Best deal of the week
DR. DOPING

指示

Logo DR. DOPING

使用のための指示:Depo-insulin S

私はこれがほしい、私に価格を与える

活性物質インスリン - アミノキヌライド[豚の一成分]

ATXコード A10AC注射用投与のための中作用性インスリンおよびそれらのアナログ

薬理学グループ

インスリン

分類学的分類(ICD-10) Z31.1人工授精

E10インスリン依存性真性糖尿病

炭水化物代謝の代償不全、糖尿病、インスリン糖尿病、糖尿病1型糖尿病ケトアシドーシス、インスリン依存性糖尿病、インスリン依存性糖尿病、昏睡高張性非ケト酸性糖尿病、不安定型糖尿病、1型糖尿病糖尿病、I型真性糖尿病、インスリン依存性真性糖尿病、1型真性糖尿病

E11インスリン非依存性真性糖尿病

インスリン非依存性糖尿病、非インスリン依存性糖尿病、インスリン抵抗性、インスリン抵抗性、糖尿病性網膜症、糖尿病性網膜症、糖尿病性網膜症、糖尿病性網膜症、糖尿病性網膜症、 2型糖尿病、2型糖尿病、2型糖尿病、2型糖尿病、2型糖尿病、2型糖尿病、2型糖尿病、2型糖尿病、2型糖尿病、2型糖尿病、2型糖尿病、2型糖尿病、2型糖尿病、

リリースの構成と形式

注射用懸濁液1mlは、40単位のクロマトグラフィー的に純粋なブタインスリンおよび0.167mgのアミノクヌリド二塩酸塩デポー媒体を含有する。 5mlの箱に10mlのボトルに入れる。

特性

急速に作用する中期のインスリン投薬。

薬理学的効果

薬理作用 - 低血糖。

内因性インスリンの欠乏を排除する。

薬力学

それは、血液中のグルコースレベルを低下させ、組織によるその吸収を増加させ、脂質生成およびグリコーゲン生成、タンパク質合成を促進し、肝臓によるグルコース産生の速度を低下させる。

適応症

糖尿病1型糖尿病2型:経口血糖降下薬に対する抵抗性、間質性疾患、外科手術。

禁忌

過敏症、低血糖。

妊娠と泌乳

お勧めしません。 ヒトインスリンを使用すべきである。

副作用

低血糖、前立腺肥大および昏睡、ヒトインスリンとの免疫学的交差反応、脂肪異栄養症(長期使用)、アレルギー反応。

投与と投与

単回投与量は40単位を超えてはならない。 インスリンCからDepo-insulin Cに切り替えると、用量は4倍に減らすことができます。

保管条件

乾燥した涼しい場所で、2〜8℃の温度で(凍結しないでください)。

子供の手の届かないところに保管してください。

賞味期限

2年。

パッケージに記載されている有効期限が過ぎてから使用しないでください。

Someone from the Denmark - just purchased the goods:
Memantine-Canon 10mg 90 pills