Best deal of the week
DR. DOPING

指示

Logo DR. DOPING

使用のための指示:Ketanov

私はこれがほしい、私に価格を与える

活性物質ケトロラク

ATXコードÀÒÕM01AB15ケトロラック

薬理学グループ

NSAIDs - 酢酸誘導体および関連化合物

病理分類(ICD-10)

M25.5関節の痛み

骨関節炎の疼痛症候群、変形性関節症の疼痛症候群、筋骨格系の急性炎症性疾患における疼痛症候群、筋骨格系の慢性炎症性疾患における疼痛症候群、関節の痛み、関節の痛み関節の痛み、関節の痛み、関節の痛み、関節の痛み、関節の痛み、関節の痛み、重度の物理的な運動の関節の痛み、痛みを伴う炎症性関節の損傷、筋骨格系の痛みの状態、痛いジョイント条件、関節の痛みを伴う外傷性の愛、筋骨格系の痛み、関節痛、関節リウマチの痛み、慢性変性性骨疾患の痛み、慢性変性性関節疾患の痛み、骨関節痛、関節痛、関節炎の痛み関節リウマチ、関節痛症候群、関節痛、リウマチ痛、リウマチ性疼痛

M54背痛

背部の痛み、背骨の痛み、背中の痛み、背骨の様々な部分の痛み、背中の痛み、脊柱の苦痛の痛み症候群、筋骨格系の痛み

M54.1ラジカル症

急性坐骨神経痛、脊髄神経症、髄膜炎、脊髄炎を伴う斑状炎、急性神経根障害、橈骨炎を伴う疼痛症候群、亜急性根髄炎、橈骨炎、慢性根髄炎、脊柱の病気

M79.0その他の未指定リウマチ

リウマチ、関節リウマチ、関節リウマチ、関節リウマチ、リウマチ、リウマチ、リウマチ、リウマチ性疾患、リウマチ性疾患、リウマチ性疾患、リューマチ性疾患、リューマチ性疾患、リューマチ性疾患、リューマチ性疾患、リューマチ性疾患関節リウマチ、関節リウマチ、関節リウマチ、関節リウマチ、関節リウマチ、慢性関節リウマチ、慢性関節リウマチ、リウマチ疾患、椎間板リウマチ疾患、リューマチ性関節リウマチ、関節リウマチ、関節リウマチ

M79.1筋痛

筋・骨格系の疼痛症候群、筋骨格系の慢性炎症性疾患の疼痛症候群、筋肉の痛み、筋肉の圧痛、重度の身体運動における筋肉痛、筋骨格系の痛み、筋骨格系の痛み筋肉痛、筋痛、筋肉痛、筋肉痛、安静時の筋肉痛、筋肉痛、非リウマチ起源の筋肉痛、リウマチ起源の筋肉痛、急性筋痛、リウマチ性疼痛、リウマチ性疼痛、筋筋膜炎症候群、線維筋痛

M79.2未知の神経学および神経炎

神経痛、神経痛、神経痛、肋間神経の神経痛、後脛骨神経痛、神経炎、神経炎、外傷、神経炎、神経学的疼痛症候群、痙攣を伴う神経拘縮、急性神経炎、慢性疼痛、末梢神経炎、外傷後神経痛、神経原性の重度の痛み、慢性の神経炎、本態性の神経痛

R52.0急性疼痛

急性疼痛症候群、変形性関節症を伴う急性疼痛症候群、外傷性起源の急性疼痛症候群、神経原性の重篤な疼痛、重度の疼痛、送達時の疼痛症候群

R52.1一定の無制限の痛み

がん患者の疼痛症候群、悪性新生物の疼痛、悪性腫瘍の疼痛、癌の疼痛、がん患者の疼痛、がん疼痛症候群、悪性新生物の疼痛症候群、悪性新生物の疼痛症候群、 、骨転移の痛み、癌の疼痛、悪性疼痛症候群、集中慢性疼痛、集中疼痛症候群、集中型非疼痛症候群、集中型慢性疼痛症候群、無制限疼痛、無制限疼痛、腫瘍痛、外傷後疼痛症候群、痛み、慢性疼痛、慢性疼痛症候群

R52.2その他の一定の痛み

痛み症候群、リウマチ起源、脊椎病変部の痛み、室内痛、火傷の痛み、痛み症候群弱または中等度、周術痛、中程度から重度の痛み、中程度または弱く発現した疼痛症候群、中程度から重度の痛み、耳炎、神経因性疼痛、神経因性疼痛

R52.9不特定の痛み

術後の痛み、整形外科手術後の痛み、炎症起源の痛み、癌発生よりも痛み、診断手技後の痛み症候群、胆嚢摘出術後の痛み、痛みの徴候、非悪性痛、産科および婦人痛、痛み症候群、 、手術後の痛み診断、手術後の痛み、整形外科手術後の痛み、傷害後の痛み、痔核の除去後の痛み、自然の非リウマチ性炎症の痛み、末梢神経系の炎症性病巣の痛み、糖尿病性神経障害の痛み、筋骨格系の急性炎症性疾患の痛み、腱病理の痛み、痛みの平滑筋痙攣、平滑筋の痛み(腎臓および胆道疝痛、腸のけいれん、月経困難症)、内臓の平滑筋の痛み痙攣、 (腎臓および胆道疝痛、腸の痙攣、月経困難症)、外傷性疼痛の疼痛、傷害を伴う痛み 十二指腸潰瘍の痛み、胃潰瘍の疼痛症候群、胃潰瘍および十二指腸潰瘍の疼痛症候群、痛み、月経中の痛み、痛み症候群、痛みを伴う状態、痛みを伴う足痛み、義歯装着時の痛みの歯茎、脳神経出口点の痛み、痛みを伴う月経不順、痛みを伴う包帯、痛みを伴う筋肉痙攣、痛みを伴う歯の成長、舌の痛み、手術傷口の痛み、術後の痛み身体、診断手技後の痛み、整形外科手術後の痛み、手術後の痛み、インフルエンザの痛み、糖尿病性多発神経障害の痛み、火傷の痛み、性交中の痛み、診断手技中の痛み、 、副鼻腔炎の痛み、外傷の痛み、痛みの外傷、術後期間の痛み、診断手技後の痛み、瘢痕後の痛み 術後疼痛、術後疼痛、術後疼痛および外傷後疼痛、外傷後疼痛、嚥下時の痛み、上気道の感染性および炎症性疾患における疼痛、火傷の痛み、外傷性筋肉傷害における痛み、外傷性疼痛、外傷後疼痛、後頭部痛症候群、トルピッド疼痛、外傷性疼痛、外傷性疼痛、外傷性疼痛、外傷性疼痛、外傷性疼痛、軽度疼痛、中程度疼痛、中等度疼痛、多発性筋炎を伴う多関節痛

T88.9外科および医療の合併症、不特定

整形外科手術後の痛み、診断手技後の痛み症候群、手術後の痛み診断後の痛み、整形外科手術後の痛み、痔核除去後の痛み、エキシマレーザー照射時の痛み、歯科治療における痛み症候群、痛みを伴う診断介入、痛みを伴う診断操作、痛みを伴う器具診断手技、痛みを伴う器具操作、痛みを伴う治療、痛みを伴う治療、痛みを伴う治療、痛みを伴う治療的介入、術後の痛み、整形外科手術後の痛み、診断手技中の痛み、治療中の痛み、整形外科の痛み、術後の痛み、診断手技後の痛み、硬化療法後の痛み、歯科手術後の痛み、ポー 術後疼痛、術後疼痛および術後疼痛、歯の痛み、手術後の炎症、整形外科手術後の炎症、手術後の炎症、手術後の炎症症候群、手術後の瘻孔、手術創、手術後の合併症

リリースの構成と形式

コーティングでコーティングされた錠剤。

ケトロラクトロメタミン10mg

補助物質:コーンスターチ; MCC(微結晶セルロース)。 二酸化ケイ素コロイド; ステアリン酸マグネシウム

フィルムシース:ヒドロキシプロピルメチルセルロース; ポリエチレングリコール400(マクロゴール400); タルカム精製; 二酸化チタン; 精製水(製造中に失われた)

10個のブリスターで。 厚紙1枚、2枚、3枚または10枚のブリスターで包装します。

筋肉内注射用溶液1 ml

ケトロラクトロメタミン30mg

補助物質:塩化ナトリウム; エデト酸二ナトリウム; エタノール; 水酸化ナトリウム; 注射用水

1mlのアンプル中; 段ボールのパックで5または10個。

剤形の説明

錠剤:片面に彫刻「KVT」を有する、白またはほぼ白色のコートで覆われた丸型、両凹型。

注射液:透明、無色または淡黄色の溶液。

薬理学的効果

薬理作用 - 抗炎症、解熱、鎮痛。

薬力学

ケトロラクは顕著な鎮痛効果を有し、抗炎症および中等度の解熱効果も有する。

作用機序は、主に末梢組織中の酵素COX-1および-2の活性の非選択的阻害に関連し、疼痛感受性、体温調節および炎症のPGモジュレーターの生合成の阻害をもたらす。 ケトロラクは、[ - ] S型による鎮痛効果を有する[ - ] S-および[+] R-鏡像異性体のラセミ混合物である。

薬物は、オピオイド受容体に影響を与えず、呼吸を抑えず、薬物依存を引き起こさず、鎮静作用および抗不安作用をもたない。

モルヒネに匹敵する鎮痛効果の強さにより、それは他のNSAIDを有意に超える。

静脈内投与および経口投与後、鎮痛効果の開始はそれぞれ0.5時間および1時間後に示され、最大効果は1〜2時間で達成される。

薬物動態

摂取後、Ketanov®は胃腸管によく吸収されます - 血漿中のCmax(0.7-1.1μg/ ml)は空腹時10mgで40分後に達成されます。 脂肪が豊富な食品は、血液中のCmax薬物を低下させ、その達成を1時間遅らせる。 薬剤の99%が血漿タンパク質に結合し、低アルブミン血症では血液中の遊離物質の量が増加する。 生体利用率は80〜100%である。

/ m導入時の吸収 - 完全で速い。 薬剤Cmaxの最初の30mgが1.74-3.1μg/ ml、60mg-3.23-5.77μg/ ml、Tmax-それぞれ15-73および30-60分である。

非経口および経口投与のための平衡濃度(CSS)に到達する時間は、1日4回投与(24時間未満)であり(静脈内投与レベルより上)、IV注射の場合は15mgの0.65-1.13μg/ ml、 30mg~1.29~2.47μg/ ml; 経口投与後10mg~0,39-0,79mkg / ml。 分布の容積は0.15-0.33 l / kgである。 腎不全の患者では、薬物の分布容積を2倍にすることができ、そのR-エナンチオマーは20%増加させることができる。

母乳に浸透する:母親がケトロラク(10mg)の1回目と2回目の投与を受けた後、ミルク中のCmaxは2時間後に達し、7.3および7.9ng / lである。

投与量の50%以上が肝臓で代謝され、薬理学的に不活性な代謝産物が形成される。 主要な代謝産物は、腎臓によって排泄されるグルクロニド、およびp-ヒドロキシケトロールである。 出産率は腎臓で91%、腎臓で6%です。

正常腎機能を有する患者のT1 / 2は平均して5.3時間(30mgのa / m投与後3.5~9.2時間および10mgの経口投与後2.4~9時間)。 高齢患者ではT1 / 2が延長され、若年患者では短縮される。 肝機能はT1 / 2に影響しません。血漿中のクレアチニン濃度が19〜50 mg / l(168〜422μmol/ l)の腎機能障害患者では、T1 / 2は10.3〜10.8時間です。より顕著な腎不全 - 13.6時間以上。

全クリアランスは、10mg~0.025l / kg / hの用量で経口投与した場合、0.023l / kg / h(高齢患者では0.019l / kg / h)の用量で30mgであり; 30mg〜0.015l / kg /時間のa / m用量で、10mg〜0.016l / kg / hの経口投与で19〜50mg / lの血清クレアチニン濃度を有する腎不全である。

それは血液透析中に排泄されない。

適応症

中等度の強い疼痛症候群および様々な起源の強い強度(術後期間、がんを含む)。

禁忌

ケトロラクまたは他のNSAIDs、アスピリン喘息、気管支痙攣、血管浮腫、血液量減少(それを引き起こした原因にかかわらず)、脱水に対する感受性の増加;

急性期の胃腸管のびらん性および潰瘍性病変、消化性潰瘍、低凝固症(血友病を含む);

肝臓および/または腎不全(50mg / lを超える血漿クレアチニン);

出血性素因、出血性素因、他のNSAIDとの同時投与、出血または再発性出血(後手術を含む)の高い危険性、造血障害;

妊娠、出産および授乳;

16歳未満の子供(有効性と安全性が確立されていない)。

手術前および手術中の麻酔(出血のリスクが高いため)。

慢性疼痛の治療。

注意して、気管支喘息; 胆嚢炎; 慢性心不全; 動脈性高血圧; 腎機能障害(50mg / l以下の血漿クレアチニン); 胆汁うっ滞; 活動性肝炎; 敗血症; 全身性エリテマトーデス; 老齢(65歳以上)。 鼻粘膜および鼻咽頭のポリープ。

副作用

副作用の発生率は以下のように定義されています:頻繁に - 3%以上。 より少ない頻度で1-3%。 まれに - 1%未満です。

消化器系では:しばしば(特に胃腸管のびらん性潰瘍性病変の病歴を有する65歳以上の高齢者において) - 胃痛、下痢、 頻度が低い - 口内炎、鼓腸、便秘、嘔吐、胃のオーバーフローの感覚; まれに - 胃腸管の吐き気、びらん性および潰瘍性病変(穿孔および/または出血 - 上腹部領域における腹痛または痙攣、メレナ、「コーヒー敷地」のような嘔吐、悪心、胸やけなど)肝炎、肝腫、急性膵炎。

泌尿器系の側面から:めったに - 急性腎不全、血尿および/またはアゾト血症を伴うまたは伴わない背痛、溶血性尿毒症症候群(溶血性貧血、腎不全、血小板減少、紫斑)、頻尿、尿量の増加または減少、腎炎、腎臓の発生を腫れさせる。

感覚から:まれに - 難聴、耳鳴り、視覚障害(視力障害を含む)。

呼吸器系ではまれに - 気管支痙攣や呼吸困難、鼻炎、喉頭浮腫(息切れ、呼吸困難)。

中枢神経系の側から:頻繁に - 頭痛、めまい、眠気。 (発熱、重度の頭痛、痙攣、首および/または首の硬直)、多動(気分の変化、不安)、幻覚、うつ病、精神病。

心臓血管系から:頻繁ではない - 血圧の上昇; 稀に - 肺水腫、失神。

hemopoiesisから:めったに - 貧血、好酸球増多、白血球減少症。

止血システムの側面から:稀に - 術後創傷からの出血、鼻血、直腸出血。

皮膚の部分では、より少ない頻度で皮膚発疹(紅斑性発疹を含む)、紫斑病; スヴェンツ・ジョンソン症候群、ライエル症候群などの稀な剥離性皮膚炎(寒気のあるかどうかにかかわらず発熱、皮膚の緻密化または舞い上がり、扁桃腺の腫脹および/または軟化)

局所反応:頻度が少なく、注射部位での灼熱や痛み。

アレルギー反応:まれにアナフィラキシーやアナフィラキシー様反応(皮膚変色、皮膚発疹、蕁麻疹、皮膚かゆみ、頻呼吸や呼吸困難、眼瞼浮腫、眼窩周囲浮腫、息切れ、息切れ、胸痛、喘鳴)。

その他:頻繁に腫れます(顔、足、足首、指、足、体重増加)。 頻度が低い - 発汗が増加する。 まれに - 舌の腫れ、発熱。

インタラクション

アセチルサリチル酸または他のNSAID、カルシウム製剤、GCS、エタノール、コルチコトロピンとのケトロラクの同時使用は、胃腸潰瘍の形成および消化管出血の発症につながり得る。

パラセタモールとの同時投与は、腎毒性を増加させ、メトトレキセート - 肝毒性および腎毒性を増加させる。 ケトロラクとメトトレキセートの併用投与は、低用量のケトロラク(血漿中のメトトレキセートの濃度を制御する)の使用のみで可能である。

プロベニシドは、血漿クリアランスおよびケトロラク分布の量を減少させ、血漿中のその濃度を増加させ、その半減期を増加させる。 ケトロラクの使用の背景に対して、メトトレキセートおよびリチウムのクリアランスの減少およびこれらの物質の増加した毒性が可能である。 間接的な抗凝固剤、ヘパリン、血栓溶解剤、抗凝集剤、セフォペラゾン、セフォテタンおよびペントキシフィリンとの同時投与は、出血のリスクを増加させる。 低血圧および利尿薬の効果を減少させます(腎臓におけるPGの合成を減少させます)。 オピオイド鎮痛薬と併用すると、後者の用量を有意に減少させることができる。

制酸薬は薬物の完全な吸収に影響を与えません。

インスリンおよび経口血糖低下薬の低血糖効果は増加する(用量再計算が必要である)。

バルプロ酸ナトリウムとの同時投与は、血小板凝集の破壊を引き起こす。 ベラパミルおよびニフェジピンの血漿中濃度を上昇させる。

他の腎毒性薬(金の調製を含む)との任命で、nefrotoksichnostiの発症リスクが上昇する。 管状分泌を阻止し、ケトロラクのクリアランスを減少させ、血漿中のその濃度を増加させる薬剤。

注射用溶液は、沈殿のために硫酸モルヒネ、プロメタジンおよびヒドロキシジンで1つの注射器に混合してはならない。 トラマドール、リチウム製剤の溶液と薬学的に適合しない。

注射用溶液は、生理食塩水、5%デキストロース溶液、リンゲル液およびリンガー乳酸溶液、プラスマライト溶液、ならびにアミノフィリン、塩酸リドカイン、塩酸ドパミン、短時間作用型インスリンおよびヘパリンナトリウム塩を含む注入溶液と適合する。

投与と投与

丸薬。 内部、1回または繰り返し、疼痛症候群の重症度に応じて。 痛みの重症度に応じて、1回10mgを1日10mg〜4回服用することを推奨します。 最大日用量は40mgを超えてはならない。

経口投与の場合、コース期間は5日を超えてはなりません。

注入。 痛みの強さおよび患者の反応に従って選択される、最小有効用量でのV / m(深部)。 必要に応じて、オピオイド鎮痛薬を減量して追加的に処方することも可能である。

単回投与の単回投与量:

- 65歳未満の患者 - 疼痛症候群の重症度に応じて10〜30mg;

- 65歳以上の患者、または腎機能障害を有する患者 - 10〜15 mg。

複数のI / m導入による線量:

- 65歳未満の患者 - 10〜30mg、次いで4〜6時間ごとに10〜30mg;

- 65歳以上の患者、または腎機能障害を有する患者 - 4-6時間ごとに10-15mg。

65歳未満の患者の筋肉内投与の1日の最大投与量は90mgを超えてはならず、65歳を超える患者または腎機能障害がある患者の場合60mgであるべきである。

非経口投与の場合、治療期間は5日を超えてはならない。

薬物の非経口投与から経口投与に切り替える場合、65日齢の患者では90 mg、65歳以上の患者では60 mg、障害を有する患者では60 mgを超えてはならない腎機能 この場合、移行日の錠剤中の薬物の用量は30mgを超えてはならない。

過剰摂取

症状:腹痛、吐き気、嘔吐、消化性胃炎の消化性潰瘍の発生、腎機能障害、代謝性アシドーシス。

治療:胃洗浄、吸着剤(活性炭)の導入、対症療法の実施(身体機能の維持)。 それは透析によって十分に排泄されない。

特別な指示

血小板凝集に対する効果は24〜48時間後に止まる。

低体温は腎臓からの有害反応のリスクを高める。 必要に応じて、麻薬性鎮痛薬と組み合わせて処方することができます。

産科の麻酔と麻酔をサポートする前投薬手段としての使用には、Ketanov®は推奨されません。

パラセタモールと同時に5日間以上使用しないでください。 血液凝固障害を有する患者は、血小板の数を一定に制御した薬物のみが処方され、止血を注意深く監視する必要がある手術後期間に特に重要である。

Ketanov®の予約を受けている患者の重要な部分は、中枢神経系の副作用(眠気、めまい、頭痛)を引き起こすため、注意を払い、迅速な対応が必要な作業を行わないことが推奨されますメカニズムなど)。

薬局からの休暇の条件

処方せん。

貯蔵条件

乾燥した暗所で、25℃以下の温度で

子供の手の届かないところに保管してください。

賞味期限

3年。

パッケージに記載されている有効期限が過ぎても使用しないでください。

Someone from the Austria - just purchased the goods:
PK-Merz 100mg 30 pills