Best deal of the week
DR. DOPING

指示

Logo DR. DOPING

使用のための指示:Darob

私はこれがほしい、私に価格を与える

有効物質:ソタロール

ATXコードC07AA07ソタロール

薬物療法グループ:

ベータ遮断薬

病因分類(ICD-10)は、

I47.1上室性頻脈

上室性発作性頻脈; 上室性頻脈性不整脈; 上室性頻脈; 上室性不整脈; 上室性発作性頻脈; 上室性頻脈性不整脈; 上室性頻脈; 神経性洞性頻脈; 正常性頻拍; 発作性上室性頻脈; 上室性頻脈の発作; WPW症候群を伴う上室性頻脈の発作; 心房頻拍の発作; 発作性上室性頻脈性不整脈; 発作性上室性頻脈; ポリトピネイ心房頻脈; 心房細動; 心房頻脈は真実である。 心房頻拍; AVブロックを伴う心房頻拍; 再灌流不整脈; 反射Bertsolda-Jarisch; 再発性持続性上室性発作性頻拍; 症状のある心室性頻脈; 副鼻腔頻脈; 上室性発作性頻脈; 上室性頻脈性不整脈; 上室性頻脈; 上室性不整脈; 上室性不整脈; AV接続の頻脈; 上室性頻脈; 頻脈発色症; 洞性頻拍症; 結節性頻脈; 混沌とした心房頻脈 ウォルフ - パーキンソン - ホワイト

I47.2心室頻脈

心室頻脈、心室頻脈、心室頻脈、心室性頻脈、生命を脅かす心室性不整脈、持続性心室性頻脈、持続性単形性心室性頻拍、発作性心室性頻拍症(Torsades de pointes)、発作性心室頻拍症、発作性心室性頻拍症心室頻脈

I49.9不定期の不整脈

発作性上室性頻脈; 胸部外陰部不整脈; 心房細動;頻脈; 上室性頻脈性不整脈; 上室性不整脈; AV往復性頻拍; AV結節往復動性頻拍; 心室細動; 不規則な心拍; 抗菌性の往復性頻拍; 心不整脈; 不整脈; 不整脈; 心臓のアリーティミー; 低カリウム血による不整脈; 心室頻脈性不整脈; 心室収縮の頻度が高い。 心不整脈; 発作性上室性不整脈; 発作性上室性不整脈; 発作性不整脈; 発作性心房 - 心室リズム; 心不整脈; 上室性頻脈; 頻脈性不整脈; 胸腔前異常脈動

組成

1錠はソタロール塩酸塩と160mgの80を含有する。 ブリスターのボックス2にブリスター10個入り。

注射用溶液4mlの1バイアル - 40mg。

薬理学的性質
薬理学的効果

抗不整脈

β-アドレナリン受容体遮断。

適応症

上室性頻脈性不整脈(AV接続の頻脈、WPW-症候群を伴う上室性頻拍、心房細動の発作)、心室頻脈。

禁忌

ショック、AVブロックIIおよびIII度洞房ブロック、洞性洞症候群、徐脈、低カリウム血症、低血圧、QT間隔の延長、閉塞性末梢動脈閉塞性肺疾患、代謝性(冠動脈性心疾患)アシドーシス、喉頭浮腫、アレルギー性鼻炎。

妊娠と授乳

健康上の理由でのみ許可されています(服用を止めるには、配達前に48-72時間を推奨します)。

副作用

頭痛、めまい、眠気、疲労、寒い四肢; まれに - 消化管機能、気管支痙攣、皮膚反応、不眠症、心不全の重症度の上昇、徐脈、AV伝導障害、低血圧の違反。 低血糖、幻覚、口渇、筋肉痙攣、一過性インポテンス、視力の侵害、結膜炎の減少を引き起こす。

インタラクション

ニフェジピン、三環系抗うつ薬、バルビツール酸、フェノチアジン誘導体、薬物、血管拡張薬、利尿薬、その他の抗高血圧薬と併用することにより、ノルアドレナリンやMAO阻害薬が大幅に減少します。 薬物および抗炎症薬は心臓抑制作用を増加させる。 tubocurarineの背景に神経筋遮断を強化することができます。 レセルピン、クロニジン、アルファ - メチルドーパ、グアンファシン、強心配糖体は、負のクロノおよびドロモトロピー作用の重症度を増加させる。 それは、インスリンおよび経口血糖降下薬(特に身体ストレスに対する)の効果を増加させる。

投与と投与

中には、160mg(160mgまたは2mgの表80 ..の1錠)、1日2回、または80mg(80mgの1錠)の1日2〜3回の少量の水を含む食品; 10〜30ml /分の範囲のクレアチニンを有するC1患者では、用量は半減する; Clクレアチニン少なくとも10 ml /分4.1推奨投与量。 20mgの単回投与で投与される場合、20分で反復投与が可能である。

過剰摂取

症状:疲労、拡張瞳孔、意識喪失、全身性ミオクローヌス発作、低血圧、徐脈(無収縮期)、心室頻脈(非定型)、心原性および血液量減少性ショックの症状。

治療:身体からの薬物の除去(胃洗浄、血液透析); アトロピン、ドーパミン、イソプレナリン、アドレナリン、グルカゴンが挙げられる。

予防措置

ヒニジンポドニミン抗不整脈薬を併用することはお勧めしません。 ダイエット中の患者さんには、糖尿病、褐色細胞腫、腎臓と肝臓の障害、心筋梗塞(病歴における)、乾癬を任せてください。 治療の中断を避けるべきである(おそらくは「取り消し」症候群)。

保管条件

温度は25℃を超えない。

子供の手の届かないところに保管してください。

賞味期限

80mgの錠剤 - 5年間。

160 mgの錠剤 - 5年間。

4 - 2年の40mg / mlの注射。

パッケージに記載された有効期限を超えて使用しないでください。

Someone from the Luxembourg - just purchased the goods:
Chitomur intensive course 180 capsules