Best deal of the week
DR. DOPING

指示

Logo DR. DOPING

使用のための指示:Flexen

私はこれがほしい、私に価格を与える

活性物質ケトプロフェン

ATXコードM01AE03ケトプロフェン

薬理学グループ

NSAIDs - プロピオン酸誘導体

病理分類(ICD-10)

G54.1腰仙叢の障害

坐骨神経痛、神経根起源、脊椎病理学、坐骨神経痛、橈骨腱炎

I80静脈炎および血栓性静脈炎

末梢血管の病気、静脈の炎症性疾患、静脈血栓性静脈炎、静脈疾患、下肢静脈疾患、末梢血管の病変、静脈炎の移行、下肢静脈の不全、悪化の悪化白血球、静脈瘤表面、静脈表面上の炎症、表面静脈炎、表面静脈炎、血栓性静脈炎、深部静脈血栓性静脈炎、血栓性静脈炎、深部静脈の静脈炎、静脈炎、表静脈の静脈炎、水疱性静脈炎、慢性血栓性静脈炎、エンドフォリビティス

I89.1リンパ管炎

リンパ管炎、リンパ管炎、急性リンパ管炎

M06.9他の特定関節リウマチ

関節リウマチ、リウマチ性関節炎、慢性関節リウマチ、リウマチ性多発関節炎、リウマチ様関節炎、リウマチ様関節炎、リウマチ性関節炎、リウマチ性関節炎、リウマチ性関節炎、リウマチ性関節炎、リウマチ様関節炎、リウマチ様関節炎、リウマチ性関節炎、関節リウマチ、能動的関節リウマチ、関節リウマチ、多発性関節リウマチ、急性リウマチ、急性リウマチ

M10痛風

痛風の悪化、痛風による急性関節痛、急性痛風発作、痛風発作、再発性痛風発作、慢性痛風

M25.5関節の痛み

筋骨格系の慢性炎症性疾患の疼痛症候群、関節の痛み、関節の痛み、関節炎の痛み、関節炎の痛み症候群、関節炎の慢性炎症性疾患の痛み症候群、関節痛、関節痛、筋肉痛の痛み症候群、骨関節炎の痛み症候群、変形性関節症の痛み症候群関節の痛み、関節の痛み、関節の痛み、関節の痛み、関節の痛み、関節の痛み、重度の物理的な運動の関節の痛み、痛みを伴う炎症性の関節の損傷、筋骨格系の痛みを伴う状態、痛いジョイントの状態、関節の痛みを伴う外傷性の愛、筋骨格系の痛み、関節痛、関節リウマチの痛み、慢性変性性骨疾患の痛み、慢性変性性関節疾患の痛み、骨関節痛、関節痛、関節炎の痛み関節リウマチ、関節痛症候群、関節痛、リウマチ痛、リウマチ性疼痛

M35.3リウマチ性多発筋痛

関節リウマチ、関節周囲リウマチ症候群、関節周囲リウマチ疾患、関節周囲リウマチ軟部組織損傷、関節外関節リウマチ、リウマチ性関節リウマチ、関節リウマチ、関節リウマチ、関節リウマチ、リウマチ性関節リウマチ、リウマチ性関節リウマチ、リウマチ性関節リウマチ、軟組織のリウマチ、軟組織のリウマチ性疾患、関節周囲軟部組織のリウマチ性疾患、軟部組織のリウマチ性疾患、リウマチ性膠原病

M45強直性脊椎炎

ベクテレウス病、強直性脊椎炎、脊柱管疾患、リウマチ性脊椎炎、ベクテレフ病、慢性関節リウマチ、慢性関節リウマチ、強直性脊椎炎、強直性脊椎関節症、マリー - ストランペル病、強直性脊椎炎、マリー - ストランペル病

M54背痛

背部の痛み、背骨の痛み、背中の痛み、背骨の様々な部分の痛み、背中の痛み、脊柱の苦痛の痛み症候群、筋骨格系の痛み

M54.3坐骨神経痛

石灰化、坐骨神経の神経痛、坐骨神経炎

M65滑膜炎および腱鞘炎

急性腱鞘炎、糸球体腎炎、テントシノビット、糸球体炎、筋肉関節疾患における変形性関節症、軟部組織の炎症性疾患、非特異的腱鞘炎、テンドシノビット(Tendosinovit)

M71他のbursopathies

滑液包炎、滑液包炎、軟部組織の疾患、筋肉関節疾患の変形性関節症、軟部組織の炎症性疾患、亜急性滑液包炎

M77.9その他不特定

カプセル、関節炎、腱炎、テンダーパシー、関節症

M79.1筋痛

筋・骨格系の疼痛症候群、筋骨格系の慢性炎症性疾患の疼痛症候群、筋肉の痛み、筋肉の圧痛、重度の身体運動における筋肉痛、筋骨格系の痛み、筋骨格系の痛み筋肉痛、筋痛、筋肉痛、筋肉痛、安静時の筋肉痛、筋肉痛、非リウマチ起源の筋肉痛、リウマチ起源の筋肉痛、急性筋痛、リウマチ性疼痛、リウマチ性疼痛、筋筋膜炎症候群、線維筋痛

R52.2その他の一定の痛み

痛み症候群、リウマチ起源、脊柱病変部の痛み、室内痛、火傷の痛み、痛み症候群弱または中等度、周術痛、中程度から重度の痛み、中程度または弱い痛み症候群、中程度から重度の痛み、耳炎、神経因性疼痛、神経因性疼痛

T14.3身体の不特定領域の関節の莢膜靱帯装置への脱臼、捻挫および損傷

筋肉の痛みを伴うストレッチ、緊張の痛みや炎症、転位の脱臼、靭帯の変性、捻挫や挫傷による浮腫、捻挫の介入後の浮腫、靭帯の損傷と破裂、筋骨格系の損傷、靭帯の損傷、関節の損傷、靭帯破裂、テンドン腱、筋肉の腱の破裂、痙攣、筋肉の伸展、捻挫、腱の緊張、伸展、筋肉の伸展、捻挫、腱の張力、骨関節系の傷害、靱帯への損傷関節への損傷、関節の傷、靱帯装置の伸展、習慣的な伸展および引き裂き

リリースの構成と形式

1軟質ゼラチンカプセルはケトプロフェン50mgを含有する。 ブリスター10個入り、段ボールの束に3個のブリスター。

1坐剤直腸 - 100mg; 6枚のストリップに、厚紙束に2本のストリップが入っています。

100gのゲル - 2.5g; 30または50グラムのチューブで、厚紙束1本のチューブに入れます。

注射用溶液のための凍結乾燥粉末を含む1アンプル - アンプル中の溶媒を含む100mg; 6セットの段ボールの束に入れます。

薬理学的効果

薬理作用 - 抗炎症薬、鎮痛薬。

それはシクロオキシゲナーゼを阻害し、PGの合成を阻害する。

表示

筋骨格系の炎症性疾患:骨関節炎、強直性脊椎炎、痛風、関節リウマチ、滑液包炎、腱鞘炎、坐骨神経痛、筋肉痛、坐骨神経痛、筋肉の挫傷および筋肉、腱および靭帯、浮腫(症候治療) 痛み症候群(術後、外傷後の痛み、骨転移)、腎疝痛、紅斑性狼瘡が挙げられる。

注射液 - 急性疼痛症候群のための解決策。

禁忌

白血球減少症、血小板減少症、出血障害、痔核および直腸炎(坐剤)、妊娠、母乳育児、15歳未満の小児のような高血圧症の治療に使用することができる。

妊娠および泌乳

禁忌。 治療期間中は、母乳育児を中止する必要があります。

副作用

神経系や感覚器官から:めまい、頭痛、無力症。

胃の部分で:胃痛、吐き気、嘔吐、下痢、鼓腸、消化器出血。

その他:一過性排尿障害、皮膚アレルギー反応(掻痒、蕁麻疹)、坐剤の使用 - 灼熱感、テンムスム、液便。

投与と投与

カプセル:内部、食後、噛んだり飲んだり、十分な量の水を飲んだり、1日に2〜3回、50〜100mg。

坐剤:直腸、1回。 (100mg)を1日1-2回投与する。

ゲル:局所的に、少量のゲルを炎症の焦点の上の皮膚上に薄く塗布し、1日2〜3回軽くこすります。 医師に相談することなく、治療期間は14日を超えてはならない。

注射:筋肉の深部まで、通常数日間、1日に1〜2回100mg。 急性疼痛症候群の除去後、それらはカプセルまたは坐剤の使用に切り替わる。

最大一日量は300mgです。

予防措置

肝臓および/または腎機能、胃腸疾患、気管支喘息、鼻炎、蕁麻疹、鼻粘膜のポリープ、心不全および高齢者に注意して患者を任命する。

損傷した皮膚、開いた創傷、眼および他の粘膜上のゲルとの接触を避ける。

保管条件

25℃以下の温度で

子供の手の届かないところに保管してください。

賞味期限

100mg〜3年間の筋肉注射用溶液の調製のための凍結乾燥物。

直腸坐剤100mg〜3年。

外用2.5〜3年用ゲルです。

カプセル50mg〜5年。

パッケージに記載されている有効期限が過ぎても使用しないでください。

Someone from the Argentina - just purchased the goods:
Xalatamax eye drops 0.005% 2.5ml