Best deal of the week
DR. DOPING

指示

Logo DR. DOPING

使用のための指示:Nurofen Express Neo

私はこれがほしい、私に価格を与える

活性物質イブプロフェン

ATXコードM01AE01イブプロフェン

薬理学グループ

非ステロイド系抗炎症薬(NSAIDs - Propionic acid derivatives)

病理分類(ICD-10)

G43片頭痛

片頭痛、片頭痛、片頭痛片頭痛、偏頭痛、片頭痛、持続性頭痛、ヘミナスネ

J06複数の不特定の急性上気道感染症

頻繁な風邪ウイルス性疾患、上気道感染、急性呼吸器疾患インフルエンザ、風邪、急性風邪、寒冷呼吸器感染症、季節性風邪、上気道の感染症および炎症性疾患の痛み、上気道の細菌感染症呼吸器系の炎症、上気道疾患の炎症、困難な喀痰を伴う上気道疾患の炎症、炎症性気道疾患、炎症性気道疾患、気道炎症、風邪による副次的感染、急性および慢性呼吸器疾患における喀痰の短期間、上気道感染、上気道感染、呼吸器感染症、気道および肺の感染、上気道感染症、伝染性疾患あなたの炎症性疾患 上気道の伝染性炎症性疾患、気道の感染性炎症、呼吸器感染症、カタール上気道、上気道のカタルーリ鼻炎現象を伴うARI、急性呼吸器感染症、上気道の急性感染症および炎症性疾患、急性呼吸器系疾患、急性呼吸器系疾患、急性呼吸器系疾患、急性呼吸器系疾患呼吸器系疾患、呼吸器感染症、再発性呼吸器感染症、インフルエンザによる副次的感染症、胸部寒冷病、インフルエンザウィルスの猛毒状態、急性副鼻腔炎、遺伝性多発症候群、膿性副鼻腔炎

J11インフルエンザ、ウイルスが特定されていない

インフルエンザ、病気の初期段階のインフルエンザ、子供のインフルエンザ、胸の寒さ、インフルエンザ様の状態を開始、急性疾患parainfluenza、parainfluenza、parainfluenza州、インフルエンザ流行、インフルエンザの痛み、インフルエンザ

K08.8.0 *痛い歯痛

歯痛、歯痛、疼痛性炎症、歯科麻酔、歯科疼痛症候群、歯石除去後の痛み、歯を抜く時の痛み、歯痛、歯科治療後の痛み

M25.5関節の痛み

筋骨格系の慢性炎症性疾患の疼痛症候群、関節の痛み、関節の痛み、関節炎の痛み、関節炎の痛み症候群、関節炎の慢性炎症性疾患の痛み症候群、関節痛、関節痛、筋肉痛の痛み症候群、骨関節炎の痛み症候群、変形性関節症の痛み症候群関節の痛み、関節の痛み、関節の痛み、関節の痛み、関節の痛み、関節の痛み、重度の物理的な運動の関節の痛み、痛みを伴う炎症性の関節の損傷、筋骨格系の痛みを伴う状態、痛いジョイントの状態、関節の痛みを伴う外傷性の愛、筋骨格系の痛み、関節痛、関節リウマチの痛み、慢性変性性骨疾患の痛み、慢性変性性関節疾患の痛み、骨関節痛、関節痛、関節炎の痛み関節リウマチ、関節痛症候群、関節痛、リウマチ痛、リウマチ性疼痛

M35.3リウマチ性多発筋痛

関節リウマチ、関節周囲リウマチ症候群、関節周囲リウマチ疾患、関節周囲リウマチ軟部組織損傷、関節外関節リウマチ、リウマチ性関節リウマチ、関節リウマチ、関節リウマチ、関節リウマチ、リウマチ性関節リウマチ、リウマチ性関節リウマチ、リウマチ性関節リウマチ、軟組織のリウマチ、軟組織のリウマチ性疾患、関節周囲軟部組織のリウマチ性疾患、軟部組織のリウマチ性疾患、リウマチ性膠原病

M54背痛

背部の痛み、背骨の痛み、背中の痛み、背骨の様々な部分の痛み、背中の痛み、脊柱の苦痛の痛み症候群、筋骨格系の痛み

M54.5背中の痛み

腰痛、腰痛、ルンバリア、脊柱の痛みの状態、背中の痛み、腰痛の症候群

M79.1筋痛

筋・骨格系の疼痛症候群、筋骨格系の慢性炎症性疾患の疼痛症候群、筋肉の痛み、筋肉の圧痛、重度の身体運動における筋肉痛、筋骨格系の痛み、筋骨格系の痛み筋肉痛、筋痛、筋肉痛、筋肉痛、安静時の筋肉痛、筋肉痛、非リウマチ起源の筋肉痛、リウマチ起源の筋肉痛、急性筋痛、リウマチ性疼痛、リウマチ性疼痛、筋筋膜炎症候群、線維筋痛

M79.2未知の神経学および神経炎

神経痛、神経痛、神経痛、肋間神経の神経痛、後脛骨神経痛、神経炎、神経炎、外傷、神経炎、神経学的疼痛症候群、痙攣を伴う神経拘縮、急性神経炎、慢性疼痛、末梢神経炎、外傷後神経痛、神経原性の重症痛、慢性神経炎、本態性神経痛

N94.0月経周期の途中での痛み

Algomenorea、苦しい月経、Menalgia、月経の痛み

N94.6月経困難症

月経中の痛み、月経中の痛み、月経中の痛み、月経中の痛み、痛みを伴う月経不順、腹痛、アルゴメリア、痛みの平滑筋痙攣、平滑筋の痛みの痙攣(腎臓および胆道疝痛、腸のけいれん、月経困難症) (腎臓および胆道疝痛、腸の痙攣、月経困難症)、Disalgomenoreya、月経困難症、(月経困難症、月経異常、月経異常、月経障害、月経困難症、月経周期の違反、月経不順、Prolaktinzavisimoe月経障害、月経不順症候群、内臓の平滑筋の痛み痙攣、痙攣性月経困難症、原発性脱髄疾患

R50.0倦怠感を伴う発熱

発熱、発熱、低温、高熱、長期発熱、肥満症候群、強熱症、感染症および炎症性疾患における体温上昇、発熱、症状、熱性症候群、発熱、発熱、感染症および炎症性疾患における発熱、慢性腎不全、慢性腎不全、慢性腎不全、慢性閉塞性肺疾患、慢性閉塞性肺疾患、慢性閉塞性肺疾患、慢性閉塞性肺疾患感染症、炎症性疾患の易発症症候群、風邪を伴うフェルビック症候群、異なる起源のフェルビッシュ症候群、風邪のための温度の上昇、カタルと感染症および炎症性疾患の温度上昇、寒さの体温の上昇、体温の上昇寒さおよび他の感染性および炎症性疾患において、体重増加 寒冷および他の感染症および炎症性疾患における温度、妊娠中の発熱、血小板減少症、輸血時の熱反応

R51頭痛

頭痛、頭部の痛み、副鼻腔炎の痛み、頭の後ろの痛み、痛みのある頭痛、血管運動の頭痛、血管運動の起源の頭痛、血管運動障害の頭痛、頭痛、神経性頭痛、

R52.9不特定の痛み

術後の痛み、整形外科手術後の痛み、炎症起源の痛み、癌発生よりも痛み、診断手技後の痛み症候群、痛みの徴候、術後の痛み、手術後の痛み診断、手術後の痛み、整形外科手術後の痛み、傷害後の痛み、痔核の除去後の痛み、自然の非リウマチ性炎症の痛み、末梢神経系の炎症性病変の痛み、糖尿病性神経障害の痛み、筋骨格系の急性炎症性疾患の痛み、腱病理の痛み、痛みの平滑筋痙攣、平滑筋の痛み(腎臓および胆道疝痛、腸のけいれん、月経困難症)、内臓の平滑筋の痛み痙攣、 (腎臓および胆道疝痛、腸の痙攣、月経困難症)、外傷性疼痛の疼痛、傷害を伴う痛み 十二指腸潰瘍の痛み、胃潰瘍の疼痛症候群、胃潰瘍および十二指腸潰瘍の疼痛症候群、痛み、月経中の痛み、痛み症候群、痛みを伴う状態、痛みを伴う足痛み、義歯装着時の痛みの歯茎、脳神経出口点の痛み、痛みを伴う月経不順、痛みを伴う包帯、痛みを伴う筋肉痙攣、痛みを伴う歯の成長、舌の痛み、手術傷口の痛み、術後の痛み身体、診断手技後の痛み、整形外科手術後の痛み、手術後の痛み、インフルエンザの痛み、糖尿病性多発神経障害の痛み、火傷の痛み、性交中の痛み、診断手技中の痛み、 、副鼻腔炎の痛み、外傷の痛み、痛みの外傷、術後期間の痛み、診断手技後の痛み、瘢痕後の痛み 術後疼痛、術後疼痛、術後疼痛および外傷後疼痛、外傷後疼痛、嚥下時の痛み、上気道の感染性および炎症性疾患における疼痛、火傷の痛み、外傷性筋肉傷害における痛み、外傷性疼痛、外傷後疼痛、後頭部痛症候群、トルピッド疼痛、外傷性疼痛、外傷性疼痛、外傷性疼痛、外傷性疼痛、外傷性痛み、軽度の痛み、中程度の激痛、中等度の痛み、多発性筋炎

組成

コーティングでコーティングされた錠剤。

活性物質:

イブプロフェンナトリウム二水和物256 mg

(イブプロフェン200mgに相当)

補助物質:クロスカルメロースナトリウム-30mg; キシリトール - 30mg; MCC-30mg; ステアリン酸マグネシウム8mg; 二酸化ケイ素コロイド - 2mg

シース:カルメロースナトリウム-0.5mg; タルク - 24mg; アカシアゴム - 0.8mg; スクロース93.1mg; 二酸化チタン(E171)-1.65mg; マクロゴール6000~0.25mg; 黒色インク(Opakod S-1-277001)(シェラック28.225%、鉄染料黒酸化物(E172)24.65%、プロピレングリコール1.3%、イソプロパノール* 0.55%、ブタノール* 9.75%、エタノール* 32.275% 、水* - 3.25%)

*印刷工程後に蒸発した溶剤

剤形の説明

丸い両凸タブレットは、白い鞘で覆われていて、タブレットの片側に黒色の「N」オーバープリントが付いています。

薬理学的効果

薬理作用 - 抗炎症、解熱、鎮痛。

薬力学

NSAIDの群からのプロピオン酸の誘導体であるイブプロフェンの作用機序は、痛み、炎症および温熱のPGメディエーターの合成の阻害によるものである。 PGの合成を阻害するCOX-1およびCOX-2を非選択的にブロックする。 痛み(鎮痛)、解熱および抗炎症作用に対して迅速な指向性作用を有する。 さらに、イブプロフェンは可逆的に血小板凝集を阻害する。

薬物動態

吸収は高く、速く、ほとんど完全に消化管から吸収されます。 2錠を服用した後。 空腹時のイブプロフェンの血漿中濃度が15分後に血漿中に検出された場合、血漿中のCmaxイブプロフェンは、同等の用量のNurofen(登録商標)を用いた場合の2倍の速さで30〜コーティングでコーティングされた錠剤、200mg。 薬物を食物と一緒に摂取するとTmaxが上昇する可能性があります。 血漿タンパク質との接続は90%以上、T1 / 2〜2時間です。ゆっくりと関節腔に浸透し、滑液に保持され、血漿中よりも高濃度になります。 吸収後、薬理学的に不活性なR体の約60%がゆっくりと活性S体に変換される。 それは肝臓で代謝される。 それは腎臓によって(1%以下の変化しない形で)排泄され、胆汁による排泄は少ない。

高齢者では、若年者と比較して薬の薬物動態プロファイルに有意差はなかった。

限られた研究では、非常に低濃度の母乳中にイブプロフェンが認められた。

適応症

頭痛;

片頭痛;

歯痛;

苦しい月経。

神経痛;

背痛、筋肉、リウマチ性疼痛、関節痛;

インフルエンザや風邪で発熱する病気。

禁忌

イブプロフェンまたは製剤に含まれる任意の成分に対する過敏症;

気管支喘息、再発性経鼻ポリープ症および副鼻腔炎の完全または不完全な組み合わせ、およびアセチルサリチル酸または他のNSAIDs(不眠症を含む)に対する不耐性;

(胃及び十二指腸潰瘍の消化性潰瘍、クローン病、潰瘍性大腸炎を含む)増悪期の消化管のびらん性及び潰瘍性疾患又は活性期又は肛門炎における潰瘍性出血(2つ以上の消化性潰瘍又は潰瘍出血の確認されたエピソード);

NSAID適用によって誘発された肛門炎における胃腸潰瘍の出血または穿孔;

重度の腎不全(C1クレアチニン<30ml /分)、高カリウム血症を確認した。

代償不全の心不全; aortocoronary shunting後の期間;

脳血管または他の出血;

グルコース - ガラクトースの吸収不良、スクロース - イソマルターゼの不足、

血友病および他の血液凝固障害(凝固低下を含む)、出血性素因;

妊娠(III期);

12歳未満の子供。

慎重に:このセクションで指定された条件の存在下で、使用する前に、医師に相談すべきである - 他のNSAIDの同時摂取; 胃の消化性潰瘍または胃腸管の潰瘍性出血の単一エピソードの徴候の存在; 胃炎、腸炎、大腸炎、ヘリコバクターピロリ感染の存在、潰瘍性大腸炎; 気管支喘息またはアレルギー性疾患(気管支喘息または悪性化の段階 - 気管支痙攣の発症)が可能である。 全身性エリテマトーデスまたは混合性結合組織疾患(シャペー症候群)は、無菌性髄膜炎のリスクを増加させた。 腎不全 脱水されたとき(C1-クレアチニンが30-60ml /分未満); ネフローゼ症候群; 肝不全; 門脈圧亢進症を伴う肝硬変; 高ビリルビン血症; 動脈性高血圧および/または心不全; 脳血管疾患; 不明な病因の血液疾患(白血球減少および貧血); 重度の身体疾患; 異脂肪血症/高脂血症; 糖尿病; 末梢動脈の疾患; 喫煙; アルコールの頻繁な使用; フェニルケトン尿症または不耐性フェニルアラニン; (プレドニゾロンを含む)、抗凝固剤(ワルファリンを含む)、SSRI(シタロプラム、フルオキセチン、パロキセチン、セルトラリンを含む)または抗血小板薬(アセチルサリチル酸、クロピドグレルを含む)の潰瘍または出血のリスクを増加させる可能性がある薬物の同時使用。 ; 妊娠、I-IIトリメスター; 母乳育児の時期。 高齢。

妊娠および泌乳

妊娠中のIII期における薬物の禁忌。 妊娠中のI-II期に薬剤を使用しないようにしてください。必要であれば、医師に相談してください。

少量のイブプロフェンが幼児の健康に悪影響を及ぼすことなく母乳に浸透できるという証拠があるので、母乳育児をやめる必要性を短期間で認めても通常は起こりません。 長期間薬を服用する必要がある場合は、医師に相談して、薬物使用期間中の母乳育児を中止する問題を解決する必要があります。

副作用

症状をなくすのに必要な最低の有効量で短期間の薬を服用すれば、副作用のリスクを最小限に抑えることができます。

高齢者では、NSAIDを使用した場合、特に消化管出血や穿孔、場合によっては致命的な副作用の発生率が高くなります。 副作用は主に用量依存的である。 特に、胃腸出血を発症する危険性は、投与量の範囲および治療期間に依存する。

以下の副作用が、イブプロフェンの短期摂取で1200mg /日(3錠)を超えない用量で認められた。 慢性状態および長期間の使用の処置において、他の副作用が起こることがある。

有害反応の発生頻度は、以下の基準に基づいて推定した。 非常に頻繁に(≧1/10); しばしば(≧1/100から<1/10); まれに(≧1/1000から<1/100); まれに(≥1/ 10000から<1/1000); 非常にまれに(<1/10000); 周波数は不明である(周波数推定に関するデータはない)。

血液およびリンパ系の部分では、非常にまれに - 造血障害(貧血、白血球減少、再生不良性貧血、溶血性貧血、血小板減少、汎血球減少、無顆粒球症)。 そのような疾患の最初の症状は、発熱、咽頭痛、口腔内の表在性潰瘍、インフルエンザ様症状、重度の衰弱、鼻血および皮下出血、未知の病因の出血および挫傷である。

免疫システムの側面から:まれに - 過敏反応 - 非特異的アレルギー反応やアナフィラキシー反応、気道反応(気管支喘息、気管支喘息、気管支痙攣、呼吸困難、呼吸困難を含む)、皮膚反応(かゆみ、じんま疹、紫斑病、スティーブンスジョンソン症候群、多形性紅斑)、アレルギー性鼻炎、好酸球増多を含む、剥離性および水疱性の皮膚病; 非常にまれに - 重度の過敏反応、 舌、喉頭の腫れ、呼吸困難、頻脈、動脈低血圧(アナフィラキシー、クインクケの浮腫または重症アナフィラキシーショック)が含まれる。

胃腸管から:まれに - 腹痛、吐き気、消化不良(胸やけ、鼓腸を含む)。 まれに - 下痢、鼓腸、便秘、嘔吐; 非常にまれに - 消化性潰瘍、穿孔または消化管出血、メネナ、吐血、いくつかのケースでは致死的、特に高齢患者では、潰瘍性口内炎、胃炎; 頻度は不明 - 大腸炎およびクローン病の悪化。

肝臓や胆管から:ごくまれに肝臓に違反し、肝臓トランスアミナーゼ、肝炎、黄疸の活動が増加する。

腎臓および尿路の部分では、非常にまれに - 血漿中の尿素濃度の増加および浮腫、血尿およびタンパク尿症、腎炎症候群の出現と組み合わせた、特に長期間の使用による急性腎不全(補償および代償不全)ネフローゼ症候群、乳頭壊死、間質性腎炎、膀胱炎が挙げられる。

神経系から:まれに - 頭痛; 非常にまれに - 無菌性髄膜炎。

CASの部分では、頻度が不明です - 心不全、末梢浮腫、長期間使用すると血栓合併症(例えば心筋梗塞)のリスクが上昇し、血圧が上昇します。

呼吸器系および縦隔器の部分では、気管支喘息、気管支痙攣、呼吸困難などの頻度は不明です。

検査項目:ヘマトクリット値またはHb値(減少する可能性あり)。 出血時間(増加するかもしれない)。 血漿中のグルコース濃度(低下し得る); クレアチニンクリアランス(減少する可能性がある); クレアチニンの血漿濃度(増加し得る); 肝臓トランスアミナーゼの活性(増加する可能性がある)。

副作用が起きた場合は、投薬を中止して医師に相談してください。

インタラクション

イブプロフェンと以下の薬剤の同時使用は避けるべきである

アセチルサリチル酸:低用量のアセチルサリチル酸(75mg /日以下)を医師が処方した場合を除き、共同適用は副作用のリスクを高める可能性があるため。 同時に使用すると、イブプロフェンはアセチルサリチル酸の抗炎症および抗血小板効果を低下させる(おそらく、イブプロフェンを服用した後の抗血小板剤としてのアセチルサリチル酸の小用量を受けた患者における急性冠動脈不全の発生率の増加)。

他のNSAID、特に選択的COX-2阻害剤:NSAID群からの2種以上の薬物の同時使用は、副作用のリスクの増加の可能性があるため避けるべきである。

以下の薬剤と同時に注意して使用してください

抗凝固剤および血栓溶解剤:NSAIDは抗凝固剤、特にワルファリンおよび血栓溶解剤の効果を高めることができる。

抗高血圧薬(ACE阻害薬およびARA II)および利尿薬:NSAIDは、これらの群の薬物の有効性を低下させる可能性がある。 腎機能障害(例えば、腎機能障害を有する脱水症患者または高齢者患者)のある患者では、ACE阻害剤またはARA II阻害剤およびCOX阻害剤の同時投与は、急性腎不全の発症を含む腎機能障害を引き起こす可能性がある通常可逆性)。

これらの相互作用は、コキシブをACE阻害剤またはARA IIと同時に服用している患者において考慮されるべきである。 この点で、上記の救済策の共同使用は、特に高齢者には注意して実施すべきである。 患者の脱水を予防し、そのような併用療法の開始後および定期的に腎機能を監視する可能性を考慮する必要がある。

利尿薬およびACE阻害薬:NSAIDの腎毒性を増加させる可能性がある。

SCS:胃腸潰瘍および消化管出血のリスクが増加する。

抗凝集剤およびSSRI:胃腸出血のリスクが増加する。

心臓グリコシド:NSAIDおよび強心配糖体の同時投与は、心不全の悪化、糸球体濾過率の低下および血漿中の強心配糖体濃度の増加を招く可能性がある。

リチウム製剤:NSAIDsのバックグラウンドに対する血漿中のリチウム濃度の増加の可能性に関するデータがある。

メトトレキセート:血漿中のメトトレキセートの濃度をNSAIDのバックグラウンドに対して増加させる可能性に関するデータがある。

シクロスポリン:NSAIDとシクロスポリンの同時投与による腎毒性のリスクの増加。

ミフェプリストン:NSAIDはミフェプリストンの有効性を低下させる可能性があるため、ミフェプリストンを服用してから8-12日以内にNSAIDを開始すべきである。

タクロリムス:NSAIDとタクロリムスを同時に投与すると、腎毒性のリスクが増加することがあります。

ジドブジン:NSAIDとジドブジンを同時に使用すると、血液毒性が増加する可能性があります。 ジドブジンとイブプロフェンとの併用療法を受けた血友病患者では、血腫や血腫のリスクが高いという証拠があります。

キノロン系の抗生物質:NSAIDsおよびキノロン系抗生物質との併用療法を受けている患者では、発作のリスクが増加する可能性があります。

骨髄毒性薬:血液毒性が増加した。

セファマンドール、セフォペラゾン、セフォテタン、バルプロ酸、プリカマイシン:低プロトロンビン血症の頻度の増加。

管状分泌をブロックする薬物:イブプロフェンの減少した血漿濃度および排泄の減少。

ミクロソーム酸化の誘導物質(フェニトイン、エタノール、バルビツール酸、リファンピシン、フェニルブタゾン、三環系抗うつ薬):ヒドロキシル化された活性代謝産物の産生が増加し、重度の中毒のリスクが増加する。

ミクロソーム酸化の阻害剤:肝毒性作用のリスクの低下。

経口血糖降下薬とインスリン、スルホニルウレアの誘導体:薬物の効果を高める。

制酸薬およびコロスタチン:吸収が減少した。

Urikozuricheskie薬:薬の有効性の低下。

カフェイン:増加した鎮痛効果。

投与と投与

内側、食後。 薬を服用する前に注意深く指示を読んでください。 短期間のみ使用します。

大人と12歳以上の子供 - 1つのテーブル。 (200mg)を1日3-4回投与する。

錠剤は水で洗い流すべきです。 薬物の投与間隔は少なくとも4時間でなければならない。

成人においてより迅速な治療効果を達成するためには、用量を2錠に増やすことができる。 (400mg)を1日3回まで投与する。

6錠以上は服用しないでください。 24時間。 最大一日量は1200mgです。

12〜17歳の子供の最大一日量は1000 mgです。 2〜3日で症状が持続または悪化する場合は、治療を中止して医師に相談してください。 薬を10日以上服用する必要がある場合は、医師に相談してください。

過剰摂取

小児では、400mg / kgを超える用量を服用した後、過度の症状があらわれることがあります。 成人では、用量依存的な過量投与の影響はそれほど顕著では{

Someone from the Kuwait - just purchased the goods:
Cerepro 400mg 28 pills