Best deal of the week
DR. DOPING

指示

Logo DR. DOPING

使用のための指示:注射用シアノコバラミン溶液

私はこれがほしい、私に価格を与える

剤形:注射用溶液

活性物質:シアノコバラミナム

ATX

B03BA01シアノコバラミン

薬理学的グループ:

ビタミンやビタミンのような救済策

造血刺激剤

病因分類(ICD-10)は、

D50鉄欠乏性貧血:食物中の鉄分欠乏症; ヘモグロビン合成および鉄代謝の侵害による貧血; 鉄欠乏症の貧血; 鉄/葉酸欠乏性貧血; 鉄欠乏性貧血

D50.0血液の喪失による慢性鉄欠乏性貧血(慢性):出血性出血性貧血; 慢性出血における貧血; 消化管での慢性的な失血; 死後の出血性貧血

D51ビタミンB12欠乏性貧血:ビタミンB12欠乏性貧血; マクロサイトーシスビタミンB12欠乏性貧血; 貧血ペニトール

D52葉酸欠乏性貧血:葉酸欠乏性貧血; 鉄葉 - B12欠損性貧血の合併; 大球性貧血; 鉄/葉酸欠乏性貧血

D64その他の貧血:赤血球貧血; 赤血球性低形成性貧血; エリスロポエチン欠乏による貧血; 赤血球の代謝障害における貧血; 貧血; 自己免疫性貧血; 特発性貧血

E53他のBビタミンBの不十分B : Hypovitaminosis B; Bビタミンの追加供給源。 ビタミンB群の源。 B複合ビタミンの二次的欠乏; Bビタミンの需要の増加

E53.8.0 *ビタミン欠乏症:低ヒアルビタミン症 。 妊娠中の鉄分と葉酸の欠乏。 葉酸の欠乏; 妊娠中の葉酸の追加供給源; 葉酸欠乏症; 葉酸の必要性の増大。 葉酸性低ビタミン剤

E53.8.1 *ビタミンB12欠乏症: B12 hypovitaminosis; シアノコバラミンの不十分; B複合ビタミンの二次的欠乏; 鉄葉 - B12欠損性貧血の合併

G12.2運動ニューロン疾患:熱帯性痙攣対不全麻痺; 筋萎縮性側索硬化症; Bulbar Pallas; 過食麻痺; 筋萎縮性側索硬化症; 運動ニューロンの疾患; 筋萎縮性側索硬化症; 低ゲーリッグ病;シャルコー病; 筋萎縮性筋萎縮性硬化症; 横隔膜硬化症; 進行性偽麻痺麻痺; 進行性球根麻痺; 原発性側索硬化症

G35多発性硬化症:播種性硬化症; 多発性硬化症; 再発性多発性硬化症; 二次進行性多発性硬化症; 多発性硬化症の悪化; 多発性硬化症の混合形態

三叉神経のG50病変

G54.1腰仙叢の病変:腰仙髄炎; 根状起源の神経痛; 脊椎の病理; 腰仙部の炎症炎; 放射状尿路炎

G60-G64多発ニューロパチーおよび末梢神経系の他の障害

G80脳性麻痺:脳性麻痺; 子供の脳性麻痺

G95.9脊髄の病気、不特定:脊髄の変性疾患; 脊髄ミエロパシー; 脊柱痙攣症候群; 取得脊髄疾患; 脊髄の先天性疾患

K73慢性肝炎、他に分類されていないもの:炎症性肝疾患; 自己免疫性肝炎; 慢性肝炎; 肝臓の感染; 胆汁うっ滞の徴候を伴う慢性肝炎; 慢性反応性肝炎; 慢性持続性肝炎; 慢性感染性肝炎; 慢性活動性肝炎; 慢性炎症性肝疾患; 自己免疫性肝炎; 慢性肝炎は積極的です

K74線維症および肝硬変:肝硬変における浮腫 - 腹水症候群; 炎症性肝疾患; Pretsirroticheskoeの状態。 肝臓の嚢胞性線維症; 肝硬変およびプレチロチェスコエ状態; 肝硬変門高血圧c; 門脈圧亢進症の徴候を伴う肝硬変; 門脈高血圧および浮腫 - 腹水症候群を伴う肝硬変; 門脈圧亢進症を伴う肝硬変; 腹水および浮腫を伴う肝硬変; 腹水を伴う肝硬変; 肝硬変腹水

M79.2不特定の神経痛および神経炎:神経痛を伴う疼痛症候群; 上腕骨; 後頭部および肋間神経痛; 神経痛; 神経痛; 肋間神経の神経痛; 後脛骨神経の神経痛; 神経炎; 外傷性神経炎;神経学的疼痛症候群; 痙攣を伴う神経学的拘縮; 急性神経炎; 末梢神経炎; 外傷後神経痛; 神経原性の重度の痛み; 慢性神経炎; 必須神経痛

Q90ダウン症候群:モンゴルリズム; サルのしわ。 トリソミー21; トリソミーG; ダウン症候群患者におけるモザイク症

R68.8その他の特定の一般的な症状および兆候:毒血症

組成および放出形態

注射用の1ml溶液はシアノコバラミン(ビタミンB12)30,100,200または500mkgを含有する。 ダンボール箱に10個。

薬理学的効果

作用様式 - 造血、代謝、補充ビタミンB12欠乏症。

ジメチルベンズイミダゾールの形態では、デオキシジエニル - コバルトがレダクターゼに含まれ、メチル断片の移動、コリン、ミエリン、メチオニン、核酸などの形成に関与する。

注射用薬物シアノコバラミン溶液の表示

肝臓の肝硬変、肝炎、骨髄炎、多発性筋炎、橈骨炎、三叉神経痛、筋萎縮性側索硬化症、脳性麻痺、多発性硬化症(アディソン・バーミンガム、貧血、鉄欠乏症、出血後、再生不能、有害物質および医薬品による) 、ダウン症、末梢神経障害、皮膚疾患。

禁忌

血栓塞栓症、狭心症。

副作用

興奮、心臓の痛み、頻脈、アレルギー反応。

インタラクション

臭化チアミン、リボフラビンとの不適合(1つのシリンジ内)。

投与と投与

SC、IM、IVおよび腰椎; アディソン - バーマー貧血 - 1日おきに100-200 mkgで; 1日あたり500μg以上(1週間目〜1日目、その後5〜7日間の投与間隔で)、葉酸を処方する神経系障害を伴うアディソン・バーミア貧血と神経系障害を伴う大顆粒性貧血。

寛解期には、糸球体髄腔症の現象が存在しない場合、維持療法のために1ヶ月に2回、神経事象の存在下で月に2〜4回200〜400μg投与される。

鉄欠乏症および出血性貧血 - 週に2〜3回、30〜100mcg; 再生不良性貧血(特に小児) - 臨床血液学的改善が始まる前に100mcg; 早産児と早産児の小児貧血 - 30mcg /日で15日間; 中枢神経系の疾患および疼痛症候群を伴う神経学的疾患は、1回の注射あたり200〜500μgの増加した用量で投与され、その状態は100μg/日の改善で2週間まで進行する。 末梢神経の外傷性病変 - 200〜400mcgの隔日で40〜45日間; 肝炎および肝硬変 - 1日あたり30〜60mcgまたは25〜40日間、1日おきに100mcg。 小児のジストロフィー、ダウン症、脳性麻痺 - 毎日15-30mcg。 脊髄髄腔内では、筋萎縮性側索硬化症、多発性硬化症が15〜30mcg(漸次用量を200〜250mcgまで増加させる)で脊髄管に注入されることがある。

注射用薬物シアノコバラミン溶液の保存条件

暗い場所で。

子供の手の届かないところに保管してください。

薬用シアノコバラミン注射液の有効期間

2年。

パッケージに記載されている有効期限が過ぎてから使用しないでください。

Someone from the Luxembourg - just purchased the goods:
Nimotop 30mg 100 pills