜6回、攻撃の救済につながります。

問題の形式

1%の点眼薬。 5mlまたは10mlバイアル(PE密閉キャップ)。 各バイアルは段ボールの束の中に入れられる。

薬局の休暇の条件

処方せん。

保管条件

8〜15℃の暗所で

子供の手の届かないところに保管してください。

貯蔵寿命

3年。 開封後 - 28日間。

パッケージに印刷された有効期限を超えて使用しないでください。

Someone from the Hong Kong - just purchased the goods:
Pantocrine Panthea extract 50ml