Best deal of the week
DR. DOPING

指示

Logo DR. DOPING

使用のための指示:Hydroxyzine

私はこれがほしい、私に価格を与える

物質のラテン系名称Hydroxyzine

Hydroxyzinum(Hydroxyzini

化学名

2- [2- [4 - [(4-クロロフェニル)フェニルメチル] -1-ピペラジニル]エトキシ]エタノール(二塩酸塩またはエンボネートとして)

総式

C 21 H 27 ClN 2 O 2

薬理学的グループ:

不安緩解薬

nosological分類(ICD-10)は、

F10.3禁酒:アルコール離脱症候群; 禁酒症候群; アルコール依存症を伴う禁酒症候群; 禁欲; アルコール禁酒。 アルコール離脱状態。 アルコール離脱症候群; 術後障害; 放棄後の状態。 ハングオーバー症候群; 禁酒症候群; アルコール禁酒症候群; アルコール離脱症候群; 禁酒条件

F41他の不安障害:不安状態; 不安; 慢性警報; 不安感。 不安な仮説状態。 アラームを停止します。 非精神病性不安障害

F41.1全般性不安障害 :全般性不安障害; 一般化されたアラーム。 嫌気性神経症; 不安反応; 心配する神経症

F45ソマトフォーム障害:心身症; 心身症; 心身症; 体性疾患の興奮の状態; 心血管系の機能的心身症

F48その他の神経障害:神経症; 神経学的疾患; 神経障害; 神経性疾患; 精神神経症; 不安神経症の状態; 慢性神経障害; 感情反応障害

L29かゆみ:胆道の部分閉塞を伴うかゆみ; 皮膚炎かゆみ; 持続性のかゆみを伴う皮膚病; その他のかゆみ皮膚病; かゆみ皮膚病; かゆみアレルギー性皮膚炎; かゆみ性皮膚炎; かゆみ皮膚病; かゆみかゆみ; かゆみを軽くする。 重度のかゆみ; 内因性かゆみ; 皮膚のかゆみ、皮膚病; 限られたかゆみのある皮膚炎; 皮膚のかゆみ。 痒い頭皮。 かゆみ湿疹

R45.1不安とかき混ぜ:激越 ; 不安; 爆発的興奮性; 内部刺激; 興奮性; 励起; 興奮急性; 精神運動の興奮; 過敏性; モーター興奮; 精神運動の停止; 神経質な興奮。 落ち着き、 夜のトラブル。 興奮を伴う統合失調症の急性期; 急性の精神的煽動; 興奮の発作; 過励み; 興奮性の向上。 神経興奮性の増加; 感情および心臓興奮性の増加; 増加した興奮; 精神的な覚醒; 精神運動の興奮; 精神病における精神運動の興奮; てんかん性の精神運動の興奮; 精神運動性発作; 精神運動のフィット; 興奮の症状; 精神運動の興奮の症状; 攪拌の状態。 不安の状態。 興奮状態; 懸念が高まった状態。 精神運動の興奮の状態。 不安の条件; 興奮条件; 体性疾患の興奮の状態; 興奮度; 不安の感情; 感情的な覚醒

R45.4過敏性および怒り:増加した過敏性を伴う神経症; 怒りの爆発; 怒り; 憤慨; 増加した過敏症; 神経系の過敏性の増加; 過敏性; 神経症の過敏症; 精神障害の過敏症; 過敏症の症状; 不快感

Z100 *クラスXXII外科手術:腹部手術; 腺切除術; 切断; 冠動脈形成術; 頸動脈の血管形成術; 創傷のための消毒皮膚治療; 消毒用ハンド; 虫垂切除術; アテレクトミー; バルーン冠動脈形成術; 膣の子宮摘出術; 冠状動脈バイパス; 膣および子宮頸管内の介入; 膀胱の介入; 口の介入; 修復および再建手術; 医療従事者の手指衛生。 婦人科手術; 婦人科介入; 婦人科手術; 手術中の血液量減少ショック; 化膿性創傷の消毒; 創傷端の消毒; 診断介入; 診断手順; 子宮頸部の凝固異常症; 長時間手術; 瘻孔カテーテルの交換。 整形外科手術における感染; 人工心臓弁; 膀胱摘除術; 短期外来手術; 短期間のオペレーション; 短い外科処置; クリコテイロトミヤ; 手術中の失血; 手術中および手術後の出血; Kuldotsentez; レーザー光凝固; レーザー凝固; 網膜レーザー凝固; 腹腔鏡検査; 婦人科における腹腔鏡検査; CSF瘻; 小さな婦人科手術; 小さな外科手術; 乳房切除術およびその後のプラスチック; 縦隔切開術;耳に対する顕微手術; Mukogingivalnye操作; 縫合; マイナー手術; 神経外科手術; 眼科手術における眼球の固定化; 睾丸切除術; 膵切除術; Perikardektomiya; 手術後のリハビリ期間; 手術後の回復期; 経皮経管冠動脈形成術; 胸膜胸腔; 術後および外傷後の肺炎; 外科手術の準備; 手術の準備; 手術前の外科医の手の準備; 外科的処置のための結腸の準備; 脳神経外科および胸部手術における術後吸引性肺炎; 術後悪心; 術後出血; 術後肉芽腫; 術後ショック; 術後早期。 心筋血行再建術; 放射線摘出; 胃切除術; 腸切除術; 子宮切除; 肝切除;enterectomy; 胃の一部切除。 操作された船舶の再閉鎖。 手術中に組織を結合する; 縫合糸の除去; 眼科手術後の状態; 手術後の状態; 鼻腔内手術後の状態; 胃切除後の状態; 小腸の切除後の状態; 扁桃切除後の状態; 十二指腸の除去後の状態; 静脈切除後の状態; 血管手術; 脾摘出; 手術器具の滅菌; 手術器具の滅菌; 胸骨切開術; 歯科手術; 歯周組織における歯科的介入; 椎間板切除術; 扁桃切除術; 胸腔鏡手術; 胸腔鏡手術; 総胃切除術; 経皮血管内冠動脈形成術; 経尿道切除術; Turbinektomiya; 歯の除去; 白内障手術; 嚢胞の除去; 扁桃切除術; 子宮筋腫の除去; 可動の一次歯を取り外す。 ポリープの除去; 壊れた歯を取り除く。 子宮体の除去; 縫合糸の除去; 瘻孔likvoroprovodyaschih方法;Frontoetmoidogaymorotomiya; 外科感染; 慢性四肢潰瘍の外科的処置; 手術; 肛門部の手術。 結腸の手術; 外科手術; 外科的処置; 外科的介入; 胃腸管上の手術; 尿路の手術手順;泌尿器系の外科的処置; 泌尿生殖器系の外科的介入; 心臓の手術手技; 手術操作; 手術; 静脈の手術; 外科的介入; 血管手術; 血栓症の外科的処置; 手術; 胆嚢摘出術; 部分胃切除術; 子宮摘出術; 経皮経管冠動脈形成術; 経皮経管脈管形成術; 冠動脈バイパス; 歯の摘出; 乳歯の摘出; 脈管切除術; 脈拍的心肺バイパス; 抜歯; 歯抽出; 白内障抽出; 電気凝固; 尿管内治療; 切開切開術; エトモイドトミヤ; 歯の抜去後の合併症

Z60.0ライフスタイルの変化への適応に関連する問題:適応; 毎日のバイオリズムの修正。 適応の障害。 適応障害; 生物学的リズムの正常化。 適応障害; 適応障害

Z98.8他の指定された術後状態:術後期間における膿胸合併症; 手術の化膿性合併症; 術後肝機能障害; 術後嘔吐; 術後合併症; 術後期間; 術後早期

CASコード

68-88-2

物質の性質ヒドロキシジン

塩酸ヒドロキシキシンは、無臭で水に非常に溶けやすい白色粉末で、分子量は447.83である。

薬理学

作用様式 - 抗不安薬、H1-抗ヒスタミン薬。

薬力学

ヒドロキシキシンブロックH1-ヒスタミンレセプターは、抗ムスカリン作用および鎮静作用を有し、いくつかの皮質下領域の活性の抑制を促進する。

H1-ヒスタミンブロックに加えて、それは気管支拡張作用および制吐作用を有し、胃液分泌に対して中等度の阻害作用を有する。 ハイドロキシシンは、蕁麻疹、湿疹および皮膚炎の患者のかゆみを有意に減少させる。

注意や記憶を含む認知機能を改善します。 中毒、精神的依存、および長期使用による離脱症候群を引き起こさない。

肝不全では、H1-ヒスタミン遮断効果は、単回投与後96時間まで延長することができる。

中等度の抗不安作用を有する。

不眠症および不安の患者の睡眠ポリグラフは、睡眠の持続時間の増加、50mgの用量でのヒドロキシジンの単回または反復投与後の夜間覚醒の頻度の減少を示す。 不安を有する患者の筋緊張の軽減は、1日3回50mgの用量で認められた。

H1-ヒスタミン遮断効果は摂取後約1時間で起こる。 鎮静は30~45分後に起こる。

薬物動態

吸う。 摂取後、吸収が高く、Tmaxの値は2時間である。 成人で70mg / mlの平均用量50mgCmaxを服用した後。

IM単回投与後、50mgCmaxは65ng / mlである。

分布。 ヒドロキシキシンは、血漿中よりも組織中により濃縮されている。 Vd値は成人で7-16 l / kgである。 ヒドロキシキシンはGEBおよび胎盤に浸透し、母体組織よりも胎児に集中する。

ヒドロキシキシンは皮膚によく浸透し、一方、皮膚中のヒドロキシキシン濃度は、単回投与後および反復使用後の血清中の濃度をはるかに上回る。 ヒドロキシジンの血漿濃度は必ずしも組織への結合または皮膚における分布を反映していない。

代謝。 ハイドロキシンは肝臓で代謝される。 主要代謝物(45%)であるセチリジンは、H1-ヒスタミン受容体の遮断薬である。 代謝産物は母乳中に見出される。

排泄。 大人のT1 / 2 - 14時間(範囲 - 7-20時間)。 ヒドロキシジンの全クリアランスは13ml /分/ kgである。 ヒドロキシジンの約0.8%が腎臓を通して変化せず排泄される。 セチリジンは、主に尿中に、また変化のない形態(摂取量の25%またはIM用量のヒドロキシジンの16%)で排泄される。

特別な患者グループ

高齢者。 高齢の患者では、T1 / 2は29時間、Vd-22.5 l / kgであった。 高齢患者の予約時にヒドロキシジンの1日量を減らすことが推奨されます。

1歳未満の子供。 小児では、総クリアランスは成人の2.5倍です。 用量は調整する必要があります。 T1 / 2は4時間です。

1歳から14歳までのお子様 T1 / 2は11時間です。

肝不全。 原発性胆汁性肝硬変による二次的な肝機能障害の患者では、総クリアランスは健康なボランティアで記録された値の約66%であった。 肝疾患患者では、T1 / 2が37時間に増加し、血清中の代謝産物の濃度は、正常な肝機能を有する若年患者よりも高かった。 肝不全の患者は、1日の用量または入院頻度を減らすことが推奨される。

腎不全。 ヒドロキシジンの薬物動態は、重度の腎不全(C1クレアチニン(247)ml /分)を有する8人の患者において研究された。 ヒドロキシチンに対する曝露期間は有意に変化しなかったが、セチリジンの曝露期間は増加した。 腎機能障害を有する患者にヒドロキシジンを繰り返し使用した後のセチリジンの有意な蓄積を回避するために、ヒドロキシジンの1日用量を低下させるべきである。

物質のヒドロキシジン

成人における不安の症状の治療、精神運動の攪拌、内的緊張の感情、神経系(全般性不安および適応障害)および体性疾患における過敏性の増加; 禁酒症候群; 前投薬および術後期間(併用療法の一部として); アレルギー起源のかゆみ(対症療法)。

禁忌

ヒドロキシジンおよびセチリジン、アミノフィリンまたはエチレンジアミンに対する過敏症; ポルフィリア; V / a、IVまたはSC導入; 妊娠; 労働活動の期間。 泌乳; 年齢は1歳以上(IM導入時)または3年目(経口投与時)。

使用の制限

重症筋無力症; 臨床症状を伴う前立腺の過形成(排尿困難を含む); 緑内障; 痴呆; てんかんを含む痙攣性障害; 電解質の不均衡(低カリウム血症、低マグネシウム血症)を含む不整脈への前兆; QT間隔および/または心血管疾患の歴史(心不全、動脈性高血圧症を含む)の延長; 不整脈を引き起こす可能性のある薬物の使用。 甲状腺機能亢進症。

妊娠および授乳期における適用

妊娠中および出産中の禁忌。

治療期間中、母乳育児は中止するべきである(代謝産物は母乳中に排泄される、「薬物動態」参照)。

物質の副作用Hydroxyzine

考えられる副作用は、身体システムおよび発生頻度について以下に示されている。

副作用発現のWHO頻度の分類:非常に頻繁(1/10以上)。 頻繁に(≧1/100、<1/10); まれに(1/1000、<1/100); まれに(≧1/10000、<1/1000); ごくまれに(<1/10000)。

最も頻繁な副作用は、眠気、頭痛、閉塞、口渇、疲労であった。

免疫系から:まれに - 過敏症; ごくまれにアナフィラキシーショック。

神経系から:非常に頻繁に - 眠気。 しばしば頭痛、疲労。 まれに - めまい、不眠、震え; まれに - 痙攣、ジスキネジー。

精神の側面から:まれに - 攪拌、混乱。 まれに - 幻覚、混乱。

ビジョンの器官の側面から:めったに - 宿泊施設の違反、視覚障害。

心臓から:まれに - 頻脈; 周波数不明 - QT間隔のECG、心室頻拍の「ピューレエット」型の延長。

血管の側面から:めったに血圧の低下。

呼吸器系から、胸部および縦隔:非常にまれに - 気管支痙攣。

消化管から:まれに - 悪心; まれに嘔吐、便秘。

肝臓や胆道から:めったに - 機能的肝臓検査の違反。 頻度は不明 - 肝炎。

腎臓と尿路の側面から:ほとんど排尿を遅らせる。

皮膚および皮下組織から:まれにかゆみ、発疹(紅斑、斑状丘疹)、蕁麻疹、皮膚炎; 非常にまれに - 血管性浮腫、発汗、急性全身性外膿疱疹発疹、多形性紅斑、スティーブンス・ジョンソン症候群。

一般的な疾患:まれに - 高体温、倦怠感。

単一の症例では、/ m導入の場所における長期の疼痛が認められた。

ヒドロキシジン - 血小板減少症、アグレッション、うつ病、チック、ジストニア、感覚異常、眼球運動障害、下痢、排尿障害、尿路障害、浮腫、体重増加の主代謝産物であるセチリジンを摂取すると、以下の副作用が観察された。

インタラクション

麻薬性鎮痛薬、バルビツール酸塩、抗不安薬、催眠薬、アルコールなど、中枢神経系を鎮める薬と併用した場合、ヒドロキシジンの増強効果を考慮する必要があります。 この場合、その線量は個別に選択する必要があります。

MAO阻害剤およびホリノブロック剤との同時適用は避けるべきである。

ヒドロキチンは、エピネフリンの加圧作業およびフェニトインの抗けいれん活性、ならびにベタギスチンおよび薬物 - コリンエステラーゼ阻害剤の作用を妨げる。

シメチジン600mgを1日2回2回使用すると、血清ヒドロキシキシン濃度が36%上昇し、セチリジン代謝産物のCmaxが20%減少することが判明した。

アトロピン、ベラドンナのアルカロイド、強心配糖体、抗高血圧剤、H2-ヒスタミン受容体の遮断薬の効果は、ヒドロキシジンの作用下で変化しない。

ヒドロキシキシンはアイソザイムCYP2D6の阻害剤であり、高用量では基質CYP2D6との相互作用の原因となりうる。 ヒドロキシシジンは肝臓で代謝されるので、ミクロソームの肝臓酵素の阻害剤と同時に使用すると、血漿中のその濃度の増加を期待することができる。 ヒドロキシジンは、アルコールデヒドロゲナーゼおよびイソ酵素CYP3A4 / 5によって代謝されるので、アイソザイムCYP3A4 / 5(テリスロマイシン、クラリスロマイシン、デラビルジン、スチルピロール、ケトコナゾール、ボリコナゾール、インジケナビル、インジナビル、ネルフィナビル、リトナビル、サキナビル、ロピナビル/リトナビル、サキナビル/リトナビル、およびチプラナビル/リトナビルを含む)が含まれるが、これらに限定されない。 しかしながら、1つの代謝経路の阻害は、別の代謝経路の作用によって部分的に補償され得る。

ヒドロキシジンと不整脈を引き起こす可能性がある薬物とを同時に使用すると、QT間隔を延長するリスクとピルエットとしての心室頻脈の発生リスクが増大する可能性がある。

ヒドロキシカインの耳毒性効果を有する薬剤、例えばゲンタマイシンとの併用は、めまいのような耳毒性症状を隠すことができる。

Hydroxyzineは、予定されているアレルゲン皮膚検査の5日前に中止する必要があります(「注意事項」を参照)。

過剰摂取

CNS障害には、吐き気、嘔吐、頻脈、発熱、傾眠、瞳孔反射障害、振戦、錯乱または幻覚が含まれる。 その後、意識の低下、呼吸、痙攣、血圧の低下、不整脈が発症することがあります。 昏睡および心肺破壊の可能性がある。

治療:経口投与の場合、胃洗浄は、先行する気管内挿管を用いて行われる。 活性炭を使用することは可能ですが、その有効性を示すデータは十分ではありません。 ECGモニタリング、十分な酸素供給の確保、ナロキソン、デキストロース(グルコース)およびチアミンの侵入により、呼吸および血液循環状態の状態を監視する必要があります。 血管収縮作用を得る必要がある場合は、ノルエピネフリンまたはメタノミノールが処方され、エピネフリンは使用しないでください。 心臓活動と血圧は、症状が消失してから24時間以内に監視する必要があります。

大量に投与すると、ヒドロキシジンはQT間隔の延長とECGの明らかな変化につながります。

蘇生の使用は容認できない。

特定の解毒剤はありません。 血液透析は効果がない。

投与経路

内部、IM。

物質に関する注意事項ヒドロキシキシン

m-抗コリン作動性および中枢神経抑制薬を有する薬物の使用は、ヒドロキシジンの投与量を減らすべきである。

ヒドロキシジンは、心電図上のQT間隔の延長につながる可能性があるので、心臓の活動を妨げることができる他の薬物との同時使用は、不整脈のリスクを増加させる可能性がある。心電図(アトロピン、抗パーキンソン病薬、炭酸リチウム、キニジン、フェノチアジン、プロカインアミド、三環系抗うつ薬、チオリダジン)の変化を引き起こす他の薬剤は、ヒドロキシジンに起因する変化を悪化させ、増幅し、突然死。 QT間隔を延長する2つ以上の薬物の同時使用を避けることは、潜在的に生命を脅かす恐れのある重篤な心臓不整脈の発症を引き起こす相加効果のリスクのために必要である。

腎不全および/または肝不全では、投与量を減らすべきである。

高齢者では、最小投与量の半分から開始し、推奨投与量範囲内で調整するように、投与量を個別に選択する必要があります。

アレルギー検査を行う必要がある場合やメタコリン検査を実施する必要がある場合は、歪んだデータの生成を防ぐために、研究の5日前にヒドロキシジンの使用を中止する必要があります。

ヒドロキシジンによる治療中はアルコールを避けるべきである。

注射用形態のヒドロキシジンは、静脈注射用のみである。

車両とメカニズムを管理する能力への影響。 ヒドロキシキシンは、濃縮能力および精神運動反応の速度を損なう可能性がある。 他の鎮静剤の使用はこの効果を高めることができる。 したがって、乗り物を運転したり、精神運動反応の注意力やスピードの集中を必要とする他の潜在的に危険な活動を控えるべきである。

Someone from the Belgium - just purchased the goods:
Nimotop 30mg 100 pills