Best deal of the week
DR. DOPING

指示

Logo DR. DOPING

使用のための指示:IRS 19

私はこれがほしい、私に価格を与える

剤形:鼻スプレー

活性物質:肺炎連鎖球菌、I型+肺炎連鎖球菌、II型+肺炎連鎖球菌、III型+肺炎連鎖球菌、V型肺炎連鎖球菌、肺炎連鎖球菌、肺炎連鎖球菌、XII + Haemophilus

ATX

R07AXその他の呼吸用製品

薬理学的グループ:

他の免疫調節剤

病因分類(ICD-10)は、

J01急性副鼻腔炎:副鼻腔の炎症; 副鼻腔の炎症性疾患; 副鼻腔の膿性炎症プロセス; ENT臓器の伝染性炎症性疾患; 副鼻腔の感染; 組み合わせた副鼻腔炎; 副鼻腔炎の悪化; 副鼻腔の急性炎症; 急性細菌性副鼻腔炎; 成人における急性副鼻腔炎; 亜急性副鼻腔炎; 急性副鼻腔炎; 副鼻腔炎

J02.9急性咽頭炎、不特定:膿性咽頭炎; 急性鼻咽頭炎; リンパ節咽頭炎

J03.9急性扁桃炎、不特定(狭心症顆粒球性):咽喉感染; 急性扁桃炎; アンギナ; 濾胞性扁桃炎; 狭心症 - 出血性; 二次咽頭痛; 主な咽喉; アンギナ濾胞性; アンギナ; 扁桃腺の炎症性疾患; Catarrhal狭心症; Lacunar狭心症; 急性咽頭痛; 扁桃炎; 急性扁桃炎; 扁桃腺狭心症; 濾胞性咽頭痛; 細菌性扁桃炎

J04急性喉頭炎および気管炎:上気道疾患の咳; 喉頭炎; 急性喉頭炎; 気管炎急性; 咽頭咽頭炎; ENT臓器の伝染性炎症性疾患

J06複数のおよび特定されていない場所の急性上気道感染症:ウイルス性疾患の頻繁な風邪; ENT臓器の感染; インフルエンザの自然の急性呼吸器疾患; 風邪のための痛み; 急性カタル性疾患; コールド; 風邪。 風邪。 呼吸器感染症; 季節性カタル性疾患; 季節の風邪; 上気道の感染症および炎症性疾患における疼痛; 上気道の細菌感染; 呼吸器系の細菌感染; ウイルス性呼吸器疾患; ウイルス性呼吸器感染症; 上気道の炎症性疾患; 上気道の炎症性疾患; 上気道の炎症性疾患で、喀痰を分離することが困難である。 炎症性呼吸器疾患; 風邪のための二次感染; 急性および慢性の呼吸器疾患における喀痰の分離が難しい。 上気道感染症; 上気道の感染; 呼吸器感染症; 呼吸器および肺の感染; 上気道の感染性炎症性疾患; 上気道およびENT臓器の伝染性炎症性疾患; 成人および子供の上気道の伝染性炎症性疾患; 上気道の感染性炎症性疾患; 呼吸器の感染性炎症; 呼吸器感染症; カタール上気道; 上気道のカタル;上気道のカタル; 上気道からのカタラーレス現象; 上気道の病気で咳をする。 風邪のための咳; ARVI; ARI; 鼻炎の現象を伴うARI; 急性呼吸器感染症; 上気道の急性感染性炎症性疾患; 急性呼吸器疾患; 喉または鼻の中の迫害; 呼吸器およびウイルス感染; 呼吸器疾患; 呼吸器感染症; 再発性呼吸器感染症; インフルエンザによる二次感染。 インフルエンザ州; インフルエンザのための条件

J10特定されたインフルエンザウイルスに起因するインフルエンザ:インフルエンザA; インフルエンザB; インフルエンザA型; タイプBのインフルエンザA

J11インフルエンザ、未知のウイルス:インフルエンザ。 病気の初期段階のインフルエンザ。 子供のインフルエンザ; 胸が寒い。 インフルエンザ様の状態を開始します。 急性疾患パラインフルエンザ; パラインフルエンザ; パラインフルエンザ状態; インフルエンザ流行; インフルエンザの痛み

J30血管運動およびアレルギー性鼻炎:アレルギー性鼻炎 ; アレルギー性鼻浮腫症; 上気道のアレルギー性疾患; アレルギー性鼻炎; 季節性アレルギー性鼻炎; 血管運動鼻水; 長期のアレルギー性鼻炎; 一年中アレルギー性鼻炎; 通年のアレルギー性鼻炎; 年中または季節性のアレルギー性鼻炎; アレルギー性の全年型の鼻炎; 鼻炎血管運動性アレルギー; 鼻結膜症候群の形態の花粉症の悪化; 急性アレルギー性鼻炎; 鼻粘膜の浮腫; 鼻粘膜の浮腫; 鼻腔の粘膜の浮腫; 鼻粘膜の腫れ; 鼻粘膜の腫れ; 花粉症; 永続的なアレルギー性鼻炎; 鼻結膜炎;鼻副鼻腔炎; Rhinosinusopathy; 季節性アレルギー性鼻炎; 季節性アレルギー性鼻炎; ヘイ鼻炎; 慢性アレルギー性鼻炎; 呼吸器系のアレルギー性疾患

J31慢性鼻炎、鼻咽頭炎および咽頭炎:アレルギー性鼻浮腫症; 鼻粘膜の炎症; ENT器官の感染症および炎症性疾患; 鼻咽頭領域のカタル; 一年中鼻炎; Ozena; 喉または鼻の中の迫害; 鼻炎過形成; 慢性鼻炎; 咽頭咽頭炎; 慢性細菌性鼻炎

J32慢性副鼻腔炎:アレルギー性鼻副鼻腔疾患; 膿性副鼻腔炎; 鼻咽頭領域のカタル; 副鼻腔のカタラーラム炎症; 副鼻腔炎の悪化; 慢性副鼻腔炎

J35扁桃腺およびアデノイドの慢性疾患

J40急性または慢性として特定されていない気管支炎:喘息性気管支炎; アレルギー性気管支炎; アレルギー性気管支炎; 喘息気管支炎; 鼻気管支炎; 喘息気管支炎; 細菌性気管支炎;気管支炎; 喫煙者の気管支炎; 喫煙者の気管支炎; 下部気道の炎症; 気管支の病気; カタール喫煙者; 咳喫煙者; 肺や気管支の炎症性疾患で咳をする。 気管支分泌の障害; 気管支機能障害; 急性気管気管支炎; 亜急性気管支炎; 気管気管支炎; 慢性肺疾患

J42慢性気管支炎、不特定:再発気管支炎; 喘息気管支炎; 喘息気管支炎; 慢性気管支炎; 炎症性呼吸器疾患; 気管支の病気; カタール喫煙者; 肺や気管支の炎症性疾患で咳をする。慢性気管支炎の悪化; 慢性気管支炎; 慢性閉塞性肺疾患; 慢性気管支炎; 喫煙者の慢性気管支炎; 慢性痙性気管支炎; アレルギー性気管支炎; アレルギー性気管支炎

Z100 *クラスXXII外科手術:腹部手術; 腺切除術; 切断; 冠動脈形成術; 頸動脈の血管形成術; 創傷のための消毒皮膚治療; 消毒ハンド; 虫垂切除術; アテレクトミー; バルーン冠動脈形成術; 膣子宮摘出術; 冠動脈バイパス; 膣および子宮頸管内の介入; 膀胱の介入; 口の介入; 修復および再建手術; 医療従事者の手指衛生。 婦人科手術; 婦人科介入; 婦人科手術;手術中の血液量減少ショック; 化膿性創傷の消毒; 創傷端の消毒; 診断介入; 診断手順; 子宮頸部の凝固異常症; 長時間手術; 瘻カテーテルの交換; 整形外科手術における感染; 人工心臓弁; 膀胱摘除術; 短期外来手術; 短期間のオペレーション; 短い外科処置; クリコテイロトミヤ; 手術中の失血; 手術中および術後の出血; Kuldotsentez; レーザー光凝固; レーザー凝固; 網膜レーザー凝固; 腹腔鏡検査; 婦人科における腹腔鏡検査; CSF瘻; 小さな婦人科手術; 小さな外科手術; 乳房切除およびその後のプラスチック; 縦隔切開術; 耳に対する顕微手術; Mukogingivalnye操作; 縫合; マイナー手術; 脳神経外科手術; 眼科手術における眼球の固定化; 睾丸切除術; 膵切除術; Perikardektomiya; 手術後のリハビリの期間。 手術後の回復期; 経皮経管冠動脈形成術; 胸膜胸腔; 術後および外傷後の肺炎; 外科手術の準備; 手術の準備; 手術前の外科医の手の準備; 外科的処置のための結腸の準備; 脳神経外科および胸部手術における術後吸引性肺炎; 術後悪心; 術後出血; 術後肉芽腫; 術後ショック; 術後早期。 心筋血行再建術; 放射線摘出; 胃切除術; 腸切除術; 子宮切除; 肝切除; enterectomy;胃の一部の切除。 操作された船の再閉鎖; 手術中に組織を結合する; 縫合糸の除去; 眼科手術後の状態; 手術後の状態; 鼻腔内手術後の状態; 胃切除後の状態; 小腸の切除後の状態;扁桃摘出後の状態; 十二指腸の除去後の状態; 静脈切除後の状態; 血管手術; 脾摘出; 手術器具の滅菌; 手術器具の滅菌; 胸骨切開術; 歯科手術; 歯周組織における歯科的介入; 椎間板切除術; 扁桃切除術; 胸腔鏡手術; 胸腔鏡手術; 総胃切除術; 経皮血管内冠動脈形成術; 経尿道切除術; Turbinektomiya; 歯の除去; 白内障手術; 嚢胞の除去; 扁桃切除術; 子宮筋腫の除去; 可動の一次歯を取り外す。 ポリープの除去; 壊れた歯を取り除く。 子宮体の除去; 縫合糸の除去; 瘻孔likvoroprovodyaschih方法; Frontoetmoidogaymorotomiya; 外科感染症; 慢性四肢潰瘍の外科的処置; 手術; 肛門部の手術。 結腸手術; 外科手術; 外科的処置; 外科的介入; 胃腸管の外科手術; 尿路に関する外科処置; 泌尿器系の外科的処置; 泌尿生殖器系の外科的介入; 心臓の手術手技; 手術操作; 手術; 静脈の手術; 外科的介入; 血管手術; 血栓症の外科的処置; 手術; 胆嚢摘出術; 部分胃切除術; 子宮摘出術; 経皮経管冠動脈形成術;経皮経管脈管形成術; 冠動脈バイパス; 歯の摘出; 乳歯の摘出; 切開術; 拍動性心肺バイパス; 抜歯; 歯抽出; 白内障抽出; 電気凝固; 泌尿器科の介入; 切開切開術; エトモイドトミヤ;歯の抽出後の合併症

組成および放出形態

スプレー鼻100 ml

活性物質:

細菌溶解物43.27ml

細菌溶解物の組成:

Streptococcus pneumoniae I型、II型、III型、V型、VIII型、XII型から1.11ml

黄色ブドウ球菌(Staphylococcus aureus ss aureus)9.99 ml

ナイセリア・サブフラバ2.22 ml

髄膜炎菌2.22 ml

Klebsiella pneumoniae ss pneumoniae 6.66 ml

モラクセラ・カタラーリス2.22 ml

ヘモフィルスインフルエンザ菌B型3.33 ml

Acinetobacter calcoaceticus 3.33 ml

エンテロコッカスフェシウム0.83 ml

Enterococcus faecalis 0.83 ml

ストレプトコッカス・ピオゲネス(Streptococcus pyogenes)群A 1.66ml

連鎖球菌ジスガラクチア(Streptococcus dysgalactiae)C群1.66ml

ストレプトコッカス(Streptococcus)群G 1.66mL

補助物質:グリシン - 4.25 g; ナトリウムメルトリアレート - 1.2 mg以下; ネロール(リナロール、アルファ - テルピネオール、ゲラニオール、メチルアントラニレート、リモネン、ゲラニルアセテート、ジエチレングリコールモノエチルエーテル、フェニルエチルアルコール)をベースとするフレーバー - 12.5mg; 精製水 - 最大100 ml

20 ml(60回分)のボトルで。 1箱のボトルに入れてください。

剤形の説明

透明で無色、時には黄色の色相を帯び、ネロールに基づく味のかすかな香りの液体。

特性

細菌溶解物の複雑な調製。

薬理学的効果

モードアクション - 特定の非特異的な耐性を高める。

薬力学

IRSŪ19は、特異的かつ非特異的な免疫力を高めます。 IRS(登録商標)19を噴霧すると、鼻粘膜を覆う微細なエアロゾルが形成され、局所免疫応答の急速な発達をもたらす。 特定の防御は、粘膜上の病原菌の定着および複製を防止する、分泌型免疫グロブリンA型(IgA)のクラスの局所的に形成された抗体によって引き起こされる。 非特異的免疫防御は、マクロファージの貪食活性の増加およびリゾチームの含有量の増加に現れる。

準備のための表示IRS 19

上気道および気管支の慢性疾患の予防;

上気道および気管支の急性および慢性疾患(鼻炎、副鼻腔炎、喉頭炎、咽頭炎、扁桃炎、気管炎、気管支炎など)の治療;

インフルエンザおよび他のウイルス感染後の局所免疫の回復;

ENT臓器および術後期間における日常の外科的介入の準備。

禁忌

肛門炎における薬物またはその成分に対する過敏症;

自己免疫疾患。

妊娠中および授乳中のアプリケーション

治療の期待される効果が胎児と赤ちゃんの潜在的なリスクを超えている場合、妊娠中および授乳中の可能性のある適用。

副作用

IRSŪ19を服用した場合、以下の副作用が、その薬物の作用に関連するかまたは関連しないことに留意され得る。

皮膚反応:まれに、過敏反応(蕁麻疹、血管浮腫)、皮膚紅斑様および湿疹反応が起こりうる。

ENTの臓器や呼吸器から:まれに - 喘息発作と咳。

まれに、治療開始時に、明らかな理由、悪心、嘔吐、腹痛、下痢、鼻咽頭炎、副鼻腔炎、喉頭炎、気管支炎のために体温が上昇(≧39℃)することがあります。

血小板減少性紫斑病および結節性紅斑の単一症例が記載されている。

上記の症状が現れた場合は、医師に相談することをお勧めします。

インタラクション

他の薬物とのネガティブな相互作用の事例は不明である。 細菌感染の臨床症状が現れた場合、抗生物質はIRSŪ19の継続使用の背景に対して処方されることがあります。

投与と投与

鼻腔内に、1回の用量のエアロゾル投与(1用量= 1回の噴霧器の短い押圧)。 薬を噴霧するときは、ボトルを垂直にして、頭を傾けないでください。

3カ月齢(発症率の増加が予想される前の2〜3週間)の成人および小児の予防のために、各鼻腔内に1日2回、2週間、1回用量の薬物を投与する。

上気道および気管支の急性および慢性疾患の処置:3歳以上の成人および小児 - 1日に2〜5回、各鼻腔内に薬物を1回投与; 3ヵ月から3才までの子供 - 1日2回(粘液分泌物の放出後)に各鼻腔内に薬物を1回投与する。 感染の症状が消失するまで治療を行う。

以前のインフルエンザやその他の呼吸器ウイルス感染後に局所免疫を回復させるには:成人と小児 - 各鼻腔内で1日2回、2週間、薬物を1回投与する。

日常的な手術の準備と術後の準備:大人と子供 - 各鼻腔に1日2回、2週間に1回の薬物服用(計画手術の1週間前に治療を開始すること)。

治療の開始時に、くしゃみや鼻からの排出増加などの反応が起こることがあります。 原則として、それらは短期的性質のものである。 これらの反応が重度の経過を辿る場合は、薬物の投与頻度を減らすか、または薬物を取り消す。

薬物を使用せずに長時間放置すると、液滴が蒸発し、形成された結晶がノズルの出口を詰まらせる。 この現象は、ノズルを取り出して、あらかじめ洗浄して乾燥させることなく、ボトルの隣にあるパッケージの先端に入れたときに最も頻繁に発生します。 目詰まりすると、ノズルが連続して数回行われ、過度の圧力の影響下で液体が通過することができる。 これで問題が解決しない場合は、ノズルを数分間暖かい水の中に降ろします。

過剰摂取

過量投与のケースは不明である。

予防措置

IRS19Ūの使用は、自動車の運転や自動車や機械の制御に関連する精神運動機能には影響しません。

特別指導

免疫刺激の目的で細菌溶解物に基づいて薬物を処方する場合、気管支喘息患者において喘息発作が起こり得る。 この場合、治療を中止し、今後このクラスの薬物を服用しないことをお勧めします。

使用上の注意

スプレー・ボトル:

- 50°C以上の温度および直射日光を避けて保護する。

- ボトルを突き刺さないでください。

- ビンは空でも焼かないでください。

メーカー

ソルベイファーマ、フランス。

医薬品IRS 19の保管条件

25℃以下の温度で(凍結しないでください)。 厳密に垂直な位置にある。

子供の手の届かないところに保管してください。

医薬品IRS 19の有効期間

3年。

パッケージに記載されている有効期限が過ぎてから使用しないでください。

Someone from the Spain - just purchased the goods:
Memantine Canon 10mg 30 pills