Best deal of the week
DR. DOPING

指示

Logo DR. DOPING

使用のための指示:Mydocalm

私はこれがほしい、私に価格を与える

活性物質:トルペリゾン

ATXコード

M03BX04トルペリゾン

薬理学グループ

中枢作用の筋弛緩薬[n-cholinolytics(筋弛緩薬)]

病因分類(ICD-10)は、

G04脳炎、脊髄炎および脳脊髄炎

急性脳脊髄炎、急性脳脊髄炎、慢性脳脊髄炎、慢性脳脊髄炎、脳炎、脳脊髄炎、髄膜炎症

G24ジストニア

筋緊張の違反

G24.8.0 *筋緊張性

筋肉の緊張の増加、中枢神経系の有機性疾患による線条筋の攣縮、筋痙攣、脊髄疾患における痛みのある筋肉痙攣、骨格筋の増強

G25.9錐体外路および運動障害、不特定 :運動緩徐; 落ち着かない。 運動障害; 明治症候群。 筋肉の堅さ筋痙性; 筋肉の緊張; ピラミッド障害; ピラミッド路の敗北; 筋肉の剛性。錐体外路症候群; 痙性麻痺; 錐体外路

G35多発性硬化症

多発性硬化症、多発性硬化症、再発性多発性硬化症、二次進行性多発性硬化症、多発性硬化症の悪化、多発性硬化症の混合型

G80.0痙性脳性麻痺

リトル病、スカルティックパラス、リトル病

G93.4不特定脳症

ビリルビン脳症、ラクナ状態、門脈 - 脳症で振戦、潜在肝性脳症、動脈硬化性脳症、高張性脳症、低酸素脳症、代謝障害脳症、脳症、脳、ポルト大静脈脳症、血管脳症、外傷性脳障害、脳症の敗北、脳症脳症、脳脊髄小脳麻痺、てんかん性脳症、出血性ショックおよび脳症の症候群、亜急性海綿状脳症

G99.2他の分類された病気における骨髄性白血病

ミエロパシー、慢性骨髄炎

I64ストローク、出血または梗塞として指定されていない

一次脳卒中、脳卒中、脳卒中、マイクロストローク、脳卒中、完全脳卒中

I70.2四肢の動脈のアテローム性動脈硬化症

動脈硬化症、末梢動脈の動脈硬化症、末梢動脈のアテローム性動脈硬化症、四肢の血管のアテローム性動脈硬化症、下肢の壊死性疾患、アテローム性動脈硬化症の粥状動脈硬化症、下肢動脈の粥状動脈硬化症、上肢、下肢の血管のアテローム性動脈硬化症、四肢の動脈硬化症、四肢の動脈症、四肢の血管のアテローム性動脈硬化症、粥状動脈硬化症

I73.0レイノー症候群

レイノー症候群、レイノー病、レイノー症候群、レイノー症候群、レイノー病、栄養障害を伴うレイノー症候群、末梢血管障害

I73.1抹消血栓血管炎[バージャー病]

バーガー病、閉塞性血栓血管炎、血栓血管炎、閉塞性血栓血管炎

I73.8その他の特定の末梢血管疾患

動脈塞栓症、静脈不全およびその合併症、末梢血管の痙攣、冠動脈攣縮、冠状動脈の痙攣、冠状動脈の痙攣、冠状動脈の痙攣、冠動脈攣縮、内動脈炎、足の冷却、末梢循環の閉塞障害、末梢血管の閉塞

I79.2他の地域に分類される疾患における末梢血管障害

糖尿病性血管障害、糖尿病性血管障害、糖尿病性血管傷害、糖尿病性血管障害、間欠性血管浮腫、糖尿病の大血管症、微小血管新生、微小血管新生、糖尿病の微小血管新生、疼痛末梢血管障害、末梢動脈疾患、メンケベルグの硬化症、動脈の慢性退化性疾患

M19.9無制限の関節症

変形性関節症、骨関節炎、大関節の関節症、骨関節炎の疼痛症候群、筋骨格系の急性炎症性疾患における疼痛症候群、筋骨格系の慢性炎症性疾患における疼痛症候群、変形性関節症、変形性関節症、変形性関節症急性期の変形性関節症、大関節の変形性関節症、変形性関節症を伴う急性疼痛症候群、外傷後の変形性関節症、リウマチ性変形性関節症、脊椎関節症、慢性変形性関節症

M34.0進行性全身性硬化症

M47脊椎症

脊椎関節症、脊椎関節症、脊柱の病気、脊椎症

M47.8その他の脊柱症

竹脊椎、頸部脊椎症、頸部変形の脊柱症、頸部脊椎症

M54.4坐骨神経痛を伴う腰痛

腰仙脊椎の痛み、腰痛、坐骨神経痛、腰椎症候群

M62.4筋肉の拘縮

痙攣を伴う神経学的拘縮、筋拘縮

R25.2クランプとけいれん

(腎臓および胆道疝痛、腸の痙攣、月経困難症)、内臓の平滑筋の痛み痙攣、内臓の平滑筋の痛み痙攣(腎臓および胆道疝痛、筋肉痙攣、筋痙攣、筋痙攣、痙攣を伴う神経拘縮、四肢の夜痙攣、夜間脚痙攣、症状痙攣状態、ウェスト症候群、スムース(腸の痙攣、月経困難症)、痛みのある筋肉痙攣、痙攣、筋肉攣縮、血管平滑筋痙攣、筋痙攣、中枢神経系の有機性疾患による筋肉の痙攣、骨格筋攣縮、内臓平滑筋の攣縮、骨格筋の攣縮、線条筋痙攣、痙攣性疼痛、平滑筋の痙攣状態、痙攣性骨格筋、筋痙攣、痙攣、痙攣、中枢発作の発作、痙攣状態、痙性症候群、小児の痙攣状態、強迫発作、脳痙性症候群、現象ジャックナイフ

R26.2歩行困難、他に分類されていない歩行

断続的な血管浮腫のdysbasia

Z100 *クラスXXII外科手術

腹腔鏡手術、腹腔鏡手術、切断術、冠動脈形成術、頸動脈の血管形成術、創傷のための消毒皮膚治療、防腐剤ハンド、虫垂切除、アテローム切除術、バルーン冠動脈形成術、膣子宮摘出術、冠動脈バイパス、膣および子宮頸管内介入、膀胱、口腔内の介入、回復および再建手術、医療従事者の手指衛生、婦人科手術、婦人科介入、婦人科手術、手術中の血液循環ショック、膿創の消毒、傷口の消毒、診断介入、診断手順、人工心臓弁、膀胱摘除術、短期外来手術、短期手術、短期手術、クリコテレトミヤ、手術中の失血、手術中の出血、術後の出血腹腔鏡検査、婦人科の腹腔鏡検査、CSF瘻、小さな婦人科手術、小さな外科手術、乳房切除術およびその後のプラスチック、縦隔切開術、耳の顕微手術、Mukogingivalnye手術、縫合、マイナー手術後の回復期間、手術後の回復期、経皮経管冠動脈形成術、胸腔穿刺、術後肺炎、外傷後肺炎、外科手術の準備、外科手術の準備、眼科手術の眼球の固定、睾丸切除術、膵切除術、Perikardektomiya、手術後のリハビリ期間、術後の出血、術後の肉芽腫、術後のショック、早期術後、心筋血行再建術、術後の術後経過、術後の術後の術後の嘔吐、胃切除術、腸切除術、子宮切除術、肝切除術、浸潤切除術、腹腔切除術、手術術後組織切除、縫合除去、眼科手術後の状態、手術後の状態、状態術後の状態、胃切除後の状態、小腸切除後の状態、扁桃切除後の状態、十二指腸切除後の状態、瀉血後の状態、血管手術、脾臓摘出術、手術器具の滅菌、手術器具の滅菌、胸骨切開、歯科手術、歯周組織への歯科介入、椎間板切除術、胸腺手術、全胃切除、経皮的血管内冠動脈形成術、経尿道切除、Turbinektomiya、歯の除去、白内障手術、嚢胞の除去、扁桃切除、外科手術、肛門部の手術、外科手術、外科手術、外科手術、外科手術、外科手術、外科手術、外科手術、外科手術、外科手術、外科手術、外科手術、外科手術泌尿器科の手術手技、泌尿器系の手術手技、泌尿生殖器系の手術介入、心臓の外科的処置、外科的操作、外科処置、外科処置、外科処置、経皮経管冠動脈形成術、経皮的冠動脈形成術、冠動脈バイパス、歯の摘出、乳歯の摘出、切開術、胸腔鏡下手術、術後術、歯の抽出、歯の抽出、白内障の抽出、電気凝固、内視鏡的介入、切開切開、エトモイドトミヤ、歯の抽出後の合併症

手術後のZ54.0回復期間

脳梗塞後の状態、胆石除去後の状態、手術後の状態、手術後の回復期、手術後の回復期、手術後のリハビリ期間、手術後の回復期間、期間術後回復期、術後回復期、術後期、術後期間、術後リハビリ期間、傷害後リハビリ期間

組成

フィルムメンブレン1タブで被覆された錠剤。

活性物質:

塩酸トルペリゾン50mg150mg

補助物質:クエン酸一水和物 - 0.73 / 2.19 mg; 二酸化ケイ素コロイド--0.8 / 2.4mg; ステアリン酸-1.7 / 5.1mg; タルク - 4,5 / 13,5mg; MCC-14 / 42mg; トウモロコシデンプン - 29.77 / 89.31mg; ラクトース一水和物48.5 / 145.5 mg

膜膜:二酸化ケイ素コロイド-0.045 / 0.089mg; 二酸化チタン(E171 - 77891) - 0.244 / 0.447mg; ラクトース一水和物0.392 / 0.785mg; マクロゴール6000 - 0.392 / 0.785mg; ヒプロメロース - 3.927 / 7.844 mg

剤形の説明

50mgの錠剤:白色またはほぼ白色のフィルムコートで覆われている。円形で、両面が弱く特有の臭いがあり、片面に「50」の彫刻が施されている。

150mgの錠剤:フィルムコーティングされた白色またはほぼ白色の丸い両面凸凹で、特徴的な匂いが弱く、片側に「150」刻印。

骨折では:白またはほぼ白。

薬理学的効果

薬理作用 - 筋弛緩薬。

薬力学

中枢作用の筋萎縮症。 行動の仕組みは完全に理解されていません。 膜安定化局所麻酔作用は、原発性求心性線維および運動ニューロンにおける拍動の伝導を阻害し、その結果、脊髄単反射および多シナプス反射を遮断する。 おそらくシナプスへのCa 2+の流入を阻害することによりメディエーターの放出を再び阻害する。 脳幹では、網膜脊髄路に沿って励起を行うことの容易さが排除される。 それは、中枢神経系の影響に関係なく末梢血流を増強する。 この効果の発現において、トルペリゾンの弱い鎮痙作用および副腎機能が重要な役割を果たす。

薬物動態

摂取後、トルペリゾンは消化管からよく吸収されます。 Cmaxは0.5〜1時間後に達成され、バイオアベイラビリティは約20%である。

トルペリゾンは、肝臓および腎臓で代謝される。 それは代謝産物(99%以上)の形で尿中に排泄される。 代謝産物の薬理学的活性は不明である。

適応症

中枢神経系の有機疾患(ピラミッド路、多発性硬化症、脳卒中、骨髄炎、脳脊髄炎の愛着)に起因する線条体の筋緊張および痙攣の治療。

運動臓器の疾患に伴う筋収縮(脊椎症、脊椎関節症、子宮頸部および腰部症候群、大関節の関節症を含む)の治療;

整形外科および外傷手術後の回復的治療;

(アテローム性動脈硬化症、糖尿病性狭心症、閉塞性血栓血管炎、レイノー病、びまん性強皮症)、血管性神経支配障害(アクロシアニン症、間欠性血管浮腫症候群)に起因する疾患;

リトル病(小児脳性麻痺)および他の脳症、筋ジストニアを伴う。

禁忌

薬物のいずれかの成分に対する過敏症;

重症筋無力症;

3歳までの子供の年齢。

妊娠と泌乳

妊娠中および授乳中のデータが不足しているため、これらの期間中にMiodocalm®を使用することはお勧めしません。

副作用

筋肉の衰弱、頭痛、動脈低血圧、吐き気、嘔吐、腹部の不快感。 用量の減少に伴い、副作用は通常なくなる。 まれに、アレルギー反応(皮膚のかゆみ、紅斑、蕁麻疹、血管浮腫、アナフィラキシーショック、気管支痙攣)があります。

インタラクション

薬剤Midocalm®の使用を制限する相互作用に関するデータは入手できません。

トルペリゾンは中枢神経系に作用するが、鎮静作用を起こさないので、鎮静薬、催眠薬、アルコールを含む製剤と組み合わせて使用することができる。

中枢神経系へのアルコールの影響には影響しません。

トルペリゾンはニフル酸の作用を増強するが、これらの薬物の同時使用はニフル酸の投与量を減少させる必要がある。

全身麻酔薬、末梢筋弛緩薬、向精神薬、クロニジン - トルペリゾンの効果を高める。

投与と投与

内部、食べた後、噛むことなく、少し水を絞った。

成人と14歳からの子供 - 通常1日2〜3回50 mgで始まり、徐々に1日2〜3回150 mgに増量します。

3歳から6歳までの子供 - ミドカラム(登録商標)は、1日用量5mg / kgで経口投与される。 7〜14歳 - 2〜4mg / kg(1日3回の分割投与)。

過剰摂取

薬物の過量投与に関するデータMidokalm®は受け取られなかった。

治療:推奨される胃洗浄、対症療法。 特定の解毒剤はありません。

特別な指示

合併症を避けるために医師の処方に従って厳密に使用してください。

車両や機構を運転する能力に影響する。 研究は実施されていないが、長年の実践のために、そのような情報は受け取られていない。

フォームに頼る

フィルム被覆錠剤、50mgおよび150mg。 PVC /アルミニウムのブリスターでは、10個。 段ボール箱に3つの水ぶくれがあります。

薬局の供給条件

処方せん。

保管条件

乾燥した場所で、15〜30℃の温度で

子供の手の届かないところに保管してください。

賞味期限

3年。

パッケージに記載されている有効期限が過ぎてから使用しないでください。

Someone from the Malaysia - just purchased the goods:
Complex of cytamins for the urinary system