Best deal of the week
DR. DOPING

指示

Logo DR. DOPING

使用のための指示:Obsidan

私はこれがほしい、私に価格を与える

薬の商品名 - オブシダン

剤形:錠剤、注射剤

活性物質:プロプラノラルム

ATX

C07AA05プロプラノロール

薬物療法グループ:ベータ遮断薬

病因分類(ICD-10)は、

E05甲状腺中毒[甲状腺機能亢進症]:フォンバセドウ病; バセドウ病; 甲状腺機能亢進症; ゴイトレ拡散毒性; 増加した甲状腺機能; タイヤトキシクスキー反応; 有毒な拡散性甲状腺腫; 有毒な甲状腺腫; 甲状腺機能亢進症の症状を伴う甲状腺の拡大; ヨウ素系の現象

G43片頭痛:片頭痛の痛み。 片頭痛; 片麻痺性片頭痛; 片頭痛; 片頭痛発作; 継続的な頭痛; 半月板

G90自律神経系の障害:血管攣縮; 血管収縮徴候; 血管運動性ジストニー; 栄養不良。 自律神経機能不全; 植物性不安定性; 植物性血管障害; 自律神経機能不全; 血管新生; 植物性ジストニア; 栄養血管障害; 植物性血管障害; ジストニア葉血管; ジストニア神経循環; 神経障害; Cardiopsychoneurosis; 高血圧型の神経循環性ジストニア; 原発性神経興奮性症候群;栄養性ジストニア症候群

I10必須(原発性)高血圧:高血圧; 動脈性高血圧; 動脈性高血圧症の経過コース; 本質的な高血圧; 本態性高血圧; 本態性高血圧; 本態性高血圧; 本態性高血圧; 原発性高血圧; 動脈性高血圧、糖尿病の合併症; 血圧の突然の上昇。 血液循環の高血圧障害; 高血圧状態; 高血圧の危機; 動脈性高血圧; 悪性高血圧; 高張性疾患; 高血圧の危機; 高血圧の加速; 悪性高血圧; 高血圧症の悪化; 一時的な高血圧; 隔離された収縮期高血圧

I15二次性高血圧:動脈性高血圧、糖尿病の合併症; 高血圧; 血圧の突然の上昇。 血液循環の高血圧障害; 高血圧状態; 高血圧の危機; 高血圧; 動脈性高血圧; 悪性高血圧; 高血圧の危機; 高血圧の加速; 悪性高血圧; 高血圧症の悪化; 一時的な高血圧; 高血圧; 動脈性高血圧; 動脈性高血圧症の経過コース; 血管新生高血圧; 高血圧症候群; 腎性高血圧; 血管新生高血圧; 血管新生高血圧; 症状がある高血圧

I15.0血管新生高血圧症:高血圧の危機; 腎血管疾患; 高血圧の加速; 隔離された収縮期高血圧

I20狭心症[狭心症]:ヘーバーデン病; 狭心症; 狭心症の発作; 再発狭心症; 自発性狭心症; 安定狭心症; アンギナ休息; アンギナが進行中。 アンギナ混合; アンギナ自発性; 安定した狭心症; 慢性安定狭心症; アンギナ症候群X

I20.0不安定狭心症:ヘーバーデン病; 狭心症; 狭心症の発作; 再発狭心症; 自発性狭心症; 安定狭心症; アンギナ休息; アンギナが進行中。 アンギナ混合; アンギナ自発性; 安定した狭心症; 慢性安定狭心症; アンギナ症候群X

I25慢性虚血性心疾患:高コレステロール血症の背景にある冠状動脈性心疾患 ; 冠状動脈性心疾患は慢性疾患である。 冠状動脈性心疾患; 安定した冠状動脈疾患; 経皮経管脈管形成術; 心筋虚血、動脈硬化症; 再発性心筋虚血

I42.1閉塞性肥大型心筋症:心室中隔の非対称肥大; 肥大性閉塞性心筋症; Obliteriruschaya制限的な心筋症; 肥大性心筋症; 肥大性閉塞性心筋症; 障害のある心筋肥大

I49.9不規則な心拍、不特定:発作性上室性頻脈; 胸部外陰部不整脈; 心房細動;頻脈; 上室性頻脈性不整脈; 上室性不整脈; AV往復性頻拍; AV結節往復動性頻拍; 心室細動; 不規則な心拍; 抗菌性の往復性頻拍; 心不整脈; 不整脈; 不整脈; 心臓のアリーティミー; 低カリウム血による不整脈; 心室頻脈性不整脈; 心室収縮の頻度が高い。 心不整脈; 発作性上室性不整脈; 発作性上室性不整脈; 発作性不整脈; 発作性心房 - 心室リズム; 心不整脈; 上室性頻脈; 頻脈性不整脈; 胸腔前異常脈動

R07.2心臓の痛み:心臓の神経症; 心筋虚血性疼痛; 心筋梗塞における疼痛症候群; 心筋症; cardioneurosis; 心臓症候群; 心臓の患者の痛み; 背景性難聴性心筋ジストロフィーの心筋症; 機能性心筋症; Psevdostenokardiya; 心膜痛

R25.1振戦、不特定:振れ; 老人性振戦; 振戦; 筋振戦; 門脈 - 全身性脳症のときの振戦; 本質的な揺れの家族。 ティトバチヤ

T46.0強心配糖体および同様の作用を有する薬剤による中毒:ジギタリス中毒の背景にある不整脈; ジギタリス中毒; 強心配糖体による中毒; ジギタリス不整脈; 強心配糖体および利尿剤による中毒; 中毒; Digitalis中毒薬; ジギタリスグリコシドの過剰摂取または中毒

組成(タブレットあたり):

1錠は40mgのプロプラノロール塩酸塩を含有する; 3個のブリスターは20個の箱に入っています。

注射用溶液5mlの1アンプル - 5mg; 10個の箱に入れる。

オブシダンの薬理学的性質

薬理学的効果 -抗狭窄、降圧、抗不整脈

ベータアドレナリン受容体の遮断は、交感神経インパルスの心臓への影響を弱め、心収縮の頻度および力、心拍出量および心筋酸素要求量を減少させる。

Obsidanの表示

進行性狭心症、静脈心筋虚血、高血圧、不整脈、肥大性心筋症、心筋虚血症、ジギタリス中毒、甲状腺機能亢進症、片頭痛、本態性振戦家族。

禁忌

過敏性、AVブロックII-III度、徐脈、低血圧、閉塞性気道疾患; 相対禁忌 - 甲状腺機能低下症と代償不全の段階の糖尿病、急性期の乾癬。

副作用

衰弱、めまい、頭痛、感覚異常、寒い四肢、下痢、結膜炎、皮膚発疹、かゆみ。

インタラクション

バルビツレート、ニコチンはシメチジンの効果を増加させる - 弱く; それは、カルシウム拮抗薬、負のdromotropic - 強心配糖体、降圧 - 抗高血圧剤、抗不整脈 - リドカインの陰性変力作用を強化する。 これは、バックグラウンドインスリンにおける低血糖の可能性を増加させる。

投与量および投与

高血圧 - 1日2回40mg。 必要に応じて、1日2回80〜160mgまで2〜4週間に増量することができます。 狭心症、片頭痛、本態性振戦 - 20mgを1日2〜3回。 用量は、1日に1回〜40mg、1日に4回、または1日に2〜3回80mgまで増加させることができる。 最大一日量 - 片頭痛および狭心症の480 mgで240 mg。 不整脈、肥大性心筋症、甲状腺中毒 - 1日3〜4回10〜40mg(240mg /日まで)。

Obsidanの保存条件

室温で乾燥した暗い場所で。

子供の手の届かないところに保管してください。

賞味期限

5年。

パッケージに記載された有効期限を超えて使用しないでください。

Someone from the Malaysia - just purchased the goods:
Erectogenon 0.5 g 15 capsules