Best deal of the week
DR. DOPING

指示

Logo DR. DOPING

使用のための指示:Ipronal

私はこれがほしい、私に価格を与える

剤形:錠剤

有効成分プロキシバルバル*

薬理学的グループ:

不安緩解薬

nosological分類(ICD-10)は、

F48その他の神経障害:神経症; 神経学的疾患; 神経障害; 神経性疾患; 精神神経症; 不安神経症の状態; 慢性神経障害; 感情反応障害

G43片頭痛:片頭痛の痛み。 片頭痛; 片麻痺性片頭痛; 片頭痛; 片頭痛発作; 継続的な頭痛; 半月板

K25胃潰瘍:ヘリコバクターピロリ; 胃潰瘍を伴う疼痛症候群; 胃及び十二指腸の消化性潰瘍を伴う疼痛症候群; 胃粘膜の炎症; 胃腸管の粘膜の炎症; 良性の胃の潰瘍; ヘリコバクター・ピロリ(Helicobacter pylori)に関連する胃および十二指腸の疾患; 潰瘍疾患に対する胃十二指腸炎の悪化; 消化性潰瘍の悪化; 胃潰瘍の悪化; 有機性消化器疾患; 胃と十二指腸の消化性潰瘍; 術後胃潰瘍; 潰瘍の回復; 症状のある胃の潰瘍; ヘリコバクターピロリに関連する上部胃腸管の慢性炎症性疾患; ヘリコバクター・ピロリ菌根絶; 胃のびらん性潰瘍性病変; 胃のびらん性病変; 胃粘膜の浸食; 消化性潰瘍; 胃潰瘍; 胃潰瘍; 胃の潰瘍性病変; 胃と十二指腸の症状のある潰瘍

十二指腸のK26潰瘍:十二指腸潰瘍を伴う疼痛症候群; 胃及び十二指腸の消化性潰瘍を伴う疼痛症候群; ヘリコバクター・ピロリ(Helicobacter pylori)に関連する胃および十二指腸の疾患; 消化性潰瘍の悪化; 十二指腸潰瘍の悪化; 胃と十二指腸の消化性潰瘍; 十二指腸潰瘍の再発; 胃と十二指腸の症状がある潰瘍; ヘリコバクター・ピロリ菌根絶; 十二指腸のびらん性潰瘍性病変; ヘリコバクター・ピロリに関連する潰瘍性十二指腸病変; 十二指腸のびらん性病変; 十二指腸の消化性潰瘍疾患; 潰瘍性十二指腸病変

N94.3月経前緊張症候群:月経前症候群が顕著である。 月経心身症; 月経症候群; 月経前緊張; 月経前状態。 月経前期間; 月経前症候群; 月経症候群

N95.1女性の更年期および閉経状態:エストロゲン欠乏に起因する下部生殖管の粘膜の萎縮; 膣の乾燥; 女性の自律機能不全; gipoestrogeniya状態; 更年期の女性におけるエストロゲンの欠乏; 閉経における粘膜の変性変化; 自然な更年期障害; インタクトな子宮。 更年期; 閉経女性; 女性の更年期; 更年期のうつ病; 更年期性卵巣機能不全; 閉経; 更年期性神経症; 閉経; 更年期症状は複雑な精神的感情を引き起こす。 更年期症候群; 更年期の栄養障害; 更年期の心身症; 更年期障害; 女性における更年期障害; 更年期症状; 更年期性血管障害;閉経; 更年期の血管運動症状; 更年期; エストロゲンの欠如; 熱を感じる。 病的閉経; 閉経周辺期; 閉経; 閉経後。 早期閉経; プレムノパウズノ期; 潮; ほてり; Menoおよび閉経後の潮紅; 閉経時の熱いフラッシュ/ホットフラッシュ; 閉経時の心臓発作; 女性の早期閉経; 閉経の障害; 更年期症候群; 閉経の血管合併症; 生理的閉経; エストロゲン欠乏症状態; 早漏

R51頭痛:頭の痛み。 頭痛; 副鼻腔炎の痛み; 首の痛み; 痛みの頭痛; 頭痛の血管運動の起源; 頭痛の血管運動の起源; 血管運動障害を伴う頭痛; 頭痛; 神経性頭痛; 継続的な頭痛

組成および放出形態

1錠にプロバルバール50mgが含まれています。 箱に30個入ります。

薬理学的効果

行動様式 - 静けさ、鎮静。

網状組織、視床下部および自律神経系の機能を調節する。

薬力学

神経機能障害の重症度を軽減し、不安を解消し、興奮性を高め、血管運動性頭痛を排除します。

薬物動態

すばやく完全に消化管に吸収されます。 摂取後30分でCmaxに達する。 肝臓で代謝され、主に尿で排泄される。

臨床薬理学

治療効果は、治療開始後4〜10日で安定化される。 精神的能力、眠気および薬物依存の低下を引き起こさない。

準備指標Ipronal

血管運動障害、片頭痛、月経前症候群、閉経期の栄養障害、神経症、胃および十二指腸の消化性潰瘍(複合療法における鎮静剤)を伴う頭痛。

禁忌

過敏症、急性腎不全または肝不全。

妊娠中および授乳中のアプリケーション

禁忌。

副作用

消化不良、眠気、めまい、精神的なパフォーマンスの低下(特に大量の服用後)。

インタラクション

中枢神経系に影響を与える他の薬剤の効果を(相互に)強化します。

投与と投与

内部に、片頭痛 - 50mgを1日3回、2〜3ヶ月間、必要に応じて、1回の投与量を100mgまで増やすことができます。 頭痛の対症療法として、鎮痛薬と組み合わせて100mgを1日3回まで処方する。 有機性の脳病変によって引き起こされる頭痛で、3〜4ヶ月間3回に分けて300〜400mg /日。 他の適応症については、50mgを3回/日で6週間以上投与する。

予防措置

薬物に対する個々の反応を確認する前に、自動車の管理や潜在的に危険なメカニズムの操作を控えてください。 他のデプリミルユウミミ(deprimiruyuschimi)薬と組み合わせることは推奨されない。

薬剤イプロナールの保存条件

子供の手の届かないところに保管してください。

Someone from the Singapore - just purchased the goods:
Libidon intensive course 180 capsules