Best deal of the week
DR. DOPING

指示

Logo DR. DOPING

使用のための指示:Dexaven

私はこれがほしい、私に価格を与える

活性物質:デキサメタゾン

ATXコードH02AB02デキサメタゾン

薬理学グループ

グルココルチコステロイド

病因分類(ICD-10)は、

C81ホジキン病[リンパ肉芽腫症]

ホジキン病、ホジキン病、ホジキンリンパ腫、ホジキンリンパ腫、ホジキンリンパ腫、リンパ増殖性疾患、網状赤血球症、Pelya-Ebstein fever

C85その他の非特異型の非ホジキンリンパ腫

混合型のリンパ腫、マントルゾーンの細胞由来のリンパ腫、悪性リンパ腫、リンパ腫非ホジキン病、リンパ球性リンパ腫

C91.0急性リンパ芽球性白血病

急性リンパ芽球性白血病、急性リンパ芽球性白血病、成人および小児における急性リンパ芽球性白血病、小児急性リンパ芽球性白血病、急性リンパ性白血病

C91.1慢性リンパ球性白血病

腫瘍様成長を伴う慢性リンパ性白血病、B細胞CLL、B細胞慢性リンパ球性白血病、慢性顆粒球白血病、慢性白血病、慢性リンパ芽球性白血病、慢性B細胞リンパ球性白血病

D59溶血性貧血を獲得した

溶血性貧血、細小血管貧血、急性溶血性貧血

D69.3特発性血小板減少性紫斑病

Werlhof病、特発性自己免疫性血小板減少症、特発性大人の血小板減少性紫斑病、成人の特発性血小板減少性紫斑病、免疫特発性血小板減少性紫斑病、免疫性血小板減少症、血小板減少性紫斑病の患者では出血、エバンス症候群、血小板減少性紫斑病、免疫起源の血小板減少症、慢性特発性血小板減少性紫斑病、本態性血小板減少症、妊娠中の自己免疫性血小板減少性紫斑病、輸血後の紫斑病

D70顆粒球増加症

無顆粒球症は、遺伝性であり、アレシア、アリークロサイトーシス、無顆粒性狭心症、アンギナ無顆粒性、原発性血球減少症

E04.9無毒性の甲状腺腫、未指定

散発性の甲状腺腫、非毒性の甲状腺腫

E06.1亜急性甲状腺炎

De Cherven病、De Kervena肉芽腫、甲状腺炎肉芽腫巨細胞

E27.1副腎皮質の一次不全

アディソン病、アジソン病、副腎皮質機能不全、副腎皮質機能低下、アディソン病による崩壊、副腎皮質原発の不全、原発性副腎皮質機能不全、原発副腎不全

E27.4その他の不特定の副腎皮質機能不全

副腎皮質機能不全、副腎皮質機能不全、副腎皮質機能不全、副腎皮質機能不全、副腎皮質機能の一時的低下、副腎皮質の機能不全、副腎皮質機能不全、副腎皮質機能不全、副腎皮質機能不全、副腎皮質機能不全、副腎皮質機能不全、副腎皮質機能不全、

E27.8副腎の他の特定の障害

E91 *内分泌系疾患の診断

甲状腺機能低下症の診断、甲状腺機能低下症の診断、性腺刺激性下垂体機能障害の診断、甲状腺シンチグラフィー検査、褐色細胞腫の診断

J38.4喉頭浮腫

アレルギー起源の喉頭浮腫および照射の背景に、喉頭の急性非感染性浮腫

J44その他の慢性閉塞性肺疾患

アレルギー性気管支炎、気管支炎喘息、喘息性気管支炎、喘息気管支炎、気管支炎は閉塞性気管支疾患、急性および慢性呼吸器疾患における喀痰の短期間、肺および気管支の炎症性疾患における咳、可逆的気流閉塞、可逆的閉塞性気道疾患、閉塞性気道疾患慢性閉塞性肺疾患、慢性閉塞性気道疾患、慢性閉塞性気道疾患、慢性閉塞性肺疾患、限定的肺病変

J45喘息

気管支喘息、気管支喘息、気管支喘息、身体努力、気管支喘息、気管支喘息、気管支喘息、気管支喘息、気管支喘息、気管支喘息、気管支喘息、気管支喘息、気管支喘息、気管支喘息、気管支喘息、気管支喘息、ホルモン依存性気管支喘息、 、非アレルギー性喘息、夜間喘息、喘息の悪化、喘息発作、内因性喘息、夜間喘息、気管支喘息を伴う咳

J46ステータスasthmaticus

喘息発作、状態喘息、気管支喘息における気管支痙攣

J98.8.0 *気管支痙攣

気管支喘息における気管支痙攣、気管支喘息における気管支痙攣、気管支痙攣、気管支痙攣、気管支痙攣、気管支痙攣症候群、気管支痙攣症候群、可逆性気管支痙攣、痙攣性咳

L91.0ケロイド柱状突起

超遠心分離、ケロイド、ケロイド嚢胞、ケロイド瘢痕

L92.0輪状肉芽腫

リング状肉芽腫

円板状紅斑性狼瘡

慢性円板状エリテマトーデス、赤色円板状ループス、円板状ループス、円板状エリテマトーデス

L98.9皮膚および皮下組織の病変、不特定

アポトーシス、アポトーシス、アポトーシス、アポトーシス、アポトーシス、アポトーシス、アポトーシス、アポトーシス、アポトーシス、アポトーシス、アポトーシス、アポトーシス、軟骨組織の炎症皮膚病、皮膚の浸潤、軽度の皮膚病変、表面亀裂および皮膚擦過傷、皮膚病変の増加、皮膚病変、皮膚の浸食、脂肪浮腫、皮膚および軟部組織の局所非感染性プロセス、皮膚構造の外乱、皮膚、皮膚障害

M05血清陽性慢性関節リウマチ

関節リウマチの血清陽性

M13.9未指定の関節炎

関節炎、凝固性関節炎(非感染性)、急性関節炎、筋骨格系の急性炎症性疾患における疼痛、筋骨格系の慢性炎症性疾患における疼痛、変形性関節症における疼痛、変形性関節症における炎症、炎症性関節症、炎症性および変性性関節疾患炎症性関節症、筋骨格系の炎症性疾患、破壊性関節炎、筋骨格系の疾患、筋骨格系の疾患、筋骨格系および結合組織の疾患、筋骨格系の感染症、モノアミン、関節リウマチ、変形性関節症、筋骨格系の急性炎症、筋骨格系の急性炎症性疾患、筋骨格系の急性炎症状態、急性関節炎、急性変形性関節症、外傷後変形性関節症、反応性関節炎、C 慢性関節炎、慢性炎症性関節炎、関節嚢の内層の慢性炎症、関節嚢の慢性炎症、関節の慢性炎症性疾患、滲出性関節炎

M15-M19変形性関節症

M35.9結合組織の不特定の全身的関与

結合組織の過形成、びまん性結合組織疾患、コラーゲン疾患、コラーゲン性疾患、結合組織の全身性疾患、びまん性結合組織疾患

M65.1その他の感染性腱鞘炎

柔らかい組織の感染、Tendosinovit感染症

M71.9不明のBursopathy

ブルス犬、アルバータ病、急性滑液包炎

M77.9その他不特定

カプセル、関節周囲炎、腱炎、テンポパシー、関節症

M79.0その他の特定されていないリウマチ

リウマチ、関節リウマチ、関節リウマチ、関節リウマチ、リウマチ、リウマチ、リウマチ、リウマチ性疾患、リウマチ性疾患、リウマチ性疾患、リューマチ性疾患、リューマチ性疾患、リューマチ性疾患、リューマチ性疾患、リューマチ性疾患関節リウマチ、関節リウマチ、関節リウマチ、関節リウマチ、関節リウマチ、慢性リウマチ、慢性関節リウマチ、リューマチ性疾患、椎間板リウマチ疾患、リューマチ性関節リウマチ、関節リウマチ、関節リウマチ、関節リウマチ

R57ショック、他に分類されていないもの

閉塞性ショック

R57.0心原性ショック

心原性ショック

T78.2アナフィラキシーショック、不特定

アナフィラキシーショック、アナフィラキシー様反応、アナフィラキシーショック、アナフィラキシー反応、アナフィラキシーショック

T78.3血管浮腫

浮腫性クエンケ、血管瘤性浮腫を伴う喉頭悪化、再発性血管浮腫、アレルギー性浮腫、クインシーの再発性腫脹

T78.4アレルギー、不特定

インスリンに対するアレルギー反応、虫刺されに対するアレルギー反応、全身性エリテマトーデスと同様のアレルギー反応、アレルギー性疾患、粘膜アレルギー性疾患、ヒスタミン放出の増加によるアレルギー性疾患および状態、粘膜アレルギー性疾患、アレルギー症状、アレルギー症状アレルギー反応、アレルギー反応、アレルギー症状、アレルギー性喉頭浮腫、アレルギー、アレルギー状態、アレルギー、ハウスダストアレルギー、アナフィラキシー、薬物への皮膚反応、虫刺されに対する皮膚反応、化粧品アレルギー、薬物アレルギー、急性アレルギー反応、喉頭浮腫アレルギー起源と背景放射線、食品と薬物アレルギー

T79.4外傷性ショック

出血性ショック、クラッシュ症候群、出血性ショック、術後ショック、外傷後ショック、外傷性ショック、出血性ショックおよび脳症症候群

T81.1処置中または処置後にショックを与え、他の場所には分類しない

動作ショック、術後ショック、手術ショック

リリースの構成と形式

注射用溶液1 ml

リン酸デキサメタゾン4.37 mg

(リン酸デキサメタゾン4mgに相当)

補助物質:塩化ベンザルコニウム; ベニケート二ナトリウム; 亜硫酸ナトリウム; リン酸二水素ナトリウム; リン酸水素ナトリウム; 注射用水

1および2mlのアンプルで; 段ボールの束に10個。

薬理学的効果

薬理作用 - 抗炎症、抗アレルギー、抗ショック。

ホスホリパーゼA2を抑制し、PG(プロスタグランジン)およびロイコトリエンの合成を減少させ、マクロファージ走化性因子を単離し、マクロファージおよびリンパ球の炎症焦点への移動を減少させ、リソソーム膜を安定化させ、リソソーム酵素の放出を防止する。

薬力学

抗炎症性を有する:変質、浸出、増殖を抑制する。 抗アレルギー活性は、感作された肥満細胞およびヒスタミンおよび他の生物学的活性物質の好塩基球からの放出の遮断、免疫原性の抑制によって引き起こされる。 それは水 - 塩代謝(体内のナトリウムイオンと水を遅らせ、組織の血漿と親水性の容積を増加させる)に影響し、血圧を上昇させます。

適応症

アトピー性気管支喘息、喘息、慢性閉塞性気管支炎、穿孔術(合併症の予防)、喉頭および声帯浮腫、重度のアレルギー反応、悪性化段階のリウマチ性関節炎、結合組織組織疾患、アジソン - バーマー病。

禁忌

糖尿病、全身性感染症、動脈性高血圧、急性精神病、急性腎不全、骨粗鬆症、クッシング症候群、妊娠などの慢性疾患の治療に有用である。

妊娠と泌乳

妊娠中の禁忌。

副作用

心臓血管系および血液(血液、gemostaz)から:高血圧、血栓性静脈炎、白血球増加症。

胃腸管の部分(胃腸管):胃および十二指腸の消化性潰瘍の悪化。

代謝の側面から:電解質バランス障害、低蛋白質血症、二次副腎皮質機能不全、ステロイド糖尿病。

皮膚から:ピテキア、皮膚の萎縮、脈理、斑状出血。

その他:末梢浮腫、感染の病巣の活性化、骨粗鬆症、興奮性の増加、精神病。

インタラクション

バルビツール酸塩、フェニトイン、リファンピシン、グリアアミドは効果を低下させる(代謝を促進する)。 インスリンと経口抗糖尿病薬の作用を弱め、血液中のサリチル酸塩の濃度を低下させ、ジギタリスや利尿薬(注意深く併用)に直面して低カリウム血症の可能性を高めます。

投与と投与

投薬レジメンは、適応症、患者の状態および治療に対する彼の反応に応じて個々に決定される。 (静脈内)ゆっくりと痛みを伴う、または落ちる(急性および緊急の状態の場合)、IM(筋肉内)、関節内、滑膜外および局所(病理学的な教育における)導入。 1日中、4〜20mgを3〜4回投与することができます。 非経口使用の持続時間は、通常、1週間を超えず、次いで、経口形態の維持療法に切り替える。 急性期には、様々な疾患および治療の開始時に、より高い用量が処方される。 その効果が達成されると、用量は徐々に維持用量にまで、または治療が中止されるまで減らされる。

特別な指示

投与直前に、アンプルの内容物を等張塩化ナトリウム溶液または5%グルコース溶液で希釈する。

貯蔵条件

5〜25℃の暗所で

子供の手の届かないところに保管してください。

賞味期限

2年。

パッケージに記載されている有効期限が過ぎてから使用しないでください。

Someone from the Hong Kong - just purchased the goods:
Azarga eye drops 5ml