Best deal of the week
DR. DOPING

指示

Logo DR. DOPING

使用のための指示:Curantyl N 25

私はこれがほしい、私に価格を与える

剤形:フィルムコーティング錠剤、コーティング錠剤

活性物質:ジピリダモラム

ATX

B01AC07ジピリダモール

薬理学グループ

血管拡張剤[抗凝集剤]

血管拡張薬[アデノシン作動薬]

血管拡張剤[血管保護剤および微小循環補正剤]

病因分類(ICD-10)は、

G93.4不特定脳症:ビリルビン脳症; 怠惰状態。 門脈 - 全身性脳症のときの振戦; 潜在性肝性脳症; アテローム性動脈硬化症; 高血圧性脳症; 低酸素性脳症; 代謝性脳症; 脳症; 脳病変; ポルト - びびん脳症; 血管性脳症; 外傷性脳症; 脳症; 脳症; 脳症2次発症; 脳循環障害; 脳症ポトカバール; てんかん性脳症; 出血性ショックおよび脳症症候群; 亜急性海綿状脳症

I67.9脳血管疾患、不特定:Lacunarity状態; Angioneyropatiya; 動脈血管症; 脳低酸素症; 脳症; 脳血管疾患および加齢関連; 昏睡は脳循環に違反している。 代謝障害および脳血管障害; 脳への血液供給の違反。 脳血管事故; 脳機能の違反; 大脳皮質の機能の違反; 脳循環の違反; 脳血管機能不全; 急性脳血管機能不全; 急性虚血性発作; 脳血管の敗北; 脳の破壊的変化の進行; 脳循環の障害; 脳機能不全の症候群; 脳血管機能不全; 血管性脳症; 脳の血管疾患; 血管性脳障害; 脳の血管病変; 機能性脳障害; 慢性脳虚血; 慢性心不全; 慢性脳血管機能不全; 慢性脳血管機能不全; 脳への血液供給の慢性的な違反; 脳機能不全; 脳有機障害; 脳炎; 脳梗塞症候群; 脳血管疾患; 脳血管病理; 脳血管疾患; 脳血管障害; 脳血管障害; 脳神経循環障害

I74塞栓症および動脈血栓症:努力のストレス(ストレス); 動脈血栓症; 動脈血栓症; 亜急性および慢性動脈血栓症; 末梢動脈の亜急性血栓症; 術後血栓症; 血管血栓症; 血管塞栓症; 大動脈シャントの血栓症; 動脈血栓症; 動脈の血栓症; 冠動脈血栓症; 冠動脈血栓症; 血管の血栓症; 虚血性脳卒中を伴う血栓症; 一般的な外科手術による血栓症; 腫瘍学の手術における血栓症; 血管血栓症; 術後の血栓形成 血栓合併症; 血栓塞栓症; 血栓塞栓性症候群; 術後期間における血栓塞栓合併症; 動脈の血栓塞栓症; 部分血管血栓症; 塞栓症; 動脈の塞栓症

I82他の静脈の塞栓症および血栓症:再発静脈血栓症; 術後血栓症; 静脈血栓症; 急性静脈血栓塞栓症; 再発性静脈血栓症; 静脈血栓症; 内臓の静脈の血栓症; 静脈血栓症; 深部静脈血栓症; 血管の血栓症; 血管血栓症; 静脈の血栓症; 深部静脈血栓症; 血栓塞栓症; 静脈の血栓塞栓症; 重度の静脈血栓症; 塞栓症; 静脈の塞栓症; 血栓塞栓性合併症

P02.2胎盤の不特定その他の形態学的及び機能的異常によって影響を受ける胎児及び新生児

構造と組成

クランティール25

1錠剤

ジピリダモール - 25 mg

補助物質:ラクトース一水和物; コーンスターチ; ゼラチン; ステアリン酸マグネシウム; タルク; スクロース; 炭酸カルシウム; 炭酸マグネシウム軽質塩基; Macrogol 6000; グルコースシロップ; 二酸化チタン; ポリビドンK25; カルナウバワックス; 色素キノリンイエロー(色素E104)

ガラス瓶100本入り。 1箱のボトルに入れてください。

クラランチルN 25

フィルム被覆錠剤。

ジピリダモール - 25 mg

補助物質:ラクトース一水和物; コーンスターチ; ゼラチン; カルボキシメチルナトリウム塩のデンプン(A型); 二酸化ケイ素は高度に分散している。 ステアリン酸マグネシウム

膜の組成:ヒプロメロース; タルク; Macrogol 6000; 二酸化チタン; 色素キノリンイエロー(色素E104); シメチコンエマルション

ガラスのボトルに120本。 1箱のボトルに入れてください。

クランティルN 75

被覆錠剤。

ジピリダモール - 75 mg

補助物質:ラクトース一水和物; コーンスターチ; ゼラチン; カルボキシメチルナトリウム塩のデンプン(A型); 二酸化ケイ素は高度に分散している。 ステアリン酸マグネシウム

膜の組成:ヒプロメロース; タルク; Macrogol 6000; 二酸化チタン; 色素キノリンイエロー(色素E104); シメチコンエマルション

20個のブリスターで。 箱の中で2は水疱。

説明

ピル:黄色から緑黄色、滑らかな表面、均一な外観を持つ。

タブレットはカバーで覆われていた:ploskotsilindricheskie、黄色。

特性

ピリミジン誘導体。

薬理学的効果

作用様式 - 免疫調節性、抗凝集性、血管保護性。

競合的に、アデノシンデアミナーゼを阻害し、アデノシンの蓄積を促進し、冠動脈血流の調節に関与し、血小板が凝集および接着する能力を有する。 それはホスホジエステラーゼをブロックし、cAMP細胞の含有量を増加させる。 ピリミジンの誘導体として、Couantilはインターフェロンの誘導物質であり、インターフェロン系の機能活性に調節作用を有する。ウイルス感染に対する非特異的抗ウイルス耐性を増加させる。

薬力学

小枝および細動脈のレベルで冠状動脈の抵抗を低減し、側副血行および側副血流の数を増加させる。 心筋におけるアデノシンの濃度およびATPの合成を増加させ、収縮性を改善し、TPRを低下させ、血圧を低下させ、血小板凝集を抑制し(微小循環を改善し、動脈血栓症を予防する)、静脈流出を正常化する。 脳血管の抵抗を減らし、胎盤の血流を矯正する。子癇前症の脅威で、胎盤のジストロフィー変化を防ぎ、胎児組織の低酸素状態を排除し、胎児組織中のグリコーゲンの蓄積を促進する。 インターフェロン系の機能活性に調節作用を及ぼし、ウイルス感染に対する非特異的抗ウイルス耐性を増加させる。

薬物動態

胃(大部分)と小腸(少量)からすばやく吸収されます。 ほぼ完全に血漿タンパク質に結合する。 Cmax - 投与後1時間以内。 まず心臓と赤血球に蓄積されます。 グルクロン酸に結合することにより肝臓により代謝され、モノグルクロニドの形態で胆汁中に排泄される。 錠剤T1 / 2の場合、10時間2.2時間である。

薬の表示Curantyl 25

心臓弁プロテーゼ手術後の血栓塞栓症、複雑な妊娠における胎盤機能不全、微小循環障害の複合治療の一環として、インターフェロンおよび免疫調節物質の誘導物質としての脳循環の治療および予防、循環性脳症、動脈および静脈血栓の予防およびその合併症インフルエンザの予防と治療、ARVI。

禁忌

大動脈の大動脈弁狭窄症、低血圧および高血圧症(重症型)、虚脱、不整脈、胃および十二指腸潰瘍(急性期)、肝臓および/または膵臓の潰瘍、または腎不全、出血性素因、12歳までの年齢。

妊娠と授乳

おそらく、医者の監督の下で、そして証言に従って。

副作用

非常にまれに吐き気、嘔吐、下痢、めまい、頭痛、筋肉痛。 低血圧、顔の一時的な充血、頻脈; 皮膚アレルギー反応。

インタラクション

キサンチン誘導体(例えば、コーヒー、茶)の効果を弱める。 強化経口 - 間接抗凝固剤(ヘパリン、血栓溶解剤)またはアセチルサリチル酸(出血性合併症のリスクが増加)。 抗高血圧薬の抗高血圧効果を高め、コリンエステラーゼ阻害剤のコリン作動性を弱める。 抗凝集効果は抗生物質 - セファロスポリン(セファマンドール、セフォペラゾン、セフォテタン)で増加する。 制酸剤は、吸収の減少による最大濃度を低下させる。

投与と投与

内部、空腹で、チューイングではなく、少量の液体を飲む。

血小板凝集を減少させるために、75-225mg /日を数回投与し、重篤な場合には600mg /日に増加させる。

インフルエンザおよび他の急性呼吸器ウイルス感染、特に流行中の予防:4-5週間、1週間に1回、50mg /日(2錠または2回25mgを1回)。

再発の予防のために、しばしば感染した呼吸器系ウイルス感染患者:100mg /日のスキーム:1日2回、1週間に1回、2回50mg(2錠または2錠25mg) 8週間から10週間のコース。

予防措置

天然のコーヒーと紅茶の使用を避けるべきです(効果を弱める可能性があります)。

メーカー

"Berlin-Chemie AG / Menaryini Group"、ドイツ。

薬の保存条件Curantyl 25

暗所で30℃以下の温度で

子供の手の届かないところに保管してください。

薬の保存期間Curantyl 25

被覆錠剤は25mg〜3年。

被覆錠剤75mg〜3年。

丸薬25mg - 5年。

パッケージに記載されている有効期限を超えて使用しないでください。

Someone from the Canada - just purchased the goods:
Hydrocortisone-Richter 25mg+5mg/ml