Best deal of the week
DR. DOPING

指示

Logo DR. DOPING

使用のための指示:Nalgesin forte

私はこれがほしい、私に価格を与える

活性物質ナプロキセン

ATXコードM01AE02ナプロキセン

薬理学グループ

非ステロイド性抗炎症薬[NSAIDs - プロピオン酸誘導体]

病理分類(ICD-10)

G43片頭痛

片頭痛、片頭痛、片頭痛片頭痛、偏頭痛、片頭痛、持続性頭痛、ヘミナスネ

H60.9外耳炎、不特定

外耳道の炎症、中耳炎、慢性外耳炎

H66.9中耳炎、不特定

慢性耳炎、中耳炎、中耳炎、中耳炎、小児中耳炎

J02.9急性咽頭炎、不特定

化膿性咽頭炎、急性鼻咽頭炎、リンパ門咽頭炎

J03.9急性扁桃炎、不特定(狭心症の無顆粒球性)

咽頭炎、狭心症、狭心症、炎症性鼻炎、急性咽頭炎、扁桃炎、急性扁桃炎、急性扁桃炎、狭心症、濾胞扁桃炎、狭心症、咽頭咽頭炎、狭心症、狭心症、 、胸膜炎狭心症、濾胞性咽頭痛、細菌性扁桃炎

J31.2慢性咽頭炎

咽頭および咽頭の炎症性疾患の悪化肥厚性咽頭炎、咽頭炎症過程、咽頭炎症、咽頭炎症性疾患、口腔および咽頭の伝染性炎症性疾患、萎縮性咽頭炎

J35.0慢性扁桃炎

慢性扁桃炎、扁桃の炎症性疾患、慢性狭心症、慢性肥厚性扁桃炎、扁桃狭心症

K08.8.0 *痛い歯痛

歯痛、歯痛、疼痛性炎症、歯科麻酔、歯科疼痛症候群、歯石除去後の痛み、歯を抜く時の痛み、歯痛、歯科治療後の痛み

M06.9他の特定関節リウマチ

関節リウマチ、リウマチ性関節炎、慢性関節リウマチ、リウマチ性多発関節炎、リウマチ様関節炎、リウマチ様関節炎、リウマチ性関節炎、リウマチ性関節炎、リウマチ性関節炎、リウマチ性関節炎、リウマチ様関節炎、リウマチ様関節炎、リウマチ性関節炎、関節リウマチ、能動的関節リウマチ、関節リウマチ、多発性関節リウマチ、急性リウマチ、急性リウマチ

M07.3他の乾癬性関節症(L40.5 +)

乾癬性関節炎、乾癬性関節炎の一般化された形態、乾癬性関節炎

M08少年[若年者]関節炎

若年性関節炎、若年性慢性多発性関節炎、若年性慢性関節炎、若年性関節リウマチ、関節炎若年性慢性

M10.9痛風、不特定

関節炎痛風、急性痛風性関節炎、痛風の急性発作、痛風性関節炎、痛風の悪化を伴う関節症候群、痛風の関節症候群、尿道痛、慢性関節炎性関節炎、急性痛風、塩分け

M19他の関節症

M35.3リウマチ性多発筋痛

関節リウマチ、関節周囲リウマチ症候群、関節周囲リウマチ疾患、関節周囲リウマチ軟部組織損傷、関節外関節リウマチ、リウマチ性関節リウマチ、関節リウマチ、関節リウマチ、リウマチ性関節リウマチ、リウマチ性関節リウマチ、リウマチ性関節リウマチ、軟組織のリウマチ、軟組織のリウマチ性疾患、関節周囲軟部組織のリウマチ性疾患、軟部組織のリウマチ性疾患、リウマチ性膠原病

M45強直性脊椎炎

ベクテレウス病、強直性脊椎炎、脊柱の病気、リウマチ性脊椎炎、ベクテレフ病、慢性関節リウマチ、慢性関節リウマチ、強直性脊椎炎、強直性脊椎関節症、マリー - ストランペル病、強直性脊椎炎、マリー - ストランペル病

M54.1ラジカル障害

急性坐骨神経痛、脊髄神経症、髄膜炎、脊髄炎を伴う斑状炎、急性神経根障害、橈骨炎を伴う疼痛症候群、亜急性根髄炎、橈骨炎、慢性根髄炎、脊柱の病気

M54.4坐骨神経痛を伴う腰痛

腰仙脊椎の痛み、腰痛、坐骨神経痛、腰椎症候群

M54.9背筋、不特定

脊髄の変性疾患、脊椎の変形性疾患、脊椎の骨関節症、背骨の痛みを伴う病変

M65滑膜炎および腱鞘炎

急性腱鞘炎、糸球体腎炎、テントシノビット、糸球体炎、筋肉関節疾患における変形性関節症、軟部組織の炎症性疾患、非特異的腱鞘炎、Tendosinovit

M71他のbursopathies

滑液包炎、滑液包炎、軟部組織の疾患、筋肉関節疾患の変形性関節症、軟部組織の炎症性疾患、亜急性滑液包炎

M79.1筋痛

筋・骨格系の疼痛症候群、筋骨格系の慢性炎症性疾患における疼痛症候群、筋肉の痛み、筋肉の圧痛、重度の身体運動における筋肉痛、筋骨格系の痛み、筋骨格系の疼痛筋肉痛、筋痛、筋肉痛、筋肉痛、安静時の筋肉痛、筋肉痛、非リウマチ起源の筋肉痛、リウマチ起源の筋肉痛、急性筋痛、リウマチ性疼痛、リウマチ性疼痛、筋筋膜炎症候群、線維筋痛

M79.2未知の神経学および神経炎

神経痛、神経痛、神経痛、肋間神経の神経痛、後脛骨神経痛、神経炎、神経炎、外傷、神経炎、神経学的疼痛症候群、痙攣を伴う神経拘縮、急性神経炎、慢性疼痛、末梢神経炎、外傷後神経痛、神経原性の重度の痛み、慢性の神経炎、本態性の神経痛

M89.9不特定の骨の病気

筋骨格系の急性炎症性疾患における疼痛症候群、筋骨格系の慢性炎症性疾患における疼痛症候群、筋骨格系の疼痛、骨の感染、オッサルジア、慢性退化性骨の痛み病気

N70卵管炎および卵巣炎

卵巣炎、卵巣炎、卵巣炎、急性副腎炎、卵管炎、卵管炎、卵巣の慢性炎症性疾患、炎症性卵巣の炎症

N94.6月経困難症

月経中の痛み、月経中の痛み、月経中の痛み、月経中の痛み、痛みを伴う月経不順、腹痛、アルゴメリア、痛みの平滑筋攣縮、平滑筋の痛み(腎臓および胆道疝痛、腸のけいれん、月経困難症) (腎臓および胆道疝痛、腸の痙攣、月経困難症)、Disalgomenoreya、月経困難症、(月経困難症、月経異常、月経異常、月経障害、月経困難症、月経周期の違反、月経不順、Prolaktinzavisimoe月経障害、月経不順症候群、内臓の平滑筋の痛み痙攣、痙攣性月経困難症、原発性脱髄疾患

R50.0倦怠感を伴う発熱

発熱、発熱、低温、高熱、長期発熱、肥満症候群、強熱症、感染症および炎症性疾患の体温上昇、発熱、症状、熱性症候群、発熱、発熱、感染症および炎症性疾患における発熱、慢性腎不全、慢性腎不全、慢性腎不全、慢性閉塞性肺疾患、慢性閉塞性肺疾患、慢性閉塞性肺疾患、慢性閉塞性肺疾患、慢性閉塞性肺疾患感染症、炎症性疾患の易発症症候群、風邪を伴うフェルビック症候群、異なる起源のフェルビッシュ症候群、風邪のための温度上昇、カタルと感染症および炎症性疾患の温度上昇、寒さなどの体温上昇、体温上昇寒さおよび他の感染性および炎症性疾患において、体重増加 寒冷および他の感染症および炎症性疾患における温度、妊娠中の発熱、血小板減少症、輸血時の熱反応

R51頭痛

頭痛、頭部の痛み、副鼻腔炎の痛み、頭の後ろの痛み、痛みのある頭痛、血管運動の頭痛、血管運動の起源の頭痛、血管運動障害の頭痛、頭痛、神経性頭痛、

R52.9不特定の痛み

術後の痛み、整形外科手術後の痛み、炎症起源の痛み、癌発生より痛み、診断手技後の疼痛症候群、痛みの徴候、術後の痛み、手術後の痛み診断、手術後の痛み、整形外科手術後の痛み、傷害後の痛み、痔核の除去後の痛み、自然の非リウマチ性炎症の痛み、末梢神経系の炎症性病変の痛み、糖尿病性神経障害の痛み、筋骨格系の急性炎症性疾患の痛み、腱病理の痛み、痛みの平滑筋痙攣、平滑筋の痛み(腎臓および胆道疝痛、腸のけいれん、月経困難症)、内臓の平滑筋の痛み痙攣、 (腎臓および胆道疝痛、腸の痙攣、月経困難症)、外傷性疼痛の疼痛、傷害を伴う痛み 十二指腸潰瘍の痛み、胃潰瘍の疼痛症候群、胃潰瘍および十二指腸潰瘍の疼痛症候群、痛み、月経中の痛み、痛み症候群、痛みを伴う状態、痛みを伴う足痛み、義歯装着時の痛みの歯茎、脳神経口の痛み、痛みを伴う月経不順、痛みを伴う包帯、痛みを伴う筋肉痙攣、痛みを伴う歯の成長、メラソージア、手術傷の領域の痛み、術後の痛み身体、診断手技後の痛み、整形外科手術後の痛み、手術後の痛み、インフルエンザの痛み、糖尿病性多発神経障害の痛み、火傷の痛み、性交中の痛み、診断手技中の痛み、 、副鼻腔炎の痛み、外傷の痛み、痛みの外傷、術後期間の痛み、診断手技後の痛み、瘢痕後の痛み 術後疼痛、術後疼痛、術後疼痛および外傷後疼痛、外傷後疼痛、嚥下時の痛み、上気道の感染性および炎症性疾患における疼痛、火傷の痛み、外傷性筋肉傷害における痛み、外傷性疼痛、外傷後疼痛、後頭部痛症候群、トルピッド疼痛、外傷性疼痛、外傷性疼痛、外傷性疼痛、外傷性疼痛、外傷性痛み、軽度の痛み、中程度の激痛、中等度の痛み、多発性筋炎

R68.8.0 *炎症性症候群

末梢神経系の炎症性病変を伴う疼痛症候群、肩関節の痛みを伴う炎症、外傷または手術後の痛みを伴う炎症、手術後の痛みのある炎症、痛みを伴う痔、炎症喉頭の炎症、歯肉の炎症、セルロースの炎症、リンパ節の炎症、扁桃炎、筋肉の炎症、軟部組織の炎症、口の炎症、手術後の炎症および外傷、整形外科手術後の炎症、外傷後の炎症、慢性関節リウマチの炎症、中耳の炎症、炎症性歯肉炎、眼瞼炎症、炎症性眼疾患、軟部組織の炎症性腫脹、炎症過程、外科的介入後の炎症過程、炎症過程、炎症症候群、Inflammat 手術後の炎症性症候群、膿性感染症、炎症病因の肝機能の侵害、筋骨格系の急性炎症、前炎症性軟部組織炎症

T14.3身体の不特定領域の関節の莢膜靱帯装置への脱臼、捻挫および損傷

筋肉の痛みを伴うストレッチ、緊張の痛みや炎症、転位の脱臼、靭帯の変性、捻挫や挫傷による浮腫、捻挫の介入後の浮腫、靭帯の損傷と破裂、筋骨格系の損傷、靭帯の損傷、関節の損傷、靭帯破裂、テンドン腱、筋肉の腱の破裂、痙攣、筋肉の伸展、捻挫、腱の緊張、伸展、筋肉の伸展、捻挫、腱の張力、骨関節系の傷害、靱帯への損傷関節への損傷、関節の傷、靱帯装置の伸展、習慣的な伸展および引き裂き

T14.9傷害不明

外傷後の痛み症候群、外傷後の痛み症候群、外傷および手術後の痛み症候群、傷害の場合の痛み、外傷性の痛み、傷害を伴う痛み、術後および外傷後の痛み、傷害の場合の痛み外傷性起源、深刻な外傷性疼痛症候群、深部組織損傷、胴体の深い傷、閉鎖傷害、軽度の家庭傷害、軽度の皮膚損傷、軟部組織の完全性の侵害、単純な外傷、広範囲の外傷、急性疼痛症候群外傷後の痛み、外傷後の痛み、軟部組織の傷害、関節の傷害、スポーツの傷害、傷害、外傷性の痛み、外傷性の痛み、外傷性の痛み、スポーツへの負傷

T88.9外科および医療の合併症、不特定

整形外科手術後の痛み、診断手技後の痛み症候群、手術後の痛み診断後の痛み、整形外科手術後の痛み、痔核除去後の痛み、エキシマレーザー照射時の痛み、歯科治療における痛み症候群、痛みを伴う診断介入、痛みを伴う診断操作、痛みを伴う器具診断手技、痛みを伴う器具操作、痛みを伴う治療、痛みを伴う治療、痛みを伴う治療、痛みを伴う治療的介入、術後の痛み、整形外科手術後の痛み、診断手技中の痛み、治療中の痛み、整形外科の痛み、術後の痛み、診断手技後の痛み、硬化療法後の痛み、歯科手術後の痛み、ポー 術後疼痛、術後疼痛および術後疼痛、歯の痛み、手術後の炎症、整形外科手術後の炎症、手術後の炎症、手術後の炎症症候群、手術後の瘻孔、手術創、手術後の合併症

組成

錠剤は、膜1のタブで覆われている。

コア

活性物質:

ナプロキセンナトリウム550 mg

補助物質:ポビドンK30; ICC; タルク; ステアリン酸マグネシウム; 精製水

シェル:色素Opadry YS-1R-4216(ヒプロメロース、二酸化チタン(E171)、マクロゴール、インジゴカルミン色素(E132)

剤形の説明

青色のフィルムコーティングで覆われた一方の側にリスクのあるオーバル両凸タブレット。

薬理学的効果

薬理作用 - 抗炎症、解熱、鎮痛。

薬力学

Nalgesin forteは、薬物ナプロキセンであり、鎮痛、解熱および抗炎症効果を有する。 作用機序は、COX-1、COX-2の活性の非選択的阻害に関連する。

錠剤は、フィルムでコーティングされ、ナルゲジン・フォルテは良好に溶解し、消化管から迅速に吸収され、鎮痛効果の急速な発症をもたらす。

薬物動態

胃腸管からの吸収 - 迅速かつ完全、生物学的利用能 - 95%(実質的に食べることは完全性または吸収率に影響しない)。 Tmax - 1-2時間、血漿タンパク質との結合 - > 99%、T1 / 2 - 12-15時間代謝 - 酵素系CYP2C9の関与により、ジメチルナプロキセンに対する肝臓で。 クリアランス - 0.13 ml /分/ kg。 それは腎臓によって98%(それらの10%は変わらない)に排泄され、胆汁は0.5-2.5%である。 Cssは薬物の4-5用量(2〜3日)を摂取すると決定される。 腎不全で代謝産物が蓄積する可能性があります。

表示

(関節リウマチ、乾癬、若年性慢性関節炎、強直性脊椎炎(ベクテレウス病)、痛風性関節炎、リウマチ性軟部組織損傷、末梢関節および脊椎の変形性関節症、腱炎、滑液包炎を含む);

神経痛、痛覚過敏、筋肉痛、腰痛、外傷後疼痛症候群(捻挫および挫傷)、炎症、術後疼痛(外傷学、整形外科、婦人科、顎顔面外科手術)、頭痛、片頭痛、奇形性痴呆、副鼻腔炎を伴う疼痛症候群、歯痛;

重度の疼痛症候群(咽頭炎、扁桃炎、耳炎)の耳、咽喉、鼻の感染性および炎症性疾患の複合治療において;

風邪および感染症を伴う熱性症候群。

Nalgesin forteは対症療法(痛み、炎症を軽減し、体温を上昇させる)に使用され、根底にある病気の進行には影響しません。

禁忌

ナプロキセンまたはナプロキセンナトリウムに対する過敏症; アセチルサリチル酸または他のNSAID(完全または不完全なアセチルサリチル酸耐性症候群 - 鼻副鼻腔炎、蕁麻疹、鼻粘膜のポリープ、気管支喘息)を服用した後の気管支閉塞、鼻炎、蕁麻疹の攻撃に関する既往のデータ。

aortocoronary shunting後の期間;

胃または十二指腸の粘膜におけるびらん性および潰瘍性変化、活動性胃腸出血、

悪化期の炎症性腸疾患(潰瘍性大腸炎、クローン病);

脳血管出血または他の出血および止血障害;

重度の肝障害または活動性肝疾患;

著しい腎不全(C1クレアチニン未満20ml /分) 確認された高カリウム血症、進行性腎臓病;

骨髄造血の圧迫;

妊娠、母乳育児期間;

Nalgesin forte錠1錠には550mgのナプロキセンが含まれているため、15歳未満の小児および青年には推奨されません。

IHD、脳血管疾患、うっ血性心不全、異脂肪血症/高脂血症、糖尿病、末梢動脈疾患、喫煙、60ml /分未満のC1クレアチニン; 老化、NSAIDsの長期使用、頻繁なアルコール使用、重度の体性疾患、抗凝固剤(例えばワルファリン)との併用療法、抗血小板薬(例えばアセチルサリチル酸、クロピドグレル)、経口GCS(例えばプレドニゾロン)、SSRI(例えばシタロプラム、フルオキセチン、パロキセチン、セルトラリン)。 胃腸管からの有害事象を発症する危険性を減らすために、最小有効用量はできるだけ少なくすべきである。 16歳未満の小児は、医師の助言を受けてのみ処方されます。

妊娠および泌乳

Nalgesin forteは、妊娠中および授乳中に使用することはお勧めしません。

副作用

副作用は、高用量のNalgesin forteを使用する場合に最も頻繁に発生します。

消化器系では、便秘、腹痛、消化不良、悪心、下痢、潰瘍性口内炎、びらん性潰瘍性病変および消化管出血、肝酵素の活性増加、肝機能障害、黄疸、吐血、メネナ。

CNS(中枢神経系)側から:難聴、めまい、頭痛、眠気、うつ病、睡眠障害、集中不能、不眠、倦怠感、筋肉痛および筋肉衰弱、遅い反応、無菌性髄膜炎、認知機能障害。

皮膚から:かゆみ、斑状出血、発汗の増加、紫斑、脱毛症、光線症。

感覚から:耳鳴り、視覚障害、聴覚障害。

CCC(心臓血管系)から:腫脹、息切れ、動悸、うっ血性心不全、血管炎。

尿生殖器系から:糸球体腎炎、血尿、間質性腎炎、ネフローゼ症候群、腎不全、腎性乳頭壊死、月経不順。

造血器官から:好酸球増加症、顆粒球減少症、白血球減少症、血小板減少症、再生不良性貧血。

呼吸器系から:好酸球性肺炎。

アレルギー反応:皮膚発疹、蕁麻疹、血管浮腫、表皮壊死、多形紅斑、スティーブンス・ジョンソン症候群。

その他:渇き、高体温、高血糖、低血糖、出血時間の増加、溶血性貧血。

同様の現象が発生した場合は、製剤の受付を中止し、可能であれば医師に対処する必要があります。

インタラクション

抗凝固剤を治療する際には、ナプロキセンが出血時間を増加させる可能性があることに留意する必要があります。 この薬剤を他のNSAID(副作用のリスクが高い)と同時に使用しないでください。

ヒダントイン、抗凝固剤、または血漿タンパク質に大部分結合する他の薬物療法を同時に受ける患者は、これらの薬物の作用または過剰摂取の増強の徴候をモニターすべきである。

薬ナルゲジン・フォルテは、プロプラノロールおよび他のβ遮断薬の抗高血圧効果を低下させることができ、ACE阻害剤の使用に伴う腎不全のリスクを高める可能性がある。 ナプロキセウムの作用下で、フロセミドのナトリウム利尿作用が阻害される。 リチウムの腎クリアランスの阻害は、血漿中のリチウム濃度の増加をもたらす。 プロベネシスの使用は、血漿中のナプロキセンのレベルを増加させる。 シクロスポリンは腎不全発症のリスクを高める。

ナプロキセンは、メトトレキセート、フェニトイン、スルホンアミドの排泄を遅らせ、毒性作用を発揮するリスクを増大させる。

マグネシウムとアルミニウムを含む制酸剤は、ナプロキセンの吸収を減少させる。

患者に他の病気やアレルギーがある場合、または他の薬を服用している場合は、主治医に連絡する必要があります。

投与と投与

内部。 医師の指示に厳密に従ってください。治療を中止しないでください。最初に医師に相談することなく投与量を変更しないでください。

痛みを和らげるために使用される通常の1日量は1〜2錠です。 (550-1100mg)。

非常に重度の痛みおよびGI疾患の病歴はなく、1日用量を3錠に増やすことが可能である。 (1650mg)であるが、2週間以下である。 解熱剤として薬物を使用する場合、初期投与量は1タブである。 (550mg)、次いで0.5錠を採取する。 (275mg)を6-8時間ごとに投与する。

片頭痛発作を防ぐために、1つのテーブルを推奨します。 (550mg)を1日2回投与する。 しかし、片頭痛発作の頻度、強度および期間が4-6週間以内に減少しなければ、治療を中止するべきである。 片頭痛発作の最初の徴候では、1.5錠(825mg)を服用し、必要であればもう1錠0.5-1錠を服用しなければならない。 (275-550mg)を30分後に投与した。

月経中の痛みや痙攣、IUD(子宮内螺旋)導入後の痛みや婦人科痛(副腎炎、鎮痛剤や栓子剤としての出産)を促進するために、1回の投与で投与することをお勧めします。(550mg)、続いて0.5表。 (275mg)を6-8時間ごとに投与する。

痛風の急性発作では、初回投与量は1.5錠である。 (825mg)、次いで1つの表。 (550mg)、次いで0.5錠を投与する。 発作が止まるまで8時間ごとに275mgを投与する。

リウマチ性疾患(慢性関節リウマチ、変形性関節症および強直性脊椎炎)において、通常の薬物の初回用量は1〜2錠である。 (550-1100mg)、1日2回、朝および夕方。1.5(825mg)〜3錠の範囲の最初の1日用量。 重度の夜間疼痛および/または重度の朝のこわばりの患者、高用量の他のNSAIDを有するナプロキセンナトリウムによる治療に移された患者、および痛みが主な症状である患者には、1,650mg(1650mg)が推奨される。 通常、1日量は1タブです。 (550mg) - 2錠。 (1100mg)を2回に分けて投与した。

朝と夜の線量は同じではないかもしれません。 主治医の同意を得て、症状の有病率、すなわち夜間痛および/または朝のこわばりに応じてそれらを変更することが可能である。

印象が準備の効果が非常に強いまたは弱いと思われる場合は、主治医または薬剤師に知らせる必要があります。

過剰摂取

症状:眠気、消化不良(胸やけ、吐き気、嘔吐、腹痛)、衰弱、耳鳴り、過敏症。 血性嘔吐、メレナ、意識障害、痙攣、腎不全などの重篤な症例では、

治療:胃洗浄と対症療法 - 活性炭、制酸薬、H2受容体遮断薬、プロトンポンプ阻害薬。 血液透析は効果がない。

特別な指示

指示書に記載されている量を超えないでください。 胃腸管の部分で有害事象を発症する危険性を低減するためには、最小限の有効量を短期間で使用する必要があります。

痛みや発熱が持続するか悪化する場合は、医師に相談してください。

Nalgesin forteを服用する前に、喘息患者、血液凝固障害患者、および他の鎮痛薬に対する過敏症の患者は、医師に相談する必要があります。

肝疾患や腎不全の患者には注意が必要です。 腎不全の患者では、クレアチニンクリアランスのレベルを監視する必要があります。 20 ml /分以下のC1クレアチニンのレベルでは、ナプロキセンは推奨されません。 慢性的なアルコール性および他の形態の肝硬変では、非結合ナプロキセンの濃度が増加するので、そのような患者は、より低い用量を推奨される。

Nalgesin forteは、医師の処方箋を除いて、他の抗炎症薬および鎮痛薬と一緒に摂取すべきではありません。

高齢の患者は低用量を推奨します。

手術前にナプロキセンを48時間服用しないでください。 17-コルチコステロイドを決定する必要がある場合、研究の48時間前に薬物を中断すべきである。 同様に、ナプロキセンは、尿中

Someone from the Argentina - just purchased the goods:
Vitamin B6 (Pyridoxine) injection 50mg 10 vials